リンサークリーナーおすすめ比較ランキング9選!車やカーペットにも

ソファの掃除をする人

リンサークリーナーはコストコなどの実売店に限らずAmazonなどネット通販でも数多く販売されています。
強力なバキューム性能がある業務用モデルも比較的低価格で販売されていて、ケルヒャー社ではレンタルにも対応。
車の中で使うと、びしょびしょになるのではと心配される方もいるでしょうが多くの場合は大丈夫です。
アイリスオーヤマの「RNS」シリーズは、家庭用モデルとしては洗浄力がありコスパの高さからも大人気。
他にもタンク容量が多かったり、紙パック式キャニスター掃除機のヘッドにつけられたりするモデルが人気を集めています。
ご購入の際のご参考に、ぜひお役立てください。
吸引、水拭き、モップ洗浄&すすぎ&乾燥も自動yeediモップステーション 【yeediレビュー】イーディモップステーションを使ってみた!【ロボット掃除機】 ロボット 【最新家電】窓拭きロボットのおすすめ人気5選。注意点やメリットも紹介 ドラム式洗濯機 コスパ最強!安いドラム式洗濯機のおすすめ人気10選

リンサークリーナー とは

赤い掃除機
リンサークリーナー とは、水を使ってソファや車の座席など大きな布製品の汚れを吸引する掃除機のこと
清水タンクに水道水などを入れて汚れた箇所に噴射し、バキュームで汚れのついた水を汚水タンクに吸い上げることで洗浄します。
水をお湯にしたり洗剤や重曹を混ぜたりすればさらに洗浄力がアップします。
特に小さなお子さんやペットがいるご家庭にリンサークリーナーはおすすめです。

リンサークリーナーってびしょびしょにならないの?

リンサークリーナーは汚れた箇所に水を噴出しますが、一般的に出しすぎない限り、びしょびしょにはなりません
ほとんどの場合、カーペットなどに水をかけても瞬時に強力バキュームで吸い上げるため湿り気が残る程度になります。
ただし口コミでは、車の内装や敷き布団、敷きマットといった分厚い素材の場合、水気が残るとの声もあがっています。
そのため、できるだけ天気のいい午前中に使用して午後はたっぷり乾かすといった工夫が必要になるでしょう。

リンサークリーナーの注目したい機能・性能

リンサークリーナーの注目したい機能・性能は、以下の3つです。

  • 車の中など狭い場所にも最適な小型軽量サイズ
  • 洗剤を使えば洗浄力がさらにアップ
  • お湯を使えばしつこい汚れに効果抜群

車の中など狭い場所にも最適な小型軽量サイズ

リンサークリーナーの注目したい最大の性能は小型軽量サイズでも水洗いできる点にあるでしょう。
特に車の内装を水洗いするには、ヘッドブラシも清水タンクも汚水タンクもオールインワンで揃ったリンサークリーナーは非常に便利。
アイリスオーヤマの「RNS」シリーズなど人気のハンディタイプなら多くは本体の全長が30㎝前後で重さは3kgほどと軽量コンパクトです。
これなら軽自動車の比較的狭い車内にも持ち運びやすく、さらに抜群の洗浄力も発揮してくれます。

洗剤を使えば洗浄力がさらにアップ

リンサークリーナーの注目したい機能として、多くのモデルでは水と一緒に洗剤も使える点にあるでしょう。
クリーナーのヘッドにブラシがついていれば、カーペットなどの汚れ箇所に洗剤を少量つけて水を噴射すれば洗浄効果を発揮します。
また清水タンクの中の水と洗剤を混ぜて使えるタイプもあります。
多くの口コミでは油汚れに強い重曹の効果も指摘されていて、キッチンのラグなどに使うと良いでしょう。

お湯を使えばしつこい汚れに効果抜群

リンサークリーナーの注目したい機能として熱いお湯を噴射して、しつこい汚れを効果的に取るという点があります。
アイリスオーヤマの「RNS」シリーズの多くは40℃までのお湯を清水タンクに入れられるので、お湯を使った洗浄が可能。
お湯は一般的に真水よりも洗浄効果が高く、カーペットの洗浄にはお湯と洗剤が入ったバスタブに浸け置きする方法もあるほど。
古い油汚れなどタフな汚れには清水タンクの中に40℃前後のお湯を入れることをおすすめします。

リンサークリーナーのメリット

リンサークリーナー のメリットは、以下の3つです。

  • ソファなど洗濯できないものを水洗浄できる
  • 手軽にすぐ使える
  • プロ用モデルには強力な吸引力がある

ソファなど洗濯できないものを水洗浄できる

リンサークリーナーの最大のメリットはやはりソファなど大きすぎて洗濯できないものを水洗いできる点にあるでしょう。
基本的にスポット洗浄のリンサークリーナーでも時間をかけて丁寧にやればソファやカーペット全体の洗浄も可能。
先に書いたように水をかけすぎない限り、びしょびしょに濡れる心配もありません。
口コミでは奇麗な箇所に使っても黒い汚水が出るとの声も多数あり、多くの方はクリーナーの洗浄効果を強く実感できるでしょう。

手軽にすぐ使える

リンサークリーナーの家庭用モデルの大きなメリットとして、手軽にすぐ使える点があります。
お子さんなどがカーペットにジュースをこぼした場合、ふきんでふき取るような感覚でリンサークリーナーを使うことも可能。
というのも家庭用モデルの多くは5kg以下の軽量ハンディ型タイプで持ち運びやすく、ボタン操作も簡単だからです。
しかも汚して間もない時であれば、水で汚れを浮き上がらせて吸い取るリンサークリーナーはより大きな洗浄効果を発揮します。

プロ用モデルには強力な吸引力がある

リンサークリーナーの業務用モデルのメリットとして、強力な吸引力があげられます
ケルヒャー製などの業務用では、20,000PA(20kPA)を超える乾式の高性能サイクロン掃除機なみの吸引力を備えたモデルもあります。
またハンディ型の小型軽量モデルでも、ビッセル製モデルは強い吸引力や付属の洗浄剤との併用で優れたプロ仕様なみの洗浄力を発揮。
初めて使用される方は特にリンサークリーナーでも吸引力が高いことを実感されるでしょう。

リンサークリーナーとスチームクリーナーの違い

リンサークリーナーとスチームクリーナーの違いは、洗浄後の汚水を吸い上げられるかどうかにあります。
リンサークリーナーの場合、汚れ箇所に水をかけた直後にバキュームで強力に吸い上げて汚水タンクに貯水するので手間いらず。
スチームクリーナーはタンク内で上限が100℃ほどまでに沸騰させた熱湯をかけて汚れを浮き上がらせることを目的にしています。
そのためスチームクリーナーは、ぞうきんなどを使った拭き取り作業が必要。
一般的に熱湯を使うスチームクリーナーの方が洗浄効果は高いですが、そのぶん掃除の手間がかかることになります。

リンサークリーナー のおすすめメーカー一覧

リンサークリーナーのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • アイリスオーヤマ
  • ケルヒャー
  • ビッセル

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマは宮城県に本社を置くコスパの高さで大人気の家電総合ブランド最大手です。
アイリスオーヤマのリンサークリーナーといえば「RNS」シリーズで現在Amazonのベストセラー1位商品もあるほどの大人気。
一番の特徴はコスパの高さにあり、吸引仕事率が乾式スティッククリーナーなみの30Wありながら1万円を切るモデルもあるほど。
また軽量コンパクトサイズである点やシンプルなデザインという点でも人気を集めています。
リンサークリーナーの性能をコスパ最強品で試してみたい方などにアイリスオーヤマはおすすめのメーカーです。

ケルヒャー

ケルヒャーは1935年に創業、ドイツに本社を置く世界最大手の掃除機ブランドの1つです。
乾式のクリーナーでも数多くの業務用モデルを手掛けるケルヒャーでは、リンサークリーナーも業務用の強力モデルを販売
現在Amazonでは「PUZZI 8/1C」機しか取り扱いがありませんが、口コミでは吸引力の点で好評の声が多数あがっています。
価格が高めになるため、ケルヒャージャパンでは機器のレンタルにも対応。
プロのハウスクリーナーや車内クリーナーの方にケルヒャーはおすすめのメーカーです。

ビッセル

ビッセルは1876年に創業、アメリカに本社を置く北米では20%の販売シェアのある掃除機などを扱う清掃用品ブランドです。
ビッセルのリンサークリーナーはハンディタイプでもプロ仕様の強力な吸引力や多機能性を備えたモデルが主流
お湯がでる加熱タイプや洗剤と水を混ぜて噴射できるもの、また水温を一定に保って噴射できるものなど多種多様にあります。
軽量コンパクトサイズでもタフな汚れに洗浄力を発揮するものが欲しい方にビッセルはおすすめのメーカーです。

リンサークリーナーの選び方

カーペットに掃除機をかけている
リンサークリーナーの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 洗浄力で選ぶ
  • ヘッドの豊富さで選ぶ
  • 2つのタンクの容量で選ぶ

洗浄力で選ぶ

リンサークリーナーはシンプルに洗浄力で選ぶこともできます。
基準値は真空圧のPAと吸引仕事率の2つで、PAは掃除機が汚れを上に浮かせる数値の単位でロボット掃除機は2000~3000PAほど。
吸引仕事率は汚れを吸引する力のことで、家庭用の場合、良い吸引仕事率の目安は乾式スティッククリーナー下限なみの20W以上。
業務用の場合は大体、乾式サイクロンクリーナーの下限並みの200Wほどになるでしょう。
ただ吸引力の数値化は難しく多くのメーカーが数値を非公開にしていることもあり、実際のパワーは口コミで推し量るしかないでしょう。

ヘッドの豊富さで選ぶ

リンサークリーナーはヘッドノズルの豊富さで選ぶこともできます。
基本的なノズルはT字型ヘッドになり、すき間ノズルになるとさらにワイドな細長い形状になってソファのすき間などに最適です。
ブラシ付きヘッドの場合、洗剤や重曹をカーペットなどに先につけておけばブラッシングにより洗浄効果が上がります。
さまざまな箇所でリンサークリーナーを使いたい方には、ヘッドノズルが豊富なタイプをおすすめします。

2つのタンクの容量で選ぶ

リンサークリーナーは2つのタンクの容量で選ぶこともできます。
噴射用に水道水などを入れる清水タンクは一般的に1L以上あれば車の中の清掃でも1~2回の交換で済むでしょう。
清水タンクが1L以下であれば車内やカーペット正装の場合は何度も入れ替える必要がでてきます。
汚水タンクも同様で、1L以上あれば大抵の清掃作業の場合、1~2回の排水だけで済むでしょう。
ケルヒャー製など業務用の場合はどちらのタンクも8Lほどになるので、水の入れ替えの手間が大幅に省かれます。

リンサークリーナーのおすすめランキング9選

リンサークリーナー のおすすめランキングをご紹介します。

【9位】アイリスオーヤマ リンサークリーナー コードレスモデル RNS-B400D 充電式

サイズ・重さ幅約23.3×奥行約21.3×高さ約27.7・2.4kg(ホース、ハンドツール含む)
タイプハンディ
タンク容量:清水/汚水0.4L/0.4L
付属ヘッドハンドツール・清掃ブラシ
定格消費電力非公開
評価・レビュー
吸引力
(3.5)
コスパ
(3.5)
多機能性
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
ポイント
  • 1900mAhのバッテリー容量で10分の連続使用が可能なコードレスタイプ
  • しつこい汚れに効く「直射」と広範囲の掃除に便利な「霧吹き」の2つの洗浄が可能
  • 同社従来品よりも16db低い73dbの運転音でリンサークリーナーとしては静音設計

「アイリスオーヤマ リンサークリーナー コードレスモデル RNS-B400D アイボリー 充電式」の特徴

「アイリスオーヤマ」による直射と霧吹きの2つの洗浄に対応した大人気の「RNS」シリーズの2022年発売・最新モデルです。
付属のブラシ付きハンドルツールでは水を噴射しながらブラシでこすれるのでタフな汚れに効果を発揮するでしょう。

こんな人におすすめ
コードレスで手軽に使える充電式の中、40℃までのお湯にも対応した軽量モデルをお探しの方におすすめします。

【8位】ケルヒャー 業務用カーペットリンスクリーナー PUZZI 8/1C PUZZI81CGN

サイズ・重さ幅(mm):330 奥行(mm):530 高さ(mm):440・13.3kg
タイプキャニスター・業務用
タンク容量:清水/汚水8L/7L
付属ヘッドスプレーグリップ・ハンドノズル
定格消費電力1200W
評価・レビュー
吸引力
(5.0)
コスパ
(3.5)
多機能性
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
ポイント
  • 業務用でも「洗浄水噴射」と「給水」の2つのボタンだけで簡単に操作できる
  • ヘッドのノズル部分と汚水タンクカバーが共に透明なので汚れが目視可能
  • 給水温度の上限が50℃まであるのでしつこい汚れへの洗浄力あり

「ケルヒャー 業務用カーペットリンスクリーナー PUZZI 8/1C」の特徴

国際ブランド「ケルヒャー」による最大真空圧が23kPAの強力な吸引力も備えた業務用としては軽量コンパクトなモデルです。
Amazonの口コミでは「汚水が真っ黒になる」といった声など業務用ならではの強力な洗浄力が称賛されています。

こんな人におすすめ
プロのクリーニング業務用として操作しやすく清水・汚水共に5L以上のタンク容量があるモデルをお探しの方におすすめします。

【7位】アイリスオーヤマ リンサークリーナー 自動ポンプ式モデル ブラシヘッド&T字型ヘッド付属 RNS-P10

サイズ・重さ幅約29×奥行約18×高さ約27㎝・:約3.2kg(付属品含む)
タイプハンディ
タンク容量:清水/汚水1.1L/0.4L
付属ヘッドT字ヘッド・ブラシヘッド
定格消費電力310W
評価・レビュー
吸引力
(4.0)
コスパ
(4.5)
多機能性
(4.5)
使いやすさ
(4.5)
ポイント
  • 吸引仕事率が30Wで標準的な乾式スティッククリーナーと同等のパワーを実現
  • 従来のブラシつきヘッドに加え狭いすき間掃除に最適なT字型ヘッドも同梱
  • 上限40℃までのお湯が使用できるのでしつこい汚れにも効果抜群

「アイリスオーヤマ リンサークリーナー 自動ポンプ式モデル ブラシヘッド&T字型ヘッド付属 RNS-P10-W」の特徴

「アイリスオーヤマ」による軽量で持ち運びやすいハンディタイプながら広口で1.1L容量の清水タンクも備えたモデルです。
電源コード・ホース・ハンドツールの合計の長さが4mを超えるので車の内装でも使いやすいでしょう。

こんな人におすすめ
清水タンク容量が大きめのハンディタイプで、すき間ノズルヘッドも付属したモデルをお探しの方におすすめします。

【6位】Uwant 掃除機 カーペットクリーナー リンサークリーナー 布洗浄機 車掃除機 ユワント B100-J

サイズ・重さ約41.3×20.7×39cm・4.7kg
タイプハンディ
タンク容量:清水/汚水1.8L/1.6L
付属ヘッドヘッドブラシ
定格消費電力450W
評価・レビュー
吸引力
(4.0)
コスパ
(4.0)
多機能性
(3.5)
使いやすさ
(5.0)
ポイント
  • セルフクリーニングボタンを長押しするだけでブラシヘッドとホースの自動洗浄が可能
  • 清水タンクは1.8Lで汚水タンクが1.6Lとハンディタイプとしてはタンクが大容量
  • 物を浮き上がらせる力である真空度が12,000PAあって強力な吸引力を発揮

「Uwant 掃除機 カーペットクリーナー リンサークリーナー 布洗浄機 車掃除機 ユワントB100」の特徴

ヘッドの自動洗浄機能に加え、5mの長さの電源コードやキャスター付きの本体など使いやすさが抜群のハンディ用モデルです。
0.2㎜の高性能ナイロン材質のブラシは耐久性があり、洗剤と一緒に使うとより強力な洗浄力を発揮するでしょう。

こんな人におすすめ
ハンディでも清水・汚水タンクが共に大容量で、自動洗浄機能つきのお手入れが楽なモデルをお探しの方におすすめします。

【5位】アイリスオーヤマ リンサークリーナー コンパクトモデル 布洗浄機 RNS-300

サイズ・重さ31.2×24.8×14.6㎝・2.7kg(付属品込み)
タイプハンディ
タンク容量:清水/汚水0.3L/0.5L
付属ヘッドハンドツール
定格消費電力330W
評価・レビュー
吸引力
(4.0)
コスパ
(5.0)
多機能性
(3.5)
使いやすさ
(5.0)
ポイント
  • 洗浄ブラシ付きのハンドツールは細くて持ちやすくホースの長さは1mあり
  • タンク・ハンドツール・バキュームホースはすべて着脱可能で丸洗いに対応
  • 吸込仕事率は標準的なスティッククリーナー級の30Wながら購入しやすい低価を実現

「アイリスオーヤマ リンサークリーナー コンパクトモデル 布洗浄機 RNS-300」の特徴

「アイリスオーヤマ」による軽量コンパクトサイズで車の内装洗浄にも最適な現在Amazonで「ベストセラー1位」の大人気商品です。
40℃までのお湯にも対応しているので洗浄剤と合わせて使えばより効果が上がるでしょう。

こんな人におすすめ
リンサークリーナーの実際の効果を試すのにぴったりなコスパ最強の大人気モデルをお探しの方におすすめします。

【4位】BISSELL SpotClean ProHeat ポータブル・スポット・ステインカーペットクリーナー 2694

サイズ・重さ(長さx幅x高さ)16.5 x 30.5 x 36.8 cm・4.17kg
タイプハンディ
タンク容量:清水/汚水1.1L/1.4L
付属ヘッド3種類のハンドヘルドクリーニングツール
定格消費電力330W
評価・レビュー
吸引力
(4.0)
コスパ
(4.5)
多機能性
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
ポイント
  • 独自の「Heatwave Technology」により水温を一定に保ったままの効果的な掃除が可能
  • 普段使いの8cmのタフステインツールと超ロングゴム製ノズルが同梱
  • 水と一緒に使うと洗浄効果を大いに発揮するBISSELL製クリーニング溶液も同梱

「BISSELL SpotClean ProHeatポータブル・スポット・ステインカーペットクリーナー 2694」の特徴

アメリカの国際ブランド「BISSELL」による強力な吸引力がありながら軽量かつ多用途にも使えるモデルです。
ただAmazonの口コミにあるよう米国製の3股に分かれた3プラグ仕様のため電源変換プラグが必要な点にご注意ください。

こんな人におすすめ
信頼できる国際ブランドの中、吸引力の技術や多機能性に優れた軽量ハンディ型モデルをお探しの方におすすめします。

【3位】ヒダカ シートクリーニング用リンサー 強力バキュームクリーナー機能搭載 SRV-01C リンサークリーナー srv-01c-seta

サイズ・重さ‎35 x 37 x 57.5 cm・13 kg
タイプキャニスター・業務用
タンク容量:清水/汚水6.2L/9L
付属ヘッドスキマノズル・丸ブラシ・小ノズル
定格消費電力非公開
評価・レビュー
吸引力
(5.0)
コスパ
(4.5)
多機能性
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
ポイント
  • 約4mのバキュームホースによるバキューム機能もついた1台2役の多機能性
  • 吸い込み口の幅が約14㎝の小ノズルなど付属の付け替えヘッドが豊富
  • 清水タンクは6.2Lで汚水タンクは9Lと業務用に最適な大容量

「ヒダカ シートクリーニング用リンサー SRV-01C 強力バキュームクリーナー機能搭載 リンサークリーナー srv-01c-seta」の特徴

リンサークリーナーに加え真空圧が23.50Kpaで最大モーター出力1,150Wの強力なバキューム機能も搭載した乾湿両用モデルです。
洗浄力・除菌力の高い強アルカリ電解水が20リットル付き、Amazonの口コミではクリーニングのプロが認めているのも頼もしいところ。

こんな人におすすめ
幅広いクリーニング業に使える小型軽量サイズでリンサークリーナーとバキュームの両用モデルをお探しの方におすすめします。

【2位】シリウス スイトル 水洗い 掃除機 クリーナー ヘッド ブラック ‎SWT-JT500

サイズ・重さW148㎜×H283㎜×D506㎜・1.2kg
タイプハンディ(キャニスター掃除機との併用)
タンク容量:清水/汚水0.5L/0.6L
付属ヘッドT字ヘッド
定格消費電力
評価・レビュー
吸引力
(5.0)
コスパ
(5.0)
多機能性
(3.5)
使いやすさ
(4.5)
ポイント
  • 家庭用の紙パック式キャニスター掃除機のヘッドにつけるだけで使用できる
  • 気液分離技術により汚水をタンクへ空気を掃除機へ正確に吸引することが可能
  • 汚水の流入を防ぐためホース部分には安全装置もあり

「シリウス スイトル 水洗い 掃除機 クリーナー ヘッド ブラック ‎SWT-JT500K」の特徴

特許も取った独自の気液分離技術を生かし、キャニスター掃除機の強力な動力を利用して水汚れを取る画期的なモデルです。
ただタンク容量が少ないので水の入れ替えが少々面倒。またスティック型やハンディ型掃除機には使用不可なのでご注意ください。

こんな人におすすめ
低価格帯の中、キャニスター掃除機の強力なパワーで吸引できるハンディタイプのコスパ最強モデルをお探しの方におすすめします。

【1位】Bissell プロフェッショナル スポットクリーナー ディープクリーン ポータブル 3624

サイズ・重さ非公開・約5.99kg(空のタンクの場合)
タイプキャニスター・業務用
タンク容量:清水/汚水2.84L(合計)
付属ヘッド6インチの階段ツールとタフステインツール
定格消費電力570W
評価・レビュー
吸引力
(4.5)
コスパ
(4.5)
多機能性
(4.5)
使いやすさ
(5.0)
ポイント
  • プロ用としては本体が約6㎏と持ち運びやすい小型軽量サイズ
  • 電源コードが6.7mと非常に長いため階段など多用途に使える
  • 階段用のノズルに加え拡張洗浄用の大型ホースも同梱

「Bissell プロフェッショナル スポットクリーナー ディープクリーン ポータブル 3624」の特徴

アメリカの国際ブランド「Bissell」が強力な吸引力をプッシュするタフな汚れに最適なプロ用モデルです。
Bissell社の強力洗浄剤「Pro Max Clean +Protect」も同梱しているのも嬉しいところ。

こんな人におすすめ
プロ仕様の中、電源コードが長く吸引力や多機能性にも優れたコスパ最強モデルをお探しの方におすすめします。
Amazon.co.jp おすすめ商品

リンサークリーナーの重要ポイントまとめ

リンサークリーナーの重要なポイントは以下の3つです。

  • リンサークリーナーはコストコなどの実売店以外でもAmazonなどで数多く販売されている
  • リンサークリーナーは水の噴射をしすぎなければ、びしょびしょになることはない
  • リンサークリーナーは「RNS」シリーズなどアイリスオーヤマの商品が大人気
吸引、水拭き、モップ洗浄&すすぎ&乾燥も自動yeediモップステーション 【yeediレビュー】イーディモップステーションを使ってみた!【ロボット掃除機】 ロボット 【最新家電】窓拭きロボットのおすすめ人気5選。注意点やメリットも紹介 ドラム式洗濯機 コスパ最強!安いドラム式洗濯機のおすすめ人気10選
Amazon プライム対象