【読了時間:じっくり読むと3分】

最近、各オーディオショップやAmazonなどでもチラホラ見かける中華デジタルアンプ。SMSLなどの価格も割とリーズナブルで、スペックや機能性もよくコストパフォーマンスの高いメーカー製品がまだまだ眠っているように感じられます。そこで今回は、中華デジタルアンプに注目し、まずは主な特徴や、スピーカー、ヘッドホンの音質などを国内アンプと比較します。更にその後、コスパ良好なおすすめモデルを5つ紹介します。



中華アンプの音質などの特徴。国内アンプと比較

リーズナブルな製品が多い

国内アンプに比べ、中華アンプは圧倒的に価格が安いです。
この理由は別につくりが雑だとか安い部品ばかりを使っている(一部の製品は使っているかもしれない)というわけではなく、単に世界規模で、オーディオ機器などの電子回路を構成する部品の製造がほとんど中国で生産されているので、コストを大幅に削減することができるからでしょう。

国内のアンプの評判も良いですが、生産工場が多いわけではないので、コストを下げることが難しいのかもしれません。

高解像度でパワフルな音質

中華デジタルアンプは他のアナログプリアンプなどと比べ、筐体もコンパクトで軽量、電子回路もシンプルで省電力設計です。
出力は思った以上にパワフルで、中型スピーカーやヘッドホンも、しっかり鳴らしてくれます。

ハイレゾ対応モデルの場合、ノイズが少なくクリアで、特に高域での音声を余すことなくはっきり再生してくれる印象が強いです。音質に関しては正直、国内のデジタルアンプとの大きな違いは感じられません。

シンプルでお洒落なデザイン

最近は国内アンプと比較しても違いがわからないほどお洒落なデザインの中華アンプが多いように見受けられます。
メーカーによっては専門のデザイナーなどがデザインしているモデルもあり、シンプルでありながらも筐体やボリュームノブの素材にこだわりが感じられ、価格以上の存在感があります。

国内人気メーカーのアンプもお洒落に感じるデザインのモデルは多数ありますが、近年その差はほとんどなくなってきているのかもしれません。

お気に入りの中華デジタルアンプの選び方のポイント

口コミで選ぶ

実際にオーディオショップなどに出向いて試聴するのが一番好ましいですが、難しいようであれば、ネット検索のブログ記事やSNSで知名度が高めのアカウントで多く出てくる中華デジタルアンプのモデル名やメーカーを選択肢に入れるとよいでしょう。
Amazonのレビューなどは最近真否性が不安定なのであまり参考にはならないかもしれません。

デザインや素材で選ぶ

SMSLなどのデジタルアンプは、価格以上に高級感漂うお洒落なデザインの製品が多いです。
実際、筐体やフロントパネル、ボリュームノブに特種加工のアルミを使用したり、ふんだんに金メッキを施したりと、機能や耐久性にも優れた製品が多いので、各メーカーの中から自分が特に気に入ったデザインや素材の製品を選ぶとよいでしょう。

価格で選ぶ

価格と言っても、中華デジタルアンプの価格相場は全体的に低めで、そこまで高額な製品は多くないです。
だいたい¥10,000代で十分高性能なモデルを幅広い選択肢の中から購入できます。

注意としては、いくら安いからとはいえ、極端に安い製品は、ノイズが乗るかもしれませんし、すぐ壊れる可能性もあるので事前にしっかり予算を決めて選ぶようにしましょう。

高音質の中華デジタルアンプおすすめ5選

S.M.S.L SA-98E

S.M.S.L SA-98Eの仕様・製品情報

寸法168 x 98 x 36
質量1.25kg
カラーブラック、ゴールド、シルバー
入力RCAステレオ入力
付属品本体、電源アダプター、マニュアル

S.M.S.L SA-98Eのおすすめポイント3つ

  • パワフルな160W x2 ステレオ出力
  • ショート・オーバーヒート過負荷保護を搭載
  • PanasonicやALPSなど日本製パーツを使用

S.M.S.L SA-98Eのレビューと評価

コスパ抜群なパワフルアンプ

SMSLの”SA-98E”は、コンパクトなボディからは想像もつかない合計320Wの出力で、自宅でのリスニングからちょっとした中規模イベントにまで使用できそうなパワフルなデジタルアンプです。電源回路保護インジケータも搭載しているので、高効率で安全に長時間使用できます。価格も1万円弱と、コスパ良好なおすすめモデルです。

S.M.S.L SA-98Eはこんな人におすすめ!

幅広い用途で使用したい人におすすめ!

FX-AUDIO D802

FX-AUDIO D802の仕様・製品情報

寸法W103 x D178 x H35
質量1.4kg
カラーブラック、シルバー
入力デジタル入力(TOS-LINK,S-PDIF)、USB-B、バナナプラグ対応スピーカー端子
付属品本体、リモコン、※ACアダプターは付属しません

FX-AUDIO D802のおすすめポイント3つ

  • 最大24bit/192khzハイレゾ対応
  • ハイグレードオーディオパーツを多数採用
  • 小型赤外線リモコンが標準付属

FX-AUDIO D802のレビューと評価

自宅用に最適なフルデジタルアンプ

FX-AUDIOの”D802”は、入力からアンプ出力までの経路をフルデジタル化することで音質の劣化を最小限に抑え、最大24bit/192khzの高サンプルレートで再生することができるハイレゾデジタルアンプです。

ACアダプターが付属していないのは少し残念ではありますが、赤外線リモコンが付属している他、アンプ回路にハイグレードパーツを多数採用しており、音質、デザインともにおすすめのデジタルアンプです。

FX-AUDIO D802はこんな人におすすめ!

自宅で便利に使いたい人向け!

Sabaj A3

Sabaj A3の仕様・製品情報

寸法W106 x D119 x H36
質量426g
カラーブラック
入力AUX、アナログ/光/Bluetooth4.2/USB
付属品本体、アンテナ、リモコン、USBケーブル、電源アダプタ、マニュアル

Sabaj A3のおすすめポイント3つ

  • 付属アンテナによりBluetooth4.2に対応
  • USB/光/AUXなど幅広い入力サポート
  • 最大24bit/192khzの光・RCA出力

Sabaj A3のレビューと評価

用途多彩なBluetoothデジタルアンプ

フロントパネルのLEDディスプレイやデザインがお洒落なSabajの”A3”は、付属のアンテナと専用アプリを使用したBluetooth対応のデジタルアンプで、その他にもUSB、光、AUX入力など、様々なオーディオ機器と接続することが可能なので、スマホやタブレットはもちろん、色んな使い方ができそうなおすすめ製品です。

Sabaj A3はこんな人におすすめ!

PCの他にもスマホや色んな機器で使用したい人向け!

LEPY LP-2024A

LEPY LP-2024Aの仕様・製品情報

寸法W140 x D118 x H41
質量270g
カラーシルバー
入力AUX、RCA
付属品本体、RCAオーディオケーブル、ACアダプタ、バナナプラグ、保証書

LEPY LP-2024Aのおすすめポイント3つ

  • 改良された聴きやすい高音質なサウンド
  • スペースをとらないコンパクト軽量設計
  • 購入しやすいリーズナブルな価格

LEPY LP-2024Aのレビューと評価

製造終了の人気中華アンプLP-2020の後継機

LP-2020から改良されたLEPYの”LP-2024”は、30g軽量され、音質もクリアーで聴きやすくなり、前機種よりも高いコストパフォーマンスを実現しています。

価格が¥3,000弱、付属品もRCAケーブルやバナナプラグが付いていたりと、とても良心的なので、デジタルアンプのエントリーモデルとしても非常におすすめのモデルです。

LEPY LP-2024Aはこんな人におすすめ!

デジタルアンプエントリーモデルとしておすすめ!

Sainsonic Topping PA3

Sainsonic Topping PA3の仕様・製品情報

寸法W168 x D120 x H37
質量515g
カラーブラック、シルバー
入力RCA
付属品本体、電源ケーブル、ACアダプタ、取扱説明書、保証書

Sainsonic Topping PA3のおすすめポイント3つ

  • MCUスマートコントロールでアンプの異常を監視
  • 高音質なHi-Fiデバイス専用部品を採用
  • シンプルで高級感あるデザイン

Sainsonic Topping PA3のレビューと評価

シンプル高性能なデスクトップアンプ

Sainsonic Topping “PA3”は、MCUスマートコントロールを採用することにより、自動的に温度、圧力を調節し、アンプを危険から守ってくれる便利なデジタルアンプです。

最大出力80W x2の高出力と音質に定評のあるサウンドチップ、日本製の電子パーツを採用することで、パワフルでクオリティの高いサウンドを実現しています。飽きづらい全アルミによるシンプルなデザインで末永く使えそうなデジタルアンプです。

Sainsonic Topping PA3はこんな人におすすめ!

長く使えそうなデジタルアンプを探している人におすすめ!

まとめ

中華デジタルアンプの主な特徴やおすすめモデルを紹介させて頂きました。ほとんどのモデルが日本製電子部品を使用していたりと、国内アンプとの違いはほとんどなくなってきたように感じられました。今回の記事が、今後デジタルアンプを購入する際の参考になれば幸いです。