今回は小型の自宅練習用から、スタジオやライブでも使用できるアンプなど、おすすめのギターアンプをご紹介します。最近では、往年の名アンプを、かんたんに高音質で楽しめるモデリングアンプなども登場し、選択肢が増えています。

用途に合わせたアンプをご紹介しますのでお楽しみに。

アンプとは

アンプとは、小さな音の信号を大きな音に増幅する装置です。エレキギターは、本体だけの音では小さくて広い場所に響かせることはできません。エレキギターに付いているピックアップで拾った音を、微弱な音信号にします。

その信号を増幅することに適したものがギターアンプです。ギターアンプは歪んだ音が出るのも特徴の1つです。

ギターアンプの特徴

歪んだ音が出せる

ギターアンプの特徴の1つが、歪んだ音が出せるという事です。マイクなどで使うアンプは、歪まずクリーンな音が出るものが良いとされます。

しかしロックサウンドと言えば、歪んだ音です。以前は大音量で音を出す事で音がつぶれて歪んだ音が出てましたが、最近のアンプでは小さな音でも歪んだサウンドを楽しめるものも多数あり、自宅練習でもロックサウンドを楽しむことができます。

種類が豊富

ギターアンプの種類は多種多様です。大きく分けると、2種類に分けられるます。真空管アンプと、トランジスタアンプです。

ですが、各メーカーごとに音が違い、同じ音のアンプは一つとしてありません。真空管アンプに使われる真空管一つとっても数多く存在し、それぞれに音が違ってきます。

ギターアンプの選び方のポイント

アンプのサイズ

アンプを選ぶ際に、まずポイントになるのがどの程度の音量が欲しいかになります。自宅練習ようであれば、日本の住宅事情を考えると15wあれば十分事足ります。

スタジオ練習やライブでの使用を前提の場合、50〜100wほどの出力は欲しいところです。

アンプの種類

アンプ選びのポイントで重要になってくるのが、どんな音を出せるアンプが欲しいかです。

各メーカーで、音の特色が違います。エフェクターで音を作ると決めている方であれば、クリーンなアンプで十分です。アンプでクリーンから歪んだ音まで作りたい方は、クリーンと歪みの2チャンネル以上あるものを選びましょう。

どれにしていいか迷うという方は、多種多様な音が出せるモデリングアンプがおすすめです。

ギターアンプのおすすめ10選

Blackstar FLY3

Blackstar FLY3のおすすめポイント3つ

  1. コンパクトボディでどこにでも持ち運べる
  2. 音作りはISFコントロールツマミでかんたん
  3. バッテリー駆動でスピーカーとしても使用可能

Blackstar FLY3のレビューと評価

個人練習に最適なポータブルミニアンプ

Blackstar FLY3はコンパクトなボディで、持ち運びにも便利なミニアンプです。音作りはBlackstar独自のISFシステムで、アメリカンサウンドからブリティッシュサウンドを楽しめます。

Blackstar FLY3の仕様・製品情報

本体サイズ 170mm x 126mm x 102mm
重量 0.9kg
出力 3W
チャンネル クリーン・ODチャンネル

YAMAHA THR10

YAMAHA THR10のおすすめポイント3つ

  1. VCMテクノロジーでリアルなアンプサウンド
  2. ディレイやリバーブなどエフェクト搭載
  3. 5種類のアンプタイプとベースやアコギモードもあり演奏可能

YAMAHA THR10のレビューと評価

クリーンからディストーションまで対応したベーシックな練習用アンプ

YAMAHA THR10は10Wの出力の練習に適したアンプで、AUX端子も搭載してスマホから音楽を流しながらの練習にも対応しています。

YAMAHA THR10の仕様・製品情報

本体サイズ 360mm×183.5mm×140mm
重量 2.8kg
出力 10W
チャンネル CLEAN, CRUNCH, LEAD, BRIT HI, MODERN, BASS, ACO, FLAT

Line6 AMPLIFi 30

Line6 AMPLIFi 30のおすすめポイント3つ

  1. 200種類以上の豊富なエフェクト
  2. スマホ専用アプリ『AMPLIFi Remote』Bluetooth接続で音作り
  3. クラウド上で様々な音の共有

Line6 AMPLIFi 30のレビューと評価

アンプシミュレーターを搭載した30Wアンプ

Line6 AMPLIFi 30はアンプシミュレーターのパイオニアLine6が作り上げたアンプで、アンプヘッドやキャビネットにエフェクターを200種類以上から選べ無限の音作りが可能です。

Line6 AMPLIFi 30の仕様・製品情報

本体サイズ 267x127x211
重量 2.4kg
出力 30W
エフェクト数 200種類以上

Fender MUSTANG GT 40

Fender MUSTANG GT 40のおすすめポイント3つ

  1. 世界初のWi-Fi内蔵アンプ
  2. Bluetoothスピーカーとしても使用可能
  3. スマホアプリ『Fender Ton』エフェクトを管理

Fender MUSTANG GT 40のレビューと評価

伝統のFenderサウンドをデジタルアンプで体験

Fender MUSTANG GT 40はデジタルアンプの特徴の、多種多様なサウンドを高音質で楽しむことができます。アーティストプリセットも用意されており、かんたんにプロの音作りを体験できます。

Fender MUSTANG GT 40の仕様・製品情報

本体サイズ 267×387.3×210mm
重量 6.25kg
出力 40W
エフェクト数 21 Amp Models 46 Effects

VOX MV50 Clean

VOX MV50 Cleanのおすすめポイント3つ

  1. 新開発のNutube搭載のクリーンアンプ
  2. コンパクトボディに似合わぬ50Wの高出力
  3. ヘッドホン端子付きで自宅でも練習可能

VOX MV50 Cleanのレビューと評価

本物の真空管サウンドをコンパクトボディで体感

VOX MV50 Cleanは癖のないクリーンサウンドで、新開発のNutubeは手入れも楽です。真空管アンプを試したい方は、ぜひ手に入れて欲しいアンプです。

VOX MV50 Cleanの仕様・製品情報

本体サイズ 135x75x100mm
重量 540g
出力 50W
チャンネル クリーンチャンネル

BOSS KTN-ARTIST

BOSS KTN-ARTISTのおすすめポイント3つ

  1. プロフェッショナルも納得のサウンド
  2. 真空管サウンドにこだわり再現したモデリングアンプ
  3. 最大58種類の内臓エフェクト

BOSS KTN-ARTISTのレビューと評価

あのKATANAアンプがプロ仕様になって登場

BOSS KTN-ARTISTは、もともとあったBOSS KATANAアンプをプロフェッショナルな現場でも使用できる品質にバージョンアップされたデジタルアンプです。デジタルアンプながら、真空管サウンドは本物と変わらないほどのサウンドで、最大58種類の内臓エフェクトでどんなジャンルにも対応できるアンプです。

BOSS KTN-ARTISTの仕様・製品情報

本体サイズ 630×248×515mm
重量 19kg
出力 100W
チャンネル ACOUSTIC、CLEAN、CRUNCH、LEAD、BROWN

Roland JC-120

Roland JC-120のおすすめポイント3つ

  1. ベーシック中のベーシックアンプ
  2. ナチュラルなクリーンサウンド
  3. エフェクターとの相性抜群

Roland JC-120のレビューと評価

どこにでも置いてある定番のトランジスタアンプ

Roland JC-120は、どのスタジオやライブハウスにも置いてある定番のトランジスタアンプです。真空管と違い手入れも楽で、どこでも同じサウンドを出すことができます。クリーンサウンドの代名詞的なアンプです。

Roland JC-120の仕様・製品情報

本体サイズ 760×280×622 mm
重量 28kg
出力 120W
チャンネル 2チャンネル

PEAVEY 6505 Head

PEAVEY 6505 Headのおすすめポイント3つ

  1. 唯一無二のディストーション
  2. ブラウンサウンドの代名詞
  3. ニュアンスをしっかり表現

PEAVEY 6505 Headのレビューと評価

激しいディストーションサウンドが手に入る

PEAVEY 6505 Headは、PEAVEY 5150の後継機として生まれ、そのディストーションは唯一無二の一言です。ただ歪むだけではなく、真のはっきりしたブラウンサウンドも特徴の一つですね。

PEAVEY 6505 Headの仕様・製品情報

本体サイズ 675x250x295mm
重量 22kg
出力 120W
チャンネル LEAD/RHYTHM

Marshall JVM410H

Marshall JVM410Hのおすすめポイント3つ

  1. 伝統的なブリティッシュサウンド
  2. クリスタルクリーントーンから邪悪なディストーションまで
  3. 4チャンネルそれぞれに3モード搭載で12種類のサウンド

Marshall JVM410Hのレビューと評価

本物のブリティッシュサウンドを体感

Marshall JVM410HはMarshallの新しいスタンダードモデルで、1959やJCM800などヴィンテージアンプから現代的な音も出せるマルチなアンプです。デジタルリバーブも搭載されているため、多彩な音作りも可能です。

Marshall JVM410Hの仕様・製品情報

本体サイズ 750x310x215mm
重量 22kg
出力 100W
チャンネル クリーン、クランチ、OD1、OD2

Kemper Profiling Power Head

Kemper Profiling Power Headのおすすめポイント3つ

  1. ネットで無限のアンプを手に入れる
  2. 600Wのパワーアンプ内蔵
  3. 自分で好きなアンプをプロファイリング

Kemper Profiling Power Headのレビューと評価

世界中のアンプがこの一台に

Kemper Profiling Power Headは、アンプシミュレーターの最高峰です。もともと入っているプリセットはもちろん、Kemper Profiling Power Headがアンプそのものを解析して、そのアンプサウンドを丸々再現してしまいます。その使い勝手は、アンプ新時代の到来と言っても過言ではありませんね。

Kemper Profiling Power Headの仕様・製品情報

本体サイズ 378×173×217mm
重量 6.5kg
出力 600W
アンプモデリング数 無限

まとめ

今回は様々な種類のおすすめアンプをご紹介してきました。小型の自宅練習に適したモデルから、トランジスタに真空管アンプ。さらには最新のモデリングアンプなどあり、技術の進化を感じました。

ぜひ、自分に合ったアンプを見つけてみてください。