ギターアンプ人気おすすめ10選!小型・高音質など、選び方も解説

アンプ

今回は小型の自宅練習用から、スタジオやライブでも使用できるアンプなど、おすすめのギターアンプをご紹介します。

最近では、往年の名アンプを、かんたんに高音質で楽しめるモデリングアンプなども登場し、選択肢が増えています。

用途に合わせたアンプをご紹介しますのでお楽しみに。

アンプとは

アンプとは、小さな音の信号を大きな音に増幅する装置です。

エレキギターは、本体だけの音では小さくて広い場所に響かせることはできません。

エレキギターに付いているピックアップで拾った音を、微弱な音信号にします。

その信号を増幅することに適したものがギターアンプです。ギターアンプは歪んだ音が出るのも特徴の1つです。

ギターアンプの特徴

歪んだ音が出せる

ギターアンプの特徴の1つが、歪んだ音が出せるという事です。

マイクなどで使うアンプは、歪まずクリーンな音が出るものが良いとされます。

しかしロックサウンドと言えば、歪んだ音です。

以前は大音量で音を出す事で音がつぶれて歪んだ音が出てましたが、最近のアンプでは小さな音でも歪んだサウンドを楽しめるものも多数あり、自宅練習でもロックサウンドを楽しむことができます。

種類が豊富

ギターアンプの種類は多種多様です。

大きく分けると、2種類に分けられるます。

真空管アンプと、トランジスタアンプです。

ですが、各メーカーごとに音が違い、同じ音のアンプは一つとしてありません。

真空管アンプに使われる真空管一つとっても数多く存在し、それぞれに音が違ってきます。

ギターアンプの選び方のポイント

ギターアンプの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 出力で選ぼう
  • 種類で選ぼう
  • 各メーカーの音をチェックしよう
  • アンプのサイズで選ぼう

出力で選ぼう

ギターアンプの出力数は各モデルごとにさまざま。

出力の高いモデルになればなるほど、サイズや価格もアップします。

自宅で練習用に使用するのであれば、20W以下のモデルがおすすめ。

本格的なサウンドが得たい場合には、30~50Wのモデル購入しておけば、スタジオやライブハウスでも活躍してくれます。

100Wを超えるモデルはサイズが大きいので自宅への設置には不向き。

ライブ専用の本格的なモデルを求めている方におすすめです。

種類で選ぼう

ギターアンプには、小型・コンボ・スタックタイプなどの種類が存在します。

小型モデルはコンパクトなサイズとリーズナブルな価格が魅力。

自宅での練習用や大きな音が出せない環境での使用に向いています。

コンボタイプはアンプヘッドとスピーカーが一体となったモデル。

持ち運びがしやすいので、練習用兼ライブ用として使えます。

スタックタイプは、アンプヘッドとスピーカーが別になったモデル。

ヘッドとキャビネットの組み合わせが選択できるので、より細かい音作りが可能です。

各メーカーの音をチェックしよう

ギターアンプは各メーカーごとに音の特徴があります。

マーシャルであれば王道のロックサウンド。

フェンダーは独特なクランチサウンドが特徴です。

その他にも、素直なクリーントーンのローランドや、強烈な歪みが得られるメサブギー、温かみのある音で人気のボックスなどが人気。

好みのギタリストが使用しているギターアンプをチェックしてみるのもおすすめです。

アンプのサイズで選ぼう

アンプを選ぶ際に、まずポイントになるのがどの程度の音量が欲しいかになります。

自宅練習ようであれば、日本の住宅事情を考えると15wあれば十分事足ります。

スタジオ練習やライブでの使用を前提の場合、50〜100wほどの出力は欲しいところです。

ギターアンプのおすすめメーカー一覧

ギターアンプのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • マーシャル(Marshall)
  • フェンダー(Fender)
  • ローランド(Roland)

マーシャル(Marshall)

ジム・マーシャルが創立したイギリスのアンプメーカー「マーシャル」。

マーシャルのギターアンプは、世界中のロックギターリストに愛用されており、パワフルなサウンドが人気です。

王道のロックサウンドの求めるのであれば、マーシャルのギターアンプがおすすめ。

多くのスタジオやライブハウスにも設置されているのもメリットで、練習やライブの際の音作りと自宅で音作りを九通して行いたい方におすすめです。

フェンダー(Fender)

マーシャルと並んで高い認知度を誇るフェンダーのギターアンプ。

ギターメーカーとしても有名な「フェンダー」が製造している点でも高い人気を誇ります。

音を歪ませたドライブサウンドも魅力的ですが、クリーンサウンドや軽くゆがませたクランチサウンドの心地よさが魅力。

フェンダーのギターを使用している方はもちろん、独特なクランチサウンドを味わいたい方にもおすすめです。

ローランド(Roland)

日本の大手電子楽器メーカーとして有名な「ローランド」は、ギターアンプも製造しています。

マーシャルやフェンダーのギターアンプと並んで、多くのスタジオやライブハウスに設置されていることでも有名。

ギター本体の音を素直に表現できる点が人気です。

基本的にクリーンなサウンドを得意とするので、アンプではなくエフェクターで歪みを作る方におすすめです。

ギターアンプのおすすめ10選

おすすめの ギターアンプを紹介します。

フェンダー(Fender) MINI’57 TWIN-AMP

最初に紹介するおすすめのギターアンプは、「フェンダー MINI’57 TWIN-AMP」です。

created by Rinker
Fender(フェンダー)
¥8,800 (2020/10/01 19:30:28時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ 非公開
重量 非公開
出力 1W
給電 電源アダプター/電池
コントロールノブ ボリューム/トーン/ドライブ
評価・レビュー
音質
(3.5)
機能性
(3.0)
コスパ
(4.0)
  • ACアダプター&電池で駆動
  • ヴィンテージスタイルのおしゃれなデザイン
  • ディストーションを内蔵
こんな人におすすめ
電池でも駆動するので、屋外や外出先でも使用したい方におすすめです。

オレンジ(ORANGE) Crush Mini

次に紹介するおすすめの ギターアンプは、「オレンジ Crush Mini」です。

created by Rinker
ORANGE
¥6,238 (2020/10/01 19:30:28時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ 約15×14.5×8.3cm
重量 約904g
出力 3W
給電 電源アダプター/電池
コントロールノブ ボリューム/ゲイン/シェイプ
評価・レビュー
音質
(3.5)
機能性
(3.5)
コスパ
(4.5)
  • 幅広いサウンド作りが可能
  • リーズナブルな価格で購入できる
  • かわいらしくおしゃれなデザイン
こんな人におすすめ
低価格ながら幅広い音作りができるので、さまざまなジャンルでギターを弾きたい方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) THR5

次に紹介するおすすめの ギターアンプは、「ヤマハ THR5」です。

created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥20,742 (2020/10/01 19:30:29時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ 約27.1×16.7×12cm
重量 約2kg
出力 10W
給電 電源アダプター
コントロールノブ アンプ/ゲイン/マスター/トーン/エフェクト/ディレイ・リバーブ/ボリューム
評価・レビュー
音質
(3.5)
機能性
(4.5)
コスパ
(3.5)
  • アンプシュミレーション搭載
  • 多彩なエフェクト機能搭載
  • 迫力のあるチューブサウンド
こんな人におすすめ
多彩なエフェクト機能が搭載されているので、サウンドの変化が楽しみたい方におすすめです。

ammoon GA-10

次に紹介するおすすめの ギターアンプは、「ammoon GA-10」です。

サイズ 約20×18×21cm
重量 約2.36kg
出力 10W
給電 電源アダプター/電池
コントロールノブ ゲイン/ベース/トレブル/ボリューム
評価・レビュー
音質
(3.5)
機能性
(3.5)
コスパ
(4.5)
  • リーズナブルな価格
  • 防塵機能搭載
  • 上部に携帯用のハンドル搭載
こんな人におすすめ
携帯に便利なハンドルが搭載されているので、頻繁に持ち運ぶ方におすすめです。

LINE6 Spider V 20 MKII

次に紹介するおすすめの ギターアンプは、「LINE6 Spider V 20 MKII」です。

サイズ 約33×31×21.1cm
重量 非公開
出力 20W
給電 電源アダプター
コントロールノブ ドライブ/トーン/ボリューム/リバーブ/FX
評価・レビュー
音質
(3.5)
機能性
(3.0)
コスパ
(4.0)
  • オプションのトランスミッターを利用したワイヤレス接続が可能
  • 16種類のプリセットを搭載
  • 200種類以上のアンプ/キャビネット/エフェクトを搭載
こんな人におすすめ
複数のプリセットが搭載されているので、ギターアンプを初めて購入する方にもおすすめです。

ヴォックス(VOX) AC30C2

次に紹介するおすすめの ギターアンプは、「ヴォックス AC30C2」です。

created by Rinker
VOX(ヴォックス)
¥95,960 (2020/10/01 19:30:31時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ 約70.2×26.5×55.6cm
重量 約32.2kg
出力 30W
給電 電源アダプター/電池
コントロールノブ ボリューム/トレブル/ベース/トーン/スピード/デプス/トーンカット
評価・レビュー
音質
(4.5)
機能性
(4.0)
コスパ
(3.5)
  • 真空管を採用した暖かみのあるサウンド
  • 外部スピーカーも接続可能
  • スタジオやライブでも活躍
こんな人におすすめ
真空管を採用しているので、暖かいサウンドを求めている方におすすめです。

ボス(BOSS) KATANA-50 Guitar Amplifier

次に紹介するおすすめの ギターアンプは、「ボス KATANA-50」です。

created by Rinker
BOSS
¥21,000 (2020/10/01 19:30:32時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ 約47×23.8×39.8cm
重量 約11.6kg
出力 50W
給電 電源アダプター
コントロールノブ マスター/ゲイン/ボリューム/ベース/ミドル/トレブル/ブースター・モッド/ディレイ・FX/リバーブ
評価・レビュー
音質
(4.0)
機能性
(4.0)
コスパ
(4.5)
  • 比較的コンパクトながらパワフル
  • ボスのエフェクター製造技術を継承
  • アコースティックギター専用機能を搭載
こんな人におすすめ
「ACOUSTIC機能」が搭載されているので、アコースティックギターでも使用したい方におすすめです。

ローランド(Roland) Jazz Chorus JC-120G

次に紹介するおすすめの ギターアンプは、「ローランド Jazz Chorus JC-120G」です。

created by Rinker
Roland(ローランド)
¥110,000 (2020/10/01 19:30:33時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ 約76×28×62.2cm
重量 約28kg
出力 120W
給電 電源アダプター
コントロールノブ ボリューム/トレブル/ミドル/ベース/ディストーション/リバーブ/スピード/デプス
評価・レビュー
音質
(5.0)
機能性
(4.0)
コスパ
(3.0)
  • くせのない素直なサウンド
  • 美しいコーラスエフェクト搭載
  • 耐久性の高いパーツを厳選して採用
こんな人におすすめ
くせのないサウンドが特徴なので、ギターの音色を素直に引き出したい方におすすめです。

フェンダー(Fender) Tonemaster Deluxe Reverb

次に紹介するおすすめの ギターアンプは、「フェンダー Tonemaster Deluxe Reverb」です。

created by Rinker
Fender(フェンダー)
¥101,500 (2020/10/01 19:30:33時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ 約43.2×61.2×23.6cm
重量 約10.4kg
出力 100W
給電 電源アダプター
コントロールノブ ボリューム/トレブル/ベース/リバーブ/スピード/インテンシティ
評価・レビュー
音質
(5.0)
機能性
(4.0)
コスパ
(3.5)
  • Deluxe Reverbチューブアンプのサウンドをデジタルで再現
  • 比較的軽量で持ち運びに便利
  • 豊かなレゾナンスを実現するパイン材キャビネット
こんな人におすすめ
100Wの出力を誇るにもかかわらず、比較的軽量なので、ライブハウスやスタジオに持ちこむギターアンプとしてもおすすめです。

マーシャル(Marshall) ORIGIN50H

次に紹介するおすすめの ギターアンプは、「マーシャル ORIGIN50H」です。

created by Rinker
Marshall
¥77,000 (2020/10/01 19:30:34時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ 約57.7×22.8×22.5cm
重量 約11.8kg
出力 50W
給電 電源アダプター
コントロールノブ ゲイン/ブースト/ティルト/ベース/ミドル/トレブル/マスター/プレゼンス
評価・レビュー
音質
(5.0)
機能性
(3.5)
コスパ
(3.5)
  • 真空管アンプならではの豊かなトーン
  • 多彩な音色を再生可能
  • スタックタイプなのでスピーカーの選択が可能
こんな人におすすめ
スタックタイプなので、好みのスピーカーを選んで使用したい方におすすめです。

まとめ

今回はさまざまな種類のおすすめアンプをご紹介してきました。

小型の自宅練習に適したモデルから、トランジスタに真空管アンプ。

さらには最新のモデリングアンプなどあり、技術の進化を感じました。

ぜひ、自分に合ったアンプを見つけてみてください。