おすすめのSACDプレイヤー10選!エントリーモデルからハイクラスまで

高音質の音楽を楽しめるSACDプレーヤーには、機能や価格に幅広いモデルがあります。どのプレーヤーが自分にとって良いのか迷ってしまうことがあるかもしれません。
今回の記事では、エントリークラスからハイクラスモデルまでおすすめのSACDプレーヤーを10選紹介します。

SACDプレイヤーとは

SACDとはスーパーオーディオCDの略で、通所のオーディオCDよりも高音質な音楽情報を記録・再生できるのが特徴です。

通常のオーディオCDはWAVE形式で記録されていますが、スーパーオーディオCDはDSD(ダイレクトストリームデジタル)フォーマット形式で記録されているため、専用のオーディオプレーヤーで再生する必要があります。

SACDプレイヤーの選び方

SACDプレイヤーの選び方を以下の2つのポイントから解説します。

  • 対応フォーマットで選ぶ
  • 出力端子で選ぶ

対応フォーマットで選ぶ

SACDプレーヤーにはDSDフォーマットや、通常のオーディオCDの再生に加えてmp3やwmaファイル等の再生も行うことができるというものがあります。SACDの再生の他にメディアフォーマットを再生したいという場合には、各フォーマットに対応するSACDプレーヤーを選んでみると良いでしょう。

出力端子で選ぶ

SACDプレーヤーには数種類の出力端子がついているものもあります。同軸デジタル端子や光デジタル端子に対応しているものもあります。

同軸デジタルケーブルに対応したAVアンプも増えてきていますので、家のオーディオ環境に合わせて出力端子に何があるかを確認してから購入すると良いでしょう。

おすすめのSACDプレイヤー10選

YAMAHA CD-S1000

created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥72,800 (2020/12/03 12:26:48時点 Amazon調べ-詳細)

YAMAHA CD-S1000のおすすめポイント3つ

  • セパレート・パワーサプライでノイズの削減
  • 高精度ドライブ
  • ナチュラルサウンドを追求したサウンド

YAMAHA CD-S1000のレビューと評価

微小信号の再現を高め音楽のニュアンスを引き出す

YAMAHA CD-S1000は音楽のニュアンスを引き出し、ピュアサウンドを追求した造りになっています。オーディオ回路、デジタル回路、ドライブメカニズム、、ディスプレイのための電源を独立化することでノイズ低減とセパレーション化を図っています。

YAMAHA CD-S1000の仕様・製品情報

対応フォーマット DSD、MP3、WMA
対応ディスク SA-CD、CD、CD-R/RW
出力端子 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA
サイズ 435×137×440mm
重さ 15kg

Pioneer PD-70

created by Rinker
パイオニア(Pioneer)
¥68,800 (2020/12/03 12:26:49時点 Amazon調べ-詳細)

Pioneer PD-70のおすすめポイント3つ

  • iPod、iPhone、iPadから再生可能
  • 192kHz/32bit ツインD/Aコンバーターで高解像度再生
  • ジッターリダクションICで歪み低減

Pioneer PD-70のレビューと評価

高音質技術とノウハウが凝縮されたプレーヤー

デジタルとアナログの電源を完全に分離したツイン電源トランスや、192kHz/32bit ツインD/Aコンバーターといった高音質を追求するための様々な工夫がされています。

単に音楽を再生するのではなく、Hi-bit 32 Audio Processingを行い、自然なアナログ波形に近づけ、ナチュラルで質の高い音楽を楽しむことができるでしょう。

Pioneer PD-70の仕様・製品情報

対応フォーマット DSD、MP3、MPEG-4 AAC、WMA
対応ディスク SA-CD、CD、CD-R/RW、DVD-R/RW
出力端子 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA
サイズ 435×137×440mm
重さ 15kg

DENON DCD-1600NE

DENON DCD-1600NEのおすすめポイント3つ

  • ハイレゾ音源にも対応
  • 専用カスタムコンデンサで磨き上がった音質
  • 補完処理により繊細な描写

DENON DCD-1600NEのレビューと評価

DSDに加えてハイレゾ音源にも対応

DENON DCD-1600NEはSACDの再生(DSDフォーマット)に加えて、DVD-R/-RWやDVD+R/+RWに記録した192 kHz / 24 bitまでのハイレゾ音源も再生することができます。

Advanced AL32 Processing Plusと呼ばれるデータ補完処理によって、記録時に失われたデジタルデータを保管し、歪みの少ない原音に忠実な音を再生することができます。

DENON DCD-1600NEの仕様・製品情報

対応フォーマット DSD、リニアPCM
対応ディスク SA-CD、CD、CD-R/RW
出力端子 光デジタル、同軸デジタル、アンバランス出力
サイズ 434 x 135 x 329mm
重さ 8.2kg

マランツ SA8005

created by Rinker
marantz(マランツ)
¥100,149 (2020/12/03 12:26:50時点 Amazon調べ-詳細)

マランツ SA8005のおすすめポイント3つ

  • USB-DAC内蔵
  • DSD信号のダイレクトD/A変換で豊かな空間表現力
  • 金メッキで経年変化による音質の劣化お防ぐ

マランツ SA8005のレビューと評価

USB-DACも搭載の万能プレーヤー

マランツ SA8005はsacdからのDSD再生に加えて、USB-DACを搭載しておりPCSからのDSD信号の入力にも対応しています。他にもipodやiPhoneといったモバイルデバイスからも再生することができますが、デバイス内臓のD/AコンバーターではなくSA8005の高性能D/Aコンバーターによってアナログ変換されるため、高品質な音楽再生ができるでしょう。

マランツ SA8005の仕様・製品情報

対応フォーマット DSD、MP3、WMA
対応ディスク SA-CD、CD、CD-R/RW
出力端子 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA、ヘッドホンアウト
サイズ 440×106×341mm
重さ 8kg

SONY SCD-XA5400ES

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥89,800 (2020/12/03 12:26:51時点 Amazon調べ-詳細)

SONY SCD-XA5400ESのおすすめポイント3つ

  • HDMIによる伝送可能
  • ツインRコアトランスでクリーンな再生
  • スーパーオーディオD/Aコンバーターでナチュラルな音質

SONY SCD-XA5400ESのレビューと評価

ナチュラルな高音質を実現するD/Aコンバーター

SCD-XA5400ESにはDSDフィルター+マルチレベルD/Aコンバーター方式のD/Aコンバーターが搭載されており、ノイズを抑えナチュラルなサウンドを実現するのが特徴です。
TA-DA5400ESとHDMIで接続することでsacdのDSDをダイレクトに出力することもできます。

SONY SCD-XA5400ESの仕様・製品情報

対応フォーマット DSD
対応ディスク SA-CD、CD、CD-R/RW、DVD±R/RW
出力端子 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA、HDMI
サイズ 430×124×390mm
重さ 10.2kg

8.TEAC PD-501HR

created by Rinker
ティアック(Teac)
¥54,425 (2020/12/03 12:26:52時点 Amazon調べ-詳細)

TEAC PD-501HRのおすすめポイント3つ

  • 低価格
  • 非減衰ボリュームコントロール搭載
  • シンプルなユーザーインターフェース

TEAC PD-501HRのレビューと評価

ピュアサウンド再現の徹底

TEAC PD-501HRのDACにはCirrus Logic社製DAC CS4398が採用されており、広いダイナミックレンジを実現し、キャパシタ・ミスマッチにより歪みを抑えることができています。
デジタルノイズの影響をできるだけ排除したよりピュアな再生が可能なコストパフォーマンスの高いsacdプレーヤーと言えるでしょう。sacdプレーヤーの入門機としておすすめです。

TEAC PD-501HRの仕様・製品情報

対応フォーマット DSD、リニアPCM
対応ディスク SA-CD、CD、CD-R/RW、DVD±R/RW
出力端子 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA
サイズ 290×81.2×244mm
重さ 15kg

ATOLL SACD200

ATOLL SACD200のおすすめポイント3つ

  • マルチ5.1ch対応
  • コンパクト設計
  • 音場の微調整が可能

ATOLL SACD200のレビューと評価

コンパクトなボディからリアルなサラウンド環境を実現

ATOLL SACD200は440mm×90mm×255mmと非常にコンパクトなボディとなっています。最大の特徴は5.1chに対応していることで、高音質サウンドをサラウンドで楽しむことができてしまいます。
各スピーカーの音量を個別に設定できたり、スピーカーのディレイを設定することができるため、充実したサラウンドで高音質を体感することができるでしょう。

ATOLL SACD200の仕様・製品情報

対応フォーマット DSD
対応ディスク SA-CD、CD
出力端子 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA
サイズ 440×90×255mm
重さ 8kg

ESOTERIC K-05X

created by Rinker
エソテリック
¥608,000 (2020/12/03 12:26:52時点 Amazon調べ-詳細)

ESOTERIC K-05Xのおすすめポイント3つ

  • VCXOクロックで位相雑音低減
  • アップコンバート機能搭載
  • ディスク回転時の面振れを補正

ESOTERIC K-05Xのレビューと評価

新たなる極みへ到達したプレーヤー

ESOTERIC K-05XにはVRDS-NEO”VMK-5”が搭載されており、ディスク回転時の面振れを補正し読み取り制度を高めることでディスクの音源をしっかり再生できるようになっています。

アップコンバート機能も搭載されており、PCMデジタル信号を2~8倍にアップコンバートし解像度の高い音楽再生を楽しむことが可能です。

ESOTERIC K-05Xの仕様・製品情報

対応フォーマット DSD、PCM
対応ディスク SA-CD、CD、CD-R/RW
出力端子 XLR、アナログRCA
サイズ 445×131×355mm
重さ 15kg

LUXMAN D-05u

※現在売り切れです。

LUXMAN D-05uのおすすめポイント3つ

  • 大型ディスプレイ搭載
  • 大容量の電源回路ブロック
  • ジッターリダクションチップでジッターを排除

LUXMAN D-05uのレビューと評価

先進のデジタル回路で奥深い表現

LUXMAN D-05uにはsacdのための専用ジッターリダクションチップを搭載しており、徹底的にジッターを排除しています。他にも低位相雑音クロックモジュールによりノイズを低減し豊かなサウンドを実現することができています。

音楽を体全体で感じ、堪能することができるでしょう。

LUXMAN D-05uの仕様・製品情報

対応フォーマット DSD、MP3、WMA
対応ディスク SA-CD、CD、CD-R/RW
出力端子 同軸デジタル、アナログRCA
サイズ 440×133×410mm
重さ 14.8kg

ESOTERIC SZ-1s

※現在売り切れです。

ESOTERIC SZ-1sのおすすめポイント2つ

  • 洗練されたデザイン
  • シンプル設計

ESOTERIC SZ-1sのレビューと評価

見せたくなる洗練されたフォルム

ESOTERIC SZ-1sの特徴はなんといっても曲線と曲面が織りなす洗練されたデザインです。優美なデザインながらフロントに基本操作のためのボタン類が配置されており機能にも配慮されています。
ESOTERIC高性能軸摺動型ピックアップを採用し、レンズを移動させたときもレーザーの光軸は傾かず正確な信号を読み取り音楽を再生できるため、原音に忠実な音楽再生を楽しむことができるでしょう。

ESOTERIC SZ-1sの仕様・製品情報

対応フォーマット DSD、リニアPCM
対応ディスク SA-CD、CD、CD-R/RW
出力端子 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA
サイズ 400×77×361mm
重さ 8.4kg

まとめ

sacdにもいろいろなグレードがりこだわりの機能を搭載しているものがあります。今回は比較的安価な入門機から、高価なハイエンドモデルまでおすすめのsacdプレーヤーをご紹介しました。
ぜひ価格や機能を比較して利用用途に応じたぴったりの1台を選んでみてください。