ONKYOスピーカーの特徴、評価とおすすめ8選

【じっくり読むと3分30秒】

今回はおすすめのONKYOスピーカーをご紹介します。選ぶ上で知っておきたいONKYOスピーカーの特徴や評価、ONKYOとYAMAHAのスピーカーの違いを紹介した後、ONKYOスピーカーのなかでもおすすめを8製品紹介します。名機と呼ばれているものから最新のモデルまで幅広くご紹介します。

ONKYOのスピーカーの特徴と評価

ONKYOスピーカーの特徴を以下の3つのポイントから解説します。

製品作りの特徴

ONKYOは正式にはオンキヨー株式会社といいます。1946年に創業して以来、DENONやYAMAHAなどと同様にピュアオーディオ衰退期を乗り越えてきた日本の音響メーカーです。

オンキヨーは、スピーカーのユニットや振動版、ネットワークなどすべてを自社生産している数少ない音響メーカーです。作られた一つ一つの製品に込められた熱い思いが良い音を作り出しているといえます。

音質面での特徴

ONKYOスピーカーの音の特徴は高域の鮮やかさと繊細さをベースにしたものです。ハイレゾにいち早く取り組んだメーカーということもあり高域にこだわりを持っているように感じます。

通常高コストになってしまうリング型のツィーターをほとんどの機種で使用できているのも、こだわりが感じられます。

スピーカーとしての評価

ハイエンドモデルから安価なスピーカーに至るまで全体的に評価が高いのが特徴です。やはり高域の鮮やかで心地よい音が聞けることへの評価が大きいようです。

ホームシアターを作るなら特におすすめで、高出力のアンプを使うことによってスピーカーの最大限の音を引き出すことができます。
アクティブスピーカーにも以前から力を入れていて、高品質、高音質でとても高い評価を得ています。PCやテレビで使うと特に違いがわかるのでおすすめです。

スピーカーの人気メーカー「ONKYO」と「YAMAHA」を比較

スピーカーを選ぶ時に選択肢に入ってくるのが、人気メーカーのONKYOやYAMAHAでしょう。それぞれ音はどう違うのでしょうか。

まずYAMAHAは、初心者におすすめの入門機から中級機までのラインナップがあり、雑味の少ない割とスッキリとしている音質が特徴です。そのため、ホームシアター系の機器との相性が抜群です。

ONKYOはハイエンドモデルを多く作りつつも、自社製作ゆえに価格面では抑えているので低価格で上質な音を楽しめるスピーカーを販売しています。高域にも定評があるのでホームシアターにはもちろんのこと、コスパがよく高品質なスピーカーで幅広く音楽を楽しめるという面でONKYOをおすすめします。

ONKYOのおすすめスピーカー8選

ONKYO D-77NE

※現在売り切れ中です。

ONKYO D-77NEの仕様・製品情報

型式 3ウェイ・バスレフ型
最大入力 150W
最大外形寸法 幅380×高さ660×奥行き380mm
質量 25.5kg

ONKYO D-77NEのおすすめポイント3つ

  • 大口径ユニット搭載で開放的なサウンド
  • オンキヨー独自のノンプレスコーンを採用
  • 30センチウーファーの躍動感あふれるサウンド

ONKYO D-77NEのレビューと評価

30年の歴史を刻む名機

ONKYOスピーカーの顔ともいえるD-77シリーズの11世代目。30年以上の歴史があり多くの音楽ファンに支えられてきた名機です。大口径のユニットと大容量のキャビネットから奏でられるサウンドはダイナミックで躍動感があり、重量感のあるサウンドです。まったく癖を感じさせないナチュラルな音質も魅力の一つ。ポテンシャルの高い最高品質のスピーカーです。

ONKYO D-77NEはこんな人におすすめ!

迫力のあるダイナミックな音を楽しみたい人におすすめ!

ONKYO D509E

ONKYO D509Eの仕様・製品情報

型式 3ウェイ・バスレフ型
最大入力 150W
最大外形寸法 幅275×高さ991×奥行き370mm
質量 16.4kg

ONKYO D509Eのおすすめポイント3つ

  • 3ウェイ・スピーカーシステム
  • チャンネルデバイダー対応
  • 4量感ある低音

ONKYO D509Eのレビューと評価

コストパフォーマンスに優れた良質なスピーカー

上品なピアノブラック仕上げのデザイン、高域から低域までバランスのとれた音質。コストパフォーマンスが良いと評判のスピーカーです。サブウーファーがいらないほど低音もしっかりでしてくれます。トールボーイ型なので場所もそこまで取らないのも魅力的です。

ONKYO D509Eはこんな人におすすめ!

いままでのスピーカーでは物足りないという方におすすめ!

ONKYO D112EXT

created by Rinker
オンキヨー(Onkyo)
¥27,875 (2020/11/28 22:21:00時点 Amazon調べ-詳細)

ONKYO D112EXTの仕様・製品情報

型式 2ウェイ・バスレフ型
最大入力 80W
最大外形寸法 幅162×高さ267×奥行き271mm
質量 4.8kg

ONKYO D112EXTのおすすめポイント3つ

  • 上質なデザインと緻密な設計
  • 楽器やボーカルの音をクリアに描き出すツィーター
  • 心地よい低音を再現するウーファー

ONKYO D112EXTのレビューと評価

美しくポテンシャルも高い高品位スピーカー

アコースティックギターと同様の手法で響きをコントロールする力木を採用した高品位なスピーカー。小型ながら音質や解像度も高く、全体的に高いポテンシャルを持ったスピーカーです。ハイレゾ音源にも対応しています。

ONKYO D112EXTはこんな人におすすめ!

解像度の高い小型スピーカーが欲しい方はこれがおすすめ!

ONKYO D412EX

created by Rinker
オンキヨー(Onkyo)
¥85,629 (2020/11/29 00:44:59時点 Amazon調べ-詳細)

ONKYO D412EXの仕様・製品情報

型式 2ウェイ・バスレフ型
最大入力 200W
最大外形寸法 幅214×高さ347×奥行き323mm
質量 10.2kg

ONKYO D412EXのおすすめポイント3つ

  • 強さとしなやかさを持つ新開発の振動版
  • 超高音域再生可能なリングツィーター
  • バスレフ技術で聴き応えのある低域再生

ONKYO D412EXのレビューと評価

コンパクトながらいい音を感じれる

2009年に発売されたにもかかわらずまだまだ人気が落ちない良質なスピーカー。購入者からの評価も高く、癖がなく豊かな音質を楽しむことができます。エージングで使うたびに良い音になっていく感じを味わえるので楽しみながら使用できるはず。

ONKYO D412EXはこんな人におすすめ!

ブックシェルフ型のハイエンドモデルを探している方におすすめ!

ONKYO D55EX

created by Rinker
オンキヨー(Onkyo)
¥9,800 (2020/11/28 22:21:10時点 Amazon調べ-詳細)

ONKYO D55EXの仕様・製品情報

型式 2ウェイ・バスレフ型
最大入力 80W
最大外形寸法 幅148×高さ264×奥行き256mm
質量 3.6kg

ONKYO D55EXのおすすめポイント3つ

  • 解像度の高い音を出してくれるツィーター
  • 響きが美しいMDFキャビネット
  • ブックシェルフ型のエントリーモデル

ONKYO D55EXのレビューと評価

繊細で芯の強いサウンドを実現させたコンパクトモデル

小音量でも豊かな響きを聞くことができ、全体的に解像度の高い音を楽しむことができます。コンパクトで安価ながらポテンシャルが高く、コスパの良いスピーカーといえるでしょう。

ONKYO D55EXはこんな人におすすめ!

自宅のしっとり音楽に浸りたい方におすすめ!

ONKYO SC3

ONKYO SC3の仕様・製品情報

型式 2ウェイ・バスレフ型
最大入力 200W
最大外形寸法 幅300×高さ484×奥行き450mm
質量 8.5kg

ONKYO SC3のおすすめポイント3つ

  • オンキヨー独自のスーパー楕円形状ホーンツィーター 
  • 削りだしのキャビネット
  • セプターの歴史を感じる設計と音

ONKYO SC3のレビューと評価

音質研究の結晶から生まれた、新しいスピーカーシステム

SC3はオンキヨーがメーカーの顔として1968年に発売したグランドセプターGS-1の歴史を受け継ぐ後継機。セプターの特徴となっているホーンツィーターは健在でより自然な音の広がりを実現しています。おり洗練されたセプターの音を味わってみてください。

ONKYO GX500HD パワードスピーカー

created by Rinker
オンキヨー(Onkyo)
¥53,800 (2020/11/28 22:21:21時点 Amazon調べ-詳細)

ONKYO GX500HDの仕様・製品情報

型式 アンプ内蔵2ウェイ・バスレフ型
電源 100V
最大入力 40W+40W
最大外形寸法 R:幅169×高さ263×奥行き240mm L:幅169×高さ263×奥行き215mm
質量 R:6.4kg L:4.3kg

ONKYO GX500HDのおすすめポイント3つ

  • アンプ内蔵のパワードスピーカー
  • ハイレゾ対応で高品質な音を再現
  • エネルギー感あふれるピュアサウンド

ONKYO GX500HDのレビューと評価

パワードスピーカーのハイエンドモデル

ハイレゾ対応で超高音域はもちろん幅広いジャンルの音楽でいい音を出してくれる優秀なスピーカーです。テレビやPCに接続して使用する場合にも使えますが、それだけで使用するにはもったいないぐらいのポテンシャルを持っているスピーカーです。

ONKYO GX500HDはこんな人におすすめ!

ハイレゾ対応の良質なパワードスピーカーを欲しい方におすすめ!

ONKYO SAS200 ワイヤレスポータブルスピーカー

※現在うちり切れ中です、

ONKYO SAS200の仕様・製品情報

電源 AC100V(本体電源入力:DC5V 2A)
消費電力 8W
最大外形寸法 幅180×高さ53.5×奥行き59mm
質量 740g

ONKYO SAS200のおすすめポイント3つ

  • Bluetooth対応ポータブルスピーカー
  • クリアで迫力のあるサウンド
  • ONKYO独自の技術を効果的に組み合わせたスピーカー

ONKYO D212EXTのレビューと評価

聴きたい場所でじっくり聞けるワイヤレススピーカー

ONKYOのBluetooth対応ポータブルスピーカーは音楽を聞く場所を選ばず、聴きたい場所でじっくり高品質な音を楽しむことができます。ONKYOの良い音を持ち出すことができる贅沢を味わってみてください。

ONKYO D212EXTはこんな人におすすめ!

場所にとらわれずONKYOの音を聴きたい人におすすめ!

まとめ

ONKYOスピーカーの特長や、歴史を持つ名機から最新モデルのONKYOスピーカーをご紹介してきました。聞いてみたい使ってみたいと思ったスピーカーはありましたか?コスパが高くハイクオリティなONKYOならではの音をぜひ聞いてみてください。