【読了時間:じっくり読むと3分】

家庭用のオーディオ機器として根強い人気を誇るミニコンポ。最近は、ブルートゥースやハイレゾ音源にも対応したモデルが発売されており、音質、機能ともに向上しています。

今回は、国内でもメジャーで特に人気のあるオーディオ機器メーカー、ソニー、パイオニア、ONKYO、JVCケンウッドに注目し、各社の特徴や違い、比較などをしていきます。
さらにその後、各メーカーを含め、ハイレゾ対応ミニコンポのおすすめモデルを5つ紹介します。



ハイレゾ音源対応ミニコンポのおすすめメーカー

ONKYO

ONKYOのオーディオコンポは、末永く安心して使用できる製品作りをコンセプトにしており、落ち着いたクラシックなデザインや幅広い年代、どのジャンルの音楽にもマッチするような製品を販売している印象が強いです。

臨場感あるサウンドを提供するワイドレンジ技術”WRAT”(Wide Renge Amplifer Technology)や、小音量でも豊かな音楽再生を可能にする”オプティマム・ゲイン・ボリューム回路を搭載するなど、独特な技術のこだわりが感じられます。

SONY(ソニー)

SONYのオーディオ製品はどれも世界で評判が高いのは有名だと思いますが、ミニコンポに関しても例外はなく、高音質でお洒落な製品が多いように感じます。

フルデジタルアンプでのハイレゾ再生はもちろんのこと、CD音源や圧縮音源もハイレゾ相当のクリアでリアルなサウンドにする”DSEE HX”など、独自の技術を備えています。

また、シックで高級感漂うデザインはどの年代のユーザーにもマッチし、インテリアとしても映えるでしょう。

Pioneer(パイオニア)

ONKYOの子会社であるPioneerのミニコンポは、ONKYOの製品と比べどちらかというと若い世代向けのカジュアルなデザインやカラーの製品を展開している印象を感じます。

Bluetoothにも対応し、ワイヤレスで音楽やネットラジオを楽しんだり、専用アプリでiPhoneやスマホのデータをやり取りしたり、リモコンとして使用するなど、便利でトリッキーな機能も備えています。

また、音質に関しても低歪みのDACチップを採用したり、ノイズの排除にこだわった回路構成など、鮮明でクリアなサウンドを追及しています。

JVCケンウッド

ミニコンポといえばJVCケンウッドという方も少なからずいると思います。昔は、JVCビクターとKENWOODは別々のメーカーでしたが、合併して今のJVCケンウッドになりました。

昔から木などの材質にこだわった暖かいサウンドを再生するイメージが有り、シンプルで洗練されたデザインなど、他のメーカーと比べても個性的な製品が多いように感じます。

Bluetooth対応やUSBフラッシュメモリに収録されたハイレゾ音源の再生など、使い勝手も良く、バランスのとれたメーカーです。

ハイレゾ音源対応のミニコンポおすすめ5選

SONY CMT-SX7

SONY CMT-SX7のおすすめポイント3つ

  • ハイレゾフォーマットに対応した”S-Master HX”搭載
  • CD音源や圧縮ファイルをハイレゾ相当に変換する”DSEE HX”搭載
  • こだわりを凝縮した高品位なスピーカー

SONY CMT-SX7のレビューと評価

ハイレゾ音源を鳴らすためのオーディオコンポ

ハイレゾ再生や高解像度変換機能を搭載したSONYの”CMT-SX7”は、音質に関する様々な工夫が各所に盛り込まれており、音質を重視する方におすすめの1台です。

SONY CMT-SX7の仕様・製品情報

寸法本体:約225 x 115 x 263mm、スピーカー:約145 x 245 x 225mm
質量本体:約2.7kg、スピーカー:約3.5kg(1台)
入力RCA、光デジタル、USB、Bluetooth
出力光デジタル、ヘッドホン(ステレオミニ)
付属品本体、リモコン、単4形乾電池(2個)
、USBケーブル、スピーカーコード x2、FMアンテナ、AMループアンテナ、かんたんスタートガイド、取扱説明書

ONKYO X-NFR7TX(D)

ONKYO X-NFR7TX(D)のおすすめポイント3つ

  • USBメモリーのハイレゾ音源再生に対応
  • NFC&bluetooth機能でスマホのワイヤレス再生
  • 自社設計の本格スピーカーユニット採用

ONKYO X-NFR7TX(D)のレビューと評価

コスパ良好なハイレゾミニコンポ

ONKYOの”X-NFR7TX(D)”は、電子部品ひとつひとつにこだわったディスクリート構成のアンプ回路により、臨場感のあるダイナミックなハイレゾサウンドを再生します。また、Bluetoothにも対応しており、価格もお手頃なコスパ良好おすすめミニコンポです。

ONKYO X-NFR7TX(D)の仕様・製品情報

寸法本体:約W215 x H142 x D348mm、スピーカー:約W163.5 x H281.5 x D268mm
質量本体:約4.8kg、スピーカー:約3.6kg
入力光デジタル(optical)、USB-B、アナログx3、Bluetooth
出力アナログx1、サブウーファープリアウトx1、ヘッドホン(ステレオミニ)
付属品本体、リモコン、FM,AM,室内アンテナ、その他

Pioneer X-HM76(S)

Pioneer X-HM76(S)のおすすめポイント3つ

  • ハイレゾ音源も忠実に再生する「クリーングラウンド設計」
  • ノイズの排除に徹底してこだわった回路レイアウト
  • アルバムアートも大きく表示するカラー液晶

Pioneer X-HM76(S)のレビューと評価

パイオニアの技術を凝縮した高音質モデル

Pioneerの”X-HM76”は、32bit DACを採用し、ノイズを軽減する独自の技術を用いるなど、最高11.2MHzまでのDSDハイレゾサウンドを高音質で再生可能です。外付けHDDをUSB接続できるなど便利な機能も多くおすすめできる1台です。

Pioneer X-HM76(S)の仕様・製品情報

寸法本体:約W333 x H98 x D290mm、スピーカー:約W213 x H263 x D148mm
質量本体:約3.5kg、スピーカー:約3.3kg
入力光デジタル、USB、RCA、Bluetooth
出力サブウーファープリアウト、ヘッドホン
付属品本体、リモコン、単4形乾電池x2、スピーカーコードx2、FM/AMアンテナ、保証書、取扱説明書

JVCケンウッド EX-S55-T

JVCケンウッド EX-S55-Tのおすすめポイント3つ

  • 木の振動版を採用したフルレンジウッドコーンスピーカー
  • NFC対応Bluetooth搭載
  • フラット&ロースタイルデザイン

JVCケンウッド EX-S55-Tのレビューと評価

素材にこだわったハイレゾミニコンポ

JVCケンウッドのEX-S55-Tは、コンパクトで設置しやすく木製家具との相性も良い色調とデザインを採用しており、インテリアとしても存在感のあるミニコンポです。Bluetooth対応やUSBメモリのハイレゾ再生にも対応しており、機能や音質においてもおすすめできるモデルです。

JVCケンウッド EX-S55-Tの仕様・製品情報

寸法本体:約W219 x H110 x D289mm、スピーカー:約W140 x H110 x D277mm
質量本体:約2.1kg、スピーカー:約2.0kg
入力AUX、USB、Bluetooth
出力ヘッドホン出力
付属品本体、リモコン、単4形乾電池x2、スピーカーコードx2、FM/AMアンテナ

Panasonic SC-PMX150

Panasonic SC-PMX150のおすすめポイント3つ

  • CDをより高音質で再生するハイレゾリマスター機能搭載
  • 最大5.6MHzのDSDハイレゾ再生が可能
  • 専用アプリでハイレゾ音源の管理や再生が可能

Panasonic SC-PMX150のレビューと評価

高品質なDSD対応ハイレゾミニコンポ

Panasonicの”SC-PMX150”は、DSDハイレゾ再生やCDなどの低フォーマットをリマスターする機能に特化した設計で、音質もハイレゾミニコンポとしてはトップクラスのクオリティを実現しています。ワイドレンジで再生可能なスピーカーもgoodです。

Panasonic SC-PMX150の仕様・製品情報

寸法本体:約W211 x H114 x D267mm、スピーカー:約W238 x H264 x D161mm
質量合計約9.0kg
入力AUX、USB、LAN、Bluetooth
出力ヘッドホン出力
付属品本体、リモコン、単3形乾電池x1、電源コード、スピーカーコードx2、FM/AMアンテナ

まとめ

いかがだったでしょうか。
国内人気メーカーの主な製品特徴や他社との違いから、おすすめのハイレゾ対応ミニコンポまでを解説、紹介させて頂きました。ほとんどのモデルがブルートゥースに対応しているので、自宅に1台あれば様々な楽しみ方ができそうです。今回の記事が、今後ミニコンポを購入する際の参考になれば幸いです。