クロスバイクにおすすめの人気ヘルメット10選。女性も使えるおしゃれモデル

クロスバイクにおすすめのヘルメット

安全第一でクロスバイクに乗りたい方にはヘルメットの着用が必要になります。ヘルメットがダサいというのは過去の話。
今本当にかっこいいのはヘルメットなしのノーヘルではなく、確かな品質とおしゃれさを兼ね備えたヘルメットだと言えます。普段着での街乗り用や通勤用の自転車に使えるおしゃれな女性用ヘルメットも少なくありません。Amazonには現在「モンベル」社のクロスバイク用ヘルメットはありませんが、オージーケーカブトなど有名ブランド品は多数あります。
今回は以上のようなヘルメットを紹介するとともに、ヘルメットの選び方やメーカー紹介の解説もします。
ライトがついている自転車 自転車用ライト人気おすすめ17選。明るい・防水・自動点灯など機能性も徹底紹介 自転車に乗る鍛えられた男の人 【2022】スピンバイクおすすめ人気ランキング15選。静音ならマンションにも

クロスバイクにヘルメットは必要?義務?

サンセットとカップル
クロスバイクのヘルメットとは、第一に安全運転を心がける方には必要なものだと言えます。一方で法的な義務はありません。

オートバイのノーヘル違反でも罰金がないため、ヘルメットなしの自転車運転は危険ではないと思う方もいるでしょう。
しかしヘルメット着用が義務でない理由は事故の際にノーヘルが他人に害を与えるものではないからだということが考えられます。
つまり自転車やバイクで事故を起こした当人の危険性が小さいために義務化されなかったわけではありません。

ヘルメット着用は個々の自由になりますが、少なくともクロスバイクやロードバイクで高速走行したい方にはヘルメット着用が必要だと言えます。

クロスバイクのヘルメットのおすすめメーカー一覧

クロスバイクのヘルメットのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • OGK KABUTO(オージーケーカブト)
  • LAZER(レイザー)
  • Giro Sport Design(ジロ・スポーツ・デザイン)

OGK KABUTO(オージーケーカブト)

OGK KABUTO(オージーケーカブト)は大阪に本社を置くヘルメットの国内最大手ブランドの1つです。
バイクでも有名ですが自転車のヘルメットにかけては国内の代表的なメーカーだと言えるでしょう。

OGK KABUTOのクロスバイクのヘルメットといえば幅広いラインナップが特徴。
価格は5,000円から30,000円ほどまでで、ロードバイクから街乗り用、またプロ仕様のものまであります。

多くは安全規格「JCF」公認品であるOGK KABUTOは、安全性とコスパが高いヘルメットをお探しの方におすすめのメーカーです。

LAZER(レイザー)

LAZER(レイザー)はオランダと共に自転車大国として知られるベルギーに本社を置く創業100年以上の老舗ブランドです。
国際ブランドでありながら日本人の頭にもフィットするAF(アジアン・フィット)シリーズを販売していることでも大人気。

クロスバイクやロードバイクのヘルメットでは一般的な流線形ではなく、球状にしたデザインも特徴的です。

LAZERは、ヘルメットにフィット感を求める方やおしゃれ好きな女性などにおすすめのメーカーです。

Giro Sport Design(ジロ・スポーツ・デザイン)

GIROことGiro Sport Design(ジロ・スポーツ・デザイン)はアメリカに本社を置くスポーツの総合用品メーカーです。
GIROもまた日本人の頭にフィットしやすいAF(アジアン・フィット)シリーズを手掛けています。

プロのライダーからも好かれるGIROのヘルメットは、ツールドフランスの伝説・アームストロング選手が被っていたことでも有名。

一方で街乗り用のモデルもあるGIROは、本格的なライダーからおしゃれな女性まで幅広い層におすすめのメーカーです。

クロスバイクのヘルメットの選び方

部屋の中にある自転車
クロスバイクのヘルメットの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 必要な安全性能で選ぶ
  • かっこいいデザインで選ぶ
  • 普段着でも被れるおしゃれさで選ぶ

必要な安全性能で選ぶ

クロスバイクのヘルメットは、走りに特化したロードバイク同様、必要な安全性能で選ぶこともできます。

自転車のヘルメットには法的な着用義務がないため、厳密な安全規格というものもありません。
しかし一定の安全保障になる規格はあり、「JFC」や「SG」が代表的な認定機関になります。

特にクロスバイクで多いのが「JFC(日本自転車競技連盟)」であり、各種メーカーがJFCの公認や承認を前面に出すほど信頼性が高いです。
第一に安全性を優先したい方は、JFC公認品など各種安全規格を満たしたヘルメットをおすすめします。

かっこいいデザインで選ぶ

クロスバイクのヘルメットは、かっこいいデザインで選ぶこともできます。

先のメーカー紹介で揚げた「OGK KABUTO」「LAZER」「GIRO Sport Design」はスタイリッシュな外観でも人気を集めています。

丸かったり流線形だったりする外形や通気口など、デザインを総合的に見てセンスで選ぶと自然と愛着もわくものです。
見た目が第一の方は、購入前に動画なども参考にしてクロスバイクのヘルメットを選ぶと良いでしょう。

普段着でも被れるおしゃれさで選ぶ

女性はクロスバイクのヘルメットでも普段着で被れるおしゃれなものを選ぶと良い買い物になるかもしれません。

実際、クロスバイクのヘルメットでも取り外し可能なバイザーつきモデルや、野球帽をイメージしたユニークな形のものが大人気。
おしゃれ系のヘルメットは通勤通学などの街乗り以外でも、スキーや登山や乗馬など多用途に使えるメリットもあります。

実用性よりも被っていて気分が上がるものをお求めの方には、普段着でも被れるおしゃれなヘルメットがおすすめです。

クロスバイクのヘルメットのおすすめ10選

クロスバイクのヘルメットのおすすめ10選を紹介します。

Shinmax 自転車 ヘルメット LEDライト 磁気ゴーグル付 ロードバイク 通勤 通学 M/L

最初に紹介するおすすめのクロスバイクのヘルメットは、「Shinmax 自転車 ヘルメット LEDライト 磁気ゴーグル付 ロードバイク 通勤 通学 M/L」です。

頭のサイズ57~62cm
外径サイズM/L:25.2 x 20.8 x 14.4 cm
重さM/L:270g
素材‎CPSC認定高剛性PCカバー&衝撃吸収発泡材
安全規格CPSC
評価・レビュー
安全性
(4.5)
デザイン
(4.5)
フィット感
(4.0)
通気性
(5.0)
ポイント
  • アメリカの標準的な安全規格「CPSC」の認定を受けた世界基準の安全性能
  • 常時・点滅・すばやい点滅の3つのモードがあるLEDライトをヘルメット後部に搭載
  • マグネット式のゴーグルなのでワンタッチでヘルメットからの着脱が可能

「Shinmax 自転車 ヘルメット LEDライト 磁気ゴーグル付 ロードバイク 通勤 通学 M/L」の特徴

グローバルブランド「Shinmax」による特に夜間使用時の安全性の高いヘルメットで、現在「Amazon’s Choice」の人気モデルです。

後頭部のダイヤル式ネジを回すことでサイズ調整も可能で、空気力学に基づいた空気穴があるため蒸れにくいでしょう。

こんな人におすすめ
夜間にも見えやすいLEDライトや虫よけにもなるゴーグルがついたロードバイクにも使えるヘルメットをお探しの方におすすめです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車 ヘルメット RECT(レクト) サイズ:M/L(57-60cm)

次に紹介するおすすめのクロスバイクのヘルメットは、「オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車 ヘルメット RECT(レクト) サイズ:M/L(57-60cm)」です。

頭のサイズ57~60cm
外径サイズ‎梱包:30.4 x 24.2 x 19.4 cm
重さM/L:245g
素材非公開
安全規格JCF
評価・レビュー
安全性
(4.5)
デザイン
(4.5)
フィット感
(5.0)
通気性
(4.5)
ポイント
  • 245gの軽量設計の上に頭を包み込む「XF-8 アジャスター」の採用で装着感が抜群
  • 日本を代表する安全規格「JCF」日本自転車競技連盟の認定品
  • 後部のデザインは別売りのシリコンベルト型テールライトがつけやすい形状に

「オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車 ヘルメット RECT(レクト) サイズ:M/L(57-60cm)」の特徴

日本の最大手ブランド「オージーカブト」による後部に4つの大きな通気口のあるデザインも目を引く装着感の良いモデルです。

付属の「XF-8 アジャスター」は4段階の調節が可能で、虫よけになる「A.I. ネット」も同梱されてあります。

こんな人におすすめ
信頼できる国産ブランドの中、装着感に優れたコンパクトでかっこいいヘルメットをお探しの方におすすめです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車 ヘルメット キャンバスアーバン サイズ:M/L (57-59㎝)

次に紹介するおすすめのクロスバイクのヘルメットは、「オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車 ヘルメット キャンバスアーバン サイズ:M/L (57-59㎝)」です。

頭のサイズ57~59cm
外径サイズ‎梱包;29.9 x 22.5 x 17.1 cm
重さM/L:290g
素材非公開
安全規格JCF
評価・レビュー
安全性
(4.5)
デザイン
(5.0)
フィット感
(4.0)
通気性
(4.0)
ポイント
  • 帽子のつばに当たる着脱可能なキャンバスバイザーがあっておしゃれなデザイン
  • JCFによる推奨モデルでヘルメット後部には大型のリフレクターがあり安全性が抜群
  • 上下3段階に調節できるダイヤル式のアジャスターにより装着感も抜群

「オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車 ヘルメット キャンバスアーバン サイズ:M/L (57-59㎝)」の特徴

「オージーカブト」による10色の多彩なカラーと球体のおしゃれさが際立つ普段着での使用にも最適なヘルメットです。

後部に大きな通気口があるので風通しが良くて蒸れにくいでしょう。

こんな人におすすめ
通勤用としておしゃれなヘルメットが欲しい女性や普段着でも気軽に使えるヘルメットをお探しの方におすすめです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車 ヘルメット IZANAGI (イザナギ)

次に紹介するおすすめのクロスバイクのヘルメットは、「オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車 ヘルメット IZANAGI (イザナギ) 」です。

頭のサイズ54~64cm
外径サイズ梱包:31.6 x 25 x 18.8 cm
重さL:240g
素材非公開
安全規格JCF
評価・レビュー
安全性
(5.0)
デザイン
(4.5)
フィット感
(5.0)
通気性
(5.0)
ポイント
  • 240gの軽量設計と均一に頭を締める「KBF-2」アジャスターの採用で抜群の装着感
  • 頭部を全体的に浮かせる独自の「フローティング構造」の採用で通気性も抜群
  • 汗を効率的に乾かすCOOLMAX(R)とウルトラスエットパッドの採用で群れにくい

「オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車 ヘルメット IZANAGI (イザナギ) 」の特徴

「オージーカブト」による空冷性能の高さと装着感の良さの両方を極めた高級モデルです。

XXLサイズ(64㎝)まであるので大柄の男性でも装着可能、撥水性のある消臭繊維のあごひもがあるのも嬉しいところ。

こんな人におすすめ
長時間のサイクリングやロードバイクにも使える通気性と装着感の良さを兼ね備えた高級ヘルメットをお探しの方におすすめです。

ALPINA(アルピナ) 自転車ヘルメット 街乗り 通勤 布製バイザー LEDライト付属 BROOKLYN ‎A9758131

次に紹介するおすすめのクロスバイクのヘルメットは、「ALPINA(アルピナ) 自転車ヘルメット 街乗り 通勤 布製バイザー LEDライト付属 BROOKLYN ‎A9758131」です。

頭のサイズ52~57cm
外径サイズ‎31 x 16 x 25 cm
重さ314g
素材ポリカーボネート(プラスチック)
安全規格CE・GS
評価・レビュー
安全性
(4.0)
デザイン
(5.0)
フィット感
(4.0)
通気性
(3.5)
ポイント
  • つけ外しができる布製のバイザーがあるなど街乗りにぴったりのおしゃれなデザイン
  • ヘルメット後部に内蔵されたLEDライトは通常のオンオフと共に点滅させることも可能
  • ヘルメット内部には発泡スチレン樹脂素材を採用しEU加盟国への輸出製品に関わる安全規格「CE」の認定品

「ALPINA(アルピナ) 自転車ヘルメット 街乗り 通勤 布製バイザー LEDライト付属 BROOKLYN ‎A9758131」の特徴

つやのないマットでかわいいデザインも目を引く、3シェル構造などで耐久性にも優れたおしゃれモデルです。

ただしサイズが52㎝から57㎝までなので使用はほぼ女性に限られるでしょう。

こんな人におすすめ
安全性能も高いおしゃれなヘルメットをかぶって通勤通学などでクロスバイクを使いたい方におすすめします。

LAZER(レーザー) ヘルメット Blade+ AF アジアンフィットモデル ‎R2LA866523X

次に紹介するおすすめのクロスバイクのヘルメットは、「LAZER(レーザー) ヘルメット Blade+ AF アジアンフィットモデル ‎R2LA866523X」です。

頭のサイズ52~61cm
外径サイズ梱包:34.2 x 23.8 x 18 cm
重さ225g(S) 240g(M) 310g(L)
素材プラスチック
安全規格JCF
評価・レビュー
安全性
(4.5)
デザイン
(5.0)
フィット感
(4.5)
通気性
(5.0)
ポイント
  • 世界のブランド「LAZER」による独自の「アドバンスド ロールシス」採用で無段階のサイズ調節が可能
  • 22個の通気口があるので蒸れにくくSサイズはわずか225gの軽量設計
  • 後頭部のバスケット部分は上下の調整が可能なのでポニーテールの髪型の人でも被れる

「LAZER(レーザー) ヘルメット Blade+ AF アジアンフィットモデル ‎R2LA866523X」の特徴

世界50か国以上で展開する国際ブランド「LAZER」による日本人の頭にも最適な「アジアンフィット」の初代モデルです。

海外製品でもJCF(日本自転車競技連盟)の認定モデルでもあるので安心して使用できます。

こんな人におすすめ
世界のブランドモデルの中、かっこいいデザインでフィット感と通気性に優れた軽量ヘルメットをお探しの方におすすめです。

GIRO(ジロ) ASPECT MatteBlack ASPECT14 MBK Sサイズ

次に紹介するおすすめのクロスバイクのヘルメットは、「GIRO(ジロ) ASPECT MatteBlack ASPECT14 MBK Sサイズ」です。

頭のサイズ51~63cm
外径サイズS:35.56 x 25.4 x 20.32 cm
重さM:278g
素材ポリカーボネート
安全規格CPSC
評価・レビュー
安全性
(4.5)
デザイン
(4.5)
フィット感
(5.0)
通気性
(5.0)
ポイント
  • 独自の「Roc LocR Air フィットシステム」採用で調節性能に優れた抜群のフィット感を実現
  • アメリカ国内の標準的なヘルメットの安全規格「CPSC」認定モデル
  • 肌触りの良さで知られるウルトラスエードをヘルメット内部とチンパッドに採用

「GIRO(ジロ) ASPECT MatteBlack ASPECT14 MBK Sサイズ」の特徴

プロライダーも愛用するアメリカの国際ブランド「GIRO」による、かっこいいデザインと抜群のフィット感を誇るモデルです。

ウインドトンネルベンチレーションシステムで蒸れにくい上に、おしゃれなバイザーがあるのも嬉しいところ。

こんな人におすすめ
軽量性・剛性・フィット感を極めたプロ用のかっこいいブランドものヘルメットをお探しの方におすすめです。

LAZER(レーザー) サイクリングヘルメット Genesis AF

次に紹介するおすすめのクロスバイクのヘルメットは、「LAZER(レーザー) サイクリングヘルメット Genesis AF」です。

頭のサイズ52~61cm
外径サイズ梱包:33.5 x 23.5 x 17.7 cm
重さS:195g
素材プラスチック
安全規格CE・JCF
評価・レビュー
安全性
(5.0)
デザイン
(4.5)
フィット感
(5.0)
通気性
(5.0)
ポイント
  • 国際ブランド「LAZER」社製品の中でもSサイズがわずか195gと最軽量設計
  • 独自の「アドバンスド ロールシス」採用で頭部全体を包み込むフィット感を実現
  • ヨーロッパの安全規格「CE」や日本の「JCF」にも認定された安全性の高さ

「LAZER(レーザー) サイクリングヘルメット Genesis AF」の特徴

世界のトップブランド「LAZER」によるSサイズでは200gを切る超軽量設計やフィット感の良さを追求した高級モデルです。

アジアンフィットモデルなので日本人の頭にも合いやすく、22個の通気口があるなど抜群の冷却性能もあります。

こんな人におすすめ
クロスバイクと共にロードバイクにも乗る本格的なライダーで、とにかく軽いプロ仕様のヘルメットをお探しの方におすすめです。

LAMONKE 自転車 サイクリング ロードバイクヘルメット サンバイザー アゴパッド付き 男女兼用

次に紹介するおすすめのクロスバイクのヘルメットは、「LAMONKE 自転車 サイクリング ロードバイクヘルメット サンバイザー アゴパッド付き 男女兼用」です。

頭のサイズ56~60cm
外径サイズ30×16×18㎝
重さ190g
素材ポリカーボネート・EPS+PC
安全規格非公開
評価・レビュー
安全性
(4.0)
デザイン
(4.0)
フィット感
(4.0)
通気性
(4.5)
ポイント
  • 耐衝撃性のあるEPSとPC素材を採用するなど確かな品質がありながら現在Amazon価格2,000円を切る安さ
  • 重量わずか190gの超軽量設計に加え新型アジャスターシステムの採用で抜群のフィット感を実現
  • 日よけになるフロントバイザーがあり流線形デザインに18個の通気口があることで涼しさが抜群

「LAMONKE 自転車 サイクリング ロードバイクヘルメット サンバイザー アゴパッド付き 男女兼用」の特徴

最安値の価格帯ながら耐久性・フィット感・通気性などの点で標準的スペックを備えた現在「Amazon’s Choice」の人気モデルです。

ただ安全規格に関する情報が非公開な点が少し不安なところ。

こんな人におすすめ
クロスバイク用のヘルメットの実用性がどういういものかコスパの高いモデルで試してみたい方におすすめします。

FROFILE バイク ヘルメット 大人用-サイクリング-自転車 野球-ヘルメット

次に紹介するおすすめのクロスバイクのヘルメットは、「FROFILE バイク ヘルメット 大人用-サイクリング-自転車 野球-ヘルメット」です。

頭のサイズ55~62cm
外径サイズ‎29.01 x 19 x 13.49 cm
重さ230g
素材ポリ塩化ビニル・ビーズ法発泡スチロール・フォーム
安全規格非公開
評価・レビュー
安全性
(3.5)
デザイン
(5.0)
フィット感
(4.0)
通気性
(3.5)
ポイント
  • ブリム・つばが長いおしゃれなデザインでサイクリング以外にも乗馬など多用途に使える
  • ヘルメットの外側には新型のABS素材が使われているので耐衝撃性もあり
  • 通気口はないもののヘルメットの裏地にはメッシュ素材を採用

「FROFILE バイク ヘルメット 大人用-サイクリング-自転車 野球-ヘルメット」の特徴

野球キャップをイメージした流麗でおしゃれなデザインが目を引く、通勤通学などにも最適なアーバンシティ・モデルです。

高級感のあるメタリックな光沢バンドがあることで、全体的なデザインの良さがより際立っています。

こんな人におすすめ
クロスバイク以外にも街乗りや乗馬・スキー・登山など多くのシーンで使えるおしゃれなヘルメットをお探しの方におすすめです。

クロスバイクのヘルメットの重要ポイントまとめ

クロスバイクのヘルメットの重要なポイントは以下の3つです。

  • 法的な義務がないものの安全第一と考える方には着用が必要不可欠
  • 有名ブランド「モンベル」社モデル級の逸品がAmazonには多数ある
  • 女性が普段着で被るのにも良いおしゃれな街乗りモデルもある
ライトがついている自転車 自転車用ライト人気おすすめ17選。明るい・防水・自動点灯など機能性も徹底紹介 自転車に乗る鍛えられた男の人 【2022】スピンバイクおすすめ人気ランキング15選。静音ならマンションにも
Amazon プライム対象