【2020年版】ロード系ミニベロ最強おすすめ15選。コンパクトで速い!

ミニベロとは、フランス語で自転車を意味する「Velo」にminiを付けた造語で、小型自転車、特にタイヤの口径が小さい自転車をさします。そのため小径車(しょうけいしゃ)とも呼ばれます。英語ではそのまま、Small-wheel bicycle と呼ばれたりもします。

普通の自転車風、あるいはクロスバイクのような直線状のハンドルを採用しているミニベロも多いですが、グリップハンドルを採用したロード系はスポーティな走りができることが特徴です。2019,2020のように、年ごとにモデルチェンジしているミニベロもあります。

ロード系ミニベロの魅力とは

ロード系ミニベロとは、繰り返しになりますがロードバイク同様のグリップハンドルを採用したミニベロです。

口径が小さいということは加速・速度的にはより口径の大きな自転車よりは不利になりますが、ドロップハンドルであれば前傾姿勢をとりやすくなり、その分スピードにのった走りを行いやすくなります。

ミニベロの種類

ミニベロはフレームの高さで特徴が異なります。
そこでここではフレームの高さによる違いを解説していきます。

  • ハイフレーム
  • ローフレーム

ハイフレーム

ハイフレームとは股下のフレーム(トップチューブ)位置が高いタイプを指します。ハイフレームのミニベロにはスポーティータイプも多く、安定した走行が魅力です。

また、ハイフレームタイプには「ホリゾンタル」と「スローピング」という2種類があります。ホリゾンタルはトップチューブが地面に対して並行なもので、乗っていて疲れにくいのが特徴。

一方スローピングはトップチューブがサドル側に行くほど斜めに下っているものを指し、低重心化ができたり強度がアップできたりといった特徴があります。

ローフレーム

ローフレームとは股下のフレームの位置が低いタイプを指します。ローフレームのミニベロはまたぎやすいため、スカートの日でも気にすることなく乗れるのがメリット。そのため、女性に特におすすめです。また、走り出しも簡単にできるので初心者でも気軽に乗れるでしょう。

ミニベロのメリット

ミニベロのメリットは、以下の3つです。

  • 走り出しが軽い
  • コンパクトでかわいい
  • 収納力抜群

走り出しが軽い

「ミニベロはタイヤが小さいから一漕ぎで進む距離が短くて大変」と思っている人も多いかもしれません。しかし、前進する力はギア・変速機で変換するので、実際にはタイヤの小ささによる影響はなく、むしろ走り出しの軽さが魅力と言えます。

また、ミニベロはタイヤが小さくハンドリングしやすいため小回りが利き、信号の多い街中での走行にもってこいです。街中での走行には十分なスピードも出るので安心してください。

コンパクトでかわいい

ミニベロのメリットとしてコンパクトでかわいく、おしゃれなデザインが多いという点があげられます。自転車としての性能の高さはもちろん、スタイリッシュなミニベロならお出かけ・出勤の際にも気分が上がること間違いなし。

ロードバイクには似合わないカゴやスタンドを付けることもできるので、自分好みにカスタマイズするのも良いですね。

収納力抜群

ミニベロはコンパクトな分、収納も省スペースで済みます。折り畳み式のモデルも多く、玄関先や室内などの限られたスペースで保管しやすいのも人気の理由です。

駐輪場に置くのは劣化や防犯の面から抵抗があるという人も安心ですね。なお、室内で折りたたんで保管する際は輪行袋に入れておくとホコリが被らないのでおすすめです。

ミニベロのデメリット

ミニベロのデメリットは、以下の2つです。

  • 衝撃に弱め
  • バランス性能が低め

衝撃に弱め

ミニベロはタイヤが小さい分路面の凸凹が大きく感じられ、衝撃には弱いというデメリットがあります。

ホイールが小さく前輪を支えるフォーク部分も短いので、走行中の衝撃を吸収するのが一般的ホイール径の自転車より難しくなってしまうのです。そのため、慣れるまでは乗っていて疲れてしまうかもしれません。

バランス性能が低め

ミニベロはタイヤが小さくハンドリングの小回りが利くのも魅力ですが、慣れるまではフラフラしてしまう可能性があります。

特にフォークの角度が立っているスポーツタイプのミニベロはハンドルが切りやすいので、バランスが取りにくくなってしまうことも。反対にフォークの角度が寝ているタイプやホイールベースが長めのスポーツタイプは直進安定性やスピードが期待できますが、小回りは利きにくくなります。どちらの方が自分に合っているかも見極めて選びましょう。

ロード系ミニベロの選び方

ロード系ミニベロの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 軽さで選ぶ
  • クイックリリースで選ぶ
  • 折りたためるかどうかで選ぶ

軽さで選ぶ

ロード系にかぎりませんが、ミニベロはその車体の小ささから、持ち運んで使用されることも多い自転車です。そのまま持って・あるいは車に載せて移動し、移動先で車から降ろして乗るといった使い方もできます。

そうした使い方が多くなるのであれば、車体は軽い方が便利でしょう。もちろん、スピード面からも軽いことは有利に働きます。

クイックリリースで選ぶ

ミニベロの中には、クイックリリース機構を持った製品も多くなっています。タイヤなどを着脱しやすくしている機構で、メンテナンスはもちろん、持ち運ぶ際にも便利な機構です。

しっかりメンテしながら乗りたいという方は、クイックリリース機構のついたミニベロを選ぶようにすればいいでしょう。パンクなど、タイヤを交換する際にも便利です。

折りたためるかどうかで選ぶ

数は少ないですが、ロード系ミニベロの中には折りたたみ機構の付いている製品もあります。折りたためば本体をかなり小さくすることができ、電車の中に持ち込むことも十分できるでしょう。もちろん手で持ち運ぶにも、車載するにも便利です。収納スペース的にも有利になります。

とにかく本体を小さくしておきたい、という方は折りたたみ式のミニベロを選びましょう。

ロード系ミニベロ最強おすすめ15選

最強おすすめミニベロを紹介していきます。

DAHON(ダホン) 2020年モデル K3

最初に紹介するおすすめのミニベロは、「DAHON(ダホン) 2020年モデル K3」です。

サイズ 14インチ
重量 7.8kg
ギア 3速
カラー 3色(ガンメタル×ブラック、レッド×マットブラック、ライム×ブラック)
  • 14インチ&7キロ台の超コンパクトモデル
  • トップチューブとBBをケーブルを繋ぐことでヒンジ部分を中心にフレームへの負荷を軽減。強度と耐久性を高めている
  • 折り畳み時のコンパクトさは一般的な20インチバイクの60%ほど
こんな人におすすめ
14インチ×7キロ台の超小型モデルなので、輪行したい人におすすめ

RENAULT(ルノー) LIGHT10 AL-FDB207

次に紹介するおすすめのミニベロは、「RENAULT(ルノー) LIGHT10 AL-FDB207」です。

サイズ 20インチ
重量 約10.8kg(本体重量:ペダル、スタンドを除く)
ギア 7速
カラー 2色(ブラック、ホワイト)
  • ギアは7段変速機搭載で前ギアも52T仕様で坂道も楽に登れ走行性も良い
  • 制動力の高いVブレーキシステムを前後共に採用
  • アルミ軽量フレーム及びアルミパーツを使うことで軽量化を実現
こんな人におすすめ
ギアは7段変速機搭載で前ギアも52T仕様なので、坂道でも走りやすいミニベロを探している人におすすめ

PELTECH TDN-206

次に紹介するおすすめのミニベロは、「PELTECH TDN-206」です。

サイズ 20インチ
重量 24.5kg
ギア 6速
カラー 3色(ブラック、ホワイト、マットネイビー)
  • 平坦から坂道まで3モードでアシスト
  • シマノ製外装6段変速を搭載
  • お買い物に便利な前カゴ(W36×H23×D31cm)を標準装備
こんな人におすすめ
3モードでアシスト機能搭載で前カゴ付きなので、お買い物でも使用したい人におすすめ

FUJI HELION

次に紹介するおすすめのミニベロは、「FUJI HELION」です。

サイズ 20インチ
重量 10.0kg
ギア 8速
カラー 3色(ネイビー、ブリリアントレッド、ダークシルバー)
  • 軽快な走行を可能にするHELION Rと共有のバテッドクロモリフレーム
  • フラットハンドル仕様で取り回しが楽
  • クラシカルな3色展開
こんな人におすすめ
クロモリフレームでなめらかな乗り心地なので、快適な走行感のミニベロが欲しい人におすすめ

GIOS(ジオス) FELUCA PISTA

次に紹介するおすすめのミニベロは、「GIOS(ジオス) FELUCA PISTA」です。

サイズ 20インチ/td>
重量 9.5kg
ギア シングル
カラー 3色(ブルー、ブラック、シルバー)
  • GIOSミニベロロードPANTOをベースにしたフレームで高い走行性を発揮
  • リアハブの左側は固定ギアとロックリングが取り付けられる仕様
  • ブレーキレバーのみのシンプルなハンドル周り
こんな人におすすめ
シングルスピードのシンプルな設計なので、すっきりした見た目のミニベロが欲しい人におすすめ

Panasonic(パナソニック) ベロスターミニ ELVS072

次に紹介するおすすめのミニベロは、「Panasonic(パナソニック) ベロスターミニ ELVS072」です。

サイズ 20インチ
重量 21.0kg
ギア 7速
カラー 3色(ミッドナイトブラック、マットオリーブ、メタリックオレンジ)
  • エコナビ液晶スイッチ4S+搭載でバッテリー残量や残り走行時間を表示
  • 1回の充電で約31kmの走行が可能(パワーモード使用時)
  • 手軽に施錠ができるサークル錠を採用
こんな人におすすめ
エコナビ液晶スイッチ4S+を搭載しているので、画面表示で分かりやすくバッテリーや走行情報を知りたい人におすすめ

キャプテンスタッグ AL-FDB161

次に紹介するおすすめのミニベロは、「キャプテンスタッグ AL-FDB161」です。

サイズ 16インチ
重量 9.9kg
ギア シングル
カラー 7色(ブラック、ブリティッシュグリーン、ブルー、マットオリーブ、マットネイビー、ラテ、レッド)
  • SIMANOパワーモジュレーターを搭載していて前ブレーキのコントロールがしやすい
  • 一般的なギア比の折りたたみ自転車に比べ65cm長く、ひと漕ぎで進む距離は4.4m
  • 7色の豊富なカラー展開
こんな人におすすめ
一般的なギア比の折りたたみ自転車に比べ65cmも長いので、コンパクトでも快適な走り心地のミニベロが欲しい人におすすめ

DAHON(ダホン) AIRSPEED D9

次に紹介するおすすめのミニベロは、「DAHON(ダホン) AIRSPEED D9」です。

サイズ 20インチ
重量 11.5kg
ギア 9速
カラー 2色(グリッターホワイト、グリッターブルー)
  • ロングライドに適した451ホイールを採用
  • ワイヤー内装式でよりスマートなフォルム
  • 9段変速で快適な走行感
こんな人におすすめ
451ホイールを採用しているので、長時間走行.したい人におすすめ

tern(ターン) Verge N8

次に紹介するおすすめのミニベロは、「tern(ターン) Verge N8」です。

サイズ 20インチ
重量 11.0kg
ギア 8速
カラー 6色(ペールゴールド/シルバー、グリーン/ホワイト、マットガンメタル/ダークグレー、ブルー/ホワイト、マットレッド/マットシルバー、マットブラック/レッド)
  • 3D鍛造という特殊な製造プロセスにより今までになかった強固さを実現
  • 走行中のねじれなどを計算して作られたTernを代表する3Dフレーム
  • 操作レバーにオートロック機構を内蔵。レバーを閉じると同時にセーフティロックがかかる安全設計
こんな人におすすめ
3D鍛造製法を採用しているため、タフな作りのミニベロが欲しい人におすすめ

JEFFERYS(ジェフリーズ) AMADEUS FDB206

次に紹介するおすすめのミニベロは、「JEFFERYS(ジェフリーズ) AMADEUS FDB206」です。

サイズ 20インチ
重量 15.4kg
ギア 6速
カラー 5色(ダークブルー、マットグリーン、マットグリーン カモ、マットバイオレット、マットブラック)
  • SHIMANO6段変速を採用
  • 前カゴは27x20x18cmの使いやすいサイズ
  • 泥よけ、LEDライト、ワイヤーロックを標準装備
こんな人におすすめ
SHIMANO6段変速や泥よけ、LEDライト、ワイヤーロックなどが搭載されていて機能性が高いので、コスパの良いミニベロを探している人におすすめ

ANIMATO DAISY

ANIMATO DAISYの仕様・製品情報

タイヤサイズ 0×1 1/8
適応身長 約155cm以上
重量 13kg

ANIMATO DAISYのおすすめポイント3つ

  • アマゾン価格3万円以下
  • シマノ14段階変速ギア搭載
  • エクステンションブレーキ

ANIMATO DAISYのレビューと評価

コスパ良好な美しいミニベロ

シンプルに、そしてシックな装いが美しいロード系ミニベロです。ANIMATO(アニマート)はコストパフォーマンスに優れたバイクで知られ、このDAISYも3万円以下という価格でありながらシマノの14段階変速ギア、ブレーキにはエクステンションブレーキを搭載しています。

さらに前輪はクイックリリースハブで、工具を使わずに着脱が可能。ANIMATOらしい、良好なコスパぶりを発揮している1台と言えるでしょう。

GRAPHIS GR-008

GRAPHIS GR-008の仕様・製品情報

タイヤサイズ 20×1.75 HE
適正身長 155cm以上
重量 12.5kg

GRAPHIS GR-008のおすすめポイント3つ

  • 豊富なカラバリ
  • 細部までこだわりのつくり
  • 外装7段変速ギア

GRAPHIS GR-008のレビューと評価

6色からカラーを選べるおしゃれなミニベロ

レッド・オレンジ・ホワイト・ブラックレッド・ブラックオレンジ・ブラックと、6色ものカラーリングが選べるおしゃれなミニベロです。小さくともドロップハンドルを搭載し、見た目はそのままロードバイク。ボタンステッチのサドルや自動ロック付きのスタンドなど、細部もこまかいところまでこだわったつくりになっています。

シートにはクイックリリースクランプを搭載し、ギアは外装7段変速。おしゃれなだけでなく、しっかりした走りを楽しめます。

a.n.design works CR207

a.n.design works CR207の仕様・製品情報

タイヤ 20x1.50 英式バルブ
適応身長 約160〜185cm
発送重量 13kg

a.n.design works CR207のおすすめポイント3つ

  • 複数色によるカラーリング×5種類
  • 選べるフレーム
  • ハンドルやサドルもクラシカルなデザイン

a.n.design works CR207のレビューと評価

配色があざやかな、クラシックテイストのミニベロ

1色ではなく、複数カラーの組み合わせによる配色があざやかなミニベロです。カラーリングは全部で5種類用意されています。

フレームもクラシックテイスト・スポーツテイストの2パターンから選択可能。ドロップハンドルやサドルもクラシカルなデザインになっており、アンティークな装いをもったミニベロです。

GIOS FELUCA PISTA

GIOS FELUCA PISTAの仕様・製品情報

適正身長目安 480/155〜170cm 510/168〜180cm
重量 9.5kg

GIOS FELUCA PISTAのおすすめポイント3つ

  • ブルーとブラックのカラーリング
  • 高い精度のフレーム
  • 細部まで高い精度

GIOS FELUCA PISTAのレビューと評価

イタリアの伝統メーカーによるロード系ミニベロ

ブルーカラーの基調色で知られる、イタリアの自転車メーカー「GIOS(ジオス)」によるロード系ミニベロです。こちらの製品も、あざやかなブルーのフレームとブラックによるカラーリングとなっています。

ロード系のグリップハンドルを採用し、精度の高いフレームにより安定した走りを実現しています。元五輪のイタリア自転車代表選手という創業者の率いる会社らしい、細部にまで精度の高いミニベロです。

LUCK store 折りたたみ自転車

LUCK store 折りたたみ自転車の仕様・製品情報

サイズ 145×94-108cm
重量 13.3kg

LUCK store 折りたたみ自転車のおすすめポイント3つ

  • 5秒で折りたたみ可能
  • 前2段・後7段のシマノ製ギア
  • ハンドル・サドルの高さを細かく調整できる

LUCK store 折りたたみ自転車のレビューと評価

希少な折りたたみ式のロード系ミニベロ

数少ない、折りたためるロード系ミニベロです。レバーを使い、わずか5秒で折りたたむことが可能。折りたたんでしまえば、車の乗せて運ぶのもラクチンです。

前2段・後7段のシマノ製ギアを使用し、幅広い路面に対応。もちろんグリップハンドルを搭載しています。ハンドルやサドルの高さも細かく変えられるので、女性や、それほど身長の高くない方にもフィットします。

ロード系ミニベロのまとめ

コンパクトなボディでも、スピード感のある走りが楽しめるーーロード系ミニベロの一番の魅力はそこでしょう。

車体が小さいということは、それだけ取り回しもラクになります。安価な製品でもさまざまな機構をそろえている製品も多いので、まずはお手頃な価格の製品からはじめてみるのがおすすめです。