2020年版中華製のおすすめドライブレコーダー10選

ドライブレコーダーは今や事故の記録だけでなく、駐車中の防犯機能、トラブル防止策としても活躍しています。バイク用ドライブレコーダーも出回り、Amazonでは中華製ドライブレコーダーが数多く出品されています。中華製ドライブレコーダーはブログやYouTubeのレビューも多く、5chで専用スレッドが立ち、まとめWikiも作られています。

高性能ながら高価格でもある国内メーカーと比較して、安価な製品が多い中華製ドライブレコーダーですが、製品の当たり外れが大きいのが特徴とも言えます。模造品から高性能の製品まで多種多様な中華製ドライブレコーダーの中で、どんなおすすめ製品があるか、どのような点に注意して選べば良いかをまとめました。

ドライブレコーダーの選び方

ドライブレコーダーの選び方を以下の4つのポイントから解説します。

  • 画質と画角は高く広く
  • 夜間やトンネルの暗所に強いか
  • 駐車監視機能があれば安心
  • ノイズ対策は重要ポイント

画質と画角は高く広く

ドライブレコーダーの最も重視するポイントは「映像から正確な情報が読み取れる」ことです。相手のナンバープレートや、周囲の人、信号の状況などを得るには、最低でもFull HD以上の製品が適しています。画素数は200万画素以上が目安です。

また、カメラの画角(視野角)が広いほど、広範囲の状況が撮影できます。画角は垂直画角(縦方向)・水平画角(横方向)・対角画角(斜め方向)があります。特に水平画角は、最低でも108度、できれば120度以上の製品がおすすめです。

夜間やトンネルの暗所に強いか

トンネル内や夜間は、事故やトラブルになりやすいので、より見やすい映像を録画できるモデルがおすすめです。レンズの明るさを示す「F値」が小さい製品は、光を多く取り込み、明るく撮影します。

F値2.0前後なら、夜間もきれいに録画できます。明るさを自動調節するHDR(ハイダイナミックレンジ)やWDR(ワイドダイナミックレンジ)を搭載した機種なら、より鮮明な映像を残せます。

駐車監視機能があれば安心

車は駐車中でも、不慮の事故や車上荒らしに遭う可能性があります。駐車監視機能が搭載されたドライブレコーダーは、レコーダーの内蔵バッテリーや外部の電源を使用し、周囲の状況を記録します。駐車時の録画は、車周囲の動体を感知して録画開始、衝撃を感知して録画開始、常時録画しながら衝撃を感知して映像を保存するかの3タイプに分かれます。

動体感知録画機能は、カメラの撮影範囲内で人や車が動いたら、自動的に録画します。衝撃感知録画機能は、駐車中の衝突時に作動し、衝突した相手の行動や車の特徴を録画するので、当て逃げ対策として役立ちます。

ノイズ対策は重要ポイント

中華製ドライブレコーダーの中には、ノイズが車内のETCやカーナビ、地デジに悪影響をおよぼす製品もあります。ノイズ対策が施されているモデルを選ぶのは必須ですが、機器によっては対策済みモデルでもノイズの弊害があるので、取り付け位置などで対応する必要があります。

また、日本の技術基準適合証明を取得していない製品も、普通に売られています。日本国内で、技適マークが無いドライブレコーダーのWi-Fi機能を使用すると、電波法違反になります。技適マークの無い製品を購入してしまった場合は、Wi-Fiは使わずドライブレコーダーとしてのみ使用しましょう。

中華製のおすすめドライブレコーダー10選

中華製のおすすめドライブレコーダー10選を紹介します。

Anker Roav DashCam C2

Anker Roav DashCam C2の仕様・製品情報

価格 8,999円 (2020年3月4日時点)
サイズ 約9.9cm×3cm×5.5cm
重量 599g
タイプ 一体型
液晶モニター 3インチ
画素数 207万画素
画角 145度
解像度 1080p 30fps/720p 60fps/720p 30fps

Anker Roav DashCam C2のおすすめポイント3つ

  • NightHawkテクノロジーとWDRで夜間撮影もきれい
  • 3つの録画モードから好みの画質を選べる
  • シガーソケットからのUSB充電

Anker Roav DashCam C2のレビューと評価

取り付け簡単、シンプルで使いやすい

モバイルバッテリーでも有名なAnker(アンカー)の「Roav DashCam C2」は、シガーソケットに接続し吸盤でフロントガラスに取り付けるだけで設置できるドライブレコーダーです。

145度の広角レンズは4車線全体を捉え、F値2.0の明るいレンズにワイドダイナミックレンジ(WDR)、夜間用のモードを組み合わせて、逆光時や夜間走行でもきれいに録画できます。

Anker Roav DashCam C2はこんな人におすすめ!

簡単に取り付けてすぐに使いたい人。

YOKOO YO-710

 

YOKOO YO-710の仕様・製品情報

価格 12,990円 (2020年3月4日時点)
サイズ 10.5cm×7.5cm×3cm
重量 145g
タイプ 一体型
液晶モニター 2.0インチLCDパネル
画素数 1200万画素
画角 170度
解像度 フロント:1080P 30fps/リア:1080P 30fps

YOKOO YO-710のおすすめポイント3つ

  • デュアルレンズで車内も録画
  • SonyIMX323センサーと6層光学レンズ搭載
  • 専用ビューアソフトでPCでも走行軌跡が見られる

YOKOO YO-710のレビューと評価

並んだ2つのレンズで1台2役

YOKOO(ヨクー)の「YO-710」は、双魚眼レンズとと液晶モニタを搭載したドライブレコーダーです。2つの魚眼レンズは、下がフロントカメラ170度、上が車内カメラ170度の広角レンズで、車内カメラを別途用意する必要無く録画が可能です。

車のフロントガラスの角度によっては、両方のカメラを作動させたり、液晶を見るのに難がある場合もあります。周波数は50Hz、60Hzどちらにも対応しているので、東日本、西日本問わず使用できます。

YOKOO YO-710はこんな人におすすめ!

1台のドライブレコーダーで車内も録画したい人。

VANTRUE T2

 

 

VANTRUE T2の仕様・製品情報

価格 14,990円 (2020年3月4日時点)
サイズ 4cm×10cm×6cm
重量 499g
タイプ 一体型
液晶モニター 2.0インチ
画素数 200万画素
画角 160度
解像度 1920Px1080P 30fps/1280Px720P 30fps

VANTRUE T2のおすすめポイント3つ

  • ドップラーレーダーによる駐車監視機能
  • バッテリーより長寿命のスーパーコンデンサ内蔵
  • 2種類の接続方法が選べる

VANTRUE T2のレビューと評価

マイクロ波で24時間監視・警告

VANTRUE(ヴァントゥルー)の「T2」は、駐車監視機能にマイクロ波を使用して、より精密に24時間車の周囲を監視し、動く物体や衝撃を感知して録画します。同時にマイクロ波警告灯を点滅し、接近する不審者へ警告します。何の動きも無い時は録画は停止し、バッテリーの消費を抑えます。

T2は接続方法に2種類あり、駐車監視機能を使用できる専用OBDケーブルでの接続と、駐車監視をしない、簡単なシガーソケットケーブルでの接続が可能です。

VANTRUE T2はこんな人におすすめ!

長時間駐車することが多い人。

TOGUARD CE50 Dash Cam

 

TOGUARD CE50 Dash Camの仕様・製品情報

価格 15,000円 (2020年3月4日時点)
サイズ
重量
タイプ 一体型
液晶モニター 3インチLCDディスプレイ
画素数
画角 170度
解像度 4k 25fps/ 2.7k 30fps/ 1080p 60fps/ 1080p 30fps/720p 30fps

TOGUARD CE50 Dash Camのおすすめポイント3つ

  • SONYの低照度イメージセンサー搭載
  • 静止画も複数の解像度に対応
  • 手厚いサポート体制

TOGUARD CE50 Dash Camのレビューと評価

アフターケアが手厚いドラレコメーカー

TOGUARD(トグラード)の「CE50 Dash Cam」は、4Kを始め4種類の解像度が調整でき、使用状況に合わせて適した解像度に設定できます。映像だけでなく写真でも2~12Mの6種類の解像度に対応しています。

TOGUARDは元々欧米向けに販売していたメーカーで、日本向けの販売は歴史が浅いため、Amazonや各種レビューはほぼ英語です。サポート体制が厚く、日本語対応のサポート窓口もあるので、安心して購入ができます。

TOGUARD CE50 Dash Camはこんな人におすすめ!

日本語でのアフターケアやサポートが欲しい人。

APEMAN C860

 

 

APEMAN C860の仕様・製品情報

価格 9,980円 (2020年3月4日時点)
サイズ 8.9cm×5.2cm×3.1cm
重量 558g
タイプ 分離型
液晶モニター 3.0インチIPSパネル
画素数 1440万画素
画角 フロント 170度/リア 170度
解像度 フロント 1440P 30fps/リア 1080P 30fps

APEMAN C860のおすすめポイント3つ

  • 斜めから見ても鮮明な3.0インチIPSパネル
  • ピクチャーインピクチャーモード(PIP)でリアルタイム録画
  • リアカメラ端子がType-Cで間違えにくい

APEMAN C860のレビューと評価

高解像度のカメラと液晶のセット

APEMAN(エイプマン)の「C860」は、カメラ、液晶共に高解像度で、PCやスマホで見なくても鮮明な画像をドライブレコーダーで見ることができます。シングルカメラとしてフロントカメラを使用すると、1520Pの高画質で録画が可能です。

夜間も自然な明度で鮮明な映像が記録され、ナンバープレートも読み取れます。液晶は3.0インチのIPSパネルを採用しているので、斜めからでも映像の見え方が変わらず、クリアな映像を見ることができます。

APEMAN C860はこんな人におすすめ!

ドラレコ本体でも映像をきれいに見たい人。

VIOFO A129 PRO DUO

 

VIOFO A129 PRO DUOの仕様・製品情報

価格 27,800円 (2020年3月4日時点)
サイズ フロント8.4cm×5.5cm×4cm / リア5.3cm×3.1cm×5cm
重量 862g
タイプ 分離型
液晶モニター 2インチTFT
画素数 フロント 800万画素/リア 213万画素
画角 フロント 130度 / リア 140度
解像度 フロント 2160P/リア 1080P 30fps

VIOFO A129 PRO DUOのおすすめポイント3つ

  • 温度変化に強いスーパーキャパシタ採用
  • 内蔵Wi-Fiは2.4GHz、5GHzのデュアルバンド対応
  • オプション装備でより便利に使える

VIOFO A129 PRO DUOのレビューと評価

温度変化に強い手のひらサイズのドラレコ

VIOFO(ヴィオフォ)の「A129 PRO DUO」は、四季の温度変化に堪えうる蓄電池「スーパーキャパシタ」を搭載し、季節を問わず安定した動作が可能になるよう設計されています。フロントカメラにも、メインコントロールチップの温度を検出し、オーバーヒートから保護するため一定の温度に達すると自動シャットダウンする、高温保護機能がついています。

A129 PRO DUOはキャパシタを採用しているので、駐車監視機能を使用するには、別売りのVIOFO HK3 ACC降圧ケーブルでの接続が必要です。他にも反射やグレアを抑える偏光レンズやBluetoothリモコンなど、オプション品を組み合わせることでより快適に使用できます。

VIOFO A129 PRO DUOはこんな人におすすめ!

夏や冬の温度差が激しい地域に住んでいる人。

YAZACO P3 Pro

 

YAZACO P3 Proの仕様・製品情報

価格 28,990円 (2020年3月4日時点)
サイズ 14cm×5.5cm×3.5cm
重量 170g
タイプ 分離型
液晶モニター 2.0インチ IPSパネル
画素数 フロント 800万画素/リア 200万画素/車内 200万画素
画角 フロント 140度/リア 160度/車内 90度
解像度 フロント 4K(シングルカメラ使用時) 28fps/リア 1080P/車内 1080P

YAZACO P3 Proのおすすめポイント3つ

  • 3つのカメラでフロント・車内・後方の映像を録画
  • 室内カメラには赤外線LEDライトを4個搭載
  • 詳しい日本語の説明書付き

YAZACO P3 Proのレビューと評価

車内トラブル時に頼もしい3カメラ

YAZACO(ヤザコ)の「P3 Pro」は、3つのカメラで前方・後方・車内の3方向を同時録画し、前面の事故、後方からの追突、車内トラブルの証拠映像を残せます。

SONY製のCMOSセンサー「STARVIS」技術を搭載し、車内カメラには赤外線LEDライトを装備することで、夜間やライトが無い駐車時も、明瞭な映像を録画します。YAZACO専用のGPSビューアをPCにインストールすれば、GoogleMapと連動して、走行軌跡や位置情報を記録できます。

YAZACO P3 Proはこんな人におすすめ!

車内トラブルにも備えておきたい人。

AUKEY DRA2

 

 

AUKEY DRA2の仕様・製品情報

価格 11,999円 (2020年3月4日時点)
サイズ フロント 31.9cm×8.3cm×4.1cm/リア 3.1cm×2.3cm×2.3cm
重量
タイプ ミラー形
液晶モニター 6.8インチIPS液晶
画素数
画角 フロント 170度/リア 160度
解像度 フロント 1080P 27.5fps/リア 720P 27.5fps

AUKEY DRA2のおすすめポイント3つ

  • 6.8インチの画面と使いやすいタッチパネル
  • リアカメラと連動した駐車アシスト機能付き
  • 防眩ミラー加工処理でヘッドライトの反射を抑制

AUKEY DRA2のレビューと評価

指先で簡単に前後の切り換え可能

AUKEY(オーキー)の「DRA2」は、本体中央に6.8インチの広いタッチパネルが表示され、操作しやすくなっています。指先のフリックだけで、フロント、リアのカメラ映像が切り換えられます。リアカメラの映像は本体液晶で見る時は鏡像なので、慣れないと少し戸惑います。PCでは自動で正像に切り替わります。

モバイルバッテリーなど別電源に接続して使える駐車アシストでは、ギアをバックに入れると自動でリアカメラに切り替わります。AUKEY直営店から購入した品に限り、2年の保証がつきます。

AUKEY DRA2はこんな人におすすめ!

安価でシンプルなミラー型ドラレコを使いたい人。

AUTO-VOX V5

 

AUTO-VOX V5の仕様・製品情報

価格 19,850円 (2020年3月4日時点)
サイズ フロント 26.3cm×7.5cm×1.3cm/リア 2.2cm×2.2cm×4.1cm
重量
タイプ ミラー型
液晶モニター 9.35インチIPS液晶
画素数
画角 フロント 145度/リア 150度
解像度 フロント 1080P 27.5fps/リア 1080P 27.5fps

AUTO-VOX V5のおすすめポイント3つ

  • 右ハンドル車特化のスライド式シームレスレンズ
  • 真昼や夜でも使いやすい2.5D円弧ガラスのタッチパネル
  • リアカメラはIP68の防水構造

AUTO-VOX V5のレビューと評価

広い視界を得られる右ハンドル専用モデル

AUTO-VOX(オートボックス)の「V5」は、ルームミラーに挟み込むだけで装着できるフロントのタッチパネルと、コンパクトなリアカメラで構成されています。フロントカメラは、本体右側にスライド式のレンズを搭載したシームレスレンズで、2重映像防止や2ライトの反射対策をほどこされています。

デジタルルームミラーとしても、映り込みが抑えられ、広い視界を得られます。ノイズ対策は行われていますが、機器の構成によっては障害が出る場合もあります。駐車監視機能を使用するには、別途ケーブルが必要です。

AUTO-VOX V5はこんな人におすすめ!

右ハンドル仕様のミラー型ドラレコを使いたい人。

AKEEYO AKY-958

 

AKEEYO AKY-958の仕様・製品情報

価格 15,888円 (2020年3月4日時点)
サイズ
重量
タイプ 分離型
液晶モニター 3インチIPSディスプレイ
画素数
画角 フロント 120度/リア 120度
解像度 1080P 25fps
記録メディア MicroSD(8~128GB)

AKEEYO AKY-958のおすすめポイント3つ

  • 5パターンの画面表示設定
  • ハンドルに取り付けられ操作しやすいリモコン
  • 全体防水仕様で雨のツーリングも安心

AKEEYO AKY-958のレビューと評価

趣味と実益を兼ねたバイク用ドラレコ

AKEEYO(アキーヨ)の「AKY-958」は、バイクでの使用に特化したドライブレコーダーです。液晶モニターとフロント・リアの小さなカメラで構成され、取り付けても目立ちません。

液晶には強靱なゴリラⅢガラスを採用し、モニターはIP65、カメラはIP67相当の防水防塵規格に対応しているので、悪路や悪天候の走行も安心です。

AKEEYO AKY-958はこんな人におすすめ!

バイクにドラレコをつける事を検討している人。

まとめ

中華製ドライブレコーダーは当たり外れがあるとはいえ、年々性能が上がり、優れた製品も多く出てきています。車やバイクに合った性能と価格のバランス、購入後のサポートを見極めて購入すれば、高コスパで良い買い物になるでしょう。