Wi-Fiモデルのタブレットのおすすめ10選

【じっくり読むと7分】

Wi-Fi対応のおすすめタブレット10選を、格安でコストパフォーマンスにすぐれたエントリーモデルから、ハイスペックな高級モデルまで、動画やゲームに適したモデル、防水機能やGPS機能を搭載したモデルなど、ディスプレイのサイズ別にご紹介していきます。また、Wi-Fiモデルタブレットのメリットやデメリット、選び方や設定方法、使い方なども解説していますので、合わせてご覧ください。

Wi-Fiモデルとは

タブレットをインターネットに繋ぐ方法には、大きく分けて2種類の方法があります。

1つは、ドコモやau、softbank、その他通信会社と契約して、端末にSIMカードを挿しこむことで通信可能にするタイプです。SIMフリーモデルやセルラーモデルと謳っているタブレットは、外出時にも場所を問わずにインターネット通信をすることができるので、wi-Fi無線環境が整っていない場所でもタブレットを使用する方におすすめです。

2つ目がWi-Fiモデルと呼ばれるタブレットで、インターネットに繋ぐには、Wi-Fiの無線環境が必要になります。自宅や会社などWi-Fi環境が整っている場所でのみタブレットを使用される方や、スマホで契約している通信をデザリングにて使用する方におすすめです。

Wi-Fiモデルタブレットのメリット

本体価格が安い

Wi-Fiモデルのタブレットは、SIMフリーモデルやセルラーモデルタブレットよりも価格が低いことがメリットです。Wi-FiモデルのタブレットでもSIMフリー&セルラーモデルのタブレットでも、端末の基本スペックは変わらないので、初期費用を抑えたい方はWi-Fiモデルを選択すると良いでしょう。

またLTE対応モデルのタブレットが、大手通信会社などから「0円」や「実質0円」で販売されていることがあり、Wi-Fiモデルのタブレットよりも安価に見えますが、実際は毎月支払う利用料に端末代金が含まれていることもあるので、気をつけましょう。

月額の通信料金が必要ない

Wi-Fiモデルのタブレットは、端末さえ購入してしまえば、毎月の利用料などを支払う必要がありません。Wi-Fiモデルのタブレットは、自宅や会社、駅やカフェなど、元々Wi-Fi通信環境が整っている場所でインターネットへ接続しても、新たに料金が発生することはないので、毎月の出費を抑えたい方におすすめです。

ただし、Wi-Fiモデルのタブレットをスマホからデザリングで使用する場合は、使用した分のデータ量が、スマホで契約しているデータ通信から差し引かれることになるので気をつけましょう。

データ通信の契約をしなくてよい

Wi-Fiモデルのタブレットは、SIMフリーモデルやセルラーモデルタブレットのように通信会社と契約する必要がありません。Wi-Fiモデルのタブレットは、元々あるWi-Fi通信環境を利用してインターセットに接続されるので、毎月自分が使うデータはどの程度なのかを考えたり、通信利用料や基本料金など、どの通信会社が一番安いのかを調べる必要もなくなります。

ドコモやau、softbankの他、多くの通信会社が価格競争を行っていることで、料金体系もややこしくなりがちですが、Wi-Fiモデルのタブレットなら煩わしい思いをすることないでしょう。

Wi-Fiモデルタブレットのデメリット

Wi-Fiがない場所では使用できない

当然のことですが、Wi-Fiモデルのタブレットは、Wi-Fiの通信環境がない場所ではインターネットに接続することができません。自宅でインターネットを利用している方でも、パソコンに直接LANケーブルを差し込んで通信していて、無線LANを使用していない方は、Wi-Fi通信ができないので注意しましょう。

最近では、自宅や会社以外にも駅やカフェ、ショッピングモールなどでも無料のWi-Fi通信環境が整ってきつつあります。東京オリンピックに向けて、より一層Wi-Fi通信環境は整っていく予定ですが、外出時に場所を選ぶことなくインターネット通信をしたい方は、Wi-Fiモデルのタブレットではなく、セルラーモデルのタブレットを選ぶようにしましょう。

通信方法をえらぶことができない

SIMフリーモデルやセルラーモデルタブレットは、基本的にLTE通信とWi-Fi通信の両方に対応しています。SIMフリーモデルやセルラーモデルタブレットを使用する場合は、Wi-Fi通信環境がある場所ではWi-Fi通信を選択し、Wi-Fi通信環境がない場所では契約している通信会社の電波を選択することでインターネット接続できます。

一方、Wi-Fiモデルのタブレットの通信方法はWi-Fi通信のみなので、タブレットを使用する場所の通信環境に合わせて、利用する電波を選ぶことはできません。

Wi-FiモデルとWi-Fiモデル以外の価格比較

Wi-FiモデルのタブレットとWi-Fiモデル以外のタブレットの価格を比べた場合、Wi-Fiモデルのタブレットの方が価格が低いことは、Wi-Fiモデルタブレットのメリット・デメリットの項目でもお話しました。

では、実際にWi-FiモデルのタブレットとWi-Fiモデル以外のタブレットの価格がどの程度違うかですが、AppleのiPad 9.7インチモデルで比較した場合、Wi-Fiモデルのタブレットの方が2万円以上も安く、ASUSやLenovoといったコスパにすぐれたタブレットを製造するメーカーでも、Wi-Fiモデルのタブレットの方が7千円~1万円ほど安くなります。

Wi-Fiモデルタブレットの設定方法

Wi-Fiモデルタブレットをインターネットに繋ぐまでの設定方法についてお話します。

  1. Wi-Fiモデルタブレット端末の設定をタップ
  2. Wi-Fiを選択
  3. Wi-Fi通信をオンにする(Wi-Fiを自動で接続するをオンにする)
  4. パスワードを入力する
  5. インターネットに接続できたか確認する

Wi-Fiモデルタブレットの機種によって、設定の仕方は多少違ってきますが、基本的な接続方法は上記の通りです。また、Wi-Fiモデルタブレットは、一度接続したことのあるWi-Fiに対しては、次回から自動で接続できるように設定できるタブレットが多いので、毎回Wi-Fi接続の手間がかかるわけではありません。

Wi-Fiモデルタブレットのおすすめの使い方

Wi-Fiモデルタブレットのおすすめの使い方としては、自宅や会社での使用をメインとして、外出時のインターネット接続はスマホを利用する方法です。自宅や会社などのwi-Fi環境が整っている場所でWi-Fiモデルタブレットを使用することで、追加のデータ通信量が発生することがなく、出費を抑えることができます。

また、Wi-Fi環境が整っていない場所で、インターネットに接続する必要に迫られた場合は、スマホのデザリング機能を使用するとよいでしょう。また、Wi-Fiモデルタブレットをスマホのデザリングで使用する場合には、利用しているスマホがデザリング可能なモデルであるかチェックし、事前にWi-Fiモデルタブレットとの接続を設定しておくと便利に使用できます。

Wi-Fiモデルのタブレットの選び方

Wi-Fiの対応規格で選ぼう

Wi-FiモデルのタブレットをWi-Fiに接続するときの通信規格には、5GHz帯と2.4GHz帯という2種類の周波数帯があります。Wi-FiモデルのタブレットをWi-Fiに接続する5GHz帯の通信規格には、11ac・11aがあり、2.4GHz帯の通信規格には、11g・11bがあります。また5GHz帯と2.4GHz帯の両方の周波数帯で使用可能な11nといった通信規格もあります。

Wi-FiモデルのタブレットをWi-Fiに接続する5GHz帯の通信規格は、電波の干渉に強く高速通信が可能で、2.4GHz帯の通信規格は障害物に強い特徴があります。最も高速な通信規格は5GHz帯の11acなので、Wi-Fiモデルのタブレットを購入する際には、対応している通信規格をチェックしましょう。

OSで選ぼう

Wi-FiモデルタブレットのOSには、大きく分けて3つの種類(Windows・Android・iOS)があります。Wi-FiモデルタブレットのOSである「iOS」は、アップル社のiPadが採用しているOSなので、iPhoneやMacといったアップル製のデバイスを使用している方におすすめです。

「Windows」OSを搭載しているWi-Fiモデルタブレットは、高い性能を備えており、キーボードが付属しているモデルも多く見られます。Wi-Fiモデルタブレットで、Officeソフトを使用したり、パソコンに近い使い方をする方おすすめです。

「Android」OSを搭載しているWi-Fiモデルタブレットは、アプリをダウンロードしたり、ゲームや動画を楽しむなど、スマホに近い使い方をする方におすすめです。

ディスプレイのサイズで選ぼう

Wi-Fiモデルタブレットのディスプレイサイズは、7インチのコンパクトなものかた、ノートパソコンに匹敵するような12インチサイズのものまで様々です。外出時に片手で使用する方は、ディスプレイの小さなコンパクトモデルを選ぶ方がよいですし、Wi-Fiモデルタブレットで、資料を作成したり、キーボードを接続して使用する方は、大画面のディスプレイを搭載したモデルがおすすめです。

Wi-Fiモデルタブレットは、使用目的や使用する環境に適したディスプレイサイズを選ぶことで、より使いやすく便利なデバイスになってくれるでしょう

Wi-Fiモデルタブレットのおすすめ10選

エイサー(acer) Iconia One 7 B1-790/K MTK MT8163 クアッドコア 1.3GHz 1GB 16GB eMMC WiFi ドライブなし 7.0 Android 6.0 Officeなし シェールブラック

エイサー(acer) Iconia One 7 B1-790/Kの仕様・製品情報

ディスプレイサイズ 7インチ
サイズ(W×D×H) 193.1×102.4×9.35mm
重量 約250g
OS Android 6.0
メモリ 1GB
ストレージ 16GB
最大駆動時間 約13.5時間
付属品 ACアダプター

エイサー(acer) Iconia One 7 B1-790/Kのおすすめポイント3つ

  • コンパクト7インチサイズ
  • 約250gで楽々持ち運び
  • キッズセンターでお子さんも安心利用

エイサー(acer) Iconia One 7 B1-790/Kのレビューと評価

エイサー Iconia One 7 B1-790/Kは、Webサイトへのアクセス制限やデバイスの使用時間制限などを設定できる「キッズセンター」機能を搭載しています。またエイサー Iconia One 7 B1-790/Kは、7インチのコンパクトサイズと約250gの軽量ボディで、小さいお子さんにも使いやすい大きさのタブレットになっています。

レノボ(Lenovo) TAB4 8 ZA2B0045JP Qualcomm APQ8017 And7.1 WiFi

レノボ(Lenovo) TAB4 8の仕様・製品情報

ディスプレイサイズ 8.0インチ
サイズ(W×D×H) 211×124×8.3mm
重量 約320g
OS Android 7.1
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
最大駆動時間 約10時間
付属品 ACアダプター、USBケーブル

レノボ(Lenovo) TAB4 8のおすすめポイント3つ

  • 抜群のコストパフォーマンス
  • IEEE802.11b/g/n接続対応
  • GPS機能搭載

レノボ(Lenovo) TAB4 8のレビューと評価

レノボ TAB4 8は、ワイヤレス接続のIEEE802.11b/g/nに対応したコンパクトサイズのタブレットです。レノボ TAB4 8は、鮮やかで高画質な広視野角IPSディスプレイを搭載しており、動画の視聴にもおすすめです。

ファーウェイ(Huawei) MediaPad M5 SHT-W09 32G 8.4 WiFi 53010BTK

ファーウェイ(Huawei) MediaPad M5の仕様・製品情報

ディスプレイサイズ 8.4インチ
サイズ(W×D×H) 212.6×124.8×7.3mm
重量 約320g
OS Android 8.0(Emotion UI 8.0)
メモリ 4GB
ストレージ 32GB
最大駆動時間 約11時間
付属品 ACアダプター、USBケーブル(Type-A to C)、USB Type-C to 3.5 mm ヘッドフォンジャックアダプタ、オリジナルスマートカバー

ファーウェイ(Huawei) MediaPad M5のおすすめポイント3つ

  • コンパクトで持ちやすい薄さのボディ
  • 高速ワイヤレス接続対応
  • ハイレゾ音源対応

ファーウェイ(Huawei) MediaPad M5のレビューと評価

ファーウェイ MediaPad M5は、8.4インチの持ちやすいボディが魅力的なタブレットです。ファーウェイ MediaPad M5のWi-Fi接続は、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応で、ストレスのないインターネット接続が期待できます。

アップル(Apple) iPad 9.7インチ Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル

アップル(Apple) iPad 9.7インチの仕様・製品情報

ディスプレイサイズ 9.7インチ
サイズ(W×D×H) 240×169.5×7.5mm
重量 約469g
OS iOS 10
メモリ 2GB
ストレージ 32/128GB
最大駆動時間 約10時間
付属品 USB電源アダプター、Lightning-USB ケーブル

アップル(Apple) iPad 9.7インチのおすすめポイント3つ

  • コストパフォーマンス抜群
  • 豊富なアプリ類
  • 豊富なアクセサリ類

アップル(Apple) iPad 9.7インチのレビューと評価

アップル iPad 9.7インチは、Apple製のタブレットなので、Appleストア内の約130万ものアプリに対応しています。またタブレットとして最も有名なiPadシリーズであるアップル iPad 9.7インチは、専用のアクセサリラインナップも充実しています。

レノボ(Lenovo) Ideapad Miix 320 2in1モデル 10.1型Windowsタブレット  80XF0002JP Wi-Fiモデル

レノボ(Lenovo) Ideapad Miix 320の仕様・製品情報

ディスプレイサイズ 10.1インチ
サイズ(W×D×H) 249×178×9mm(本体のみ)、249×184×17.6mm(キーボード含む)
重量 約560g(本体のみ)、約1,030g(キーボード含む)
OS Windows 10 Pro
メモリ 2GB
ストレージ 64GB
最大駆動時間 約11.3時間
付属品 電源アダプター、キーボードドック

レノボ(Lenovo) Ideapad Miix 320のおすすめポイント3つ

  • コストパフォーマンス抜群
  • 高速ワイヤレス接続対応
  • 約11時間の長時間駆動が可能

レノボ(Lenovo) Ideapad Miix 320のレビューと評価

レノボ Ideapad Miix 320は、高速ワイヤレスLANのIEEE802.11ac/a/b/g/nに対応している2in1タブレットです。またレノボ Ideapad Miix 320は、高速ワイヤレス以外にもBluetooth接続にも対応しているので、ネットワークや入力機器などとの接続がスムースに行えます。

エイスース(ASUS) TransBook R105HA 2in1 10.1型 日本正規代理店品 Atom x5-Z8350 標準 4G(DDR3L) eMMC64GB

エイスース(ASUS) TransBook R105HAの仕様・製品情報

ディスプレイサイズ 10.1インチ
サイズ(W×D×H) 261×175×9mm(本体のみ)、261×175×20mm(キーボード含む)
重量 約580g(本体のみ)、約1,080g(キーボード含む)
OS Windows 10 Home
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
最大駆動時間 約13.0時間
付属品 ACアダプターセット(USBチャージャー/microUSBケーブル)

エイスース(ASUS) TransBook R105HAのおすすめポイント3つ

  • 脱着式キーボード付属
  • 約13時間の長時間駆動可能
  • シンプルでスタイリッシュなデザイン

エイスース(ASUS) TransBook R105HAのレビューと評価

エイスース TransBook R105HAは、脱着式のキーボードが付属した2in1タイプのタブレットです。エイスース TransBook R105HAには、Office Mobileも搭載されているので、エクセルやワードなどのソフトを使用するビジネスマンの方々にもおすすめです。

ヒューレットパッカード(HP) Elite X2 1012 G1 Tablet V2D59PA# タブレットPC 12型 SSD128GB

ヒューレットパッカード(HP) Elite X2の仕様・製品情報

ディスプレイサイズ 12インチ
サイズ(W×D×H) 300×213.5×8.05mm
重量 約820g
OS Windows 10 Pro
メモリ 4/8GB
ストレージ 128/256GB
最大駆動時間 約10時間
付属品 電源アダプター

ヒューレットパッカード(HP) Elite X2のおすすめポイント3つ

  • 航空機に使用されるアルミニウムをボディに採用
  • 11万5千時間の過酷な試験に合格した耐久性
  • バックライトが搭載されたキーボード

ヒューレットパッカード(HP) Elite X2のレビューと評価

ヒューレットパッカード Elite X2は、耐久性にすぐれた堅牢なタブレットです。またヒューレットパッカード Elite X2は、堅牢なボディからは想像できないスリム軽量で携帯性にすぐれたボディを持っています。

富士通 arrows Tab QHシリーズ WQ/C1 Windows 10 Home 10.1型ワイド液晶 Atom 4GBメモリ 約128GB フラッシュメモリ

富士通 arrows Tab QHシリーズ WQ2/C1の仕様・製品情報

ディスプレイサイズ 10.1インチ
サイズ(W×D×H) 263.4×169.1×11.3mm
重量 約585g
OS Windows 10 Home
メモリ 4GB
ストレージ 64/128GB
最大駆動時間 約12.0時間
付属品 ACアダプター、ACプラグ

富士通 arrows Tab QHシリーズ WQ/C1のおすすめポイント3つ

  • 高速ワイヤレス接続対応
  • 防水・防塵設計
  • 専用スタイラスペン付属

富士通 arrows Tab QHシリーズ WQ/C1のレビューと評価

富士通 arrows Tab QHシリーズ WQ/C1は、高速ワイヤレスのIEEE802.11ac/a/b/g/n準拠の5GHz帯/2.4GHz帯に対応したタブレットです。また富士通 arrows Tab QHシリーズ WQ/C1は、専用スタイラスペンが標準装備されているので、タッチペンでのタブレット操作を行いたい方におすすめです。

マウス(mouse) WN1201 マインクラフトバンドル 2in1タブレット Windows10 12型 64GB

マウス(mouse) WN1201の仕様・製品情報

ディスプレイサイズ 12インチ
サイズ(W×D×H) 283×202×8.0mm(本体のみ)、286×210×21.8mm(キーボード含む)
重量 約728g(本体のみ)、約1,200g(キーボード含む)
OS Windows 10 Home
メモリ 4/8GB
ストレージ 64/128GB
最大駆動時間 約8.4時間
付属品 ACアダプター、USB Type-C ケーブル、交換用液晶保護フィルム、クリーニングクロス

マウス(mouse) WN1201のおすすめポイント3つ

  • 人気ゲーム「マインクラフト」搭載
  • 高解像度&広視野角ディスプレイ
  • 高速ワイヤレス接続対応

マウス(mouse) WN1201のレビューと評価

マウス WN1201は、本体カバーと一体となったキーボードが付属している2in1タブレットです。マウス WN1201には、人気ゲームである「マインクラフト」が搭載されているので、高速ワイヤレス接続でマインクラフトを楽しむことができます。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro サーフェス プロ Office H&B搭載 12.3型 Core i5 256GB 8GB

マイクロソフト(Microsoft) Surface Proの仕様・製品情報

ディスプレイサイズ 12.3インチ
サイズ(W×D×H) 292×201×8.5mm
重量 約768~812g
OS Windows 10 Pro
メモリ 4/8/16GB
ストレージ 128/256/512GB/1TB
最大駆動時間 約13.5時間
付属品 電源アダプター

マイクロソフト(Microsoft) Surface Proのおすすめポイント3つ

  • 軽量且つスリムなボディ
  • 高い処理能力
  • 豊富なアクセサリ

マイクロソフト(Microsoft) Surface Proのレビューと評価

マイクロソフト Surface Proは、インテル製の高性能プロセッサを搭載したハイスペックなタブレットです。マイクロソフト Surface Proは、ペンのような書き味のSurface Penや、新しい操作性を体感できるSurface Dialなど、豊富なアクセサリも魅力です。

まとめ

この記事ではWi-Fiモデルのおすすめタブレット10選をご紹介しました。今回紹介したおすすめタブレットのサイズや処理性能、その他の機能などを考慮して、自分の要望に合うWi-Fiモデルのタブレットを手に入れてくださいね。