ぐーちょのインスタを新しくしました♡再フォローお願いいたします三・ω・三

【家庭用に】小型ワインセラーのおすすめ11選!おしゃれで静か

箱に入ったワイン

今回は、運転音が静かで電気代が安い、小型のワインセラーにスポットを当てました。ワインセラーとワインクーラーの違い、ワインセラーの選び方、ワインセラーの冷却方式、ワインセラーのおすすめメーカーなどをわかりやすく解説します。おすすめの小型ワインセラーでは、アイリスオーヤマをはじめ、さまざまな人気メーカーからスリムタイプ・コンパクトタイプ・縦置きができるタイプなどを厳選しました。

適切に管理された本物のワインだけが醸し出す奥深い風味を堪能したい人は、ぜひワインセラーをチェックしてみてください。

日本酒におすすめの冷蔵庫 家庭用に!日本酒の保存におすすめの冷蔵庫5選! ガス台や1ドア冷蔵庫が置かれたキッチン 【用途別】安くて便利な小型の1ドア冷蔵庫おすすめランキング22選!霜取り不要など 赤と白のワイングラス コスパ◎安くて美味しい!家飲みにおすすめのワイン10選

ワインセラーとは

ワインセラーとは

ワインセラーとは、ワインの品質や価値を保ちながら保管する収納庫です。ワインセラーは庫内の温度や湿度を管理して、ワインの酸化やカビの発生を防止します。

ワインセラーは、ワイン愛好家やコレクター、レストランやバーなど、ワインを貯蔵している人や店におすすめです。また、ワインセラーを利用すると、初心者も手軽にワインの保管ができるため、いつでも飲み頃のワインを楽しめます。

ワインセラーとワインクーラーの違い

ワインセラーとワインクーラーは、温度の管理方法が違います。ワインセラーはコンプレッサーやファンで冷却・加熱を行い、ワインに最適な温度を長期的に保つのが特徴です。ワインセラーは、ワインに適した環境で保管したり熟成したりできます。一方、ワインクーラーは適温に冷やすことしかできません。

ワインセラーは長期的な貯蔵に、ワインクーラーは短時間や数日間の保管や飲む際に使うのが一般的です。ワインセラーは12本以上のワインを保管できる大型のモデルが多く、ワインクーラーは2本~6本程度のワインを保管する小型のモデルを中心に商品展開しています。

ワインセラーの冷却方法の種類

  • ペルチェ式
  • コンプレッサー式
  • 熱吸収式

ペルチェ式

ペルチェ式とは、合わさった2種類の金属に電流を流すと一方は熱くなり、もう一方は冷たくなるペルチェ効果を利用した冷却方式です。

静音性が高くて振動が少ないため、ワインの熟成に適しています。また、消費電力が少ないため、電気代を抑えられるのも魅力です。ただし、冷却能力が低いため、大量のワインの保管や高温多湿の場所には向きません。ペルチェ式は価格が安いため、初心者やコスパ重視の人におすすめです。

コンプレッサー式

コンプレッサー式は、家庭用冷蔵庫と同じく冷媒ガスの圧縮で冷却する方式です。外気温に左右されない強力な冷却能力で、室温が高い場所や夏場も安定して運用できます。幅広い温度設定により、多種多様なワインや大量のワインを貯蔵するのに最適です。

ただし、価格が高く消費電力も大きいので、初期費用とランニングコストがかかります。長期的な運用が目的の場合は、省エネ性能に優れたモデルを選びましょう。また、運転音が大きく振動も発生するため、設置場所の検討も欠かせません。

コンプレッサー式の優れた冷却性能は、本格的なワイン愛好家や長期熟成を目指す人におすすめです。

熱吸収式

熱吸収式とは、アンモニアの気化熱を利用して庫内を冷却する方式です。ペルチェ式やコンプレッサー式よりも運転音や振動が穏やかで、ワインの熟成に向いています。また、消費電力が小さいため、ランニングコストを抑えられるのも魅力です。

ただし、熱吸収式は価格が高いため、予算に合わせて選びましょう。また、熱吸収式は、冷却性能が低く温度調節ができないため、室温の高い場所や夏場には向きません。熱吸収式は、ワインコレクター愛好家や長期熟成におすすめです。

ワインセラーの特徴

ワインクーラー

ワインセラーの特徴は、以下の3つです。

  • すぐれた温度・湿度管理能力でワインの品質と価値を維持する
  • 多種多様なワインや大量のワインを長期保管できる
  • インテリアとして室内にマッチするおしゃれなデザイン性

すぐれた温度・湿度管理能力でワインの品質と価値を維持する

ワインセラーは、ワインの保管に適した温度12~15℃、湿度70~80%の環境を維持するのがポイントです。温度と湿度の最適な管理によって、ワインの風味、品質、価値を保持しながら熟成をサポートします。ワインセラーは庫内のすぐれた温度・湿度管理によって、ヴィンテージワインからボージョレ・ヌーボーのような若いワインまで、多種多様なワインの繊細な味わいを保てるのが魅力です。

多種多様なワインや大量のワインを長期保管できる

ワインの飲み頃はさまざまですが、赤ワインは2~3年、白ワインは1~2年、ボージョレ・ヌーボーのような若いワインは1年以内に飲むのが良いと言われています。しかし、長期熟成に適したワインセラーで保管すると、さらに長い期間の保管が可能です。ワインセラーが理想的な熟成をサポートし、より繊細かつまろやかで味わい深いワインに育てます

インテリアとして室内にマッチするおしゃれなデザイン性

ワインセラーの魅力は、ワインにとって最適な貯蔵環境の維持だけではありません。ワインボトルを美しく見せるガラス扉やワインボトルを引き立てるLEDライトなどで、ワインをおしゃれに演出します。ワイン愛好家にとって、コレクションのワインを美しく飾るのも醍醐味のひとつではないでしょうか。ワインセラーはワインの上品な雰囲気を引き立てると同時に、室内空間を優雅に飾るインテリアです。

小型ワインセラーのおすすめメーカー一覧

小型ワインセラーのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • アイリスオーヤマ
  • さくら製作所
  • デバイスタイル

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマのワインセラーは、収容量が6本から52本までと幅広く、コレクションの量に合わせて選べます。シンプルなデザインに鍵付き扉や断熱性が高い3重ガラスなど、大切なコレクションの保管に最適なモデルが人気です。また、アイリスオーヤマのワインセラーは、温度の設定範囲が広く、多種多様なワインの保管に対応します。

さくら製作所

さくら製作所のワインセラーは、2層構造のガラス扉やダブルインバーターコンプレッサーの採用など、すぐれた貯蔵性能を備えています。また、-2~20℃までの温度幅で設定可能なモデルもあり、ワインの種類に応じて調整できます。最大でも40dbの静音性や省エネ性も優れており、設置場所の選択肢が多いのも魅力です。

デバイスタイル

デバイスタイルは、インテリア性を意識したデザインや実用性の高い家電を展開しています。デバイスタイルのワインセラーは、ノイズを最小限に抑える設計で、リビングや寝室に置ける静音性が魅力です。また、スリムタイプのワインセラーも展開しており、設置場所を幅広く検討できます。長期熟成向けや短期保管向けまで、さまざまなユーザーニーズに対応する商品ラインナップの幅広さも魅力です。

小型ワインセラーの選び方

小型のワインセラーの選び方

小型ワインセラーの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 保存する本数や設置場所に合わせて収納本数とサイズをチェックする
  • 予算や環境に合わせて冷却方式をチェックする
  • ワインの種類や設置場所に合わせて機能性をチェックする

保存する本数や設置場所に合わせて収納本数とサイズをチェックする

小型ワインセラーを選ぶ際は、収納本数と外寸のチェックがたいせつです。ワインセラーの収納本数は2本~100本以上までと幅広いですが、コンパクトなサイズ感で選ぶなら10本前後のモデルを選びましょう。設置する場所の広さを測り、設置スペースに収まる幅・奥行き・高さもチェックしてください。隙間に設置するなら、スリムタイプがおすすめです。

予算や環境に合わせて冷却方式をチェックする

小型ワインセラーの冷却方式は、ペルチェ式・コンプレッサー式・熱吸収式の3種類です。購入費用やランニングコストを抑えるなら、ペルチェ式をチェックしてみてください。ペルチェ式は温度変化に弱いですが、エアコンを設置しているリビングや寝室なら心配はありません

空調設備がない場所に設置する場合は、外気温の影響を受けにくいコンプレッサー式がおすすめです。コンプレッサー式は運転音が大きく振動も発生するため、寝室への設置には向きません。熱吸収式は高価で冷却性能が低いため、本格的なワインコレクターが熟成目的で選ぶ以外は選択肢から外しても良いでしょう。

ワインの種類や設置場所に合わせて機能性をチェックする

ワインの貯蔵は、温度と湿度の管理が重要です。飲み頃の温度と貯蔵に最適な温度や湿度は違います。また、ワインの種類・短期貯蔵・長期貯蔵などでも最適な温度や湿度が異なるため、目的に合わせて温度と湿度の調整幅をチェックしましょう。太陽光は避けるのがベストです。しかし、どうしても太陽光が入ってくる場所に貯蔵する場合は、UVカットガラス採用のワインセラーをチェックしてみてください。

▼ワインの保管に適した温度と湿度

ワインの種類短期保管の適正温度長期保管の適正温度湿度
フルボディ12~18℃13~15℃70~80%
ミディアムボディ15~18℃12~15℃70~80%
ライトボディ12~14℃12~15℃70~80%
ロゼワイン淡いピンク8~10℃12~15℃70~80%
ロゼワイン濃いピンク10~12℃12~15℃70~80%
白ワイン5~12℃12~15℃70~80%
スパークリングワイン5~12℃12~15℃70%

小型ワインセラーのおすすめ11選

小型ワインセラーのおすすめ11選を紹介します。

デバイスタイル CE-4W-K

サイズ幅165×奥行500×高さ450mm
重量6.8kg
冷却方式ペルチェ式
収納本数4本
設定温度8~18℃
ドアの開き
評価・レビュー
庫内温度管理性能の高さ
(3.5)
庫内湿度管理性能の高さ
(3.5)
ランニングコストの良さ
(5.0)
ポイント
  • テーブルやカウンターに設置できるコンパクトサイズ
  • 木目のワイン棚で高級感を演出
  • 断熱効果が高いペアガラスを採用

「デバイスタイル CE-4W-K」の特徴

低騒音・低振動のペルチェ式を採用したコンパクトサイズなので、テーブルやカウンターに設置できます。シンプルなデザインに映える木目調のワイン棚がおしゃれです。

こんな人におすすめ
ワンルーム・ダイニングルーム・リビングの一角に、ワインを嗜むスペースを設けたい人におすすめです。

ウェイモール ワインセラー 家庭用

サイズ幅450×奥行525×高さ730mm
重量21kg
冷却方式ペルチェ式
収納本数28本
設定温度11~18℃
ドアの開き
評価・レビュー
庫内温度管理性能の高さ
(3.0)
庫内湿度管理性能の高さ
(3.0)
ランニングコストの良さ
(3.5)
ポイント
  • 低価格で28本のワインを収納できる庫内容量
  • 紫外線カットガラスの採用でワインの劣化を抑える
  • 棚は取り外し可能なので、ワイン以外の酒類も立てて保管できる

「ウェイモール ワインセラー 家庭用」の特徴

紫外線カットガラスを採用しているため、太陽光が軽くあたる程度ならUVを通しません。ワイン棚を外せるので、ワイン以外の酒を保管する際にも使えます。

こんな人におすすめ
ワインセラーを多用途で使いたい人におすすめです。

ottostyle.jp ワインセラー ‎A04882

サイズ幅400×奥行510×高さ845mm
重量22kg
冷却方式ペルチェ式
収納本数32本
設定温度10~18℃
ドアの開き
評価・レビュー
庫内温度管理性能の高さ
(4.0)
庫内湿度管理性能の高さ
(3.5)
ランニングコストの良さ
(4.0)
ポイント
  • 高級感があるハーフミラーガラスを採用
  • UVカットガラスでワインの劣化をしっかり抑える
  • 10~18℃の幅広い温度設定により、多種多様なワインの貯蔵に対応

「ottostyle.jp ワインセラー ‎A04882」の特徴

太めのシャンパンボトルやブルゴーミュワインも、フリースペースで保管できます。ハーフミラーガラスで中のワインが見えにくいので、設置場所の選択肢が多いのもポイントです。

こんな人におすすめ
ハーフミラーガラスのワインセラーをインテリアのワンポイントとして飾りたい人におすすめです。

Rintuf JC-46

サイズ幅535×奥行500×高さ595mm
重量16.6kg
冷却方式コンプレッサー式
収納本数16本
設定温度4~16℃
ドアの開き
評価・レビュー
庫内温度管理性能の高さ
(5.0)
庫内湿度管理性能の高さ
(3.5)
ランニングコストの良さ
(4.0)
ポイント
  • コンプレッサー式らしい力強い温度管理性能
  • コンプレッサー式を低価格で選べる
  • 自動霜取り機能を搭載

「Rintuf JC-46」の特徴

熱効率の良い冷却システムでフル稼働の時間が少ないため、電気代をペルチェ式の58%程度に抑えられるのが魅力です。UVカット率99%以上の高断熱複層ガラスが、ワインの劣化を防止します。

こんな人におすすめ
ランニングコストを抑えながら、多種多様なワインや酒類を長期保管したい人におすすめです。

アイリスオーヤマ ペルチェ式ワインセラー IWC-P081A

サイズ幅252×奥行500×高さ450mm
重量9.5kg
冷却方式ペルチェ式
収納本数8本
設定温度8~18℃
ドアの開き
評価・レビュー
庫内温度管理性能の高さ
(4.0)
庫内湿度管理性能の高さ
(3.5)
ランニングコストの良さ
(4.5)
ポイント
  • 高性能の冷却システムにより、ワインに合わせた温度管理が可能
  • 低振動だからワインの香味のバランスを壊さない
  • 適正温度の維持でワインの熟成を止めない

「アイリスオーヤマ ペルチェ式ワインセラー IWC-P081A」の特徴

静音と低振動のペルチェ式は、ワインの良好な状態を維持するのに向いている冷却システムです。ペルチェ式の中では温度の設定範囲が広く、ワインの熟成を妨げません。

こんな人におすすめ
静音のワインセラーは、寝室で寝る前のワインを嗜む人や熟成を進めたい人におすすめです。

‎ottostyle.jp A09083

サイズ幅250×奥行515×高さ860mm
重量17.7kg
冷却方式ペルチェ式
収納本数16本
設定温度8~18℃
ドアの開き
評価・レビュー
庫内温度管理性能の高さ
(4.5)
庫内湿度管理性能の高さ
(3.5)
ランニングコストの良さ
(4.5)
ポイント
  • 上下2段のセパレート式なので、2つの温度設定でワインを保管できる
  • 幅250mmのスリムタイプだから隙間に設置できる
  • 太いワインボトルも保管できる

「‎ottostyle.jp A09083」の特徴

上下2分割のセパレートタイプで、それぞれ別の温度設定ができます。幅250mmのスリムタイプだからワンルームにも設置可能です。

こんな人におすすめ
複数のワインをタイプに合わせて、最適な温度で保管したい人におすすめです。

ottostyle.jp A05396

サイズ幅400×奥行512×高さ848mm
重量25.8kg
冷却方式ペルチェ式
収納本数32本
設定温度8~18℃
ドアの開き
評価・レビュー
庫内温度管理性能の高さ
(4.5)
庫内湿度管理性能の高さ
(3.5)
ランニングコストの良さ
(4.5)
ポイント
  • セパレートタイプの庫内で2つの温度設定が可能
  • PSE技術基準に適合する日本メーカーの設計
  • ワインのタイプ別に最適な貯蔵環境を整える

「ottostyle.jp A05396」の特徴

セパレートタイプの庫内は独立して2つの温度設定が可能です。ワインのタイプ別に長期保管・短期保管の最適な温度設定ができ、理想的な熟成を促します。

こんな人におすすめ
飲み頃温度での保管や熟成に向けた保管を同時にできるので、飲むと育てるを楽しみたい人におすすめです。

さくら製作所 ワインセラー ZERO Advance SA38

サイズ幅390×奥行530×他kさ1175mm
重量49kg
冷却方式コンプレッサー式
収納本数3本
設定温度0~22℃
ドアの開き
評価・レビュー
庫内温度管理性能の高さ
(5.0)
庫内湿度管理性能の高さ
(3.5)
ランニングコストの良さ
(3.5)
ポイント
  • 駆動時の体感騒音をが30%低下、最大で10%の無音状態を作る
  • 全シリーズの中で最も断熱性が高い扉で、省エネ性と静音化が向上
  • 0~22℃まで設定できる最強クラスの温度管理能力

「さくら製作所 ワインセラー ZERO Advance SA38」の特徴

断熱性に優れたLow-Eガラスを2枚使用した3重ガラスドアが、冷気を逃さずに消費電力を抑え、省エネ性と静音性に貢献します。

さらに、新冷却システムSlow and Stop Flowが駆動時の体感騒音を30%も低下させ、最大10%の無音状態を作るのもうれしいポイントです。最小クラスの接地面積で、ワインなら38本、1升瓶なら11本貯蔵できます。パワフルなコンプレッサーにより、2つの温度管理が可能です。

こんな人におすすめ
2温度管理のコンプレッサー式大容量ワインセラーは、本格的なワインコレクターやアルコールドリンクファンにおすすめです。

PlusQ(プラスキュー)ワインセラー BWC-008P

サイズ幅270×奥行525×高さ450mm
重量10.3kg
冷却方式ペルチェ式
収納本数8本
設定温度4~22℃
ドアの開き
評価・レビュー
庫内温度管理性能の高さ
(4.5)
庫内湿度管理性能の高さ
(3.5)
ランニングコストの良さ
(5.0)
ポイント
  • 幅広い温度設定で、ワインのタイプや銘柄にぴったり合う保管が可能
  • 全段木製棚で、リビングにもマッチするおしゃれなデザイン
  • 日本メーカー製のペルチェ素子による圧倒的な耐久性

「PlusQ(プラスキュー)ワインセラー BWC-008P」の特徴

電気用品安全法に基づく、PSEマーク取得済みのエントリーモデルです。価格を抑えながら日本メーカー製のペルチェ素子を採用し、優れた耐久性と安定性を実現しています。

すべての段にやわらかで温かみのある木製棚を採用し、ワインボトルやラベルの傷つきを防ぐ点もポイントです。低価格ながら、ワイン愛好家の気持ちに寄り添った配慮が、さまざまなところに現れています。

こんな人におすすめ
いつも飲むワインの短期保管やワインの初心者、ワンルーム・ダイニングルーム・寝室への設置におすすめです。

ルフィエール ワインセラー LW-S12

サイズ幅280×奥行567×高さ675mm
重量14.2kg
冷却方式ペルチェ式
収納本数12本
設定温度4~22℃
ドアの開き
評価・レビュー
庫内温度管理性能の高さ
(4.5)
庫内湿度管理性能の高さ
(3.5)
ランニングコストの良さ
(4.5)
ポイント
  • 堅牢な厚い天板が、断熱性を向上
  • 太いワインボトルやシャンパンボトルも貯蔵できる収納性
  • デイリー使いに最適な12本貯蔵のスリムボディ

「ルフィエール ワインセラー LW-S12」の特徴

スリムボディのワインセラーですが、ブルゴーニュ系やシャンパーニュ系の太いボトルを収納できます。堅牢な36mmの厚い天板には、十分な断熱素材が入っているため、外気温の影響を受けにくく断熱性がバツグンです。日本の居住空間に合う設計により、集合住宅のリビングに設置できるのも魅力です。

こんな人におすすめ
ワインの短期保管に適したワインセラーをコスパ重視で選びたい人におすすめです。

アイリスオーヤマ ワインセラー PWC-251P-B

サイズ幅252×奥行500×高さ450mm
重量9.5kg
冷却方式ペルチェ式
収納本数8本
設定温度8~18℃
ドアの開き
評価・レビュー
庫内温度管理性能の高さ
(4.0)
庫内湿度管理性能の高さ
(3.5)
ランニングコストの良さ
(4.0)
ポイント
  • 振動が少ないペルチェ式冷却で、ワインの品質をキープする
  • 8本収納のコンパクトな本体は、省スペースで設置可能
  • ロングボトルや太いボトルも収納できる

「アイリスオーヤマ ワインセラー PWC-251P-B」の特徴

8本収納のコンパクトなボディなので、ワンルームや寝室にも省スペースで設置できます。誤作動を防止するロック機能付きで、たいせつなワインの劣化を抑えられるのがポイントです。操作性が良くてかんたんなので、ワインセラーの初心者もすぐに使えます。低価格で、ロック機能・LEDライト・十分な温度設定を実現したコスパ抜群のワインセラーです。

こんな人におすすめ
ワインの短期保管、ワインの初心者やワンルームでの使用におすすめです。

この記事を書いたライターからのコメント

北海道在住。ワイン・ビール・ブランデーなど、お酒が大好きなフリーランスのwebライターです。ワインは保存状態が悪いと風味を損ないます。環境によって風味が変わってしまう繊細なワインは、新鮮なうちに飲まないといけないし、買いだめできないのが残念です。でも、ワインセラーがあったら長期保存が可能ですよ。お手頃価格のワインセラーも多いので、ぜひ検討してみてください。ワインセラーは、記念日用のたいせつなワインの保管に最適です。

若内 椎
ライター:若内 椎

北海道在住。フリーランスのwebライター、映像クリエイターです。料理好きですが、作るより食べる方が好きです。手の込んだ料理をていねいに作っても、食べるのは一瞬ですね。洋食好きでしたが、最近、和食に目覚めました。食材や味付けの好き嫌いが無いので、何をたべても幸せです。お酒も好きで、風味を楽しむ程度のほろ酔い加減がいいですね。

小型ワインセラーの重要ポイントまとめ

小型ワインセラーの重要なポイントは以下の3つです。

  • ワインセラーは、ワインの品質を保持して長期間貯蔵をする専用保管庫
  • ワインセラーで重要なポイントは、強力な温度管理と一定温度の維持能力
  • 冷却方式は、購入価格・ランニングコスト・冷却能力を左右する重要なポイント
日本酒におすすめの冷蔵庫 家庭用に!日本酒の保存におすすめの冷蔵庫5選! ガス台や1ドア冷蔵庫が置かれたキッチン 【用途別】安くて便利な小型の1ドア冷蔵庫おすすめランキング22選!霜取り不要など 赤と白のワイングラス コスパ◎安くて美味しい!家飲みにおすすめのワイン10選