【じっくり読むと5分】

家庭用におすすめのプリンタを紹介していきます。エプソンやキヤノン、ブラザーなどのメーカー別、単機能やスキャナー付き複合機、A3用紙対応や写真が綺麗に印刷できる美麗モデルなどの機能別、本体価格やインクのランニングコストを考慮した価格別に比較しながら紹介します。
また、今まで使っていたプリンタの廃棄方法も合わせて紹介していきます。




家庭用プリンタの種類

家庭用プリンタの主な3つの種類を解説します。

  • 単機能プリンタ
  • 複合機プリンタ
  • レーザープリンタ

単機能プリンタ

単機能プリンタは印刷のみ可能なシンプルなプリンタです。
コピーやスキャン機能がついていないので本体がコンパクトになっており、価格も手ごろなモデルが多くあります。
しかし、本格的な写真家向けハイスペックモデルや持ち運び用モバイルプリンタなどもあるのでピンポイントに用途に合わせることで効果を発揮します。

複合機プリンタ

複合機プリンタは印刷だけでなく、コピーやスキャン、FAXなどの機能が付いている多機能プリンタを指します。
1台で何役もこなせるため、幅広く家庭に普及しています。
単機能プリンタと比較すると機能面における利便性は高く、モニター付きでダイレクトプリントができるといった手軽さが魅力です。
機能が充実するため単機能プリンタよりも本体価格が若干高めです。

レーザープリンタ

レーザープリンタはレーザー光を使ってトナーを付着させ、紙に転写し印刷するプリンタで印刷スピードが早く大量印刷に向いています。
そのスピードからビジネス向けによく利用されていましたが、最近では家庭でも使いやすいモデルがでてきています。
インクではなくトナーカートリッジを使うので一本あたりの価格は高いのですが印刷できる枚数が圧倒的に多いので結果的にランニングコストは抑えられます。

家庭用プリンタの注目したい機能・性能

家庭用プリンタの注目したい機能・性能は、以下の3つです。

  • Wi-Fi対応で無線プリント
  • モニター付きでダイレクトプリント

Wi-Fi対応で無線プリント

最近は写真の撮影をスマートフォンでするという方も多いのではないでしょうか。今まではスマートフォンの写真をパソコンに取り込み印刷する方法が一般的でしたが最近のプリンタはWi-Fiの電波に乗せてダイレクトに印刷することができます。
また、パソコンとプリンタを無線で繋ぐことで設置場所に幅が出る点もメリットになります。
プリンタはリビングに置いておけばみんなで共有して使いやすくなります。

モニター付きで簡単操作、ダイレクトプリント可能

プリンタの操作パネルがタッチパネルになっているモデルも多く出てきています。
モニターが付いていることでSDカードやUSBメモリを差し込んでダイレクトにプリントできる機能がついていると使いやすくなります。
また、タッチパネルでの操作は直感的に行えるため、機械操作が苦手という方でも簡単に操作することができます。

今まで使っていたプリンタの処分の仕方とは

今まで使っていたプリンタの処分の仕方にはいくつかの方法があります。プリンタは小型の家電なので家電リサイクル法の対象になります。しかし、リサイクル料を支払って定められた方法で処分する対象ではないので粗大ごみとして処分できます。

したがって、各自治体に応じた処分方法で廃棄することが可能です。そのほかにも家電量販店では新しいプリンタを購入すると1台回収してくれたりするところもあります。また、リサイクルショップなどに買い取ってもらう、という方法もあります。注意点として、どの方法で処分する際もプリンタに写真データやSDカードなどが残っていないか確認を忘れずに行いましょう。

家庭用プリンタのおすすめメーカー

家庭用プリンタのおすすめメーカーは、以下の2つです。

  • エプソン
  • キヤノン

エプソン

エプソンは正式名称「セイコーエプソン」で日本の大手精密機器メーカーです。
プリンタに関しては家庭用からビジネス用まで幅広いモデルを販売しています。
インクは6色タイプが主流でシアン、イエロー、マゼンタ、ブラックの基本4色にライトシアンとライトマゼンタを加えた6色で鮮やかな発色を再現しています。
年賀状用の小型プリンタもあり、種類が非常に豊富なのも特徴です。

キヤノン

キヤノンはエプソンと人気を二分する国内の大手精密機器メーカーです。
デジカメも手掛けるキヤノンはプリンタにも力を入れています。
インクはこちらも6色が主流ですがエプソンと違い、基本4色にグレーとマットブラックの2本を追加した6色構成です。
文章と写真のブラックを使い分けることでより深みのある黒を出せるように工夫されています。

家庭用プリンタの選び方

家庭用プリンタの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • インクの色数は多い方がいい?
  • 使いたい機能が搭載されているか
  • 本体のサイズも大事

インクの色数は多い方がいい?

プリンタは色数が増えれば増えるほど発色が良くなるので写真などカラー印刷はより色鮮やかに楽しむことができます。
しかし、色数が多ければその分消費も激しくなるのでランニングコストがかかってしまう点がデメリットになります。
印刷物の品質を重視するかランニングコストを重視するかはしっかりと考えておきましょう。

使いたい機能が搭載されているか

最近のプリンタは非常に多機能になっています。その中でも「この機能は絶対に欲しい」という部分を押さえておきましょう。
スマホからの印刷をしたい場合はWi-Fi対応、ビジネス用に両面印刷ができる方がいい、年賀状用に専用のプリンタがあればいい、といったように用途に応じて欲しい機能は変わります。
あらかじめどのように使うのかを想定しておきましょう。

本体のサイズも大事

モデルを決める前に設置するスペースと相談することも大事です。
最近はプリンタもコンパクトになってきているので以前よりは小型化していますが設置場所を決めておかないと思わぬ落とし穴があるかもしれません。
いざ買ってみたら予定していたスペースに設置ができなかったという方もいらっしゃるのでまずは本体サイズをしっかりとみておくことが必要です。

家庭用プリンタのおすすめ10選

エプソン PX-049A

エプソン PX-049Aの仕様・製品情報

本体サイズ39 x 30 x 14.5 cm
重量3.9kg
インク色数4色
最大対応用紙サイズA4
Wi-Fi対応

エプソン PX-049Aのおすすめポイント3つ

  • お手頃モデル
  • 顔料インクでくっきり
  • 無線印刷に対応

エプソン PX-049Aのレビューと評価

エプソンのお手頃エントリーモデルの複合プリンタです。4色顔料インクで文字などがにじみにくいため、レポート作成などに向いています。
エントリーモデルですが無線での印刷にも対応しているのでスマートフォンから専用アプリで直接印刷することもできます。

エプソン PX-049Aはこんな人におすすめ!

本体価格を抑えたい人

エプソン EP-810AB

エプソン EP-810ABの仕様・製品情報

本体サイズ39 x 33.9 x 14.1 cm
重量6.9kg
インク色数6色
最大対応用紙サイズA4
Wi-Fi対応

エプソン EP-810ABのおすすめポイント3つ

  • 6色で美しい仕上がり
  • 本体もコンパクト
  • 前面給紙で場所に困らない

エプソン EP-810ABのレビューと評価

エプソンのスタンダード複合プリンタです。インクは染料6色タイプで発色が良く、写真の印刷に向いています。
本体がコンパクトで前面給紙が可能なので棚などの狭い場所に設置しても給紙から印刷まで場所を取らずに利用することができます。

エプソン EP-810ABはこんな人におすすめ!

写真を綺麗に印刷したい人

エプソン SC-PX5VII

エプソン SC-PX5VIIの仕様・製品情報

本体サイズ61.6 x 36.9 x 22.8 cm
重量15kg
インク色数9色
最大対応用紙サイズA3ノビ
Wi-Fi対応

エプソン SC-PX5VIIのおすすめポイント3つ

  • 写真家向けハイエンドモデル
  • グレーインクで繊細な表現
  • 最小インクサイズ2pl

エプソン SC-PX5VIIのレビューと評価

エプソンの写真印刷に特化したハイエンドモデルです。9色ものインクを搭載し、使い分けることで色鮮やかな写真に仕上げてくれます。
中でもグレーインクを導入したことでモノクロ表現に深みが増し、細部まで忠実に再現してくれます。
インクサイズも最小2plと小さく、質感まで表情豊かに再現してくれます。

エプソン SC-PX5VIIはこんな人におすすめ!

とことん印刷の質にこだわりたい人

キヤノン TS3130S

キヤノン TS3130Sの仕様・製品情報

本体サイズ48.6 x 40 x 19.8 cm
重量4.96kg
インク色数4色
最大対応用紙サイズA4
Wi-Fi対応

キヤノン TS3130Sのおすすめポイント3つ

  • お手頃モデル
  • 複合カラーインク
  • ダイレクトプリント対応

キヤノン TS3130Sのレビューと評価

キヤノンのお手頃価格の複合プリンタです。カラーインク3色が1本のインクタンクにまとまっているので交換が簡単です。
エントリーモデルでありながらWi-Fiやダイレクトプリントに対応しているので幅広く活躍してくれます。

キヤノン TS3130Sはこんな人におすすめ!

コストパフォーマンスに優れるモデルが欲しい人

キヤノン TS8130

キヤノン TS8130の仕様・製品情報

本体サイズ37.2 x 32.4 x 13.9 cm
重量6.5kg
インク色数6色
最大対応用紙サイズA4
Wi-Fi対応

キヤノン TS8130のおすすめポイント3つ

  • 操作しやすい液晶
  • 質感の違うブラックインク2色
  • グレーインクで表現力アップ

キヤノン TS8130のレビューと評価

キヤノンのスタンダード複合プリンタです。ブラックインク2色とカラーインク3色にグレーインク1色を合わせた6色構成で、印刷物に合わせて最適なインクを使用してくれます。
これにより写真は色鮮やかに、レポートなど文面はくっきりと印刷されるようにできています。

キヤノン TS8130はこんな人におすすめ!

文書も写真も綺麗に印刷したい人

キヤノン iP110

キヤノン iP110の仕様・製品情報

本体サイズ38.2 x 26 x 16.9 cm
重量3.08kg
インク色数5色
最大対応用紙サイズA4
Wi-Fi対応

キヤノン iP110のおすすめポイント3つ

  • 持ち運びができる
  • バッテリーで駆動も可能
  • 最高9600dpi

キヤノン iP110のレビューと評価

小型で外出先でも使えるモデル

キヤノンの持ち運んで使うことを考慮したプリンタです。
別売りのポータブルキットを用意すればバッテリーでA4カラー文書を約240枚印刷することができます。
いつでもどこでも印刷ができるので出先での印刷や帰省時に印刷したいといった場合に活躍してくれます。

キヤノン iP110はこんな人におすすめ!

どこでも持ち運んで印刷をしたい人

ブラザー MFC-J737DN

ブラザー MFC-J737DNの仕様・製品情報

本体サイズ40 x 34.1 x 15.1 cm
重量7.14kg
インク色数4色
最大対応用紙サイズA4
Wi-Fi対応

ブラザー MFC-J737DNのおすすめポイント3つ

  • 電話、ファクス付き
  • 見るだけ受信で節約
  • インク節約モードで経済的

ブラザー MFC-J737DNのレビューと評価

電話、ファクス機能付き4色プリンタ

ブラザーの電話、ファクス機能が搭載されたプリンタです。
これ1台あれば電話、ファクス、コピー、スキャン、プリントと何役もこなせて価格も手ごろなお得モデルです。
インク節約モードを使えばインクの消費量を抑えてプリントコストを更に下げることができます。

ブラザー MFC-J737DNはこんな人におすすめ!

購入後もなるべくコストをかけずに使いたい人

ブラザー MFC-J898N

ブラザー MFC-J898Nの仕様・製品情報

本体サイズ47.4 x 45.2 x 25 cm
重量9.2kg
インク色数4色
最大対応用紙サイズA4
Wi-Fi対応

ブラザー MFC-J898Nのおすすめポイント3つ

  • PCファクス対応
  • 自動両面も使える
  • USBメモリからダイレクトプリント

ブラザー MFC-J898Nのレビューと評価

PCファクスの使える便利なハイスペックモデル

ブラザーのPCファクス搭載ハイスペックプリンタです。
PCから直接ファクスの送受信が行えるのでパソコンで作成した書類をそのまま送信することができます。受信時も「みるだけ受信」で印刷せずに確認することでコストを押さえます。
USBメモリやSDカードからダイレクトプリントも対応しているので使い勝手も良好です。

ブラザー MFC-J898Nはこんな人におすすめ!

頻繁にファクスを使う機会がある人

ヒューレットパッカード ENVY 5020

ヒューレットパッカード ENVY 5020の仕様・製品情報

本体サイズ48.6 x 44.6 x 16 cm
重量6.44kg
インク色数4色
最大対応用紙サイズA4
Wi-Fi対応

ヒューレットパッカード ENVY 5020のおすすめポイント3つ

  • シンプルな操作性
  • 専用アプリで外出先でも
  • 手ごろな本体価格

ヒューレットパッカード ENVY 5020のレビューと評価

1万円以下のコストパフォーマンスに優れるモデル

ヒューレットパッカードのシンプルなプリンタです。
価格は1万円以下で本体を購入することが可能な低価格でありながらWi-Fi対応、自動両面対応、更には専用アプリで外出先からでもクラウド経由で印刷することができる高機能モデルになっています。

ヒューレットパッカード ENVY 5020はこんな人におすすめ!

手頃で機能性の高いモデルが欲しい人

ヒューレットパッカード Officejet 7110

ヒューレットパッカード Officejet 7110の仕様・製品情報

本体サイズ41.9 x 58.5 x 18.9 cm
重量8.5kg
インク色数4色
最大対応用紙サイズA3ノビ
Wi-Fi対応

ヒューレットパッカード Officejet 7110のおすすめポイント3つ

  • 美しさにこだわる
  • A3ノビ対応
  • ネット環境があれば気軽に印刷できる

ヒューレットパッカード Officejet 7110のレビューと評価

A3ノビ対応の美しく印刷できるモデル

ヒューレットパッカードのA3ノビ対応ハイスペックプリンタです。
A3ノビに対応しているので多くの種類の用紙で印刷ができます。
また、パソコンやスマホからプリンタに割り当てられたE-mailアドレスにファイルを送信するだけで簡単にプリントすることができます。

ヒューレットパッカード Officejet 7110はこんな人におすすめ!

気軽にパソコンやスマホから印刷をしたい人

まとめ

家庭で使いやすいモデルをメーカー別に紹介しました。
メーカーやモデルによって得意な分野や機能がありますのでどんな機能、性能が必要なのかをしっかりと確認したうえで選ぶようにすると絞り込みやすくなります。ご自身の用途に合う一台を探してみてください。