PS4に最適なスピーカーおすすめ10選

【じっくり読むと8分】

PS4を楽しむ際におすすめのスピーカー最強10選を、クリエイティブ(Creative)やロジクール(Logicool)、レイザー(Razer)などメーカー別、価格が安いコストパフォーマンスにすぐれたモデルや臨場感あるサラウンドサウンドに対応のモデル、重低音重視のサブウーファー付属のモデルなど特徴別にご紹介します。PS4に使うスピーカーの人気メーカーや選び方のコツについても解説していきます。

PS4に最適なスピーカーを選ぶときに注目したい機能・性能

PS4に最適なスピーカーを選ぶときに注目したい機能・性能は、以下の3つです。

  • 対応する入力方法
  • サラウンド機能
  • 重低音対応

対応する入力方法

通常のスピーカーに多く見られるステレオミニ端子での入力は、サラウンドサウンドに対応していません。PS4自体は、HDMIや光デジタルでの出力が可能なので、HDMI端子や光デジタル端子を備えたスピーカーがおすすめです。

HDMI端子での入力に対応したスピーカーであれば、高品位のサラウンド再生が可能ですし、光デジタル端子を備えたスピーカーであっても、下位規格ではあるもののサラウンドサウンドを再生することが可能になります。

サラウンド機能

最もスタンダードな形のスピーカーであるステレオ2chでは、サラウンド再生が行えません。PS4のゲームをよりリアルに体感したい方は、スピーカーを後方にも配置するサラウンド対応のスピーカーを選ぶか、前方のみのスピーカーながら、仮想的にサラウンドサウンドを再生することができるバーチャルサラウンド対応スピーカーがおすすめです。

重低音対応

PS4ゲームを迫力ある重低音で楽しみたい方は、サブウーファーを備えたスピーカーがおすすめです。メインのスピーカーとは別に重低音用のウーファーを採用することで、パワフルな重低音の再生が可能になり、より臨場感あるサウンドを楽しむことができます。

また、スピーカーとは別にサブウーファーを採用することは、低音のクオリティが上がり、全体の音質をアップさせることにもつながります。

PS4に最適なスピーカーのおすすめメーカー

PS4に最適なスピーカーのおすすめメーカーは、以下の3つです。

  • ロジクール(Logicool)
  • レイザー(Razer)
  • クリエイティブ(Creative)

ロジクール(Logicool)

PC周辺機器メーカーとして知られるロジクールは、ゲーム周辺機器に関しても評価の高い製品を製造しています。ロジクールのスピーカーは、PCゲーム用のヘッドセットなどで培われた技術が存分に注ぎ込まれており、PS4はもちろんその他のサウンドを再生する際にも活躍してくれます。

またロジクール製のスピーカーは、購入しやすい安いモデルから音質にこだわったハイエンドモデルまで、多くのラインナップを揃えていることも魅力です。

レイザー(Razer)

PCゲーム周辺機器やゲーミングパソコン、ゲーミングヘッドセットなどのメーカーとして有名なレイザーは、スピーカーも製造しています。PCゲームに関する機器を専門に扱っているメーカーらしく、レイザー製のスピーカーもゲームを楽しむことを前提に設計されているので、PS4に使用するスピーカーとしても申し分ない実力を持っています。

クリエイティブ(Creative)

クリエイティブは、スピーカーの他にもパソコンの部品であるサウンドカードやヘッドホン&イヤホン等、PC周りの音響機器を扱っているメーカーです。クリエイティブ製のスピーカーは、コストパフォーマンスにすぐれていることが人気で、価格以上の音質を得られるモデルが数多く製造されています。

クリエイティブ製のスピーカーは、初めてPS4用のスピーカーを購入する方にもおすすめできるスピーカーです。

PS4に最適なスピーカーの選び方

PS4に最適なスピーカーの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • ステレオタイプかサラウンドタイプか決めよう
  • サウンドバータイプ
  • 入力方法を決めよう

ステレオタイプかサラウンドタイプか決めよう

ステレオタイプのスピーカーにするか、サラウンドタイプのスピーカーにするか決めましょう。ステレオタイプのスピーカーは2chですが、音質にこだわったモデルが多く、ハイレゾ音源に対応しているモデルもたくさん販売されています。

またサラウンドタイプのスピーカーは、映画館のような臨場感あふれるサウンドが特徴で、ゲームへの没入感を高めてくれるメリットがあります。PS4で音楽も聴く方はステレオタイプがおすすめですし、ゲームや映画を楽しみたい方であれば、サラウンドタイプがおすすめです。

サウンドバータイプ

PS4におすすめなスピーカーの1つにサウンドバータイプのモデルがあります。サウンドバータイプのスピーカーは、名前の通り棒状のスピーカーで、テレビやディスプレイの下に設置しやすい形状をしています。

またサウンドバータイプのスピーカーは、比較的価格は安いものの、バーチャルサラウンドと呼ばれる仮想的なサラウンドサウンドが再生できる魅力があります。

入力方法を決めよう

PS4からスピーカーへ音声信号を送る手段を決めましょう。PS4におすすめのスピーカーには、ステレオミニ端子によるアナログ入力のタイプと、HDMI端子や光デジタル端子によるデジタル入力タイプが存在します。

ステレオサウンドを想定している方は、アナログ入力を選択して構いませんが、サラウンドサウンドを再生したい方は、デジタル入力に対応しているスピーカーを選ぶように注意しましょう。

PS4に最適なスピーカーのおすすめ最強10選

クリエイティブ(Creative) GigaWorks T40 Series Ⅱ 2.0ch ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア Windows版 推奨 GW-T40-IIR

クリエイティブ(Creative) GigaWorks T40 Series Ⅱの仕様・製品情報

サイズ(W×D×H) 150×116×320mm
重量 約2.9kg
入力端子 ライン入力/AUX入力
チャンネル 2
付属品 ステレオラインケーブル、RCAピンジャック、ACアダプター

クリエイティブ(Creative) GigaWorks T40 Series Ⅱのおすすめポイント3つ

  • 音域バランスの良いサウンド
  • 操作しやすいスピーカー全面のコントロール
  • ヘッドフォン出力端子搭載

クリエイティブ(Creative) GigaWorks T40 Series Ⅱのレビューと評価

低音域から高音域までバランスの良いサウンドを実現

クリエイティブ GigaWorks T40 Series Ⅱは、繊細な高音&豊かな中音&迫力ある低音が魅力のスピーカーです。ステレオタイプのクリエイティブ GigaWorks T40 Series Ⅱは、サイズもコンパクトで設置場所も小さくて済みます。

クリエイティブ(Creative) GigaWorks T40 Series Ⅱはこんな人におすすめ!

クリエイティブ GigaWorks T40 Series Ⅱは、PS4用にコンパクトなスピーカーをお探しの方におすすめです。

レイザー(Razer) Leviathan サブウーハー付デジタルサウンドバー RZ05-01260100-R3A1

レイザー(Razer) Leviathanの仕様・製品情報

サイズ(W×D×H) 非公開
重量 約2kg(サウンドバー)、約2.35kg(サブウーファー)
入力端子 アナログ入力/光デジタル入力/Bluetooth
チャンネル 5.1(仮想)
付属品 非公開

レイザー(Razer) Leviathanのおすすめポイント3つ

  • 5.1chバーチャルサラウンドサウンド
  • 深みのある重低音を再生するサブウーファー
  • Bluetooth接続対応

レイザー(Razer) Leviathanのレビューと評価

5.1chのバーチャルサラウンドサウンドで臨場感あふれるゲーム音を再現

レイザー Leviathanは、5.1chのバーチャルサラウンドサウンド対応のサウンドバーと深みのある重低音を再生するサブウーファーを備えたスピーカーです。レイザー Leviathanのサウンドバーは、2つのスピーカーを通じて5.1chの仮想的なサラウンドサウンドを再生してくれます。

レイザー(Razer) Leviathanはこんな人におすすめ!

レイザー Leviathanは、サラウンドサウンドとパワフルな重低音を再生してくれるPS4用スピーカーををお探しの方におすすめです。

ロジクール(Logicool) スピーカーシステム Z625 オプティカルインプット対応 サブウーファー THX認定オーディオ PC/TV/スマホ/ゲーム機器対応

ロジクール(Logicool) スピーカーシステム Z625の仕様・製品情報

サイズ(W×D×H) 116×195×135mm(スピーカー)、282×303×264mm(サブウーファー)
重量 約900g(スピーカー)、約6.4kg(サブウーファー)
入力端子 3.5mmステレオミニプラグ/2chステレオRCAピンジャック/オプティカル入力
チャンネル 2.1
付属品 3.5mmオーディオケーブル、オプティカルケーブル

ロジクール(Logicool) スピーカーシステム Z625のおすすめポイント3つ

  • 最大400wのパワフルな出力
  • 明瞭ながらパワフルなサウンド
  • 最大3台のデバイスを接続可能

ロジクール(Logicool) スピーカーシステム Z625のレビューと評価

パワフルなゲーム音楽を再生してくれる2.1chスピーカー

ロジクール スピーカーシステム Z625は、最大400Wの出力が可能なパワフルな再生能力をもったスピーカーです。ロジクール スピーカーシステム Z625は、明瞭なサウンドを再生するスピーカーと轟くような低音を再生するサブウーファーからなる2.1chのスピーカーシステムです。

ロジクール(Logicool) スピーカーシステム Z625はこんな人におすすめ!

ロジクール スピーカーシステム Z625は、パワフルな低音が再生できるPS4用スピーカーをお探しの方におすすめです。

ELEGIANT SoundBar Speaker 高音質 ステレオ サウンドバー USB 小型 大音量 テレビ パソコン

ELEGIANT SoundBar Speakerの仕様・製品情報

サイズ(W×D×H) 400×55×60mm
重量 約500g
入力端子 ステレオミニジャック
チャンネル 2
付属品 USB電源ケーブル、オーディオ入力ケーブル、マイクケーブル

ELEGIANT SoundBar Speakerのおすすめポイント3つ

  • 抜群のコストパフォーマンス
  • スリムでコンパクトなデザイン
  • USBポートからの給電で駆動

ELEGIANT SoundBar Speakerのレビューと評価

テレビ画面の下に置きやすいコンパクトでスリムなデザイン

ELEGIANT SoundBar Speakerは、コンパクトでスリムなボディデザインなので、テレビ画面下への設置に最適なサウンドバータイプのスピーカーです。ELEGIANT SoundBar Speakerは、価格以上の音が再生できることでも好評なスピーカーです。

ELEGIANT SoundBar Speakerはこんな人におすすめ!

ELEGIANT SoundBar Speakerは、コスパにすぐれたサウンドバータイプのPS4用スピーカーをお探しの方におすすめです。

クリエイティブ(Creative) Inspire T6300 5.1ch マルチチャンネル PCスピーカー アクティブスピーカーシステム ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨 IN-T6300

クリエイティブ(Creative) Inspire T6300の仕様・製品情報

サイズ(W×D×H) 約86×177×93mm(フロントスピーカー)、約72×147×79mm(センター/リアスピーカー)、約175×227×263mm(サブウーファー)
重量 約325g(フロントスピーカー)、約265g(センター/リアスピーカー)、約3.3kg(サブウーファー)
入力端子 5.1chライン入力
チャンネル 5.1
付属品 ワイヤードリモコン、5.1chライン入力ケーブル、電源ケーブル、スピーカーケーブル

クリエイティブ(Creative) GigaWorks T40 Series Ⅱのおすすめポイント3つ

  • パワフルな中低音と迫力の重低音
  • すぐれた指向性を持つ5.1chサラウンドシステム
  • コストパフォーマンス良好

クリエイティブ(Creative) Inspire T6300のレビューと評価

すぐれた解像度と指向性が魅力の5.1チャンネルサラウンドシステム

クリエイティブ Inspire T6300は、2つのフロントスピーカーとリア×2&センタースピーカー、サブウーファーを備えた5.1chのサラウンドサウンド再生が可能なスピーカーシステムです。クリエイティブ Inspire T6300は、5.1chのサラウンドシステム対応ながら購入しやすい価格で販売されていることも魅力です。

クリエイティブ(Creative) Inspire T6300はこんな人におすすめ!

クリエイティブ Inspire T6300は、PS4用のコスパにすぐれた5.1chのスピーカースステムをお探しの方におすすめです。

オンキョー(ONKYO) シネマパッケージ BASE-V60 2.1ch/ハイレゾ音源対応/4K対応/AirPlay対応

オンキョー(ONKYO) シネマパッケージ BASE-V60の仕様・製品情報

サイズ(W×D×H) 246×314×307.5mm(サブウーファー)、102×128×175mm(フロントスピーカー)、291×341×292mm(サブウーファー)、
重量 約1.2kg(フロントスピーカー)、約0.73kg(センタースピーカー)、約7.3kg(サブウーファー)
入力端子 ライン入力/フォノ入力/HDMI/光デジタル/Bluetooth
チャンネル 2.1
付属品 スピーカーケーブル×3、コルクスペーサー×12、壁掛け金具×2、リモコン、測定用マイク、FM室内アンテナ、他

オンキョー(ONKYO) シネマパッケージ BASE-V60のおすすめポイント3つ

  • 立体的な音響を可能にする「Dolby Atomos」に対応
  • 高品質な音を再生するフロントスピーカー
  • 力強い重低音を鳴らすサブウーファー

オンキョー(ONKYO) シネマパッケージ BASE-V60のレビューと評価

リスナーを包み込むように音を再生させるバーチャルサウンドシステム

オンキョー シネマパッケージ BASE-V60は、フロントスピーカーとサブウーファーのみながら、リスナーを包み込むような臨場感あふれるサウンド再生が可能なスピーカーシステムです。オンキョー シネマパッケージ BASE-V60は、スピーカーの音質も本格的なオーディオ機器に引けをとらない仕様となっています。

オンキョー(ONKYO) シネマパッケージ BASE-V60はこんな人におすすめ!

オンキョー シネマパッケージ BASE-V60は、高品質なバーチャルサラウンドを再生できるPS4用スピーカーをお探しの方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-P41 5.1ch A-YST II方式

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-P41の仕様・製品情報

サイズ(W×D×H) 112×116×176mm(フロントスピーカー/サラウンドスピーカー)、276×118×111mm(センタースピーカー)、291×341×292mm(サブウーファー)、
重量 約0.59kg(フロントスピーカー/サラウンドスピーカー)、約0.73kg(センタースピーカー)、約8.5kg(サブウーファー)
入力端子 RCAピンジャック
チャンネル 5.1
付属品 サブウーファー用ピンケーブル、スピーカーケーブル、滑止めパッド×24個

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-P41のおすすめポイント3つ

  • クリアでナチュラルなサウンド
  • テレビ画面にマッチするシンプルなデザイン
  • ヤマハの独自技術によるクリアな重低音

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-PA40のレビューと評価

長時間でも聞き疲れしないバランスのとれたサウンド

ヤマハ スピーカーパッケージ NS-P41は、バランスのとれたナチュラルで聴きやすい音質が特徴的な5.1chのスピーカーシステムです。ヤマハ スピーカーパッケージ NS-P41の重低音は、ヤマハの独自技術である「A-YSTⅡ」方式を採用することで、クリアながら迫力のあるサウンドになっています。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-P41はこんな人におすすめ!

ヤマハ スピーカーパッケージ NS-P41は、クリアな音質のPS4用スピーカーをお探しの方におすすめです。

オラソニック(Olasonic) TV用スピーカー TW-D9HDM ノーブルブラック

オラソニック(Olasonic) TV用スピーカー TW-D9HDMの仕様・製品情報

サイズ(W×D×H) 113×117×162mm(スピーカー)、150×150×27mm(本体)
重量 約1360g(本体、スピーカー2基)
入力端子 3.5mmステレオミニプラグ/光デジタル/HDMI/Bluetooth
チャンネル 2
付属品 AC電源ケーブル、AC電源アダプター

オラソニック(Olasonic) TV用スピーカー TW-D9HDMのおすすめポイント3つ

  • HDMI端子での入力可能
  • コンパクトで個性的なデザイン
  • クリアで聞き取りやすい音声

オラソニック(Olasonic) TV用スピーカー TW-D9HDMのレビューと評価

卵型の個性的なデザインが光るスピーカー

オラソニック TV用スピーカー TW-D9HDMは、テレビ視聴用に開発されたスピーカーで、クリアな音声の再生を実現しています。オラソニック TV用スピーカー TW-D9HDMは、HDMIケーブルでの入力に対応している点も魅力です。

オラソニック(Olasonic) TV用スピーカー TW-D9HDMはこんな人におすすめ!

オラソニック TV用スピーカー TW-D9HDMは、PS4用にHDMI端子での入力が可能なスピーカーをお探しの方におすすめです。

ロジクール G560 LIGHTSYNC PC ゲーミング スピーカー

ロジクール G560 LIGHTSYNC PC ゲーミング スピーカーの仕様・製品情報

サイズ(W×D×H) 166×118×148mm(スピーカー)、255×207×404mm(サブウーファー)
重量 約1.79kg(スピーカー2基)、約5.5kg(サブウーファー)
入力端子 3.5mmジャック/USB/Bluetooth
チャンネル 2.1
付属品 非公開

ロジクール G560 LIGHTSYNC PC ゲーミング スピーカーのおすすめポイント3つ

  • ゲーム音と連動して光るライト搭載
  • 重厚ながら透明感あるサウンド
  • 最大4台のデバイスを接続可能

ロジクール G560 LIGHTSYNC PC ゲーミング スピーカーのレビューと評価

ゲームの音に合わせて明滅するライトが魅力

ロジクール ゲーミングスピーカー G560のサテライトスピーカーに搭載されたライトは、ゲームの音に合わせて明滅してくれるので、ゲームへの没入感をより高めてくれます。ロジクール ゲーミングスピーカー G560は、パワフルで重厚ながら透明感を感じられる解像度の高い音質が魅力です。

ロジクール G560 LIGHTSYNC PC ゲーミング スピーカーはこんな人におすすめ!

ロジクール ゲーミングスピーカー G560は、PS4のゲーム音に合わせて明滅するライティングを体験したい方におすすめです。

ソニー(SONY) ホームシアターシステム HT-RT5 5.1ch NFC/Bluetooth

ソニー(SONY) ホームシアターシステム HT-RT5の仕様・製品情報

サイズ(W×D×H) 1080×128×56mm(バースピーカー)、97×97×252mm(サラウンドスピーカー)、191×386×383mm(サブウーファー)
重量 約3.8kg(バースピーカー)、約1.5kg(サラウンドスピーカー)、約8.5kg(サブウーファー)
入力端子 HDMI/光デジタル/ステレオミニ/Bluetooth
チャンネル 5.1
付属品 リモコン、単4形乾電池×2、光デジタルケーブル、壁掛け用ブラケット、音場測定用マイク、AVマウス、本体電源ケーブル、サラウンドスピーカー電源ケーブル、サブウーファー電源ケーブル

ソニー(SONY) ホームシアターシステム HT-RT5のおすすめポイント3つ

  • PS4の音を忠実に再現
  • PS4に最適なGAMEモード搭載
  • 約30秒で終了する簡単な自動セッティング

ソニー(SONY) ホームシアターシステム HT-RT5のレビューと評価

ゲーム音の再生に最適なGAMEモードを搭載

ソニー ホームシアターシステム HT-RT5は、迫力あり臨場感溢れるサウンドの再生を可能にするGAMEモードを搭載したスピーカーシステムです。ソニー ホームシアターシステム HT-RT5は、GAMEモードの他にも、MUSICやMOVIEなどのモードも搭載しており、PS4以外の音を再生する場面でも活躍してくれます。

ソニー(SONY) ホームシアターシステム HT-RT5はこんな人におすすめ!

ソニー ホームシアターシステム HT-RT5は、迫力があり臨場感溢れるゲーム音を鳴らしてくれるPS4用スピーカーをお探しの方におすすめです。

まとめ

今回はPS4に使うおすすめのスピーカー10選をご紹介しました。今回紹介した10のスピーカーを参考に、ステレオタイプやサラウンドタイプ、重低音を重視したタイプなど、さまざまなスピーカーから自分好みのPS4用スピーカーを見つけてくださいね。