普段使いにも!おしゃれな登山・トレッキング用リュックのおすすめ最強10選

登山をする人

トレッキングや登山には、専用のリュックがおすすめ。
長時間歩くのでフィット感や大きさがとても重要で、身体に合っていないものを選ぶと負担がかかり疲れやすいです。
普段用とトレッキング用の違いを解説し、選び方や目的に合わせた容量についても紹介しているので、リュックのことについて分かります
登山やトレッキングでも使えますが、普段でも使えるおすすめのリュックを紹介しているので、お探しのものが見つかるでしょう。
ぜひ、参考にしてください。
登山用の靴 安いのに機能性バツグン!トレッキングシューズのおすすめ15選 登山をする男性 【おしゃれで機能的】登山用靴下おすすめ10選!夏冬の違いや優先順位も 1人暮らし向け防災グッズおすすめ 【これがあると安心】厳選!一人暮らし向け防災グッズ10選|非常食も

普段用とトレッキング用リュックの違い

2つのリュック

トレッキング用のリュックは、登山のことを考えられています。
雨が降ったときのレインカバーがあったり、ウエストベルトやチェストベルトがついていて身体への負担を減らしたりと、普段用のリュックとは、性能が違います。
普段使いのリュックは、基本的に街で使うことを考えられているので、デザイン性がよく、大きさもワンサイズのみの場合が一般的です。
トレッキング用とは、コンセプトが違うので、身体に負担をかけない作りや悪天候でも対応できる作りがない、普段使いのリュックと大きな違いといえるでしょう。

トレッキング用リュックの容量の目安

目的にあったトレッキング用リュックの容量の目安を解説します。

  • 30L以下は、日帰り登山やハイキング向き
  • 30L〜50Lは、山小屋を使う登山向き
  • 50L以上は、テント泊や長期間の登山向き

30L以下は、日帰り登山やハイキング向き

30L以下は、水筒や予備の着替えをつめこんで日帰りの登山に向いている容量です。
ハイキングでも、ちょっとした軽食もつめこめられるので便利ですよ。
外側にポケットがついていれば、水筒などをすぐに取り出せるので、おすすめです。
大きすぎても邪魔になるだけなので、欲張らずに日帰りの登山やハイキングを楽しみたい方は、30L程度のリュックを選ぶようにしましょう。

30L〜50Lは、山小屋を使う登山向き<

30L〜50Lのリュックは、山小屋などの宿泊施設を利用して、1泊登山をするのに適した容量です。
1泊するとなると、着替えや食料が増えるのでこれくらいの容量があった方がよいでしょう。
これから、本格的に登山を始めたいと思っている方に最適な容量のリュックです。
持っていくものが増えてくるので、ウエストベルトなど、補助してくる機能がついているモデルがおすすめです。

50L以上は、テント泊や長期間の登山向き

50L以上のリュックは、とても大きいという印象を受けるでしょう。
テント泊や長期間の登山を楽しみたいという方に、適した容量です。
連泊にはテントも必要で、その分、食料や飲料水・着替えなどの量が増えます。
かなりの重量になるので、初心者の方にはハードルが高いかもしれません。
フレーム入りのリュックは背負いやすく、身体への負担を減らしてくれるでしょう。

トレッキング用リュックのおすすめブランド一覧

リュックを背負って登山する人

トレッキング用リュックのおすすめブランド3つと特徴や評価を解説します。

  • モンベル
  • ノースフェイス
  • カリマー

モンベル

国内に本社をおく、アウトドアの総合メーカーがモンベルです。
モンベルのリュックは、軽量で身体への負担が少ないことが特徴
歩き続ける登山では、軽量化はとても重要です。
荷物だけでなく、リュックも軽量になればさらに身体への負担が減ります。
強度にも定評があるため、長く使いたいという方にはおすすめのメーカーです。

ノースフェイス

ノースフェイスは、アメリカで生まれたアウトドアブランドです。
アパレルや普段使いのリュックのラインナップも豊富で、知っている方もいるでしょう。
本格的な登山用品も開発・販売しているメーカーなので、トレッキングで使うリュックも使いやすく人気です。
アパレルからきた見た目の良さや、防水性・耐久性も高く、サイズの種類も豊富なので気に入ったリュックが見つかるでしょう。

カリマー

イギリスが発祥の、登山用品を専門に取り扱っているブランド。
リュックの性能が高く、多くの登山家も愛用しているメーカーです。
サイズや容量の展開がとても豊富で、いろいろなシュチュエーションを想定して開発されています。
洗練されたデザインは、登山をしている方ならひと目で、カリマーのリュックと分かるくらい有名で人気なメーカーです。

トレッキング用リュックの選び方

登山をしている人々

トレッキング用リュックの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 容量は必ず確認!目的に合ったサイズを選ぼう!
  • 身体の大きさに合っているか確認しよう!
  • 収納機能の確認!パッキングしやすいかを見よう!

容量は必ず確認!目的に合ったサイズを選ぼう!

前項で紹介したように、目的に合った容量があります。
日帰り登山で使いたいのか、連泊の登山に使いたいのかで選ぶリュックの容量が違います。
使う目的に合わせて、容量とサイズを選んでください。
初心者の方は、容量30Lのリュックがおすすめです。
日帰りでも使いやすいサイズで、使う頻度が高い容量でもあるので、持っていて損はありません。

身体の大きさに合っているか確認しよう!

身体と一緒で、リュックにも大きさがあります。
背面の高さや横の幅が自身の身体に合っているか確認しましょう。
長時間歩くことになる登山では、フィット感はとても大切です。
身体に合っていないサイズを選ぶと、負担が大きくなり疲れがたまりやすくなるので注意してください。
店舗で実際に背負ってみて確認すると、サイズの目安が分かるのでおすすめです。

収納機能の確認!パッキングしやすいかを見よう!

初心者で手こずりやすいのが、パッキングです。
パッキングとは、リュックに荷物を詰め込むことですが、コツが必要です。
適当に詰め込んでしまうと、取り出しにくかったり、荷物がつぶれたりして上手にパッキングできません。
リュックの収納機能を確認し、パッキングしやすいか確認しましょう。
初心者の方は、間口が大きく開くものや、外にポケットがついているものなど、パッキングしやすくておすすめです。

トレッキング用リュックのおすすめ10選

トレッキング用リュックのおすすめ10選を紹介します。

カリマー ridge 30

最初に紹介するおすすめのトレッキング用リュックは、「カリマー ridge 30」です。

素材KS-N210d Dynatec/KS-N210d HT Baby R/S
最大容量30L
サイズタテ53cmxヨコ29cmxマチ18cm
重量1,480g
ポケットの数12
評価・レビュー
フィット感
(4.0)
デザイン性
(3.5)
収納機能
(4.0)
ポイント
  • レインカバー付きで雨の日でも安心!
  • 背面のメッシュパネルで快適に背負える!
  • ハイドレーション付きで給水に便利!

「カリマー ridge 30」の特徴

日帰り登山やハイキングで便利な容量30Lのリュック。
チェスト・ウェストにもベルトがついているので、フィット感が高く背負いやすいです。

こんな人におすすめ
フィット感の高い30Lのリュックを探している方におすすめ!

カリマー cougar 45-60

次に紹介するおすすめのトレッキング用リュックは、「カリマー cougar 45-60」です。

created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥32,450 (2022/05/18 01:32:53時点 Amazon調べ-詳細)
素材ナイロン
最大容量60L
サイズタテ67cmxヨコ36cmxマチ30cm
重量2,520g
ポケットの数8
評価・レビュー
フィット感
(4.0)
デザイン性
(4.0)
収納機能
(4.0)
ポイント
  • 背負ったままでも調整可能なアジャスターシステム!
  • 大容量のサイドポケットで収納力が高い!
  • ヘルメットも収納できるメインポケット付き!

「カリマー cougar 45-60」の特徴

雪山でも使える大容量の本格的なリュックです。
いろいろなギアを収納するのに、便利なフロントポケットと大容量のサイドポケットが特徴的です。

こんな人におすすめ
雪山の本格的な登山でも使えるリュックにおすすめ!

モンベル バーサライトパック15

次に紹介するおすすめのトレッキング用リュックは、「モンベル パーサライトパック15」です。

created by Rinker
Mont-bell(モンベル)
¥6,980 (2022/05/18 01:32:54時点 Amazon調べ-詳細)
素材ナイロン
最大容量15L
サイズタテ45cmxヨコ27cmxマチ17cm
重量99g
ポケットの数1
評価・レビュー
フィット感
(4.0)
デザイン性
(4.0)
収納機能
(3.5)
ポイント
  • 超軽量で持ち運びが便利!
  • 普段使いでも便利なサイズ感!
  • ドローコードで、素早い開閉ができる!

「モンベル バーサライトパック15」の特徴

わずか99gの軽量なリュックで、持ち運びに便利です。
ショルダーベルトは、メッシュになっているので汗をかいてもベタつかず、快適なまま背負い続けることができます。

こんな人におすすめ
ハイキングや日帰りの登山で使う軽量なリュックをお探しの方に!

モンベル ストライダーパック 25

次に紹介するおすすめのトレッキング用リュックは、「モンベル ストライダーパック 25」です。

素材ナイロン
最大容量30L
サイズタテ50cmxヨコ29cmxマチ21cm
重量933g
ポケットの数4
評価・レビュー
フィット感
(4.0)
デザイン性
(4.5)
収納機能
(4.0)
ポイント
  • 背面にフレームがついていて背負いやすい!
  • トレッキングポールをかけられるフック付き!
  • 通気性のよいショルダーベルトで快適!

「モンベル ストライダーパック 25」の特徴

背面にはバンジーコードを採用しているので、衣類や水筒を外付けできて便利。
全体的に丸いフォルムでおしゃれな見た目も特徴的なリュックです。

こんな人におすすめ
フレーム付きで背負いやすく、かわいい見た目で女性におすすめ!

ノースフェイス テルス35

次に紹介するおすすめのトレッキング用リュックは、「ノースフェイス テルス35」です。

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥16,531 (2022/05/18 01:32:55時点 Amazon調べ-詳細)
素材ナイロン
最大容量36L
サイズタテ66cmxヨコ27cmxマチ22cm
重量1,310g
ポケットの数3
評価・レビュー
フィット感
(4.5)
デザイン性
(4.0)
収納機能
(4.0)
ポイント
  • 撥水ジッパーを採用しており雨に強い!
  • レインカバーがついていて急な雨にも対応可能!
  • 大型のドロップポケットが収納に便利!

「ノースフェイス テルス35」の特徴

フィット感を高めるために、背面には成形したプレートが組み込まれているのが特徴です。
背負いやすく身体への負担を軽減してくれます。

こんな人におすすめ
1泊程度の登山向けのリュックをお探しの方に!

ノースフェイス テラ55

次に紹介するおすすめのトレッキング用リュックは、「ノースフェイス テラ55」です。

素材ナイロン・ポリエステル
最大容量55L
サイズタテ60cmxヨコ34cmxマチ25cm
重量1,640g
ポケットの数4
評価・レビュー
フィット感
(4.0)
デザイン性
(4.0)
収納機能
(4.5)
ポイント
  • ポケット付きのヒップハーネスが小物の取り出しに便利!
  • ボトム部のコンプレッションベルトが拡張性が高い!
  • サイドのループでポールの収納が簡単!

「ノースフェイス テラ55」の特徴

210デニールナイロンと610デニールポリエステルの丈夫なリュックです。
トップのスタビライザーを調整できる機能がついていて、便利なのも特徴。

こんな人におすすめ
テント泊を考えている方にぴったりのリュックです!

ミステリーランチ スクリー32

次に紹介するおすすめのトレッキング用リュックは、「ミステリーランチ スクリー32」です。

created by Rinker
MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)
¥25,300 (2022/05/18 01:32:57時点 Amazon調べ-詳細)
素材ナイロン
最大容量32L
サイズタテ63.5cmxヨコ35.5cmxマチ29cm
重量1,300g
ポケットの数未公表
評価・レビュー
フィット感
(4.0)
デザイン性
(4.5)
収納機能
(4.5)
ポイント
  • 3ジップデザインで取り出しが便利!
  • デイジーチェーン付きで拡張性が高い!
  • 丈夫な210デニールナイロン採用!

「ミステリーランチ スクリー32」の特徴

ミステリーランチの3ジップデザインで特徴的です。
他のメーカーとは被らないデザインでひと目で分かります。
見た目だけでなく、道具の収納や取り出しが便利なのも特徴です。

こんな人におすすめ
出し入れが楽なリュックをお探しの方に!

ミステリーランチ テラフレーム

次に紹介するおすすめのトレッキング用リュックは、「ミステリーランチ テラフレーム」です。

素材コーデュラナイロン​​
最大容量50L
サイズタテ71cmxヨコ38cmxマチ33cm
重量2,300g
ポケットの数未公表
評価・レビュー
フィット感
(4.0)
デザイン性
(4.0)
収納機能
(4.5)
ポイント
  • 単体のフレーム付きで背負いやすい!
  • 収納力・拡張性が高く道具を選ばない!
  • 丈夫なコーデュラナイロンを採用!

「ミステリーランチ テラフレーム」の特徴

フレーム付きの大容量リュックです。
フレームとリュックの間に、道具を挟み込むように収納できて、拡張性が高いのが特徴。
本格的な登山向けのモデルです。

こんな人におすすめ
2泊以上の大型リュックをお探しの方におすすめ

イオーノ アウトドアバックパック

次に紹介するおすすめのトレッキング用リュックは、「イオーノ アウトドアバックパック」です。

素材ナイロン​​
最大容量35L
サイズタテ53cmxヨコ32cmxマチ23cm
重量411g
ポケットの数5
評価・レビュー
フィット感
(3.5)
デザイン性
(3.5)
収納機能
(3.5)
ポイント
  • 普段でも使いやすいモデル!
  • 防水性のナイロンで水に強い!
  • メッシュ生地で通気性がよい!

「イオーノ アウトドアバックパック」の特徴

必要最低限の機能が備わった、手にとりやすい価格のリュック。
リュックには珍しく7色のカラー展開で、好きな色を選べるのも特徴です。

こんな人におすすめ
値段重視でリュックをお探しの方におすすめ!

グレゴリー バルトロ65

次に紹介するおすすめのトレッキング用リュックは、「グレゴリー バルトロ65」です。

素材ナイロン​​
最大容量65L
サイズタテ76.2cmxヨコ33cmxマチ33cm
重量2,200g
ポケットの数未公表
評価・レビュー
フィット感
(4.5)
デザイン性
(4.0)
収納機能
(4.0)
ポイント
  • 体型に合わせて調整する自動フィット機能つき!
  • 取り外し可能なショックコード付き!
  • 換気性能が高い背面パネルで快適!

「グレゴリー バルトロ65」の特徴

アウトドアブランドであるグレゴリーのフラッグシップモデルです。
考えられたショルダーベルトやヒップベルトで、フィット感が高いのが特徴です。
大容量なので2泊程度なら、このリュックで対応できます。

こんな人におすすめ
フィット感が高く大容量のリュックをお探しの方に!
Amazon.co.jp おすすめ商品

トレッキング用リュックの重要ポイントまとめ

トレッキング用リュックの重要なポイントは以下の3つです。

  • 目的に合ったリュックの大きさが重要!
  • 身体へのフィット感をチェックしよう!
  • リュックの重量も持ち運びやすさのポイント!
登山用の靴 安いのに機能性バツグン!トレッキングシューズのおすすめ15選 登山をする男性 【おしゃれで機能的】登山用靴下おすすめ10選!夏冬の違いや優先順位も 1人暮らし向け防災グッズおすすめ 【これがあると安心】厳選!一人暮らし向け防災グッズ10選|非常食も
Amazon プライム対象