砂浜・ビーチで活躍!おしゃれなレジャーシートのおすすめ10選。大判、砂がつかない

ビーチシートとは、海水浴に最適化されたレジャーシートです。百均のレジャーシートでも代用できますが、濡れた体にシートが張り付いてしまい、快適とはいえません。より快適な海水浴を楽しむためには、ビーチシートを用意するのがおすすめです。しかしながら、ビーチシートは多種多様なので、どれを選ぶと良いのか迷う場合もあるでしょう。今回は、ビーチ・海水浴・川遊びや釣りなど水辺のアクティビティで、失敗しないビーチシートの選び方とおすすめのビーチシートをご紹介します。

おすすめのビーチシートでは、砂がつかないタイプや肌触りが良い布製、インスタ映えするデザイン、大人数や家族で使える大判タイプなど、おすすめのおしゃれなビーチシートを厳選しました。ぜひチェックして、より快適なビーチをお楽しみください。


BougeRV車載冷蔵庫を使ってみたレビュー・評価
アウトドアが快適!BougeRV(ボガヴ)ポータブル冷蔵庫28Lのレビュー・評価

兄弟でプールに来てはしゃぐ
ベランダでもお庭でも!子供用ビニールプールのおすすめ人気10選|屋根付き

夜のテント
【必需品】本当に買ってよかったキャンプ用品・キャンプギア30選!ソロ・ファミリー

砂浜・ビーチに持っていきたいレジャーシートとは

砂浜におすすめのレジャーシートとは

砂浜・ビーチ用レジャーシートとは、砂がつかないサンドプルーフや速乾性がすぐれているなど、水辺での使用に最適な機能を備えたレジャーシートです。百均のレジャーシートでも代用できますが、ぬれると砂が落ちにくく、汗をかいた体に張り付きます。

一方、ビーチシートは水辺での使用を想定しているため、百均のレジャーシートで感じるような不快感がありません。ビーチシートは、なら、夏の風物詩である水遊びを快適に楽しめます。ビーチシートは、海水浴や川の遊び、またはビーチや川での釣りなど、さまざまな水辺のアクティビティにおすすめです。

砂浜・ビーチ用レジャーシートの種類

砂浜・ビーチ用レジャーシートの主な3つの種類を解説します。

  • ビーチシート・ビーチマット
  • ビーチブランケット
  • ビーチタオル

ビーチシート・ビーチマット

ビーチマットとも呼ばれるビーチシートの見た目は、百均のレジャーシートとそれほど変わりません。しかし、ビーチでの機能性は、百均のレジャーシートよりもずっとすぐれています。

速乾性にすぐれているため長時間湿ったままにならず、砂を払いやすいのが長所です。素材には、主にポリエステルやナイロンが使用されています。素材の特性を活かして加工しやすく、安価でもおしゃれなアイテムが揃っているので、選びやすい点もメリットです。

ビーチブランケット

ビーチブランケットとは、主にビーチで使う肩掛けやひざ掛けとして使うものです。しかし、ビーチではシート代わりに使用されているシーンをよく見かけます。ビーチでの使用を想定しているため、速乾性にすぐれている点が特徴で、主にポリエステルやファブリック素材が使用されています。さわり心地が良いため、日焼けの際に寝転んでも快適です。

ビーチタオル

ビーチタオルは、吸水性にすぐれたビーチ用のバスタオルです。サイズは大判のものも多くシートとしても利用できますが、それでも基本的にはバスタオルであり、吸水性に重点を置いています。ビーチシートとして使用する際には、機能的に不足を感じることもあるでしょう。

ECサイトでは、一般的なバスタオルをビーチタオルと紹介しているケースがあるため、購入の際は注意が必要です。海水浴に必要な敷物を選ぶ場合は、ビーチシートやビーチブランケットを選ぶのが無難です。

あると便利なレジャーシートの機能・性能

あると便利なレジャーシートの機能・性能は、以下の3つです。

  • 座面に砂がつかないサンドプルーフ
  • ぬれてもすぐ乾く速乾性
  • 重石代わりになるサンドポケット

座面に砂がつかないサンドプルーフ

サンドプルーフとは、砂にくっつきにくく、くっついてもサッと払える機能です。シートに砂がつかないので、バッグや車内などを砂で汚すことなく収納や移動がスムーズに行えます。また、ビーチシートの中には、砂がシート面から通り抜けて後戻りしないタイプもあります。価格はやや高い傾向ですが、残った砂もシートに座ったまま手で叩くと、シートの表面からすばやく除けるので便利です。

ぬれてもすぐ乾く速乾性

速乾性が良いビーチシートは、濡れてもすぐに乾くためからだに張りつかず、砂がつかないメリットを備えています。ビーチシートで横になる際、寝返りを打った際、体を起こした際など、多くの場面で不快な感覚を抑えられます。また、水から上がってきたときに、濡れたビーチシートが体に触れるわずらわしさを抑えられる点もメリットです。

重石代わりになるサンドポケット

サンドポケットとは、ビーチシートの座面外に設けられた砂を入れるためのスペースです。砂を重石にできるサンドポケットがついていると、シートの上やからだが砂だらけになるのを抑えられます。海水浴では、ビーチシートが風で飛ばされないように、砂や手荷物などを重石にしませんか。しかし、シート上に散らばる砂が問題です。サンドポケットは、散らかる砂の不快な問題点を解決すると同時に、シートが風で飛ばされるのを防止します。

砂浜・ビーチ用レジャーシートの選び方

砂浜・ビーチ用のレジャーシートの選び方

砂浜・ビーチ用レジャーシートの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • シートやブランケットなどのタイプを目的に合わせて選ぶ
  • 砂がつかないサンドプルーフやサンドポケットなどの機能をチェックする
  • 使用する人数に合わせてサイズをチェックする

シートやブランケットなどのタイプを目的に合わせて選ぶ

一般的に、敷物として使用されるのがビーチシートであり、速乾性や砂がつかないサンドプルーフ機能などを備えています。一方、ビーチブランケットは、体を隠す・からだを風から守る・防寒・ビーチシートの代用など、多目的に使用できるのがメリットです。ビーチブランケットは、吸水性、防風性、防寒性などの高い特徴があります。

砂がつかないサンドプルーフやサンドポケットなどの機能をチェックする

砂の付着を防止する機能には、砂がつかないサンドプルーフのほかに、砂がビーチシートの生地を通り抜けて後戻りしない機能があります。生地を通り抜けるタイプは高価ですが、10年にも及ぶ耐久性があるため、コスパに欠けるとはいえません。また、サンドポケットがついていると、座面に重石の砂を乗せなくて良いため、細かい砂塵が飛散しないため、衛生的な状態を保ってお弁当を食べられます。

使用する人数に合わせてサイズをチェックする

シートのサイズ目安
ここでは、ビーチシートのサイズと推奨人数についてご紹介します。ビーチシートの広さは快適性と密接に関係するため、使用人数に見合った十分な広さを選ぶことが重要です。ブランドによってサイズや推奨人数の基準にはばらつきがあるため、目安として参考にしてください。また、ビーチシートは座るだけでなく、横になることも想定してサイズを選択するのがおすすめです。

▼ビーチシートのサイズと推奨人数の目安

  • 1人:60×90cm
  • 2人:90×120cm
  • 3人:90×130cm
  • 4~5人:180×180cm
  • 6~8人:180×240cm

砂浜・ビーチ用レジャーシートのおすすめ10選

砂浜・ビーチ用レジャーシートのおすすめ10選を紹介します。

Lagu(ラグ) ブランケット L

サイズ152×190cm
素材ポリエステル85%/麻15%
使用人数2人
注目の機能砂つかない・速乾・アレルギーフリー
評価・レビュー
砂のつきにくさ
(5.0)
速乾性
(5.0)
肌触りの良さ
(4.5)
ポイント
  • 敏感肌の人も使いやすいアレルギーフリーのリネン素材
  • 濡れていても砂がくっつきにくい
  • 速乾性が高いので濡れてもすぐフレッシュな肌触りに戻る

「Lagu(ラグ) ブランケット L」の特徴

ブランケットが濡れていても、砂が通り抜けるためくっつきにくいのがポイントです。少し残った砂も、広げて振るだけでサッと落とせます。速乾性がとても良いリネン素材を採用し、濡れてもすぐ快適な肌触りに回復するのも魅力です。

こんな人におすすめ
サラサラの肌触りと砂がつかないブランケットで、ビーチでの日焼けや海水浴を楽しみたい人におすすめです。

Kalawen 防水サンドプルーフ ビーチマット

サイズ300×274cm
素材リップストップナイロン
使用人数4~8人
注目の機能砂つかない・防水・速乾・砂アンカーポケット・グラウンドステーク
評価・レビュー
砂のつきにくさ
(4.5)
速乾性
(4.5)
肌触りの良さ
(3.5)
ポイント
  • 砂アンカーポケットがついているので、重石代わりの砂を座面に乗せなくても良い
  • 砂がつきにくく、シートを振るだけできれいになる
  • 家族や友達同士などのグループで使いやすい特大サイズ

「Kalawen 防水サンドプルーフ ビーチマット」の特徴

特大サイズのビーチマットで、大人4~8人にフィットします。マットを振るだけで砂が落ちるため、使用感が良く収納時も手間がかかりません。砂アンカーポケットがついているので、座面に重石の砂を置かなくて良い点もポイントです。

こんな人におすすめ
着座面に重石の砂を置かなくても、風で飛ばないビーチシートを選びたい人におすすめです。

Matador(マタドール)ポケットブランケット 3.0 MATL4001

サイズ160×110cm
素材ナイロン
使用人数2~4人
注目の機能撥水性・コンパクト収納・砂アンカーポケット
評価・レビュー
砂のつきにくさ
(3.5)
速乾性
(4.0)
肌触りの良さ
(3.5)
ポイント
  • 11×7.5cmサイズのコンパクトな収納性
  • ペグや砂アンカーポケットがついているので重石が不要
  • 風雨をしのぐブランケットとしても使用可能

「Matador(マタドール)ポケットブランケット 3.0 MATL4001」の特徴

広げると2〜4人が使用できるサイズ感なのに、収納時は11×7.5cmの小さなサイズで持ち運びができます。ビーチに限らず、キャンプ・レジャー・登山などでも気軽に持ち歩ける点が便利です。

こんな人におすすめ
ビーチをはじめ、さまざまなアウトドアを楽しむアクティブユーザーにおすすめです。

CGear Sand-Free(シーギア サンドフリー) オリジナル ミリタリーグレード構造 ビーチ RV

サイズ365×365cm
素材ニットポリエチレン
使用人数14人まで
注目の機能砂つかない・固定用Dリングつき・2層構造
評価・レビュー
砂のつきにくさ
(5.0)
速乾性
(5.0)
肌触りの良さ
(4.0)
ポイント
  • 軍用グレードのミリタリー素材を使用
  • 砂が抜けやすく後戻りしないから座面が常にきれい
  • 10年使用できるほどすぐれた耐久性

「CGEAR オリジナル ミリタリーグレード構造 ビーチ RV」の特徴

特殊な編み込みのメッシュ仕様で砂がザルのように抜け、二重構造により後戻りしません。ヘリコプターが砂漠に着地する際の砂の巻き上げ防止に開発された素材で、耐久性は10年使用できるほどの最高レベルです。日本でも注目されているブランドであり、日本では「スナテックス」の名で展開されています。

こんな人におすすめ
大家族・複数の家族・グループ・自治体のイベントなど、大人数での使用におすすめです。

CGear Sand-Free(シーギア サンドフリー)RV 快適マット

サイズ335×244cm
素材ナイロン
使用人数8人
注目の機能砂つかない・速乾
評価・レビュー
砂のつきにくさ
(5.0)
速乾性
(5.0)
肌触りの良さ
(4.0)
ポイント
  • 特許技術である高密度レイヤーの織り込みで抜け落ちた砂が後戻りしない
  • ソファのように柔らかい素材の二層織りで快適な使用感を実現
  • 軍用グレードの素材は速乾性が高く、防汚・耐水・カビ・紫外線に強い耐性がある

「CGear Sand-Free(シーギア サンドフリー)RV 快適マット」の特徴

砂がシート面を通り抜けて後戻りしません。濡れて固まった砂が少し残った場合も、乾いてからシートを敷いたまま手で軽く叩くと砂が通り抜けます。濡れた体に砂がついたまま使用しても、シート面には砂が残らないので快適です。

こんな人におすすめ
砂汚れを気にせずビーチを楽しみたい人におすすめです。

ENIGMATA(エニグマタ)レジャーシート

サイズ200×200cm
素材アクリル
使用人数6~8人
注目の機能防水防熱機能
評価・レビュー
砂のつきにくさ
(3.5)
速乾性
(4.0)
肌触りの良さ
(4.0)
ポイント
  • 三層構造で肌触りと座り心地が良い使用感
  • 厚みがあるのでお尻が痛くなりにくい
  • ビーチ・テント・レジャーなど幅広い用途で使用できる

「ENIGMATA(エニグマタ)レジャーシート」の特徴

ソフトな手触りのアクリル素材・やわらかいスポンジ素材・防水断熱性にすぐれたPEVA素材の三層構造で、肌心地と座り心地の快適さを両立しています。インドアでもアウトドアでも使いやすいのが魅力です。

こんな人におすすめ
運動会・キャンプ・ビーチ・レジャーなど、アウトドアのイベントが多いファミリーにおすすめです。

ラウンド ビーチタオル

サイズ150×150cm
素材ポリエステル
使用人数2人
注目の機能吸水速乾
評価・レビュー
砂のつきにくさ
(4.0)
速乾性
(4.5)
肌触りの良さ
(5.0)
ポイント
  • ビーチタオル・ブランケット・肩掛け・ひざ掛けなどマルチに使える
  • やわらかなタオル生地なので手触りが良い
  • タオル生地だかから吸水速乾性にすぐれている

「ラウンド ビーチタオル」の特徴

タオル生地の特性を活かした、ビーチで使用できるタオルです。やわらかな手触りが心地よく、ビーチシート・ビーチタオル・ビーチブランケットなどマルチに使えます。

こんな人におすすめ
やわらかな素材なので、海水浴をはじめ、子供と一緒のアウトドアやインドアのイベントにおすすめです。

Gyoroctea 特大ビーチマット

サイズ210×200cm
素材リップストップ210Tポリエステル
使用人数4~7人
注目の機能砂つかない・防水・速乾・防風性保護機能
評価・レビュー
砂のつきにくさ
(4.5)
速乾性
(4.5)
肌触りの良さ
(3.5)
ポイント
  • 防水サンドプルーフ機能により、払うだけで砂が落ちる
  • 防水機能により、水滴が吸収されずマットから落ちる
  • 収納ポーチ・Dリング・6本のペグが付属している

「Gyoroctea 特大ビーチマット」の特徴

防水サンドプルーフ機能により、砂や水滴が払うだけでサッと落ちます。6本のペグがマットを固定し、風が吹いても飛ばされない防風性能を保護するのも特徴です。

こんな人におすすめ
サンドプルーフ機能を備えた、収納性が良いビーチマットを選びたい人におすすめです。

Sunlit ビーチブランケット

サイズ269×183cm
素材
使用人数6人
注目の機能
評価・レビュー
砂のつきにくさ
(3.0)
速乾性
(3.0)
肌触りの良さ
(3.0)
ポイント
  • 写真映えするおしゃれなデザイン
  • 約725gの軽い作りで持ち運びやすい
  • 4ヶ所のサンドポケットつきで風に飛ばされにくい

「Sunlit ビーチブランケット」の特徴

夏に似合うトロピカルなデザインが、海水浴での使用にピッタリです。クールでおしゃれなグラフィックにより、自撮りもグループ撮影も写真映えします。

こんな人におすすめ
写真映えするデザインは、YouTube・インスタグラム・Twitterなどで、夏の風物詩をお届けしたい人におすすめです。

Hiwoss ビーチブランケット

サイズ180×152cm
素材ファブリック
使用人数1~2人
注目の機能防水性・速乾性
評価・レビュー
砂のつきにくさ
(3.5)
速乾性
(4.0)
肌触りの良さ
(4.0)
ポイント
  • 水彩画のようなやわらかいデザインがおしゃれ
  • サンドポケットつきなので、アンカーやペグがなくても固定できる
  • 付属のメッシュバッグでコンパクトに持ち運べる

「Hiwoss ビーチブランケット」の特徴

サンドポケットがつきだから、ペグが効かないビーチでも固定できるので便利です。水彩画のような明るくてやわらかいデザインが、ビーチでの自撮りをカラフルに演出します。

こんな人におすすめ
海水浴のシーンをおしゃれに演出し、SNSで見栄えがする写真や映像を残したい人におすすめです。

砂浜・ビーチ用レジャーシートの重要ポイントまとめ

砂浜・ビーチ用レジャーシートの重要なポイントは以下の3つです。

  • サンドプルーフは、シートやからだに砂がつかない機能
  • ビーチでは速乾性が良いのも選ぶ際に押さえておきたいポイント
  • 人数に合わせてサイズを選ぶと、スペースを確保できて快適に使用できる


BougeRV車載冷蔵庫を使ってみたレビュー・評価
アウトドアが快適!BougeRV(ボガヴ)ポータブル冷蔵庫28Lのレビュー・評価

兄弟でプールに来てはしゃぐ
ベランダでもお庭でも!子供用ビニールプールのおすすめ人気10選|屋根付き

夜のテント
【必需品】本当に買ってよかったキャンプ用品・キャンプギア30選!ソロ・ファミリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です