2022年規制変更?200g以下ドローンのおすすめ10選と100g以下5選

白のドローンとカラフルなライト

大人の空撮から子どもの遊びにまで幅広く使えるカメラ付きドローンを200g以下と100g以下に分けてご紹介します。高画質カメラに加え、3軸ジンバルで公園などの屋外でも抜群の安定飛行ができるDJI社の高性能モデル。バッテリー残量がなくなったり不具合が起こったりしたときに自動帰還するリターンモード(RTH)のある数多くの機種。他にもWi-Fi搭載でスマホでの直感的な操作ができたりプロペラガードなど後付け機器が多いモデルなど多くの人気商品を取り上げます。

合わせて2022年の法改正に伴う都内や私有地でのドローン使用に関する疑問にもお答えしまのでどうぞご参考にしてください。

海の下の水中ドローン 【最新】水中ドローンおすすめ4選!!資格・許可は必要? トイドローンのランキング 子供のプレゼントにも!トイドローンのおすすめ人気ランキング10選 おすすめのドローン 入門モデルも!ドローンのおすすめ最強8選!高画質、小型、初心者向けなど

2022年改正の航空法規制について

2022年6月に施行される航空法の法改正によって、ドローンの使用に新たな規制がかかるようになりました

これまでは200g以上とされていたドローンの国交省への登録申請義務が、6月からは100g以上に引き下げられます。この法改正は基本的にトイドローン以外のほぼすべてのドローンを規制するものだと言えるでしょう。

登録費用は一機900円で、申請が通れば国交省からID(登録記号)が発行されます。
100g以上のドローンの申請を怠っていることが発覚すれば、50万円以下の罰金か1年以下の懲役となります

面倒なトラブルを避けるためにも、今後は使用前にドローンの重量を正確に測った上で申請の判断をした方が良いでしょう

200g以下ドローンのメリット

屋内で飛ばすトイドローン
200g以下のドローンのメリットは、以下の3つです。

  • カメラ付きモデルでは空撮で解放感が得られる
  • 自動帰還モードなど多くの機能で楽しめる
  • 気軽に楽しめる

カメラ付きモデルでは空撮で爽快感が得られる

200g以下や100g以下の小型ドローンでも多くは高画質カメラを搭載しています

高価なモデルでは操縦可能距離が100mほどのものもあり、空撮映像をライブで見れば鳥のような爽快感を感じられるでしょう。また、はるか上空からの風景撮影や自撮りをする目的でドローンを使用するカメラ愛好家の方も数多くいます。

観光名所では規制がかかるようになりましたが、空撮にぴったりな自然の絶景スポットはまだまだ残されているはずです。

自動帰還モードなど多くの機能で楽しめる

安価な小型ドローンでも最近は自動帰還モードなど多くの機能で楽しめるようになりました

Wi-Fi搭載機ではスマホとの連携で、スマホ画面をなぞった通りに動く軌跡飛行モードが大人気。GPS搭載機では操縦者の後を自動で追う「フォローミー」機能が人気を集めています。100g以下の小型ドローンでも、操縦者の周りをグルグル回るホバリングモードなど遊んで楽しい機能が多くあります。

空撮だけではなく、シンプルに遊びたいと思われる方にも小型ドローンはおすすめです。

気軽に楽しめる

200g以下のドローンは非常に小型のものが多いです。普段使わないときでも、収納しやすく扱いやすいです。また、手入れもしやすいので、初心者でも購入しやすいでしょう

価格も1万円程度からラインナップがあるので、気軽に飛ばして遊べます。小さいモデルは手のひらサイズなので、家の中で飛ばして遊ぶことも可能です

200g以下ドローンのデメリット

風の影響を受けやすい

200g以下のドローンは軽量なため屋外では風の影響を受けやすく、少しの風でも傾いて飛行不能になることがあります。風に強いドローンは高額になってしまいます。

高度を上げると風の影響を受けやすくなるので、あまり高度をあげられないです。
映画やテレビで見るような空撮映像を撮りたいならある程度スペックの高いものを購入したほうがいいでしょう。

カメラ搭載型は画質が悪い

200g以下のドローンでカメラ搭載のモデルは、画質が悪いものが多いです。軽量化のため、重い高画質なカメラを搭載することができないので、画質が悪くなっています。

200g以下のドローンで高画質な映像を撮影したいなら、カメラを後付けできるタイプのドローンを選択しましょう

都内や大阪など都市部ではどこで飛ばせる?

東京タワーと景色
都内や大阪など都市部では、ドローンはどこで飛ばせるのだろうと思う方も少なくないでしょう。残念ながら、東京・大阪の街中ではほとんどの場所が禁止エリアになっています
東京23区では公園や河川敷でも人口密集地や自治体の管轄区域に当たることが多く飛行は困難です。

また私有地でもほとんど関係なく公共の場と同じ程度の航空規制がかかります。
そのため東京・大阪ではドローンの飛行許可エリアはほとんど山間部に限られるのが現実。この二都市に限らず現在は日本のほとんどの都市部でドローンの飛行は難しくなっています。

ただ「SORAPASS」などドローンの飛行禁止区域を細かく調べられるアプリがあり、丹念に探せば都会でもどこか飛ばせる場所が見つかるかもしれません

200g以下のドローンのおすすめメーカー一覧

DJIの白と赤のドローン
200g以下のドローンのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • DJI(ディージェーアイ)
  • Holy Stone(ホーリーストーン)
  • G Force(ジーフォース)

DJI(ディージェーアイ)

DJIは2006年創業、中国に本社を置くドローンを開発した国際ブランドです。

カメラのジンバルなどでも人気を集めていて、多くのドローンにもそのブレの少ない安定的な撮影性能が生かされています
DJI MINI 2など200g以下の小型機でも多くは3万円から5万円の高価格帯になります。しかし機能や性能はそれに見合ったもので、一番の強みは長ければ5㎞を超える伝送距離にあると言えるでしょう。

屋外で天候に左右されず安定的に飛べて空撮性能も高いモデルをお探しの方にDJIはおすすめのメーカーです。

Holy Stone(ホーリーストーン)

Holy Stoneも中国に本社を置く2014年に創業されたドローンの国際ブランドです。

AmazonなどECサイトの販売で世界トップクラスの実績を持ち、主にトイドローンの開発に力を注いでいます。ここでも紹介した手のひらサイズの子ども向け屋内用トイドローンが日本でも大人気

お子さんなどドローンでひたすら遊びたいという初心者の方にHoly Stoneはおすすめのメーカーです。

G Force(ジーフォース)

G Forceは2013年日本で創業されたラジコンメーカーです。ドローンの他にもラジコンヘリやラジコンカーなどの開発に当たっています。

G ForceのドローンはDJI社などのハイエンドモデルの半分以下の価格で、性能や機能もまずますといったコスパの高さが特徴。日本の古き良きラジコンを思わせるミリタリーテイストな外観も海外製品とはちがった魅力を放っています。

トイドローンと本格的なドローンの中間ぐらいが欲しい方に、G Forceはおすすめのメーカーです。

200g以下ドローンの選び方

DJIのカメラ付きドローン

価格

200g以下のドローンは1万円程度から5万円以上まで価格帯は幅広いです。
本格的に何か目的があって撮影するなら、スペックの高いものをおすすめします。しかし、お試しで軽く遊んでみたいなら安価なものをおすすめします。

小型といっても高く飛行できるので、落下した際は壊れる可能性が高いです。初心者は安価でコスパのいいものを選びましょう

カメラ

200g以下のドローンは軽量化のため、カメラの画質が良くないものが多いです。画質にこだわりたいなら、フルHDや4K撮影に対応したものを選びましょう

また、GoProなどを搭載できるドローンもあるので、カメラの後付けも検討してみましょう。リアルタイムで映像を見ながら飛ばせるFPV機能もあるとより楽しめます。ジンバル付きのドローンはカメラのブレが少ないですが、200g以下のドローンにはジンバル付きモデルは少ないです。

機能

200g以下のドローンにもさまざまな機能が搭載されています。

ドローンを安定して飛行させる高度維持機能や飛ばした場所に自動で戻ってくるリターン機能などもあります。プロペラを落下などの衝撃から守ってくれる「プロペラガード」も用意されているか確認しましょう。自分のレベルに合わせて欲しい機能を選んでみましょう

200g以下のドローンのおすすめ10選

おすすめの200g以下のドローンを紹介します。

DJI MINI 2 Fly More コンボ ドローン CP.MA.00000310.01

最初に紹介するおすすめの200g以下のドローンは、「DJI MINI 2 Fly More コンボ ドローン CP.MA.00000310.01」です。

サイズ・重さ140×81×57 mm・199g
カメラの画質12MP/4K/30fps
操縦可能距離3㎞上空まで操作可能・6km(動画伝送距離)
自動帰還機能あり
連続飛行時間18分
評価・レビュー
操作性
(5.0)
コスパ
(4.5)
多機能性
(5.0)
ポイント
  • 全長14㎝でリンゴより軽い200g以下のボディながら、3軸ジンバルで最大風速38㎞の屋外で3㎞上空まで飛行可能
  • カメラの動画解像度は4k/30fps、電波干渉に強く6㎞までのHD動画転送ができるなど撮影性能が高い
  • ドローンの自動帰還(RTH)が可能、ドローニー・サークル・ブーメランなど自動撮影機能も豊富

「DJI MINI 2 Fly More コンボ ドローン CP.MA.00000310.01」の特徴

ドローンを開発したDJI社による小型ボディでタフな飛行性能と豊富なインテリジェント機能をあわせもつ高価なモデルです。

クリエイティブな編集テンプレートなどがある「DJI Flyアプリ」を使えばなお楽しめるでしょう。

こんな人におすすめ

小型軽量ドローンでも5万円を超える高価格に見合った飛行性能や自動操作機能があるモデルをお探しの方におすすめします。

DJI Mavic Mini コンボ ドローン CP.MA.00000128.01

次に紹介するおすすめの200g以下のドローンは、「DJI Mavic Mini コンボ ドローン CP.MA.00000128.01」です。

サイズ・重さ160x202x55 mm・199g
カメラの画質12MP/2.7K
操縦可能距離3㎞上空まで操作可能・2km(動画転送距離)
自動帰還機能あり
連続飛行時間18分(3つのバッテリーで54分)
評価・レビュー
操作性
(5.0)
コスパ
(5.0)
多機能性
(5.0)
ポイント
  • 200g以下の重さの小型機ながらDJI社の強力な3軸ジンバルでブレずに2.7kの高画質動画が撮影可能
  • 低速で精確な飛行操作が可能な「CineSmoothモード」など機能性も豊富、現在Amazonで4万円を切る安さ
  • 後付けアクセサリーとしてプロペラガードや予備のプロペラ、1100mAhの予備バッテリーが2個など同梱物が豊富

「DJI Mavic Mini コンボ ドローン CP.MA.00000128.01」の特徴

DJI社による高性能かつ多機能で、キャリーケースなど同梱物の多さも目を引く現在「Amazon’s Choice」に選ばれた人気モデル。

2Way充電ハブは付属の2つのバッテリーはもちろん、外部デバイスの充電器にもなるのが嬉しいところ。

こんな人におすすめ

5万円以下の価格帯でフルHD以上の高画質撮影や自動帰還などの便利な機能も豊富な高コスパ品をお探しの方におすすめします。

Holy Stone ドローン 2Kカメラ付き gps搭載 HS120D

次に紹介するおすすめの200g以下のドローンは、「Holy Stone ドローン 2Kカメラ付き gps搭載 HS120D」です。

サイズ・重さ270 x 270 x 120 mm・198g
カメラの画質2K(フルHD)
操縦可能距離300m・画像伝送可能距離:150m
自動帰還機能あり
連続飛行時間32分
評価・レビュー
操作性
(4.5)
コスパ
(5.0)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • 連続飛行時間が約30分の超スタミナ設計で予備バッテリーが2個同梱、現在Amazonで2万円を切る安さ
  • バッテリー残量が不足したり何らかの不具合が起こったときに離陸地点に戻る自動帰還・リターンホーム機能あり
  • GPS搭載によりアプリでドローンの現在位置を確認可能、操縦者のあとを自動で追うフォローミー機能も人気

「Holy Stone ドローン 2Kカメラ付き gps搭載 HS120D」の特徴

トイドローンの国際ブランド「Holly Stone」による一個のバッテリーで最大飛行時間が30分を超える持久力が売りのモデル。

GPS搭載でオートリターンや飛行ルート設定などの機能性が豊富な点も人気を集めています。

ただ操作距離が300m、操作高度が120mとリモート範囲が少し狭いのが残念なところ。

こんな人におすすめ

2万円を切る価格帯の中、バッテリー持ちがよく、オートマティックな操作性能が豊富なモデルをお探しの方におすすめします。

Holy Stone ドローン GPS搭載 折り畳み式 4Kカメラ付き HS175

次に紹介するおすすめの200g以下のドローンは、「Holy Stone ドローン GPS搭載 折り畳み式 4Kカメラ付き HS175」です。

サイズ・重さ折りたたみ時:145×90×60mm 展開時:360×300×70mm・200g未満
カメラの画質4096×3072p(SD側)/4K HD・FHD 1080p
操縦可能距離非公開・Wi-Fiリアルタイム距離:50m
自動帰還機能あり
連続飛行時間22分(3個で約60分)
評価・レビュー
操作性
(4.5)
コスパ
(5.0)
多機能性
(5.0)
ポイント
  • カメラは4kの高解像度の上に90度までアングル調整が可能で収納ケース付き、現在Amazonで2万円を切る安さ
  • 連続飛行時間は22分、付属の予備バッテリーを含む3つのバッテリーで約1時間以上の連続フライトが楽しめる
  • GPS搭載により自動帰還や飛行プラン通りに動くウェイポイントモード、またホバリングモードも可能

「Holy Stone ドローン GPS搭載 折り畳み式 4Kカメラ付き HS175」の特徴

Holy Stoneによる高画質でGPSや安定飛行のオプティカルフローポジショニングシステムなども搭載した多機能な高コスパ品です。

実際は200g以上の重さだとのユーザーの指摘もありますが現在ではどちらでも変わりはありません。

2022年の法改正で100g以上の機体が規制対象になるので誤差に関わらず本機の購入者には申請が必要になります。

こんな人におすすめ

2万円を切る価格帯で、4Kの高画質カメラがありGPSを駆使した自律的な機能性が豊かなモデルをお探しの方におすすめします。

Holy Stone ドローン GPS搭載 HS110G

次に紹介するおすすめの200g以下のドローンは、「Holy Stone ドローン GPS搭載 HS110G」です。

サイズ・重さ33 x 33 x 9 cm・182g
カメラの画質1080P 110°FOV HDカメラ
操縦可能距離非公開・Wifi有効範囲:150m
自動帰還機能あり
連続飛行時間25分
評価・レビュー
操作性
(4.5)
コスパ
(5.0)
多機能性
(5.0)
ポイント
  • 110度の広角アングルも可能なフルHDカメラつきでGPS搭載の多機能モデル、現在Amazonで17,000円を切る安さ
  • スマホアプリとの連携で録音機能もあり、「低電圧モード」など自動帰還機能には3つのリターンモードあり
  • GPS搭載によりドローンが迷子になった場合、スマホアプリの地図上から最後の信号場所を特定できる

「Holy Stone ドローン GPS搭載 HS110G」の特徴

真っ黒なボディクールな外観も光る、GPS搭載によりスマホとの高度な連携機能が充実した高コスパ品。

スマホで特定の人物や物を特定したらドローンがそれを追いかけるアクティブトラックなど、遊んで楽しい機能も満載です。

こんな人におすすめ

2万円を切る価格帯の中、ミリタリー系の外観でスマホを通じたハイテク性能が豊かなモデルをお探しの方におすすめします。

ジーフォース(G-Force)スカイハイ GB030

次に紹介するおすすめの200g以下のドローンは、「ジーフォース(G-Force)スカイハイ GB030」です。

サイズ・重さ18 x 21.8 x 5.8 cm・185g
カメラの画質静止画:4K/動画:2k
操縦可能距離100m
自動帰還機能なし
連続飛行時間18分
評価・レビュー
操作性
(3.5)
コスパ
(4.0)
多機能性
(3.5)
ポイント
  • 静止画は800万画素の4k、動画はフルHDの高画質カメラを搭載、送信機から90度までカメラアングルが調整可能
  • デュアルカメラ搭載で、スマホアプリを通じて機体前部と機体底部のカメラを切り替えられる
  • ワイヤレスのWi-Fi機能があり、スマホから空撮映像のライブビュー視聴が可能、プロペラガードも同梱

「ジーフォース(G-Force)スカイハイ GB030」の特徴

2つのカメラの切り替え操作ができるなど空撮性能の高い、真四角に収納出来て持ち運びにも便利なモデルです。

安定飛行のオプティカルフローポジショニング性能があり屋外でも利用可能。

しかし操作性が悪く自動帰還モードがないため外での飛行には危険が伴うとのユーザーの声もあるのでご注意ください。

こんな人におすすめ

低価格帯の中、低空やせまい範囲でカメラ撮影やライブビューなどの空撮飛行を楽しみたいという方におすすめです。

G-FORCE ジーフォース INGRESS BEYOND(イングレス・ビヨンド) GB170

次に紹介するおすすめの200g以下のドローンは、「G-FORCE ジーフォース INGRESS BEYOND(イングレス・ビヨンド) GB170」です。

サイズ・重さ全長:174mm 全幅:164mm 全高:54mm ローター全長:58mm・196g
カメラの画質1080pフルHDカメラ
操縦可能距離最長およそ300m(Wi-Fi 100m)
自動帰還機能あり
連続飛行時間13分
評価・レビュー
操作性
(4.5)
コスパ
(4.0)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • 出力と効率が共に高いブラシレスモーターを4基搭載で、屋外飛行でも安定性があるとのユーザーの声が多数あり
  • 高度や座標を自動的に制御できるGPS搭載により、ホバリングや自動帰還や自動追尾など機能も豊富
  • フルHDカメラは120度広角アングルに対応、スマホでのライブビュー視聴が可能で、機体底部にもカメラあり

「G-FORCE ジーフォース INGRESS BEYOND(イングレス・ビヨンド) GB170」の特徴

GPS搭載により屋外での機能性の充実と共に、機体底部のビジョンセンサーで屋内での安定飛行も可能にする便利なモデルです。

ただ連続飛行時間が13分と少し短めなのが残念なところ。

こんな人におすすめ

屋外での安定飛行に加え屋内でも操作性が高く、フォローミーなど機能性も豊富なモデルをお探しの方におすすめします。

DEERC ドローン 200g未満 初心者 FPVリアルタイム JP-D50(赤)

次に紹介するおすすめの200g以下のドローンは、「DEERC ドローン 200g未満 初心者 FPVリアルタイム JP-D50(赤)」です。

サイズ・重さ316 x 316 x 108mm・178g
カメラの画質HD 2048x1152p
操縦可能距離非公開・Wi-Fiのリアルタイム距離:約50m
自動帰還機能なし
連続飛行時間12分
評価・レビュー
操作性
(4.5)
コスパ
(5.0)
多機能性
(4.0)
ポイント
  • 連続飛行時間は12分ながら、低空操作において多くのユーザーから絶賛の声も上がる現在Amazonで8,000円の高コスパ品
  • ワンキー起動ボタンや高度維持、機体の向きを自動調整するヘッドレスモードなど便利な機能も満載
  • フルHDの90度アングル調整が可能な120度の広角カメラ搭載、スマホ画面を通してFPVライブビュー視聴も可能

「DEERC ドローン 200g未満 初心者 FPVリアルタイム JP-D50(赤)」の特徴

ワインレッドのおしゃれな機体も光る、速度モードが4段階あるなど屋外の飛行性能に定評があるコスパの高いモデルです。

一瞬で360度回転する「3Dフリップ」やスマホでの「ジェスチャー撮影」など遊び機能もたっぷりあります。

こんな人におすすめ

最安値の価格帯の中、目立つデザインで確かな飛行性能があり遊び心にあふれる機能も豊富なモデルをお探しの方におすすめします。

Tomzon ドローン カメラ付き 1080P D28JP (ブラック)

次に紹介するおすすめの200g以下のドローンは、「Tomzon ドローン カメラ付き 1080P D28JP (ブラック)」です。

サイズ・重さ27×27×11cm・132g
カメラの画質1080P(写真)/720P(動画)
操縦可能距離100m・Wi-Fiリアルタイム距離:約50m
自動帰還機能なし
連続飛行時間12分・バッテリー2個:20-24分間
評価・レビュー
操作性
(4.0)
コスパ
(5.0)
多機能性
(4.0)
ポイント
  • ジョイスティックが2つある送信機で直感的な操縦ができることが好評、現在Amazonで8,000円を切る安さ
  • スマホ画面にライブビューを流すFPV撮影が可能、2個のバッテリーで20分以上使えて1080pの静止画撮影に対応
  • ワンキー離陸・ヘッドレスモード・バッテリー切れのブザーお知らせなど、初心者に優しい機能が満載

「Tomzon ドローン カメラ付き 1080P D28JP (ブラック)」の特徴

安定した飛行性能に加え、3段階のスピード設定・高度維持・トラッキングフライトモードなど機能性も豊富な高コスパ品です。

ただカメラアングルは手動での切り替え、また動画は720PのHD画質である点などが残念なところ。

こんな人におすすめ

最安値の価格帯の中、快適なジョイスティック操作で屋外の低空域で遊ぶのに最適な機能が多くあるモデルをお探しの方におすすめします。

4DRC ドローン1080P HDカメラ 4D-V4

次に紹介するおすすめの200g以下のドローンは、「4DRC ドローン1080P HDカメラ 4D-V4」です。

サイズ・重さ22.2x 16.9 x 3.8 cm・124g
カメラの画質HD:1920×1080P
操縦可能距離100-120m
自動帰還機能なし
連続飛行時間14-17分
評価・レビュー
操作性
(4.0)
コスパ
(5.0)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • 1080pのフルHD高画質カメラ搭載で動画と写真のキャプチャが可能、現在Amazonで8,000円を切る安さ
  • 収納ケース付きの折りたたみ式、1つで連続17分の飛行が可能なバッテリーが3つあることで約50分遊べる
  • ヘッドレスモードなのでどの方向にも即座に進み直感的な操作が可能、スマホアプリとの豊富な連携機能もあり

「4DRC ドローン1080P HDカメラ 4D-V4」の特徴

低価格の小型機でありながら、Wi-Fi搭載でFPVのリアルタイム視聴やジェスチャー操作など機能性も豊かな高コスパ品です。

別売りのVRグラスをかけて「3Dビューモード」を使えば、FPVがよりリアルな飛行体験になる点も見逃せません。

こんな人におすすめ

最安値の価格帯の中、初心者に嬉しいシンプルな操作性能と遊び心にあふれる機能性のあるモデルをお探しの方におすすめします。

※規制なし※100g以下のドローンのおすすめ5選

おすすめの100g以下のドローンを紹介します。

ジーフォース Leggero (レジェーロ) Orange フォルダブルドローン GB181

最初に紹介するおすすめの100g以下のドローンは、「ジーフォース Leggero (レジェーロ) Orange フォルダブルドローン GB181」です。

サイズ・重さ全長:102mm 全幅:136mm 全高:64mm・60 g
カメラの画質写真解像度:3840×2160 (JPG形式)/動画解像度:1920×1080 (MP4形式)
操縦可能距離30m・Wi-Fi電波到達距離:約20m
自動帰還機能あり
連続飛行時間10分
評価・レビュー
操作性
(3.5)
コスパ
(5.0)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • わずか60gのトイドローンでWi-Fi搭載で自動帰還モードなどハイテク機能が満載、現在Amazonで9,000円を割る安さ
  • 屋内飛行を安定させるビジョンセンサーがあり、「オプティカルフローポジショニングシステム」を搭載
  • 付属のバッグには本体と共に送信機も収納可能、ジョイスティックのある送信は2つの操縦モードを選べる

「ジーフォース Leggero (レジェーロ) Orange フォルダブルドローン GB181」の特徴

オレンジの小型ボディがかわいい軽量トイドローンで、屋内の飛行でさまざまな性能・機能を発揮する高コスパ品です。

輝度が高いLEDヘッドライトがあるので夜間使用にも最適、リアルタイムのFPV視聴もできます。

こんな人におすすめ

法規制のない屋内向きの小型機の中、自動帰還モード搭載で屋外使用でも安心して遊べるモデルをお探しの方におすすめします。

DJI Ryze トイドローン Tello Powered by DJI CP.PT.00000208.01

次に紹介するおすすめの100g以下のドローンは、「DJI Ryze トイドローン Tello Powered by DJI CP.PT.00000208.01」です。

サイズ・重さ9.2 x 9.8 x 4.1 cm・81g
カメラの画質5MP (2592×1936)/HD720P 30fps
操縦可能距離100m
自動帰還機能なし
連続飛行時間13分
評価・レビュー
操作性
(4.5)
コスパ
(5.0)
多機能性
(5.0)
ポイント
  • 手から本機を投げるだけで飛ぶ「Throw&Go」やプロレベルの動画を自動的に撮る「EZモード」など新機能が豊富
  • ジンバル軸の有無は不明ながら、電子式映像ブレ補正技術「EIS」搭載でブレの少ない安定した撮影が可能
  • Wi-Fi搭載でスマホとの相性が良く、スワイプすると瞬時に宙返りする「8Dフリップ」など遊び機能も満載

「DJI Ryze トイドローン Tello Powered by DJI CP.PT.00000208.01」の特徴

ドローン開発の「DJI」社によるIntelの映像プロセッサによる高い撮影性能やクリエイティブな機能が豊富な高コスパ品です。

バッテリー残量の警告を発したり接続不良時には自動的に着陸したりするなど「フェールセーフ保護機能」も要注目。

ただ最大飛行距離は100mで動画解像度は720pのHD画質などトイドローンらしい面もあります。

こんな人におすすめ

法規制のないトイドローンの中でも、屋外での安定飛行に強みがあり、遊び機能も豊富なモデルをお探しの方におすすめします。

Holy Stone ドローン カメラ付き 折り畳み式 HS160

次に紹介するおすすめの100g以下のドローンは、「Holy Stone ドローン カメラ付き 折り畳み式 HS160」です。

サイズ・重さ収納サイズ:140×68×30mm 展開サイズ:185×155×30mm・83.5g
カメラの画質HD:720p
操縦可能距離50m
自動帰還機能なし
連続飛行時間15分
評価・レビュー
操作性
(4.0)
コスパ
(4.5)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • 送信機に加えスマホのタッチ操作でも制御可能、ヘッドレストモードがあるので初心者でも操作しやすい
  • 初心者にも簡単にできる高度維持・ホバリングモードもあり、Wi-Fi搭載でFPV視聴が出来てVRにも対応
  • 飛行スピードもスマホから4段階の調整が可能、スマホはiPhone・Androidの両機種に対応

「Holy Stone ドローン カメラ付き 折り畳み式 HS160」の特徴

送信機にスマホホルダーがあるほどスマホとの連携機能をメインにした自撮りや遊びに最適なモデルです。

スマホのタッチ操作に加えスマホを傾けることでもドローンをシンクさせられるので直感的な操作が大いに楽しめます。

こんな人におすすめ

女性など操縦が苦手な初心者の方でスマホを通して分かりやすい操作ができるモデルをお探しの方におすすめします。

DBPOWER ドローン カメラ付き DC014

次に紹介するおすすめの100g以下のドローンは、「DBPOWER ドローン カメラ付き DC014」です。

サイズ・重さ梱包:24.4 x 20.6 x 8 cm・89g
カメラの画質フルHD:1920×1080
操縦可能距離最大50-60m
自動帰還機能なし
連続飛行時間15分
評価・レビュー
操作性
(4.0)
コスパ
(4.5)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • 動画と静止画両方に対応したフルHD画質のカメラ搭載、Wi-Fi搭載でスマホにライブ映像を送信できる
  • ホバリングやヘッドレスモードなど初心者に嬉しい機能があり、スピードは3段階で調整可能
  • 最大で15分の飛行が可能なバッテリーが2つ同梱、LEDライト搭載で夜間での使用にも便利

「DBPOWER ドローン カメラ付き DC014」の特徴

ワインレッドのおしゃれなボディはABS素材のタフ設計、120度アングル調整できるなどカメラ撮影性能も抜群のモデルです。

送信機にスマホホルダーがあり、スマホの傾きやスマホ画面のワイプでもドローンを操作できるのも嬉しいところ。

こんな人におすすめ

スマホでの直感的な操作や遊び機能が豊富な機種の中、おしゃれで頑丈なモデルをお探しの方におすすめします。

Holy Stone ドローン 小型 100g未満 こども向け HS420

次に紹介するおすすめの100g以下のドローンは、「Holy Stone ドローン 小型 100g未満 こども向け HS420」です。

サイズ・重さ8 x 9 x 3.4 cm・31g
カメラの画質HD:720p
操縦可能距離非公開
自動帰還機能なし
連続飛行時間6分・バッテリー3個で18分
評価・レビュー
操作性
(4.0)
コスパ
(5.0)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • 障害物を検知して止まる緊急停止機能に加え、プロペラ全体を覆う全保護プロペラガードなど安全機能が抜群
  • 本機を投げると飛び立つ「手投げテイクオフモード」やヘッドレスモードなど、初心者向きのシンプルな操作性
  • 一瞬で宙返りする「3Dフリップ」やスマホ画面のワイプ通りに動く「軌跡飛行モード」など遊び機能も豊富

「Holy Stone ドローン 小型 100g未満 こども向け HS420」の特徴

オレンジの機体に丸い全保護プロペラガードもおしゃれ、子ども使いに最適な現在「Amazon’s Choice」の人気モデル。

10秒間、機体自体が回る高速旋回や一定範囲でグルグル回るホバリングモードなどお子さんが喜ぶ機能が満載です。

こんな人におすすめ

遊び盛りのお子さんがいるご家庭の方で、外観が可愛く安全第一設計で遊び機能が豊富なモデルをお探しの方におすすめします。

Amazon.co.jp おすすめ商品

200g以下のドローンの重要ポイントまとめ

200g以下のドローンの重要なポイントは以下の3つです。

  • 200g以下のドローンは、2022年の6月以降には航空法の規制対象になり使用前に国交省への申請登録が必要になった
  • 200g以下のドローンにはDJI社のモデルなど、風の強い屋外でも安定的な空撮ができる本格派もある
  • 200g以下のドローンにはGPSやWi-Fiの搭載によりフォローミーモードや自動帰還モードなど機能性豊かなものがある
海の下の水中ドローン 【最新】水中ドローンおすすめ4選!!資格・許可は必要? トイドローンのランキング 子供のプレゼントにも!トイドローンのおすすめ人気ランキング10選 おすすめのドローン 入門モデルも!ドローンのおすすめ最強8選!高画質、小型、初心者向けなど
Amazon プライム対象