【最新モデル】Boseのイヤホンおすすめランキング10選|ノイキャン、ワイヤレス

Boseのイヤホンランキング

今回の記事ではボーズ(Bose)のおすすめイヤホンをご紹介します。パワフルなBoseらしいサウンドだけでなく、業界でも最高クラスのノイズキャンセリング機能などが魅力。防滴機能を搭載しているモデルや耳へしっかりとフィットするモデルも存在し、ランニングやエクササイズ時に使用するイヤホンとしても人気です。

Boseの魅力や保証期間のほか、選び方のコツについても解説しているので、是非参考にしてみてください。

イヤホンで音楽を聴く アクティブノイズキャンセリングイヤホン最強おすすめ10選!完全ワイヤレスAirPodsProやBOSE、Ankerなど ソニーのイヤホンとスマホ 【最新モデル】SONY(ソニー)のおすすめイヤホン20選!ノイズキャンセリング、完全ワイヤレス

Bose(ボーズ)とは?その魅力

ボーズ(Bose)とは、アメリカに本社を置く音響機器開発製造メーカーです。コンパクトなサイズのスピーカーやスマートスピーカーなども人気ですが、イヤホンも多数の製品を取り扱っています。

Boseのイヤホンは、各帯域がクリアで高音質なだけでなく、パワフルな低音域を再生できるのが魅力。音質や機能性だけでなくデザイン性にも優れているので、所有欲を満たしたい場合にもおすすめです。

Boseイヤホンの特徴とおすすめの理由

boseの黒イヤホン

長時間聞ける音質

長年スピーカーを開発してきた技術の積み重ねによって、解像度も高く、低音域から中・高音域までクリアに聞こえます

耳への刺激も少ないので、長時間音楽に没頭していても耳が疲れにくくなっています。通学・通勤などで長時間イヤホンをつけていたり、音楽好きな方におすすめです。

様々なライフスタイルに適応

通勤・通学時やエクササイズ、ランニング中であっても、安定した装着感や小型ながらもパワフルなサウンドを楽しめます

飛行機や電車での移動が多い方には、ノイズキャンセリング機能搭載のモデルもあります。ワイヤレスイヤホンはコードが煩わしい人にはぴったりです。

Boseのイヤホンは修理できる?保証期間は

シルバーの修理品
Boseのイヤホンを新品で購入した場合には、通常1年間の保証期間が付いています。購入から1年以内にイヤホンが自然故障した場合は、無償で修理が可能。ただし、故意に壊した場合や破損の原因がユーザーにある場合は、無償修理ができないので注意が必要です。

また、修理は無償ながら、送料が自己負担になる点も把握しておくのがおすすめです。万が一保証期間が過ぎた後にイヤホンが故障した場合にも、有償の修理であれば受けられる可能性がある問い合わせてみましょう。

Boseのイヤホンの選び方

公園をランニングする女性
Boseのイヤホンの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 搭載されている機能で選ぼう
  • 利用するシーンにあわせて選ぼう
  • 接続方式で選ぼう

搭載されている機能で選ぼう

Boseのイヤホンは多機能なモデルが多め。ユーザーの使い勝手を考慮したさまざまな機能を備えています。特に周囲の雑音を効果的に軽減できる「ノイズキャンセリング機能」や音楽を聴きながら周囲の音も取り込める「外音取り込み機能」などを備えたモデルが人気です。

また、専用アプリを利用してスマホからさまざまな設定が行えるイヤホンや、ハンズフリー通話に対応しているモデルも存在するので、求める機能が搭載されているかしっかりとチェックしましょう

利用するシーンにあわせて選ぼう

Boseのイヤホンには防滴・防汗機能を搭載している製品が存在します。ランニングやウォーキングなど、エクササイズおよびフィットネス時に音楽を鑑賞する場合には、イヤホン本体への汗の侵入に気をつける必要があります。

防滴・防汗機能を備えている製品であれば、スポーツ時でも安心して使用が可能。屋外で急な雨に降られた場合に慌てなくて済む点もおすすめです。

接続方式で選ぼう

Boseのイヤホンにはケーブルで接続する有線式とBluetotohを利用する無線式の2種類が存在します。ワイヤレスイヤホンは有線式に比べると音声の遅延や途切れが起こりやすいですが、ケーブルがなく取り回しに優れています。

また、無線式のイヤホンには、左右の筐体がケーブルでつながったタイプとつながっていない完全ワイヤレスイヤホンが存在します。使用用途や好みに合わせて選択しましょう。

Boseのイヤホンのおすすめランキング10選

おすすめのBoseのイヤホンを紹介します。

【10位】ボーズ(Bose) ProFlight Series 2 Aviation Headset

最初に紹介するおすすめのBoseのイヤホンは、「ボーズ(Bose) ProFlight Series 2 Aviation Headset」です。

サイズ21.4×16.1×8cm
重量128g
付属品StayHear+チップ(3サイズ)/コントロールモジュール/単3乾電池×2本/キャリーケース/キャリーケースフック
評価・レビュー
音質
(3.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.0)
ポイント
  • フライト用に開発されているハイグレードなイヤホンです。
  • 重厚なデザインが採用されていますが重量128gと軽く快適に使用できます。
  • Bluetooth通信に対応しているのでワイヤレスでの接続ができます。

「ボーズ(Bose) ProFlight Series 2 Aviation Headset」の特徴

ケーブルが細く軽量化や柔軟性のアップが図られているだけでなく、頭部に装着したままでも動きやすい設計が採用されており、心地よいフィット感が得られます。

こんな人におすすめ
ブームマイク付きなので、オンラインチャットや会議に使用する高性能なヘッドホンを求めている方にもおすすめです。

【9位】ボーズ(Bose) NEW BOSE SLEEPBUDS II

次に紹介するおすすめのBoseのイヤホンは、「ボーズ(Bose) NEW BOSE SLEEPBUDS II」です。

サイズ2.79×2.49×1.27cm(イヤーチップ)/7.69×7.69×2.74(充電ケース)
重量2.27g(イヤーチップ)
素材プラスチック(イヤープラグ)/シリコン(イヤーチップ)/アルミニウム(ケース)
バッテリー駆動時間最大10時間
接続方式Bluetooth5.0
USBケーブル長1m
付属品充電用ケース/イヤーチップ(3サイズ)/充電用USBケーブル Type-C
評価・レビュー
音質
(3.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 快適な睡眠をサポートするイヤホンです。
  • Boseノイズマスキングテクノロジーが採用されており周囲の雑音をしっかりと軽減できます。
  • 耳にしっかりとイヤーチップがフィットするので睡眠中に外れてしまうトラブルを予防できます。

「ボーズ(Bose) NEW BOSE SLEEPBUDS II」の特徴

「BOSE SLEEP」アプリを利用すれば、50曲以上のヒーリングサウンドから好みの曲を選択して本製品にダウンロードできます。

こんな人におすすめ
シリコン製のイヤーチップは3サイズ付属しているので、フィット感を調節したい方にもおすすめです。

【8位】ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

次に紹介するおすすめのBoseのイヤホンは、「ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones」です。

サイズ非掲載
重量9g
充電時間最大2時間
バッテリー駆動時間最大5時間
付属品非掲載
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(4.5)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • 「Bose Connect」アプリのFind My buds機能を使えば本製品を紛失した場合に検索できます。
  • Boseらしいクリアかつパワフルなサウンドが再生できます。
  • 右側のイヤホンにデュアルマイクアレイを備えておりハンズフリー通話にも利用できます。

「ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones」の特徴

Bluetooth通信を利用して接続ができる完全ワイヤレスイヤホンなので、有線式のようなケーブルを煩わしく感じる場合にも適しています。

こんな人におすすめ
凹凸のあるボタンがイヤホン本体に配置されているので、タッチ操作が苦手な方にもおすすめです。

【7位】ボーズ(Bose) Bose SoundSport Pulse Wireless Headphones

次に紹介するおすすめのBoseのイヤホンは、「ボーズ(Bose) Bose SoundSport Pulse Wireless Headphones」です。

サイズ非掲載
重量63.8g
充電時間最大2時間
バッテリー駆動時間最大5時間
付属品非掲載
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 高性能な心拍数センサーが搭載されているので運動時に便利です。
  • 音声ガイドに従ってBluetooth接続ができるので初心者にも適しています。
  • インラインマイクを内蔵しているのでハンズフリー通話にも利用できます。

「ボーズ(Bose) Bose SoundSport Pulse Wireless Headphones」の特徴

「Bose Connect」アプリを利用すれば、スマホから心拍数をリアルタイムで確認できるので、ランニングやウォーキング時に音楽を楽しみたい場合に便利です。

こんな人におすすめ
防滴・防汗仕様なので、スポーツ時に安心して使用できるイヤホンを求める方にもおすすめです。

【6位】ボーズ(Bose) QuietComfort 30 wireless headphones

次に紹介するおすすめのBoseのイヤホンは、「ボーズ(Bose) QuietComfort 30 wireless headphones」です。

サイズ16.5×15.2×1.9cm
重量65g
バッテリー駆動時間最大10時間
付属品StayHear+チップ(S・M・L)/充電用USBケーブル/コードクリップ/キャリングケース
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(3.5)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 「Bose Connect」アプリを利用すればスマホからペアリング機器の管理が可能です。
  • EQ機能によって音質が最適化されるので音量の大小を問わず高音質で音楽が鑑賞できます。
  • BluetoothやNFCを利用して簡単にワイヤレス接続ができます。

「ボーズ(Bose) QuietComfort 30 wireless headphones」の特徴

ノイズキャンセリング機能を備えたデュアルマイクシステムを搭載しており、風が強い環境下でもクリアな音声を通話相手に伝えられます。

こんな人におすすめ
ネックバンドタイプのイヤホンなので、完全ワイヤレスイヤホンが苦手な方にもおすすめです。

【5位】ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acostic Noise Cancelling headphones – Samsung and Android devices

次に紹介するおすすめのBoseのイヤホンは、「ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acostic Noise Cancelling headphones – Samsung and Android devices」です。

サイズ130cm(ケーブルおよびStayHear+チップ付属)
重量44g
コントロールモジュールサイズ8.9×3.2×0.95cm
コードクリップサイズ2.5×0.3×1.8cm
USBケーブル長30.5cm
ケースサイズ2.5×14×8cm
付属品StayHear+チップ(S・M・L)/コードクリップ/充電用USBケーブル/キャリングケース
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(3.5)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • SamsungのGalaxyに代表されるSamsung製のデバイス用に設計されているイヤホンです。
  • ケーブル部に充電式のバッテリーが付いておりノイズキャンセリング機能が利用できます。
  • キャリングケースが付属しているので携帯時や収納時にホコリの侵入を予防できます。

「ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acostic Noise Cancelling headphones – Samsung and Android devices」の特徴

音声電動はケーブルを利用する有線タイプなので、ケーブル部のバッテリーで最大16時間のノイズキャンセリング機能を使えるのがポイントです。

こんな人におすすめ
バッテリーが切れた際にも音楽は鑑賞できるので、長時間使用する頻度が高い方にもおすすめです。

【4位】ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acostic Noise Cancelling headphones – Apple devices

次に紹介するおすすめのBoseのイヤホンは、「ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acostic Noise Cancelling headphones – Apple devices」です。

サイズ130cm(ケーブルおよびStayHear+チップ付属)
重量44g
コントロールモジュールサイズ8.9×3.2×0.95cm
コードクリップサイズ2.5×0.3×1.8cm
USBケーブル長30.5cm
ケースサイズ2.5×14×8cm
付属品StayHear+チップ(S・M・L)/コードクリップ/充電用USBケーブル/キャリングケース
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(3.5)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • インイヤータイプのイヤホンながらノイズキャンセリング機能を搭載しています。
  • Awareモードに切り替えれば外音取り込み機能が利用できます。
  • Appleデバイス用に設計されているイヤホンです。

「ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acostic Noise Cancelling headphones – Apple devices」の特徴

Bose独自のイヤーチップテクノロジーを採用したStayHear+チップが付属しており、耳に押し込まなくても柔らかくぴったりとフィットしてくれます。

こんな人におすすめ
全帯域の遮音性にも優れているので、音楽を集中して楽しみたい方にもおすすめです。

【3位】ボーズ(Bose) SoundSport wireless headphones

次に紹介するおすすめのBoseのイヤホンは、「ボーズ(Bose) SoundSport wireless headphones」です。

サイズ3.05×2.5×3.05cm
重量23g
充電時間2時間
バッテリー駆動時間最大6時間
付属品StayHear+ Sportチップ(3サイズ)/充電用USBケーブル/キャリングケース
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • 防滴設計が採用されており汗をかくフィットネスやスポーツ中にも利用できます。
  • BluetoothやNFCに対応しており簡単にペアリングが行えます。
  • 耳に入り口をやさしく塞ぐ独自の形状が採用されています。

「ボーズ(Bose) SoundSport wireless headphones」の特徴

アメリカでシェア率NO.1を誇る落とし物トラッカーTileとの協力のもと製造されており、本製品を紛失した場合でも簡単に見つけられます。

こんな人におすすめ
左右の筐体がケーブルで接続されているタイプのワイヤレスイヤホンなので、落下による破損や紛失を防ぎたい方にもおすすめです。

【2位】ボーズ(Bose) Bose Sport Earbuds

次に紹介するおすすめのBoseのイヤホンは、「ボーズ(Bose) Bose Sport Earbuds」です。

サイズ2.66×1.87×2.1cm(Earbuds)/9.14×3×4.14cm(充電ケース)
重量6.75g
素材プラスチック・ゴールドメッキ・ポリマーコーティング(Earbuds)/シリコン(イヤーチップ)/硬質プラスチック(ケース)
USBケーブル長30.5cm
付属品充電ケース/イヤーチップ(S・M・L)/USB Type-C充電ケーブル
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • Boseらしい臨場感あふれるサウンドが再生できます。
  • 快適なだけでなく安定感にも優れた装着が可能です。
  • Bose独自にイヤーチップが採用されており耳が痛くなりにくいのもメリットです。

「ボーズ(Bose) Bose Sport Earbuds」の特徴

特許技術を採用した音響ポートや高効率なドライバーにより、コンパクトなボディからは想像できない迫力と臨場感のあるサウンドを実現しています。

こんな人におすすめ
StayHear Maxチップが付属しているので、装着時に耳にかかる負担を軽減したい方にもおすすめです。

【1位】ボーズ(Bose) QuietComfort Earbuds

次に紹介するおすすめのBoseのイヤホンは、「ボーズ(Bose) QuietComfort Earbuds」です。

サイズ2.6×3.9×2.7cm(イヤホン)/8.9×3.17×5.08cm(充電ケース)
重量8.5g
素材プラスチック・ゴールドメッキ・ポリマーコーティング(Earbuds)/シリコン(イヤーチップ)/硬質プラスチック(ケース)
充電時間約2時間
バッテリー駆動時間最大6時間
USBケーブル長30.5cm
付属品充電ケース/イヤーチップ(S・L)/USB Type-C充電用ケーブル
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(4.5)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • 高性能なノイズキャンセリング機能を備えており音楽鑑賞に集中できます。
  • 柔軟性のあるシリコン製のイヤーチップによって高いフィット感を実現しています。
  • 最大7台までの機器とマルチペアリングできるので複数の機器で音楽を楽しむ際に便利です。

「ボーズ(Bose) QuietComfort Earbuds」の特徴

音量の大きさにあわせて最適化されるアクティブEQテクノロジーを搭載しており、ボリュームを下げた場合でもパワフルな低音が再生できます。

こんな人におすすめ
Qi規格対応の充電ケースが付属しているので、ワイヤレスでの充電環境を好む方にもおすすめです。

Boseのおすすめイヤホンのまとめ

Boseのイヤホンにはエクササイズに特化したものから、通勤や運動などといった様々な場面で使えるオールラウンドなモデルもありました。

イヤホンはほぼ毎日使うものなので自分にあったものを見つけるのが大切です。電気屋さんなどで、実際に試聴してみて決めるのもいいでしょう

Amazon.co.jp おすすめ商品
イヤホンで音楽を聴く アクティブノイズキャンセリングイヤホン最強おすすめ10選!完全ワイヤレスAirPodsProやBOSE、Ankerなど ソニーのイヤホンとスマホ 【最新モデル】SONY(ソニー)のおすすめイヤホン20選!ノイズキャンセリング、完全ワイヤレス
Amazon プライム対象