封筒型寝袋のおすすめ人気ランキング9選。冬用、洗える、コンパクトなど

青い寝袋

キャンプに欠かせないのがシュラフと呼ばれる寝袋です。シュラフには封筒型とマミー型があり、それぞれ特徴があります。春夏秋冬の四季を通じてキャンプを楽しむ際に最も大変なのが寒い冬です。シュラフは封筒型でもマミー型でも、2人用タイプがあるので、一緒に行く人数に合わせて選ぶといいでしょう。寝袋のメーカーとしては、有名なコールマンやロゴス、モンベルの他にもユニークなohuhuJapanがあります。どのメーカーのシュラフを選ぶ際にも、ダウンなどの素材や防水性能、家で洗えるかなどをチェックするのがおすすめです。
寝袋おすすめ 非公開: 冬用寝袋おすすめ10選 メーカー・選び方も解説 二人用寝袋おすすめ 2人用寝袋おすすめ最強ランキング10選。コールマン、ノースフェイス、モンベルなど。 寝袋おすすめ 非公開: 寝袋マットおすすめ14選。用途・目的別に紹介

封筒型寝袋とは?マミー型、人形型との違いは

封筒型寝袋とは、名前の通り封筒に似た形をした寝袋のことです。普段自宅で使っている布団に近い感覚で眠れるので、圧迫感がありません。リラックスして寝たい人におすすめなタイプの寝袋です。値段が安い製品が多いのも封筒型寝袋の特徴です。マミー型の寝袋との違いは布団のように体との密着度が低いため、寒冷地でのキャンプにはあまり向かないことです。マミー型寝袋は封筒型よりも体との密着度が高い分、保温性が高いです。人形型の寝袋は入った状態で立って動き回れる点が封筒型寝袋と大きく違っています。封筒型寝袋は収納時のサイズが大きくなることや寒冷地では使いにくいのが難点なものの、布団感覚でリラックスして眠れるのが大きなメリットでしょう。

封筒型寝袋の特徴

テント、夜

封筒型寝袋の特徴は、以下の3つです。

  • 家の布団のような快適な寝心地
  • 気温に合わせてアレンジしやすい
  • 寝袋同士を連結可能

家の布団のような快適な寝心地

キャンプを良い思い出にするには、寝心地の良い寝袋で快眠できるかどうかが重要なポイントのひとつです。せっかくの楽しいキャンプ、夜はぐっすり眠り、気持ちの良い朝を迎えたいですよね。

封筒型寝袋は長方形をしているので、足元にもゆったりと余裕があり、窮屈さを感じない作りになっています。寝袋で眠るのが初めてという方でも、違和感なく眠れるのが封筒型寝袋の特徴です。

気温に合わせてアレンジしやすい

キャンプが好きになればなるほど、季節を問わずにキャンプしたくなるものです。そこで難しいのが寝袋選び。夏も冬も使える寝袋となると悩んでしまいますが、封筒型寝袋であればその悩みを解決してくれます。

封筒型寝袋の多くはジッパーがL字に取り付けられているので、ジッパーを開けて大きな掛布団のようにできるという特徴があります。冬用の暖かい寝袋を、夏は掛布団として使うことが可能です。

寝袋を広げれば2人分のサイズになるので、夏場は荷物をコンパクトにすることもできます。四季を通じてキャンプを楽しむ方にとって、封筒型寝袋は賢い選択ですね。

寝袋同士を連結可能

カップルやファミリーでキャンプする方におすすめしたいのが、寝袋同士の連結です。多くの封筒型寝袋は、同じモデルであれば連結できるように設計されています。

寝袋を連結するメリットは様々ありますが、一番のメリットは保温性がアップすること。2人でひとつの寝袋に入ることで2人分の体温が寝袋内にこもるので、1人で眠るよりも暖かく眠ることができます。

ひとつの寝袋で一緒に寝ることで、家族の絆も深まるのではないでしょうか。小さいお子さんも安心して眠れるので、ファミリーキャンパーにもおすすめの使い方です。

封筒型寝袋のおすすめメーカー一覧

寝袋、カメラ、双眼鏡

封筒型寝袋のおすすめメーカー6つと特徴や評価を解説します。

  • コールマン
  • OhuhuJapan(オフフジャパン)
  • ロゴス
  • LICLI(リラクイ)
  • モンベル
  • スノーピーク

Coleman(コールマン)

Coleman(コールマン)はアメリカのカンザス州ウィチタで1901年に創業しました。創業者のW.C.コールマン氏の名前がそのまま社名になっています。もともとはランプのレンタル会社としてスタートして、1960年代後半からキャンプ用品も扱うようになりました。総合アウトドアメーカーとしての地位を確立したコールマンは今年で創立120周年を迎えます。コールマンは封筒型シュラフも、マミー型シュラフも幅広く展開しています。コールマンの代表的なシュラフとして、マルチレイヤースリーピングバッグがあります。

OhuhuJapan(オフフジャパン)

OhuhuJapan(オフフジャパン)は画材からアウトドア用品まで扱っているユニークなメーカーです。OhuhuJapanでよく知られているのが多彩な商品展開をしているマーカーペンや絵具であるものの、封筒型寝袋の性能でも定評があります。OhuhuJapanが扱っている寝袋は2人用防水シュラフだけです。外側素材として210Tポリエステル使用し、内側素材にはポリエステルと綿中綿には高品質コットンという商品構成です。

ロゴス

自らを「ファミリーブランド」と呼ぶように、家族が気軽にアウトドアを楽しめるアイテムづくりにこだわるロゴス。コスパを重視したアイテムが多く、これからファミリーキャンプを始める方におすすめのメーカーです。

自宅で丸洗いできるタイプや、肌触りの良い生地素材を使ったタイプなど、封筒型寝袋のラインナップが豊富なことでも知られています。

LICLI

LICLI(リクライ)はAmazonなどの通販サイトで近年人気急上昇中のメーカーです。その魅力は何と言っても、コスパ最強の価格設定。

キャンプに必要な道具を揃えるには、それなりの出費が必要です。値段の安い寝袋を探している方にはLICLIの寝袋がおすすめ。まずはお試しといった気持ちで購入できるのが嬉しいですね。

モンベル

モンベルは、登山家である辰野勇氏によって創業された総合アウトドアメーカーです。登山用のアイテムが多いイメージがありますが、封筒型寝袋もしっかりラインナップされています。

登山という過酷な状況下で使用するアイテムづくりで培ったノウハウが、封筒型寝袋にも活かされているので、高品質で安心感のあるメーカーです。

スノーピーク

日本にオートキャンプ文化を根付かせたメーカーとして、絶大な人気を誇るスノーピーク。キャンプで快適に過ごすことにこだわったアイテムづくりが、メーカーの特徴です。

快適な眠りを求める方には、スノーピークの寝袋がおすすめです。

封筒型寝袋の選び方

朝日を見る人

封筒型寝袋の選び方を以下の5つのポイントから解説します。

  • 使う季節で選ぶ
  • 中綿の素材で選ぶ
  • サイズで選ぶ
  • 洗濯方法で選ぶ
  • メーカーで選ぶ

使う季節で選ぶ

キャンプは春夏秋冬の四季を通じて楽しめる一方で、封筒型寝袋の性能によっては冬の季節で使用するのに合わない場合があります。封筒型寝袋はマミー型や人形型に比べて、体への密着度が低いので、寒い冬に使うのであれば、冬に合った封筒型寝袋なのかをよく調べてから購入する必要があります。使用適合温度が-5℃であれば、冬のキャンプにも使えるでしょう。

中綿の素材で選ぶ

中綿の素材は封筒型寝袋の保温性能を大きく左右するので、中綿の素材も封筒型寝袋を選ぶ際の重要なポイントです。保温力が高い中綿素材がダウンです。ダウンは軽くて暖かいので、冬のキャンプで使う際にもおすすめです。ただし、ダウンは水に弱く、一度濡れると乾くまでに時間がかかることと、簡単に洗濯ができないのが難点です。化学繊維の中綿素材は乾きにくいダウンの欠点がない反面、ダウンに比べて保温力は落ちる傾向があります。中綿がダウンの封筒型寝袋を購入するのであれば、防水性能もチェックしておいた方がいいでしょう。

サイズで選ぶ

大柄な人や2人用シュラフとして使う人はできるだけ大きなサイズの封筒型寝袋を選んだ方がいいでしょう。サイズが合わないと、窮屈でリラックスできません。2人用として使うのであれば、余計にサイズが大きくないと不便です。封筒型寝袋は同じ寝袋を連結できるタイプもあるので、2人用として使う場合は、連結できる寝袋がおすすめです。

洗濯方法で選ぶ

封筒型寝袋は自宅の洗濯機でも洗えるタイプから洗濯業者に出さないとならないタイプまであります。年に数回程度しかキャンプに行かないのであれば、洗濯方法はそれほど気にしなくても大丈夫かもしれません。しかし、キャンプに行く回数が多い人であれば、自分で洗えるタイプの封筒型寝袋の方が便利です。購入前に洗濯方法も調べておきましょう。

メーカーで選ぶ

信頼できるメーカーの封筒型寝袋を購入するのも、おすすめの選び方です。コールマンやモンベル、ロゴスのように知名度も実績もあるメーカーの寝袋であれば、品質や性能に満足できる可能性が高いです。コールマンやモンベルほど知られていないものの、ohuhuJapanブランドの封筒型寝袋も性能が高いことで知られています。

封筒型寝袋のおすすめ人気ランキング9選

おすすめの封筒型寝袋を紹介します。

【9位 】OhuhuJapan(オフフジャパン)2人用防水シュラフ

最初に紹介するおすすめの封筒型寝袋は、「OhuhuJapan(オフフジャパン)2人用防水シュラフ」です。

展開サイズ220×150cm
収納サイズ48×30cm
重量2.7kg
外側素材210Tポリエステル
内側素材ポリエステル/綿
中綿高品質コットン300g/m2
最低使用温度-5℃
快適使用温度0℃~10℃
評価・レビュー
お買い得
(4.0)
軽さ
(4.0)
耐久性
(3.5)
暖かさ
(3.5)
丈夫さ
(3.5)
厚み
(1.0)
ポイント
  • 身長180cm以上の人でも快適に使える長さ220cm×幅150cmのビッグサイズです。
  • ダブルファスナーにより、サイドも足元も開閉でき、冬でも温度調節が簡単です。
  • S型とU型キルト縫製により、中綿の片寄りを防止しています。

「OhuhuJapan(オフフジャパン)2人用防水シュラフ」の関連商品

マーカーペンや絵具で知られるohuhuJapanで製造販売しているユニークな寝袋です。関連する商品として、APTAIN STAG(キャプテンスタッグ)封筒型寝袋があります。ohuhuJapanシュラフと同様、手で洗える点でもおすすめです。

こんな人におすすめ
快適使用温度が0℃から10℃ながら、-5℃まで使用可能であるため、寒い冬でも本格的なソロキャンプを楽しみたい人におすすめの封筒型シュラフです。

【8位 】FRETREE(フレットリー)軽量防水シュラフ

次に紹介するおすすめの封筒型寝袋は、「FRETREE(フレットリー)軽量防水シュラフ」です。

FRETREE 寝袋 シュラフ 封筒型 軽量 防水シュラフ コンパクト 丸洗い 最新型手が出せる 1.2KG 春夏秋の使用可能 アウトドア/登山/車中泊/防災用/避難用 収納袋付き
FRETREE
サイズ220×75cm
重量1.2kg
外側素材210Tポリエステル
内側素材190Tチュンヤファンファブリック
中綿化学マイクロ繊維綿
耐寒範囲5℃~24℃(快適温度18℃)
評価・レビュー
温度調整
(4.5)
軽さ
(4.5)
暖かさ
(4.0)
厚み
(4.0)
透明感
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
ポイント
  • 外側素材に210Tポリエステル生地を採用しており、防水性に優れています。
  • 中綿に高機能な化学マイクロ繊維綿は採用し、ダウンに負けない保温性能があります。
  • サイズが220×75cmと大型ながら1.2kgの軽量シュラフです。
こんな人におすすめ
表側にファスナーがついており、手を出すことができます。寝袋に入っている状態で手を出してスマホの操作などをしたい人におすすめです。

【7位 】Eackrola(イークローラ)コンパクト寝袋

次に紹介するおすすめの封筒型寝袋は、「Eackrola(イークローラ)コンパクト寝袋」です。

本体サイズ220×80cm
収納サイズ40×20cm
寝袋本体重量1.8kg
収納袋重量0.2kg
ファスナーSBS
外側素材210Tポリエステル
中身素材糸綿
使用快適温度5℃~15℃
評価・レビュー
軽さ
(4.5)
暖かさ
(4.5)
ポイント
  • 大型洗濯機で洗えるので、清潔で快適なキャンプを楽しめます。
  • SBS社製のファスナーを採用しており、布噛みのないスムーズな開閉が可能です。
  • 圧縮ベルトで40×20cmの小さな収納サイズを実現しています。

「OEackrola(イークローラ)コンパクト寝袋」の関連商品

関連する商品として、Cozyone(コージーワン)軽量コンパクト封筒型寝袋がおすすめです。外側素材に210Tポリエステルを使用し、保温性と防水性の高さには定評があります。

こんな人におすすめ
外側素材に210Tポリエステル、中身素材に糸綿を使用すると共に立体的な設計により、熱効率が高いです。冬の底冷えの中でもソロキャンプを楽しみたい人におすすめです。

【6位 】BSTEN(ビーステン)中空繊維シュラフ

次に紹介するおすすめの封筒型寝袋は、「BSTEN(ビーステン)中空繊維シュラフ」です。

サイズ210×75cm
収納サイズ35×20cm
重量1.35kg
外側素材210Tポリエステル
内側素材ポリエステルマイクロファイバー
中綿中空繊維
最低使用温度5℃
快適使用温度10℃
評価・レビュー
暖かさ
(4.0)
軽さ
(4.0)
厚み
(3.5)
温度調整
(3.5)
ポイント
  • 外側からも内側からもスムースに開閉できるダブルファスナーが採用されています。
  • トライアングルガゼットにより、ファスナー全開でも生地引き裂きの心配がありません。
  • 2組のシュラフを連結することで、幅が300cmになり、2人用の寝袋として使えます。

「BSTEN(ビーステン)中空繊維シュラフ」の関連商品

Vsadey 寝袋 封筒型 シュラフ 軽量 保温 210T防水 手が出せる ダブルファスナー設計 1.4kg 1.7kgアウトドア/キャンプ/登山/車中泊/防災用/避難用 丸洗い コンパクト 携帯便利 収納袋付き (グリーン, 2.0kg)
Vsadey
関連する商品として、Vsadey高機能防水コンパクト寝袋があります。中綿にホロファイバーが使用されており、ダウンのように軽さと保温性に優れています。

こんな人におすすめ
中綿には繊維内部が空洞になっているホロファイバーが使用されており、ダウンのような寝心地を楽しみたい人におすすめです。

【5位 】JPDeal(ジェイピーディール)封筒型枕付きシュラフ

次に紹介するおすすめの封筒型寝袋は、「JPDeal(ジェイピーディール)封筒型枕付きシュラフ」です。

縦サイズ220cm
重量1.0kg
外側素材210Tポリエステル
内側素材繊維素材
使用快適温度5℃~25℃
使用下限温度-5℃
評価・レビュー
暖かさ
(4.5)
軽さ
(4.5)
厚み
(4.0)
耐水性
(4.0)
透明感
(3.5)
ポイント
  • 布団の形状に似た封筒型シュラフは圧迫感が少なく、リラックスして眠れます。
  • 外側素材が撥水加工された210Tポリエステルなため、防水性に優れています。
  • -5℃ぐらいの冬のキャンプでも寒さを感じずに快適に眠れます。

「BSTEN(ビーステン)中空繊維シュラフ」の関連商品

関連する商品として、Great Escapes(グレートエスケープ)軽量コンパクト寝袋があります。保温性の高さや自宅の洗濯機で洗える便利さが人気の理由でしょう。

こんな人におすすめ
快適使用温度が0℃~10℃、最低使用温度が-5℃と、使用可能温度が広く、春夏秋冬のオールシーズンでキャンプを楽しみたい人におすすめです。

【4位 】コールマン(Coleman)ファミリー2in1/C5

次に紹介するおすすめの封筒型寝袋は、「コールマン(Coleman)ファミリー2in1/C5」です。

使用時サイズ168×190cm
分割時サイズ84×190cm
収納サイズ35×42cm
重量3.7kg
外側素材ポリエステル(起毛仕上げ)
内側素材ポリエステル(起毛仕上げ)
中綿ポリエステル
使用可能温度0℃以上
快適温度5℃
評価・レビュー
暖かさ
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
ポイント
  • 上下に分割すれば1人用が2人用になり、家族やカップルのキャンプでも使えます。
  • ウオッシャブルシュラフなため、自宅の洗濯機で洗えるタイプの寝袋です。
  • EZキャリーケースが付属するので、移動の際の持ち運びが簡単です。

「コールマン(Coleman)ファミリー2in1/C5」の関連商品

関連商品のJPDeal(ジェイピーディール)封筒型シュラフも、使用下限温度が-5℃、快適使用温度が0℃~10℃と、冬のキャンプにおすすめです。
こんな人におすすめ
外側素材も内側素材も起毛仕上げのポリエステルであり、ダウンのように保温性が高いです。使用可能温度が0℃以上、使用快適温度が5℃と、冬のキャンプでも使いたい人におすすめです。

【3位 】CANWAY(キャンウェイ)オールシーズン防水寝袋

次に紹介するおすすめの封筒型寝袋は、「CANWAY(キャンウェイ)オールシーズン防水寝袋」です。

サイズ210×80cm
収納サイズ34×18cm
重量1.9kg
外側素材230Tポリエステル
中綿素材コットン
使用可能温度0℃~
使用快適温度5℃~15℃
評価・レビュー
暖かさ
(4.0)
軽さ
(4.0)
耐久性
(4.0)
温度調整
(4.0)
耐水性
(4.0)
厚み
(4.0)
ポイント
  • 外側素材として230Tポリエステルが使用されており、防水効果が高いです。
  • 使用可能温度0℃~15℃と、オールシーズンでのキャンプに対応しています。
  • 封筒型シュラフで、肩周りから足にかけて、ゆったりした寝心地が確保されています。

「CANWAY(キャンウェイ)オールシーズン防水寝袋」の関連商品

関連商品のLEEPWEI(レィープウェイ)軽量コンパクト寝袋も、収納サイズが35×17cmと、コンパクトにまとまります。
こんな人におすすめ
付属の圧縮ケースを使えば空気を抜きながらコンパクトに収納でき、キャンプの際に荷物をかさばらないようにしたい人におすすめです。

【2位 】LOGOS(ロゴス)やわらかフランネル寝袋

次に紹介するおすすめの封筒型寝袋は、「LOGOS(ロゴス)やわらかフランネル寝袋」です。

サイズ190×75cm
収納サイズ41×30cm
重量2.3kg
外側素材やわらかフランネル
内側素材やわらかフランネル
中綿ダイナチューブファイバー
適合胸囲約96cmまで
適正温度目安0℃まで
評価・レビュー
暖かさ
(4.5)
厚み
(4.5)
軽さ
(4.0)
ポイント
  • 適合胸囲が96cmまでのゆったりしたサイズなため、大柄な人にも使いやすいです。
  • 大型洗濯機で洗えるので、キャンプのたびに清潔さを維持しやすいです。
  • 同一シュラフを連結してダブルサイズにすれば、2人用寝袋として使えます。

「LOGOS(ロゴス)やわらかフランネル寝袋」の関連商品

関連商品のMoonrock(ムーンロック)連結可能コンパクト寝袋も、充填素材としてダックダウンが90%使用されており、ロゴス同様に寝心地の良さで定評があります。

こんな人におすすめ
外側素材も内側素材にも、ロゴス独自のやわらかフランネルが使用されており、やわらかな寝心地を楽しめます。キャンプでの快適な睡眠を重視している人におすすめです。

【1位 】Coleman(コールマン)マルチレイヤー寝袋

次に紹介するおすすめの封筒型寝袋は、「Coleman(コールマン)マルチレイヤー寝袋」です。

サイズ200×90cm
収納サイズ52×39×38cm
重量4.9kg
外側素材ポリエステル
内側素材ポリエステル
中綿ポリエステル
アウトレイヤー+ミッドレイヤー+フリースの快適温度-5℃
アウトレイヤー+フリースの快適温度5℃
ミッドレイヤー+フリースの快適温度12℃
評価・レビュー
暖かさ
(5.0)
厚み
(4.0)
耐久性
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
軽さ
(3.0)
ポイント
  • アウトレイヤー、ミッドレイヤー、フリースの3層構造でオールシーズン対応可能です。
  • 3つのレイヤーを組み合わせても分割しても使えるので、2人用としても使いやすいです。
  • 長さ200cm、幅90cmのゆったりサイズなので、大柄な体格の人でも快適です。

「Coleman(コールマン)マルチレイヤー寝袋」の関連商品

関連商品のMozambique(モザンビーク)コンパクト寝袋は別売りのマットと組み合わせればオールシーズンに対応可能です。
こんな人におすすめ
アウトレイヤー、ミッドレイヤー、フリースの3層の組み合わせ次第で快適温度を-5℃から12℃まで調節できるので、一年中キャンプを楽しみたい人におすすめです。

封筒型寝袋の重要ポイントまとめ

封筒型寝袋の重要なポイントは以下の3つです。

  • 封筒型寝袋はキャンプで使いやすい
  • こ封筒型寝袋はマミー型寝袋ほどの保温性がない
  • 冬のキャンプで封筒型寝袋を使うのであれば、使用適合温度が-5℃の寝袋を選ぶ
  • 中綿素材がダウンの封筒型寝袋は保温性が高い反面、水に弱くて乾きにくい
  • コールマンやモンベルなどの有名メーカーの封筒型寝袋は品質や性能面で信頼できる
寝袋おすすめ 非公開: 冬用寝袋おすすめ10選 メーカー・選び方も解説 二人用寝袋おすすめ 2人用寝袋おすすめ最強ランキング10選。コールマン、ノースフェイス、モンベルなど。 寝袋おすすめ 非公開: 寝袋マットおすすめ14選。用途・目的別に紹介