普段履きにしても大丈夫?トレッキングシューズのおすすめ人気10選

普段履きできるトレッキングシューズ

普段履きにも使えるおすすめのトレッキングシューズでは、豊富なラインナップの中から特におすすめのトレッキングシューズを厳選しました。
ハイカット・ミドルカット・ローカットなどのタイプや、おしゃれで街歩きに履きたいトレッキングシューズ、メンズ用・レディース用・男女兼用など、幅広くご紹介します。
また、普段履きにも使えるトレッキングシューズの選び方も解説します。

トレッキングシューズを登山以外で、普段履きやウォーキングで使いたい人は、ぜひ最後まで読んで下さい。

登山用の靴 安いのに機能性バツグン!トレッキングシューズのおすすめ15選 登山をする男性 【おしゃれで機能的】登山用靴下おすすめ10選!夏冬の違いや優先順位も 安くて軽い寝袋おすすめ コスパ最強!安くて軽い寝袋(シュラフ)のおすすめ20選|コンパクトなタイプや冬用など

トレッキングシューズとは

普段履きできるトレッキングシューズとは、山道で滑りにくい構造・デザイン性・軽快性を兼ね備えた登山靴です。一般的なトレッキングシューズは山道に特化しているため、軽快に行動できるスニーカーとは違います。

せっかく買ったトレッキングシューズを登山のときしか使わないのは、もったいないですよね。登山もタウンユースも同時に履きたいアクティブユーザーには、軽快なトレッキングシューズを選ぶのがおすすめです。

トレッキングシューズの高さの種類

ハイカットのトレッキングシューズ
普段履きできるトレッキングシューズの主な3つの種類を解説します。

  • ハイカット
  • ミドルカット
  • ローカット

ハイカット

ハイカットとは、足首までしっかりと固定する丈の長いデザインです。岩場や急斜面など安定しない場所でも、足首を保護して捻挫を防ぎます。ハイカットのトレッキングシューズは、富士山のような険しい山道を長時間かけて歩くときにおすすめです。

しかし足首が固定されるため、タウンユースでは軽快性に欠けます。丈が長い分素材も多く使っているので、重たいのも欠点です。

ミドルカット

ミドルカットとは、くるぶしが隠れる程度の丈の長さをいいます。ある程度は足首をサポートしますが、ハイカットよりも軽快に動けるので登山の初心者におすすめです。

ミドルカットの軽快性は、タウンユースでも活かされるため普段履きにもおすすめです。ミドルカットは、メンズ・レディース共におしゃれなデザインが豊富なので、気に入ったデザインを選びやすいでしょう。

ローカット

ローカットとは、足首が開放された丈の短いデザインをいいます。くるぶしや足首を圧迫しないため、スニーカーのような軽快な動きが可能です。険しい山道の長距離移動には不向きですが、低山の山登りに向いています。

トレッキングシューズの中では最も軽快性が高いため、普段履きに使いたい人はローカットをチェックしてみてください。

普段履きできるトレッキングシューズとスニーカーの違い

友達とハイキングする男
普段履きできるトレッキングシューズは、不安定な足場でも滑りにくい登山靴に、スニーカーの軽快性をプラスした製品を指します。

トレッキングシューズとは登山に特化した靴で、濡れた土・岩・木道など足場が不安定な場所でも滑りにくいのが特徴です。

一方のスニーカーは、布のアッパーとゴム底で作られた靴の総称です。軽快に動けるため、タウンユースに向いています。歩道なら雨が降っていてもグリップするのですが、濡れた土の上ではグリップしません。

普段履きできるトレッキングシューズの選び方

外の木に吊るしたトレッキングシューズ
普段履きできるトレッキングシューズの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • ソールの硬さをチェックする
  • ローカット・ミドルカットを選ぶ
  • つま先に余裕のあるサイズを選ぶ

ソールの硬さをチェックする

普段履きをするなら、ソールがやわらかいローカットがおすすめです。ソールが硬いほど不安定な道で凹凸が足に伝わりにくく、疲労を抑えます。比較的、ハイカットはソールが硬い傾向です。

逆にソールがやわらかいと地面の凹凸が足に伝わり、長時間の登山で疲労が蓄積されます。ソールがやわらかいのはローカットです。日帰りの低山では、軽快に動けるローカットも好まれます

ローカット・ミドルカットを選ぶ

普段履きもできるトレッキングシューズを選ぶなら、足首を固定しないローカット、またはミドルカットがおすすめです。足首を固定するハイカットは、不安定な道でも足首を捻らないようにサポートします。

しかし、ハイカットは足首が自由にならないため、普段とは歩き方が変わります。普段履きでは足が疲れるため、タウンユースには向いていません

つま先に余裕のあるサイズを選ぶ

普段履きもできるトレッキングシューズを選ぶ時は、かかとがしっかりとフィットした状態で、つま先に10〜15mmの余裕があるサイズを選びましょう

トレッキングシューズは、スニーカーよりも硬い生地で作られています。素材の硬さは登山で安定しますが、靴の中で足が滑りやすいため靴ずれを起こしやすいのが欠点です。靴ずれを抑えるために、かかとのフィット感とつま先の余裕をチェックしてください。

普段履きできるトレッキングシューズのおすすめ10選

普段履きできるトレッキングシューズのおすすめ10選を紹介します。

キーン トレッキング TARGHEE II WP

最初に紹介するおすすめの普段履きできるトレッキングシューズは、「キーン トレッキング TARGHEE II WP」です。

タイプローカット
対象メンズ
サイズ25~30cm
アッパー素材レザー
ソールの素材ゴム
ソールの厚さ
かかとの高さ
防水性
透湿性
評価・レビュー
登山時の歩きやすさ
(4.0)
普段履きでの歩きやすさ
(4.5)
機能性
(4.0)
ポイント
  • 低山で歩きやすく、タウンユースでも使いやすい
  • 濡れた路面でもグリップ力を発揮する
  • フィット感が良く、軽快な動きをサポートする

「キーン トレッキング TARGHEE II WP」の特徴

通気性が良いレザーライニングで、防水性を兼ね備えています。トレッキングシューズなのにゴツく見えないデザインで、タウンユースでも違和感がありません。

こんな人におすすめ
低山のハイキング・レインシューズ・デイリーユースにおすすめです。

ダンロップモータースポーツ アーバントラディション DU666

次に紹介するおすすめの普段履きできるトレッキングシューズは、「ダンロップモータースポーツ アーバントラディション DU666」です。

タイプローカット
対象メンズ
サイズ24.5~30cm
アッパー素材合成素材
ソールの素材ゴム・EVA素材
ソールの厚さ
かかとの高さ4.5cm
防水性
透湿性
評価・レビュー
登山時の歩きやすさ
(4.0)
普段履きでの歩きやすさ
(5.0)
機能性
(4.0)
ポイント
  • 5cmまでの静止状態で、約6時間の防水性を発揮
  • 足が大きな人も大丈夫!4Eサイズで、幅広・甲高の足にフィット
  • 取り外しが可能なカップインソールで、清潔感をキープ

「ダンロップモータースポーツ アーバントラディション DU666」の特徴

アーバントラディションシリーズの売れ筋主力商品です。軽量で弾力性のあるEVA素材のソールは、屈曲性を兼ね備えています。タウンユースでも足の負担を抑えます。

こんな人におすすめ
4Eのワイド幅なので、幅広の足や甲高の人におすすめです。

ハイテック HKU11 AORAKI WP

次に紹介するおすすめの普段履きできるトレッキングシューズは、「ハイテック HKU11 AORAKI WP」です。

タイプローカット
対象メンズ・レディース
サイズ22~31cm
アッパー素材透湿防水メンブレン
ソールの素材
ソールの厚さ
かかとの高さ3.5cm
防水性
透湿性
評価・レビュー
登山時の歩きやすさ
(4.0)
普段履きでの歩きやすさ
(5.0)
機能性
(4.0)
ポイント
  • 防水性と透湿性を兼ね備えた、蒸れにくい構造
  • 短時間の防水性を備えている
  • グリップ性に優れた耐摩耗性ソールで長く愛用できる

「ハイテック HKU11 AORAKI WP」の特徴

ソールの接着面が漏水しにくい設計で、短時間の防水性能を持っています。さらに、アッパーには透湿性の良い素材を採用し、蒸れにくいのが特徴です。

こんな人におすすめ
防水性能と蒸れにくさ兼ね備えたトレッキングシューズは、デイユースにおすすめです。

スポルディング OIN 3590 3600

次に紹介するおすすめの普段履きできるトレッキングシューズは、「スポルディング OIN 3590 3600」です。

タイプローカット
対象メンズ・レディース
サイズ22.5~30cm
アッパー素材ポリエステル・天然皮革・合皮
ソールの素材合成底
ソールの厚さ
かかとの高さ3cm
防水性
透湿性
評価・レビュー
登山時の歩きやすさ
(4.0)
普段履きでの歩きやすさ
(5.0)
機能性
(5.0)
ポイント
  • 次の一歩を踏み出しやすい高反発素材が、軽快な歩行をサポート
  • 吸水性と速乾性のあるインソールが、水分を素早く拡散
  • 透湿性を保ちながら、20,000mmH2O以上の高耐水性を保持

「スポルディング OIN 3590 3600」の特徴

環境温度の変化に合わせて快適な温度に調整する、高機能な透湿防水素材を採用しています。透湿性を保ちつつ、20,000mmH2O以上の高耐水圧で雨の日も大丈夫です。

こんな人におすすめ
気温に合わせて靴内を快適に保つ機能や優れた透湿性と高耐水圧は、1年を通しての普段履きやウォーキングにおすすめです。

メレル Moab2 Mid Gore-Tex Wide Width

次に紹介するおすすめの普段履きできるトレッキングシューズは、「メレル Moab2 Mid Gore-Tex Wide Width」です。

タイプミドルカット
対象レディース
サイズ22~27cm
アッパー素材合成素材
ソールの素材ゴム
ソールの厚さ
かかとの高さ5cm
防水性
透湿性
評価・レビュー
登山時の歩きやすさ
(4.0)
普段履きでの歩きやすさ
(5.0)
機能性
(5.0)
ポイント
  • 屈曲性の良い素材が、軽快な歩行をサポート
  • 履き心地の良さとホールド性を両立
  • 軽量なボディで歩行時の足の負担を軽減

「メレル Moab2 Mid Gore-Tex Wide Width」の特徴

防水性と透湿性を兼ね備え、季節を問わずに快適な靴内の環境を保つのがポイントです。屈曲性の良い素材と良好なホールド性で、軽快な動きをサポートします。

こんな人におすすめ
タウンユースをメインに、低山のハイキングでも履きたい人におすすめです。

メレル レディース Moab2 ミッド

次に紹介するおすすめの普段履きできるトレッキングシューズは、「メレル レディース Moab2 ミッド」です。

タイプミドルカット
対象レディース
サイズ22~29cm
アッパー素材スエード・レザー・メッシュ
ソールの素材ゴム・樹脂
ソールの厚さ
かかとの高さ3.8cm
防水性
透湿性
評価・レビュー
登山時の歩きやすさ
(4.0)
普段履きでの歩きやすさ
(4.0)
機能性
(3.5)
ポイント
  • つま先側のソールがやわらかいため、舗装で歩きやすい
  • 滑りやすい路面でも優れたグリップ力を発揮
  • ゴツく見せないかわいいデザイン

「メレル レディース Moab2 ミッド」の特徴

デザインがゴツくなりがちなトレッキングシューズをかわいくまとめています。タウンユースで違和感の無いデザインは、普段履きに最適です。

こんな人におすすめ
トレッキングシューズに、ファッション性をプラスしたいレディースにおすすめです。

アディダス テレックス AX3 ミッド ゴアテックス BTI56

次に紹介するおすすめの普段履きできるトレッキングシューズは、「アディダス テレックス AX3 ミッド ゴアテックス BTI56」です。

タイプミドルカット
対象メンズ
サイズ26.5~30cm
アッパー素材合成繊維
ソールの素材ゴム
ソールの厚さ2.5cm
かかとの高さ3.5cm
防水性
透湿性
評価・レビュー
登山時の歩きやすさ
(4.5)
普段履きでの歩きやすさ
(4.5)
機能性
(5.0)
ポイント
  • 軽量なEVAソールが、濡れた路面で優れたグリップ力と軽快な動きをサポート
  • アッパー素材には、防水性と透湿性に優れたゴアテックスを採用
  • 通気性が良く蒸れにくい

「アディダス テレックス AX3 ミッド ゴアテックス BTI56」の特徴

軽量で通気性・防水性・透湿性に優れたゴアテックスをメイン素材に使用しています。グリップ力も優秀で、濡れた路面でも歩きやすいのがポイントです。

こんな人におすすめ
快適な靴内環境を保持しつつ、軽快でストレスフリーなトレッキングシューズを求めている人におすすめです。

コロンビア セイバー4ミッド アウトドライ YM7463

次に紹介するおすすめの普段履きできるトレッキングシューズは、「コロンビア セイバー4ミッド アウトドライ YM7463」です。

タイプミドルカット
対象メンズ
サイズ25.5~28cm
アッパー素材ウォータープルーフシンセティックレザー
ソールの素材
ソールの厚さ
かかとの高さ
防水性
透湿性
評価・レビュー
登山時の歩きやすさ
(4.0)
普段履きでの歩きやすさ
(4.5)
機能性
(4.5)
ポイント
  • 通気性の良いメッシュ素材で蒸れにくい
  • 衝撃吸収性が良いテックライトを採用
  • 内側にあしらった防水メンブレンが水の侵入を防ぐ

「コロンビア セイバー4ミッド アウトドライ YM7463」の特徴

グリップ力に優れたソールは、水に濡れた場面でも滑りません。衝撃吸収性に優れたテックライトが、足にかかる負担を軽減します。

こんな人におすすめ
通気性が良い上に水が浸透しにくく、濡れた路面でも優れたグリップ力を発揮するので、釣りにおすすめです。

キャラバン C1_02S

次に紹介するおすすめの普段履きできるトレッキングシューズは、「キャラバン C1_02S」です。

タイプハイカット
対象メンズ・レディース
サイズ22.5~30cm
アッパー素材合成皮革
ソールの素材
ソールの厚さ
かかとの高さ
防水性
透湿性
評価・レビュー
登山時の歩きやすさ
(5.0)
普段履きでの歩きやすさ
(3.5)
機能性
(4.0)
ポイント
  • アキレス腱に当たる部分は、浅めのカットで動きやすさをキープ
  • つま先は、ゆったりとしたサイズ感
  • インソールクッションシステムで歩行時にかかる足の衝撃を吸収

「キャラバン C1_02S」の特徴

アキレス腱の当たる部分を浅くカットしているため、足首の動きの自由度が向上しています。インソールクッションシステムが着地の衝撃を吸収するため、足に負担がかかりません。

こんな人におすすめ
本格的な登山を視野に入れている人におすすめです。

Ansbowey トレッキングシューズ

次に紹介するおすすめの普段履きできるトレッキングシューズは、「Ansbowey トレッキングシューズ 」です。

タイプハイカット
対象メンズ・レディース
サイズ25~29.5cm
アッパー素材ポリウレタン
ソールの素材EVAゴム
ソールの厚さ
かかとの高さ4cm
防水性
透湿性
評価・レビュー
登山時の歩きやすさ
(3.5)
普段履きでの歩きやすさ
(4.0)
機能性
(3.5)
ポイント
  • 個性を主張しすぎない色合いが、さまざまなコーディネートにマッチする
  • 統一感のあるやわらかな色合いでおしゃれ感をアップ
  • サイドジップ式だから、靴紐をほどかずに脱着が可能

「Ansbowey トレッキングシューズ 」の特徴

サイドジップを採用しているので、靴紐をほどかなくても脱着できます。厚めのソールを採用したシンプルなデザインで、カーゴパンツと相性が抜群です。

こんな人におすすめ
おしゃれなトレッキングシューズをコーディネートのアクセントにしたい人は、ぜひチェックしてみてください。

Amazon.co.jp おすすめ商品

普段履きできるトレッキングシューズの重要ポイントまとめ

普段履きできるトレッキングシューズの重要なポイントは以下の3つです。

  • トレッキングシューズのタイプは、ハイカット・ミドルカット・ローカットの3種類
  • スニーカーよりもワンサイズ大きめを選ぶ
  • 普段履きにはローカット、またはミドルカットがおすすめ
登山用の靴 安いのに機能性バツグン!トレッキングシューズのおすすめ15選 登山をする男性 【おしゃれで機能的】登山用靴下おすすめ10選!夏冬の違いや優先順位も 安くて軽い寝袋おすすめ コスパ最強!安くて軽い寝袋(シュラフ)のおすすめ20選|コンパクトなタイプや冬用など
Amazon プライム対象