サンオイルはどう選ぶ?おすすめ人気ランキング10選。綺麗に焼けたい

砂浜で日焼けしながら仰向けになっている女性

今度の夏はサンオイルを使って、ぜひ日焼けを楽しんでみませんか。今回は人気のサンオイルについて、ランキング形式でおすすめアイテムをピックアップ。ローション、スプレーやジェルタイプ、海で便利なウォータープルーフ対応まで幅広く紹介します。

紫外線をしっかりとブロックして、保湿しながら美しい小麦色や真っ黒な肌になれるものが勢揃い。カッコ良く日焼けしたい男性はもちろん、きれいな肌を目指したい女性も必見ですよ。

また、「そもそもサンオイルって何?日焼け止めとどう違うの?」といった基本も含めて解説します。SPF値の違いと選び方のポイントも載せているので、薬局やドンキで見比べる際の参考にしてみてくださいね。

ペットボトルの水で顔から水浴びする男性 【2022】熱中症対策グッズおすすめ18選。現場仕事や農作業、子育て中の方も必見 オーガニックな日焼け止め オーガニックの日焼け止めおすすめ人気12選!赤ちゃん、自然に優しい サーフィン用の日焼け止め サーフィンにおすすめの日焼け止め最強7選!頭皮使用可能など

サンオイルとは?効果は?

男女のカップルが日焼けしている様子
サンオイルとは、お肌のトラブルの元となる紫外線の一部をブロックしてくれるUVケアアイテムです。紫外線はA波・B波といった種類があり、サンオイルを使った日焼けでは主に、メラニン色素に反応して肌を黒くするA波を利用します。肌に強い刺激を与えて炎症を起こしてしまう有害なB波は通しません。

安全に日焼けを楽しむために、サンオイルはぜひ持っておきたいグッズ。ただ、サンオイルを使っていても、真昼を避ける・アフターケアを欠かさないといった工夫も大事です。

サンオイルのタイプ

日焼けした手
サンオイルの主な3つのタイプを解説します。

  • 使用感が心地良い王道のオイルタイプ
  • 肌のケアに優れたローション・クリームタイプ
  • 塗りやすいスプレータイプ

使用感が心地良い王道のオイルタイプ

サンオイルではオイルタイプがオーソドックスで、販売している製品も多いです。豊富な種類から選べるのではじめての方におすすめ。肌に伸ばしやすくサラサラとした使い心地が主な特徴になります。

オイルの油膜で水を弾くため、他のタイプよりも比較的汗・水で流れにくい点もポイント。ただ、海やプールに入りながら使うのであれば、ウォータープルーフかどうかもチェックしましょう。

肌のケアに優れたローション・クリームタイプ

ローションやクリームタイプのサンオイルは美容成分を豊富に配合しているものが多く、しっとりとした塗り心地が主な特徴。オイルタイプよりはベタつきがちなものの、日焼けしながらお肌の潤いをキープできます。

乾燥肌や敏感肌の方が日焼けしたい場合におすすめなタイプ。中にはオイルに近いサラサラ質感のアイテムもあるので、軽めのテクスチャーが好みであれば使用感のレビューを参考にしてみましょう。

塗りやすいスプレータイプ

サンオイルも一般の日焼け止めと同様に、こまめに塗り直して効果を持続させるのが大切。塗り直す手間が面倒という方には、使い勝手の良いスプレータイプがおすすめです。一人で日焼けを楽しむ場合でも、背中など見えない場所へ簡単に付けられます。

ただ、吹きかけただけでは他のタイプよりもムラが出てしまう点には注意。手の届く範囲は軽く塗り込んでおきましょう。

サンオイルの注目したい機能・性能

砂浜で水着を着て寛ぐ2人の女性
サンオイルの注目したい機能・性能は、以下の3つです。

  • 小麦色から真っ黒肌まで好みの色へ仕上げる
  • お肌の健康に寄りそう保湿成分配合
  • 南国気分をイメージさせる個性的な香り

小麦色から真っ黒肌まで好みの色へ仕上げる

サンオイルはSPF値によって、仕上がりの肌色が異なります。SPFは0~4まであり、0に近いほど紫外線カットの効果が抑えられていて焼けやすいです。一般的な目安として、SPF2~4は小麦肌、SPF0~1は濃く黒い肌に。

ただ、日焼けの初心者やデリケートな肌の方は、最初からSPF0~1を使うと肌を傷める可能性があります。SPF4から徐々に低い数値へ慣らしていき、目指したい肌色へ安全に近づけましょう。

お肌の健康に寄りそう保湿成分配合

SPF値が低いサンオイルで深みのある黒い肌に仕上げたいと考えた場合、気になる点といえば日焼けに伴う乾燥などお肌へのダメージではないでしょうか。

サンオイルは基本的に、SPF値が低いものでも潤い成分が含まれています。日焼け中でもお肌を保湿して守ってくれるので安心。中にはオーガニックのエキスを使ったアイテムもあり、敏感肌の方は成分の内容もぜひチェックしてみてください。

南国気分をイメージさせる個性的な香り

サンオイルの注目ポイントには、魅力的な香りも挙げられます。ココナッツ、バナナなど、甘くてフルーティーな香りが多いのが特徴。

ハワイのビーチなどリゾートを彷彿とさせ、日焼けをより楽しませてくれます。柑橘系のフレッシュな香りやほのかな微香タイプなど、香りのバリエーションは豊富なので、甘い香りが苦手な方でも気分を上げられるでしょう。

サンオイルと日焼け止めの違い

サンオイルと日焼け止めの主な違いは、カットする紫外線の範囲です。

まず、日常で浴びる紫外線の9割がA波といわれるもので、メラニン色素を生み出して肌を黒くする作用があります。残りの1割がB波で、細胞を傷つけて炎症を起こすなどA波よりも強い刺激を伴ったものです。

日焼け止めはA波とB波の両方をブロックし、肌色が変わるのを防止する効果があります。一方、サンオイルはB波の到達を防いでお肌を守り、A波による日焼けで肌色を変えるアイテムです。皮膚に有害な影響を与える波長を避ける点は共通なので、基本的には肌色の好みによって使い分けるのがよいでしょう。

ムラなく綺麗に。サンオイルの使い方

STEP.1
ムラに気をつけてまんべんなく塗る
きれいに焼くためには、サンオイルをムラなく伸ばしてなじませるように塗るのが大切。手が届かない場所は他の人に手伝ってもらうか、スプレータイプのサンオイルを利用してもいいでしょう。
STEP.2
塗り直しながら日焼けする
汗をかいたり水遊びなどでサンオイルが落ちた際や、ウォータープルーフのものでも2時間おきに塗り直して効果をキープしましょう。また、肌への負担を軽減するため、日焼けの時間帯を夕方辺りにするなど、紫外線の強い時間帯を避けるのがおすすめです。
STEP.3
日焼け後のアフターケアを忘れずに
日焼けで火照った身体を放置すると、乾燥肌の悪化などトラブルに繋がる可能性があります。サンオイルを使って日焼けした際にも必ず、アフターサンケアグッズなどを使ってしっかりと保湿しましょう。
完了!

サンオイルの選び方

サンオイルの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 肌に適したSPF値で選ぶ
  • 自分に合うタイプを選ぶ
  • 好きな香りで選ぶ

肌に適したSPF値で選ぶ

サンオイルのSPF値は0~4まで種類があります。SPFは紫外線B波の防止力を表し、数値が低いほど日焼けしやすくなるもの。ただ、日焼けに慣れていない場合は、肌がヒリヒリと赤くなるサンバーンを引き起こしてしまいます。

肌が弱い方やはじめて日焼けをする際は、SPF2~4のサンオイルから使い始めるのがおすすめです。ある程度日焼けの経験があり、既に小麦肌が完成されている場合(メラニン色素が多く日焼けに強い状態)は、SPF0~1を選んでもいいでしょう。

自分に合うタイプを選ぶ

サンオイルのテクスチャーは一般的なオイルタイプの他、ローションやクリーム、スプレー、ジェル状のものなどさまざまです。ぜひ使い勝手の良いタイプを選び、快適に日焼けを楽しみましょう。

たとえば、サラサラ質感でなめらかな使い心地が良ければオイルを。塗り直しも簡単にしたい場合は便利なスプレータイプや、汗で落ちにくいウォータープルーフ対応がおすすめです。保湿面も重視したい方はしっとり系のクリームやローションをチェックしてみてくださいね。

好きな香りで選ぶ

サンオイルは香り付きのものが多いので、選ぶポイントとしても重要です。「定番のココナッツ系の香りは気分が上がりそう」「爽やかな香りに癒されたい」など、日焼けの時間が楽しみになる香りをぜひ探してみてください。

もちろん、クセの強くない香りや、無香料タイプのサンオイルもあります。香りが苦手な方も忘れずチェックしておきましょう。

サンオイルのおすすめランキング10選

サンオイルのおすすめランキング10選を紹介します。

【10位】ブラックコング ダークタンニングオイルSPF4

最初に紹介するおすすめのサンオイルは、「ブラックコング ダークタンニングオイルSPF4」です。

日焼け後の肌色小麦色
SPF4
タイプオイル
香りココナッツ
ウォータープルーフ
評価・レビュー
肌の仕上がり
(4.0)
使用感
(4.0)
撥水力
(3.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 保湿成分配合でお肌を乾燥から守る
  • ベタつきにくく伸ばしやすい
  • 南国ムードに浸れるココナッツの香り

「ブラックコング ダークタンニングオイルSPF4」の特徴

真夏でもサンバーンを防ぎ、お肌を守りながら日焼けできると好評なサンオイルです。2~3時間間隔でこまめにぬり直して使い、ちょうどいい小麦色の肌へ仕上げられます。

こんな人におすすめ
はじめて日焼けする人や、黒い肌へ向けた下地を準備したい場合におすすめです。

【9位】CALIFORNIA TAN カリフォルニアタン HELIX ヒーリックスX

次に紹介するおすすめのサンオイルは、「CALIFORNIA TAN カリフォルニアタン HELIX ヒーリックスX」です。

created by Rinker
CALIFORNIA TAN(カリフォルニアタン)
¥5,000 (2022/08/20 00:40:03時点 Amazon調べ-詳細)
日焼け後の肌色真っ黒
SPF
タイプローション
香り
ウォータープルーフ
評価・レビュー
肌の仕上がり
(4.5)
使用感
(4.5)
撥水力
(3.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 各国で人気のブランドアイテム
  • 太陽の光でより美しい肌を目指す日光療法をテーマに開発されたサンオイル
  • クセがない香りで無香料タイプが良い方にもぴったり

「CALIFORNIA TAN カリフォルニアタン HELIX ヒーリックスX」の特徴

さらさらとした使い心地できれいに日焼けできると、高評価な口コミが多いサンオイルです。美容成分配合で保湿面も安心。外、日焼けマシンの両方に対応している点も便利です。

こんな人におすすめ
良質なブランド品が欲しい方や、日焼けサロンと併用したい方におすすめです。

【8位】コパトーン ゴールデン タン オイルフリー ローション (SPF4)

次に紹介するおすすめのサンオイルは、「コパトーン ゴールデン タン オイルフリー ローション (SPF4)」です。

日焼け後の肌色小麦色
SPF4
タイプローション
香りリゾート気分の爽やかな香り
ウォータープルーフ
評価・レビュー
肌の仕上がり
(4.0)
使用感
(4.0)
撥水力
(4.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 汗と水に強いウォータープルーフタイプ
  • オイルフリーでも軽く気持ちいい使用感
  • 南国をイメージさせる香りも人気

「コパトーン ゴールデン タン オイルフリー ローション (SPF4)」の特徴

UVケアアイテムを豊富に販売するコパトーンのサンオイルです。塗りやすいローションタイプで、明るい小麦肌になれるSPF4。ビタミンE誘導体がお肌を乾燥から守ります。

こんな人におすすめ
マリンスポーツなどで使える、撥水性に優れたサンオイルが欲しい方におすすめです。

【7位】TAVARUA(タバルア) サンドフリーサンタンオイル

次に紹介するおすすめのサンオイルは、「TAVARUA(タバルア) サンドフリーサンタンオイル」です。

日焼け後の肌色小麦色
SPF
タイプオイル
香り無香料
ウォータープルーフ
評価・レビュー
肌の仕上がり
(4.0)
使用感
(4.0)
撥水力
(3.5)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • お肌に砂がついても落としやすい
  • 潤いを与えて美肌に保つアロエベラ葉エキス、ヒマワリ種子油を配合
  • 無香料なところも珍しい特徴

「TAVARUA(タバルア) サンドフリーサンタンオイル」の特徴

オイルタイプながらもサンドフリーの特徴を備えており、海辺でも使いやすいサンオイルです。美容成分が含まれているので、日焼けしつつお肌のケアもできます。お手頃な価格帯も嬉しいポイントです。

こんな人におすすめ
リゾートビーチなど海辺で使えるサンオイルが欲しい方や、保湿ケアも重視したい方におすすめです。

【6位】メンターム サンベアーズサンタンローション

次に紹介するおすすめのサンオイルは、「メンターム サンベアーズサンタンローション」です。

日焼け後の肌色小麦色
SPF4
タイプローション
香り無香料
ウォータープルーフ
評価・レビュー
肌の仕上がり
(4.0)
使用感
(3.5)
撥水力
(4.5)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • コスパが良いと人気のサンオイル
  • デリケートな肌でもきれいに焼けるという口コミもあって安心
  • ウォータープルーフ対応で幅広いシーンに便利

「メンターム サンベアーズサンタンローション」の特徴

日焼けの下地作りにおすすめなSPF4のサンオイルです。天然のアロエエキスをブレンドしており、紫外線から守りながら保湿してくれます。顔を含めて全身に使え、無香料なので日常のお出掛けシーンでも気軽に日焼けを楽しめます。

こんな人におすすめ
お手頃価格にも関わらず優れた成分や仕様があり、コスパの良いサンオイルを探している方におすすめです。

【5位】ブラックコング ゴールデン タンニングオイル

次に紹介するおすすめのサンオイルは、「ブラックコング ゴールデン タンニングオイル」です。

日焼け後の肌色真っ黒
SPF0
タイプオイル
香りココナッツ
ウォータープルーフ
評価・レビュー
肌の仕上がり
(4.5)
使用感
(4.0)
撥水力
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • きれいな真っ黒に仕上がると実感した口コミが多い
  • 保湿オイルやエキス、ビタミンも含まれていて安心
  • よく伸びるオイルタイプ

「ブラックコング ゴールデン タンニングオイル」の特徴

SPF0のサンオイルで、小麦肌からさらにディープな黒い肌になれます。保湿に優れている・汗に強いなど好評なレビューがあり、リピーターもいる人気の商品です。

こんな人におすすめ
日焼けに慣れた方で、さらに深みのある肌へ仕上げたい場合におすすめです。

【4位】コパトーン トロピカル サンドフリー ハワイ (SPF2)

次に紹介するおすすめのサンオイルは、「コパトーン トロピカル サンドフリー ハワイ (SPF2)」です。

日焼け後の肌色濃い小麦色
SPF2
タイプオイル
香りココナッツ
ウォータープルーフ
評価・レビュー
肌の仕上がり
(4.5)
使用感
(4.5)
撥水力
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 小麦色の中でもよりディープな茶色へ近づける
  • 保湿ケアで涼しい季節に使う人もいる人気商品
  • 少量で塗りやすく、アウトドアのお出掛けシーンにもおすすめ

「コパトーン トロピカル サンドフリー ハワイ (SPF2)」の特徴

サラサラのオイルタイプながらも、潤い成分にはアロエベラエキスを配合。美容面も好評なサンオイルです。香りは人気の甘いココナッツ系。釣りなどアウトドアのレジャーで愛用する方も口コミに見られます。

こんな人におすすめ
軽めの使い心地でもお肌をしっとりさせてくれるサンオイルが欲しい方におすすめです。

【3位】ホロホロジェル ゴールド

次に紹介するおすすめのサンオイルは、「ホロホロジェル ゴールド」です。

created by Rinker
サンヨージャパン
¥2,350 (2022/08/20 00:40:08時点 Amazon調べ-詳細)
日焼け後の肌色好みに調整(日焼けサロン用)
SPF
タイプジェル
香り無香料
ウォータープルーフ
評価・レビュー
肌の仕上がり
(4.5)
使用感
(4.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 高評価な口コミの多い、日焼けサロン用サンオイル
  • ビタミンと潤いを肌へ与えて乾燥を防ぐ
  • 持ち運びやすいチューブタイプ

「ホロホロジェル ゴールド」の特徴

日焼けサロン向けのジェルタイプのサンオイルです。日焼け後の肌状態が良い、使い心地も満足と評判。別売りで便利な使い切りタイプもあります。

こんな人におすすめ
普段ジムを利用する方で、日焼けも合わせて行いたい際におすすめです。

【2位】ジェニュイン サンキング サンタンミルクウオーター

次に紹介するおすすめのサンオイルは、「ジェニュイン サンキング サンタンミルクウオーター」です。

日焼け後の肌色小麦色
SPF3(PA+)
タイプスプレー
香りグリーンシトラス/メントール
ウォータープルーフ
評価・レビュー
肌の仕上がり
(4.5)
使用感
(4.5)
撥水力
(3.5)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • PA+で紫外線A波も防ぎつつ、程良い小麦色に
  • 男性にも好まれる爽やかな香り
  • ボトルのデザインがカッコいい

「ジェニュイン サンキング サンタンミルクウオーター」の特徴

背中にも塗りやすいスプレータイプのサンオイルです。伸ばしやすいミルキータイプの液体で使い心地も抜群。天然の保湿成分や植物エキスが含まれていて、乾燥を心配せず日焼けを楽しめます。

こんな人におすすめ
紫外線A波もブロックしてくれるので、日焼け中もできるだけ肌への刺激を抑えたい方におすすめです。

【1位】コパトーン タンニング ウォーター SPF2

次に紹介するおすすめのサンオイルは、「コパトーン タンニング ウォーター SPF2」です。

created by Rinker
コパトーン
¥1,130 (2022/08/20 00:40:09時点 Amazon調べ-詳細)
日焼け後の肌色濃い小麦色
SPF2
タイプスプレー
香りココナッツ
ウォータープルーフ
評価・レビュー
肌の仕上がり
(4.5)
使用感
(4.5)
撥水力
(3.5)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • コパトーンの使いやすいスプレータイプ
  • ほんのり香る王道のココナッツ
  • Amazonランキングのサンオイルカテゴリでトップの実績あり

「コパトーン タンニング ウォーター SPF2」の特徴

オイルよりも軽く、ベタつきのない心地良い使用感が好評なサンオイルです。スプレーで塗り直しも簡単。こまめに使うときれいに焼けると評判です。使い終わった後も石鹸で簡単に落とせます。

こんな人におすすめ
人気のサンオイルの中でも扱いやすく、ちょうどいいSPF値のアイテムなので、幅広い方におすすめです。
Amazon.co.jp おすすめ商品

サンオイルの重要ポイントまとめ

サンオイルの重要なポイントは以下の3つです。

  • なりたい肌をイメージしてサンオイルを選ぼう
  • はじめてなら無理せず、SPF値の高いサンオイルを使って日焼けに慣れていこう
  • 特徴的な香りや使い勝手、成分も注目してぴったりなものを選ぼう
ペットボトルの水で顔から水浴びする男性 【2022】熱中症対策グッズおすすめ18選。現場仕事や農作業、子育て中の方も必見 オーガニックな日焼け止め オーガニックの日焼け止めおすすめ人気12選!赤ちゃん、自然に優しい サーフィン用の日焼け止め サーフィンにおすすめの日焼け止め最強7選!頭皮使用可能など
Amazon プライム対象