テンキーをなくしたことによって、通常よりもコンパクト・省スペースなのがテンキーレスキーボードです。

この記事では、ポータブル用の小型キーボードや、テンキーが不要なゲーム専用キーボードなど、さまざまな種類のテンキーレスキーボードを紹介していきます。テンキーレスキーボードを選ぶ際に気を付けたいポイントも合わせて解説します。




テンキーレスキーボードとは

テンキーレスキーボードとは、通常のキーボードであれば右端に配列されているテンキー(数字キー)がないのが特徴のキーボードです。

ワイヤレスキーボードなどの持ち運びを想定したコンパクトなキーボードや、PCゲームでの使用を想定したゲーミングキーボードなどの需要が増える中で、テンキーレスキーボードの種類も豊富になってきました。
比較的省スペース、キーボードの中心がパソコン画面の中心と一致するなどがテンキーレスキーボードの利点です。

こんな人にはテンキーレスキーボードがおすすめ!

マウスを自由に、広々と使いたい

テンキーの使用頻度が高くなく、マウスをよく使う人にはテンキーレスキーボードがおすすめです。テンキーレスキーボードは、テンキーがない分横幅が狭く、コンパクトです。

デスクが狭くて、テンキー付きのフルキーボードだとマウスを動かせる範囲が少なくなってしまうという人は、テンキーレスキーボードにするだけでかなりのスペースを確保できます。

鞄にキーボードを入れて持ち歩きたい

仕事場と家の両方で使い慣れたキーボードを使いたいという人は、持ち歩くのが苦にならない小さく軽い製品の多いテンキーレスキーボードがおすすめです。

最近は、タブレット端末などでの使用を想定したワイヤレスのポータブルテンキーレスキーボードも増えています。今回は、据え置き型とポータブル型の両方の製品を紹介します。

テンキーレスキーボードの選び方のポイント

ワイヤレスか有線か

テンキーレスキーボードに限りませんが、キーボードをパソコン本体と接続するためのインターフェースは大きく分けるとUSBなどの優先接続か、Bluetoothなどを利用したワイヤレス接続の二種類です。

ワイヤレスであれば持ち運びや取り回しは容易ですが、接続の安定性が低い・キーの同時入力ができない場合もあるなどのデメリットもあります。

キーボード本体の重さ・サイズ

タブレットやスマートフォンが登場しタッチパネル形式が一般的になる中で、外付けキーボードを使用する人も増えています。

外出先などでタブレットなどと合わせて使うことを想定し、キーボードも持ち運びやすいようどんどん軽量化し、200g以下の製品もあります。携帯して使うことを想定しているのであれば、本体のサイズ・重さは要チェックです。

キーの種類・配列

テンキーレスキーボードは、テンキーがないのは全て共通ですが、それ以外のキー配列は製品によって異なります。日本語・英語配列のちがいなどだけでなく、特定のコマンドキーがあるかどうか、はあるかどうか、CTRLやALTの位置なども異なります。

自分に使い慣れている・使いやすいキー配列になっているかも重要なポイントです。

おすすめのテンキーレスキーボード10選

Realforce TKL SA / R2TLSA-JP3

Realforce TKL SA / R2TLSA-JP3のおすすめポイント3つ

  • オール30gのキー荷重で、軽やかな打ち心地
  • APC機能でオン位置を調節可能
  • 5000万回以上の打刻に耐える耐久性

Realforce TKL SA / R2TLSA-JP3のレビューと評価

軽くて疲れない!楽々です

軽いけどタイピングしているときの気持ちよさは失われていません。長時間のタイピングで常に腱鞘炎気味でしたが、腕がつかれなくなった気がします。テンキーはほとんど使わないので、この91キーのモデルでも

Realforce TKL SA / R2TLSA-JP3の仕様・製品情報

寸法(幅×奥行×厚さ)142mm x 369mm x 30mm
重さ1.1Kg
ケーブル長1.7m
キー数91キーレイアウト
荷重ALL 30g

AOTECH キーボード ブラック FKBJ-86BK

AOTECH キーボード ブラック FKBJ-86BKのおすすめポイント3つ

  • 汚れたら水洗い可能な防水キーボード
  • シリコン製でくるっと丸めて持ち運べる!
  • PS/2接続対応で、どんなパソコンでも使える

AOTECH キーボード ブラック FKBJ-86BKのレビューと評価

変わり種だけど、一つあったら便利

シリコン製で珍しいタイプなので試しに買ってみました。意外にもちゃんとキーボードとして使えます。くるくると丸めておいておけるし、水洗いできるのでほこりなども気にならないので、一つ持っておくと便利です。

AOTECH キーボード ブラック FKBJ-86BKの仕様・製品情報

キー数86キー
寸法13.5 x 35 x 1.2 cm
重量約240g
インターフェースUSB / PS2 両対応

エレコム Bluetoothキーボード マルチデバイス TK-DCP03BK

エレコム Bluetoothキーボード マルチデバイス TK-DCP03BKのおすすめポイント3つ

  • 有線・無線どちらでも使える!
  • タブレット&スマートフォンを立てられるスタンド付
  • キーボードだけでタブレットを使えるトラックボール搭載

エレコム Bluetoothキーボード マルチデバイス TK-DCP03BKのレビューと評価

置くだけで使える、便利な一台!

上部の溝(スタンド)に置くだけで電源が入ってすぐ接続できます。通常のキーボードとしても、使い心地は悪くありません。タブレットもしくはスマートフォン用のキーボードとしては、機能的にはこれが一番便利な気がします。

エレコム Bluetoothキーボード マルチデバイス TK-DCP03BKの仕様・製品情報

キー数87キー(日本語配列)
寸法幅280×奥行200×高さ27.5mm
重量約555g(電池除く)
インターフェースBluetooth(R)/USB A/USB microB
電源単3形アルカリ乾電池、単3形マンガン乾電池、単3形ニッケル水素2次電池のいずれか1本/USB バスパワー

アイクレバー Bluetoothキーボード 折りたたみ式 IC-BK06

アイクレバー Bluetoothキーボード 折りたたみ式 IC-BK06のおすすめポイント3つ

  • 12mm、174gの超軽量!超薄型!
  • 360度開ける折り畳み式、外装はレザーで質感抜群
  • 60時間のバッテリー持ちで、持ち運びに最適

アイクレバー Bluetoothキーボード 折りたたみ式 IC-BK06のレビューと評価

スマートな折り畳み式キーボード

折り畳み式は、見た目ががっちゃいものが多いですが、これはすっきりしているし外側がレザーなので質感・見た目共にスマートで良いですね。開いたとき斜めに角度がついているのが、自然で打ちやすいです。接続も問題ありません。

アイクレバー Bluetoothキーボード 折りたたみ式 IC-BK06の仕様・製品情報

キー数87キー(日本語配列)
寸法12 x 0.5 cm
重量約174g
カラー
電源バッテリー

ロジクール PRO テンキーレス メカニカル ゲーミング キーボード

ロジクール PRO テンキーレス メカニカル ゲーミング キーボードのおすすめポイント3つ

  • eスポーツアスリートの使用を想定したプロ仕様ゲーミングキーボード
  • 高度なメカニカルキーボードで、精度・速さ・耐久性を兼ね備えた
  • コンパクトかつ丈夫なデザイン、ケーブル取り外し可能

ロジクール PRO テンキーレス メカニカル ゲーミング キーボードのレビューと評価

ゲーミングキーボードとして優秀

使っていても、へ垂れる感じが全然なく、今後の耐久性にも期待を持っています。

ロジクール PRO テンキーレス メカニカル ゲーミング キーボードの仕様・製品情報

ケーブル長180cm
寸法34.3×360×153mm
重量980g
キー配列91キー日本語レイアウト
カラーブラック
複数キー同時押し対応(最大26キー)

REALFORCE87UB

REALFORCE87UBのおすすめポイント3つ

  • 便利なDPI機能搭載で簡単カスタマイズ
  • 英語配列で変荷重・静音タイプ
  • ゲームユーザー用交換キートップ付属

REALFORCE87UBのレビューと評価

ゲーム用に最適

DPI搭載で簡単にWindowsキーの無効化などができるので、ゲームをする時など助かっています。変荷重は、普段の書類仕事の時などやはり疲れ感がちがいます。あと、ゲームユーザー向けにキートップのカラーも変更できるのも地味に気に入ってます。

REALFORCE87UBの仕様・製品情報

寸法(幅×奥行×厚さ)
重さ1.2kg
ケーブル長1.6kg
配列英語ASCII・87キー

Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma テンキーレスゲーミングキーボード ゙

Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma テンキーレスゲーミングキーボード のおすすめポイント3つ

  • 最小作動圧50gのRazerメカニカルスイッチ
  • 8,000万回以上のキーストローク寿命で、耐久性抜群
  • 1680万色に光るライティングで、自分好みに見た目もカスタマイズ

Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma テンキーレスゲーミングキーボード のレビューと評価

ゲーミング専用キーボードの良さを実感

テンキーレスだと、左手の自然な角度に動かして使用したりできるのでゲーミングには最適なサイズだと思います。Razerの打鍵感の評判通り、軽いけど叩いている感じがあっていいです。連打してお音はうるさくないし、しっかり認識してくれます。

ロジクール PRO テンキーレス メカニカル ゲーミング キーボードの仕様・製品情報

ケーブル長180cm
寸法34.3×360×153mm
重量980g
キー配列91キー日本語レイアウト
カラーブラック
複数キー同時押し対応(最大26キー)

BUFFALO BSKBB24BK Bluetooth対応コンパクトキーボード

BUFFALO BSKBB24BK Bluetooth対応コンパクトキーボードのおすすめポイント3つ

  • 重さわずか159gで、カバンに入れても楽々持ち歩ける
  • 個々のキーが独立した「アイソレーションタイプ」でミスタッチを減らす
  • 電池交換なしで5ヶ月使える、電池長持ちモデル

BUFFALO BSKBB24BK Bluetooth対応コンパクトキーボードのレビューと評価

コンパクトだけど、キーは打ちやすい

出来るだけ薄くて軽いキーボードと思って探していましたが、これが一番軽かったです。パンタグラフ式なので、キー自体は薄いけど押した感じもあって打ちやすい。タイピングの音も静かで、どこでも気軽に使えます。

BUFFALO BSKBB24BK Bluetooth対応コンパクトキーボードの仕様・製品情報

寸法(幅×奥行×厚さ) 233×6×125mm
重さ約152g
キー数64キー
連続使用時間約189時間

Happy Hacking Keyboard Professional2 PD-KB400WN

Happy Hacking Keyboard Professional2 PD-KB400WNのおすすめポイント3つ

  • 静電容量無接点方式で、プロ仕様の使い心地と耐久性
  • 無駄を削ぎ落とした究極のフォルムとマットな質感
  • 無刻印で、視界から余計な情報をシャットアウト

Happy Hacking Keyboard Professional2 PD-KB400WNのレビューと評価

余計なものが何一つない

プログラマーに利用者の多いHHKPのテンキーレスキーボード。テンキーだけでなくキー表面の刻印も一切なしで、本当に余計なものは全て削ぎ落としたデザインです。シンプルだけど、だからこその使いやすさを実感しています。

Happy Hacking Keyboard Professional2 PD-KB400WNの仕様・製品情報

キー数 US配列60キー
寸法 294(W) x 110(D) x 40(H) キートップ上面まで
重量530g
ケーブル着脱式(1.8m)
白、黒

Filco Majestouch2 Tenkeyless FKBN91M/JB2

Filco Majestouch2 Tenkeyless FKBN91M/JB2のおすすめポイント3つ

  • リニューアルした二層基盤で、打鍵感・信頼性・耐久性が大幅向上
  • Nキーロールオーバー対応!PS/2接続なら全キー同時押し可能USB
  • 軽快な打ち心地の茶軸キースイッチを採用

Filco Majestouch2 Tenkeyless FKBN91M/JB2のレビューと評価

書類仕事とゲーム、どちらにも使える!

メカニカルキーボードを今回初めて購入しました。テンキーレスで、机の上で邪魔にもならず、しっかりとした本体は安定感が有って気に入っています。茶軸キースイッチは、確かに軽くて打ちやすいけど打鍵感はあるので、仕事もはかどる気がします。ゲームをやる時も、この軽さとレスポンスの速さでいろいろと楽になりました。

Filco Majestouch2 Tenkeyless FKBN91M/JB2の仕様・製品情報

キー数91キー
キースイッチCherry MX 茶軸 (tactile feel)
寸法幅357×奥行137×高さ37mm(スタンド使用時49mm)
重量980g
インターフェースPS/2,USB (PS/2は変換コネクタを使用)

まとめ

今回の記事では、テンキーレスキーボードのおすすめポイント、選ぶ際の注意点を解説した上で、実際におすすめの10製品を紹介しました。種類豊富なテンキーレスキーボード、目的に合わせて選んでみてください。