【ポータブル電源は買うべきか】BougeRV ポータブル電源 Flash 300 レビュー・評価【2023年】

flash300

※本サイトはプロモーションが含まれています。

こんにちは。ぐーちょ編集部です。

停電などの災害時や、車中泊、アウトドアに便利なポータブル電源は買うべき?
あれば安心、便利と分かっているけれど、価格が高く、なかなか購入に踏み出せない方もいるのではないでしょうか。

今回はBougeRV ポータブル電源【Flash 300】を実際に使用したレビューを踏まえて「ポータブル電源は必要か?」「ポータブル電源の選び方」なども解説していきます。

ポータブル電源の購入をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。


ポータブル電源おすすめ
キャンプ・アウトドアに!最強のポータブル電源ランキング9選。日本製やパススルー対応など

クーポン配布中!

16%OFFクーポンコード:AJP16
有効期限:2023年12月31日まで

BougeRV ポータブル電源 【Flash 300】どのくらいの時間使用できる?

バッテリー容量 286WH
600Wまでの家庭用電気製品が使用できます。

携帯(3200mAh)約20回
カメラ(15Wh)約16回
ラジオ(10W)約20時間
扇風機(10W)約20時間
ゲーム機(15W)約15時間
LEDライト(20W)約12時間
タブレット (28.6Wh)約9回
ドローン (30Wh)約9回
パソコン(50Wh)約5回
車載冷蔵庫(50W)約7時間
電気毛布(40W)約6時間
テレビ(14W)約2時間
掃除機(270W)約1時間
炊飯器(350W)約1時間

ぐーちょ編集部

ポータブル電源を0%まで使い切るとバッテリーの劣化に繋がるので、電源は少し残した状態で使用をやめた方がいいと思います。
ちなみにBougeRV ポータブル電源 【Flash 300】はACアダプター充電で約45分間でフル充電できます!

BougeRV ポータブル電源を海に持って行って炊飯器でビリヤニを作りました(笑)

海でビリヤニを作りました
BougeRVのポータブル電源 【Flash 300】と炊飯器を持って海に出かけました。
途中で電源が切れるハプニングがありましたが、美味しいビリヤニ(インドの炊き込みご飯)は炊きあがるのでしょうか。

実際に使用したレビューを踏まえながらBougeRV ポータブル電源 【Flash 300】を紹介します。

記事の最後に、 ポータブル電源で作るビリヤニの作り方も載せているのでぜひご覧ください。(笑)

BougeRV おすすめのポータブル電源

【PR】BougeRV ポータブル電源 【Flash 300】急速充電30分間0~90% LEDライト付き 286Wh

サイズ30×20×19cm
重量6.6kg
バッテリー容量286WH
充電方式ACアダプター、ソーラーパネル、DCアダプター、YSB-C充電
出力方式AC×2(0/60Hz 純正弦波, 600W Max)、USB-A×2(5V/2.4A, 12W)、USB-A QC 3.0×1(5V/3A, 15W; 9V/2A, 18W)、
USB-C×1(5/9/12/15/20V, 5A 100W Max)、シガソケットポート(13.5V/10A, 135W Max)、ワイヤレス充電(5V/3A, 15W Max)
パススルー充電△ バッテリーに損傷を与えるため、パススルー充電はおすすめしません。
サイクル寿命700+ 回数以上のサイクルで80%の容量
評価・レビュー
充電速度
(5.0)
容量・出力
(4.5)
耐久性
(4.0)
機能性
(4.5)
安全性
(4.5)
ポイント
  • 業界唯一、PV入力(ソーラー発電)が600Wに達するポータブル電源です。
  • 0%から最短30分間で90%まで高速充電、45分でフル充電されます。
  • 背面は4つの点灯モードが選べるライトになっていて、災害などの緊急時も安心です。
  • ほとんどの家庭用電気製品を動かすことができます。
  • コンパクトなデザインで、ハンドルが付いているので持ち運びに便利です。
  • スマートフォンは置くだけでワイヤレス充電が可能です。
  • 電気用品安全法の安全基準に適合したPSE認証製品です。
  • 不良が発生した場合もカスタマーセンターが24時間以内に対応します。

「BougeRV ポータブル電源 【Flash 300】」の特徴

定格出力600W、消費電力600Wの大容量設計が特徴で、同じ286Hhの一般的なポータブル電源では稼働させることができない掃除機や炊飯器などの電気製品を稼働させることができます。

ACコンセントとソーラーパネルでの充電は最大600Wです。
PV入力(ソーラーパネル)が600Wに達するポータブル電源は他社にない唯一の性能です。
ソーラーパネルがあれば、ACコンセントでの充電と同じように最短30分で0%から90%まで充電、45分でフル充電が完了します。

また、BougeRV ポータブル電源は安全基準に適合したPSE認証製品です。
電圧や温度を管理し、過充電や過放電を防止します。また、雷雨の天候時などに自己保護機能が起動する安全設計です。

「BougeRV ポータブル電源 【Flash 300】」を使ってみました

BougeRVのポータブル電源 【Flash 300】でビリヤニを作ってみました。
開封~ビリヤニ完成までの様子をレビューします!

BougeRV ポータブル電源 の付属品

検証①
開封
操作がわかりやすい。
大型の液晶画面が見やすく感覚的に操作できます。また、説明書も日本語で端的に書かれていて、とてもわかりやすいです。
デザインがおしゃれなだけでなく、水やホコリが入らないようにポートカバーがついていたり持ち手がついていたり気の利いたデザインが良かったです。
検証②
充電
充電がめっちゃ速い。
充電するのを忘れていたので、使用する日の朝起きてから充電しましたが、準備している間にフル充電されました。
検証③
BougeRV ポータブル電源を持って海へ
トラベルクッカーでお湯を沸かす
海に到着後、早速、BougeRV ポータブル電源をトラベルクッカーに接続。
お湯を沸かして、マサラチャイを飲みました。
検証④
炊飯器をつないでビリヤニを作ります
BougeRV ポータブル電源 【Flash 300】は、炊飯器を使用することができます。
仕込んできた具材と一緒に炊飯スタート。ここでのバッテリー残量67%。
スパイシーな香りがビーチに広がります。
検証⑤
途中で電源が切れる
ちゃんと説明書を読んでいなかったので悲劇が起こりました。
残量10%を切ったところで一気に残量がなくなり電源が切れました。
説明書には炊飯器(350w)の使用可能時間は約1時間と書いてあります。マサラチャイを飲んでいる場合ではありませんでした。
検証⑥
シガーソケットで充電
車でポータブル電源を充電する
車に戻ってシガーソケットで充電します。
ただし、コンセントで充電する時に比べて充電のスピードが遅いので3分で1%ぐらいしか回復しませんでした。
パススルー充電もできるようですが、バッテリーが劣化するので推奨されていません。
検証⑦
ついに完成
シガーソケットで充電している間にほぼ余熱で炊きあがっていました(笑)
ビリヤニ完成
海で炊いたごはん、めちゃくちゃ美味しかったです!

「BougeRV ポータブル電源 【Flash 300】」のレビュー

286Hh程度のポータブル電源のなかで、BougeRV ポータブル電源 【Flash 300】は、かなりおすすめです。

BougeRV ポータブル電源 【Flash 300】は、同じ286Hhの一般的なポータブル電源と比べて優れた機能をたくさん持っています。
充電速度、特にソーラーパネルでの充電は他とは比べ物になりません。
また、炊飯器など家庭用の電化製品を使いたい人は他では使用できる製品はほとんどありません。

ただし、ポータブル電源自体、考えて使用しないとすぐに電源がなくなるので注意が必要です。
災害などの緊急時に備えて、製品を購入したら使い方を確認するとともに「どのぐらいのペースで使用したらどのくらいバッテリーが減るのか」を把握しておく必要があります。

BougeRV ポータブル電源 【Flash 300】は、使い勝手が良くアウトドアの幅が広がります。

こんな人におすすめ
BougeRV ポータブル電源 【Flash 300】は、ひとり暮らしの方などに災害時の非常用電源や、少人数でのデイキャンプ、車中泊におすすめです。

ぐーちょ編集部

より安心して使用したい方、ファミリーにはソーラーパネルをあわせての購入や大容量の1100Whの製品がおすすめです。

ポータブル電源は必要?ポータブル電源は買うべきなのか

ポータブル電源は必要なのか。2つのポイントから解説します。

  • 災害に備えて準備しておけば安心できる
  • アウトドアがもっと楽しく、快適になる

災害に備えて準備しておけば安心できる

災害大国の日本に住んでいる限り、いつか必ず災害は訪れます。
「電源は、水や食料に次ぐ『第3の備蓄』」とも言われています。
ポータブル電源があれば、懐中電灯より明るく広範囲で明かりを確保することができます。
また、電気が通っていなくても、スマホやラジオで情報収集できることは、自分自身だけではなく家族や周囲の安全の確保に大いに貢献するでしょう。

アウトドアがもっと楽しく、快適になる

自宅のコンセントのように使用できるので、火をおこすなどの作業を行うことなく気軽にキャンプやピクニックを楽しむことができます
お湯を沸かしたりクッキングだけでなく、夏は冷たい飲み物を冷やしておくポータブル冷蔵庫と接続したり、冬は電気毛布を接続するなど様々な用途で使用することができるので、アウトドア初心者の方から上級者の方にもおすすめです。
複数のデバイスを同時に充電できることも大きな魅力です。

ポータブル電源の選び方

使用する用途をシュミレーションすること

ポータブル電源の容量は、大きいほど使用できる電化製品や時間が増えます。
ただし、比例して製品の価格があがります。

使用する用途を想定して、何にどのくらいバッテリーを使うか、使用できる時間を確認しましょう。

また、周波数は50/60㎐のどちらにも対応しているものを選びましょう。

家電を使うなら「正弦波対応モデル」です。
矩形波や修正正弦波、疑似正弦波対応タイプは、安く購入することができますが、一部の家電が動作しなかったり、無理に接続すると壊れてしまう可能性があります。

そして、安全性、サポートの確認は必須です。
PSEマークが付いている製品は安全性が保証されています。
保証書や保証期間、販売企業のサポート体制もチェックし、信頼できるメーカーか確認してから購入しましょう。

BougeRV ポータブル電源 【Flash 300】を使ったビリヤニの作り方

ビリヤニの材料

STEP.1
材料を用意する
ビリヤニ(2人分)
(A)
塩 小さじ1とちょっと
チリパウダー 小さじ1/2ぐらい ※辛いの苦手だったら減らす
カレーミックスパウダー 小さじ2
シナモンパウダー 小さじ1/4
コリアンダー 小さじ1
クミン 小さじ1
ナツメグパウダー 小さじ1/4
グリーンカルダモンパウダー 小さじ1/4
ベイリーブス 2枚
おろしショウガ、おろしにんにく あわせて大さじ1
ヨーグルト 80g
ミント葉 袋半分
パクチー ひとふさ
鶏肉(もも) 300g(12切れぐらい)
フライドオニオン 2握り

(B)
バスマティライス 200g
クミンシード 小さじ1とちょっと
ベイリーブス 2枚
塩 適量

(C)
ミント葉 袋半分
パクチー ひとふさ
カシューナッツ 1握り
フライドオニオン 2握り
サフラン ひとつまみ
牛乳 100ml

STEP.2
(A)(C)のミント、パクチーは刻む
ミントは葉のみ使う
STEP.3
(A)を混ぜる
2時間以上寝かせる
STEP.4
バスマティライスを20分水に浸ける
STEP.5
サフランは20分お湯に浸ける
STEP.6
沸騰させたお湯に(B)を入れてバスマティライスを1分茹でる
STEP.7
炊飯器に(A)を入れる
STEP.8
炊飯器にSTEP.6で茹でたバスマティライスを入れる
ザルでお湯を切ってから入れる
STEP.9
(C)を炊飯器に入れる
STEP.10
炊飯スタート
BougeRV ポータブル電源 【Flash 300】と炊飯器を接続し、白米モードで炊く
STEP.11
炊き上がったら炊飯器からボウルに移して混ぜる
バスマティライスが潰れないようにボウルに移しかえて混ぜます
STEP.12
完成

ぐーちょ編集部

めちゃくちゃ美味しかったです。
自然の中で食べるごはんって本当に最高!
ぜひ試してみてくださいね♪

BougeRV ポータブル電源 【Flash 300】のまとめ

  • ひとり暮らしの災害対策やデイキャンプなら286WhでもOK
  • ファミリーには1100Whが安心
  • ソーラーパネルをあわせての購入がおすすめ
  • 購入したら機能性を確認するために使用してみよう
  • BougeRV ポータブル電源があれば、アウトドアの幅が広がる


ポータブル電源おすすめ
キャンプ・アウトドアに!最強のポータブル電源ランキング9選。日本製やパススルー対応など

車載用ポータブル冷蔵庫
車載冷蔵庫おすすめ最強9選【積みっぱなしもOK】注意点も解説

小型ポータブル電源 BLUETTI(ブルーティ) EB55
【小型ポータブル電源BLUETTI EB55】日常生活も災害対策も、手軽に充実。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です