【最新2022】中華アクションカメラおすすめコスパ最強ランキング10選

コスパ最強の中華アクションカメラ

コスパ最強の中華アクションカメラをランキング形式でご紹介します。

「apexcam m80 air」などの大人気モデルや4K画質なのに価格が5,000円前後の激安商品。GoProなみに「4K/60fps」の高画質撮影が可能なハイスペック品や、手ぶれ補正に優れバイクなどの高速撮影に最適なモデル。夜間の写真撮影に適した「長時間露光」モードがあるタイプやライブビューをスマホで見ながら撮れるものまで。

Amazonのレビューも参考にしながら解説していきます。合わせてSoCを元に「GoPro」との違いも説明しますので、どうぞご購入の際のご参考にお役立てください。

コスパの高いアクションカメラおすすめ 【最新】釣りやバイクに!コスパの高いアクションカメラおすすめ15選 おすすめの車載カメラ 車載ビデオカメラのおすすめ15選|GoPro、専用マウント、固定可など 防水ビデオカメラのおすすめ人気BEST7選

中華アクションカメラとは

中華アクションカメラとは文字通り、中国製のアクションカメラのことです。
ApexcamやAKASOなど大半の人気メーカーは中国のシリコンバレーと呼ばれる深セン市に本社を置いています。

激安商品という印象を持たれているかもしれませんが、1万円前後で4K/60fpsの高画質モデルがあるなどコスパの高さが際立ちます。

また、「AKASO Brave8」など、GoProのような高級機種の1つ下の価格帯で高品質を実現したモデルも大人気。中華アクションカメラは低価格ながら確かなスペックを備えたコスパ良品をお探しの方におすすめです。

中華アクションカメラはなぜ人気?おすすめの理由

アクションカメラで人を撮影する様子
中華アクションカメラといえば、外見はGoProのそっくりさん?いえいえ、最近は中国製といえどもスタイリッシュなデザインのアクションカメラもあります。でもそっくりさんなら、GoPro用アクセサリーが流用できるというメリットがありますね。

中身は無名の中国企業製の激安中華から、価格はGoProや日本のメーカーの1、2割引き程度で基本性能もしっかりしている高級機種まで何でもありというのが中華アクションカメラです。

アクションカメラを試してみたい初心者から、リーズナブルな値段で最新の機能に触れてみたいベテランまで、選択の幅が広いのです。

中華アクションカメラとGoProの違い

アクションカメラで景色を撮影する様子
中華アクションカメラとGoProの違いは、何よりも画質にあります

パソコンのCPUのようにカメラの情報処理を担うのが「SoC」と呼ばれるもので、GoProの代表的なSoCはGP1チップ。中華アクションカメラにはこれより劣るチップが搭載されてあるので、同じ「4K/60fps」画質でも映像のクオリティに差が出ます

次に耐水性の違いがあり、GoProには本体自身が水深10mに耐えられるモデルが数多くあります。中華アクションカメラの方は本体が4~5mほど。防水ケースに入れると40mまで潜れますが音は録れません。

それでも価格はGoProが5万円前後に対し、中華アクションカメラは1万円前後。また各種取り付けマウントや自転車スタンドなど、付属アクセサリーの豊富さでも中華アクションカメラが勝っています

コスパ最強モデルが欲しい方や初めて試してみたい方などには中華アクションカメラがおすすめです。

1万円前後の中華アクションカメラの性能や品質は?

1万円前後の中華アクションカメラの性能や品質は、日本でも一般的に広く認められるようになりました。

個体差はありますが、ApexcamやAKASOなどの人気モデルはAmazonレビューでも確認できるようにかなりの好評です。1万円前後のモデルでも4K/30fpsの画質・リモコン対応・Wi-Fi搭載、また外部マイクつきのモデルも数多くあります

ただ先に書いたよう外部マイクの多くは防水ケースの中では録音できないので注意が必要です。近年、中国家電はコスパの高さで広く認知されましたが、中華アクションカメラにもそれが当てはまるでしょう。

中華アクションカメラの選び方

goproのhero3

価格帯

中華アクションカメラの選び方は、「価格で選ぶ」のが一番わかりやすいです。目的によって「ここまではかけられる」という予算に合わせて選べます。

ただし、それも1万円以下の価格帯での話。高級機種なら、どのイメージセンサーや画像処理エンジンを使っているか? 予備バッテリーが付属しているか? によって価格が違ってきますので、自分に必要な機能と照らし合わせて購入しましょう

SoCを見分ける

イメージセンサーは、映像の質を決める大きな要素です。とはいえ、画像がきめ細かくなるほど、1秒間に記録する画像の枚数(フレームレート)が多くなるほど情報量が膨大になり、SoC(チップと記載されていることもあり)が貧弱だと処理しきれなくなります

比較的高い中華アクションカメラは、日本のメーカーが使っているイメージセンサーやSocと同じものが使われています。安くても画質を妥協したくない場合には、ここを比較します。激安アクションカメラだと、特に明記してない場合さえあります。

手ぶれ補正機能

中華アクションカメラでも、ジャイロを搭載し、電子式手ぶれ補正機能を搭載しているものも多くなってきています。中には光学式手ブレ補正のできる高級機種もあります。

ただ、モードによって使えないこともあるので、よく確認しておくと「使いたいシーンで使えなかった」ということにならないで済みます。

日本語説明書の有無

はじめてアクションカメラを使う人は、日本語の説明書がついているものが無難です。

どんな激安中華アクションカメラでも、ほとんどが日本語説明書付ですが、機械翻訳そのままの変な日本語だったり、2、3ページしかないきわめて簡単な説明書のことがあります。最新機種でも、まだ英語説明書しかないという場合もあるので、日本語がなくては困るという人は要チェックです。

保証の有無

激安な中華アクションカメラには個体差があり、運悪くすぐ壊れる個体に当たってしまうこと人がどうしてもでてしまうようです。

評価が高い中華アクションカメラでも、「アクションカメラ」という性格上、激しい使い方をすることが多いですよね。正規の輸入代理店だと独自に保証を付けているところもありますから、保証のあるなしもしっかりチェックしておきたいところです。

中華アクションカメラのおすすめ10選

おすすめの中華アクションカメラを紹介します。

AKASO EK7000 アクションカメラ ‎4K JJJ-GGG-DE-0728-A-144

最初に紹介するおすすめの中華アクションカメラは、「AKASO EK7000 アクションカメラ ‎4KJJJ-GGG-DE-0728-A-144 」です。

サイズ・重さ16.5 x 22.86 x 1 cm・550 g
解像度4K/30fps
画素数20MP
連続撮影時間非公開
手ぶれ補正機能なし
評価・レビュー
画質
(4.5)
コスパ
(4.5)
多機能性
(4.0)
ポイント
  • 4K/30fpsの動画に加え20MPの静止画で上質な高画質を実現、170度の広角レンズを搭載
  • Wi-Fi搭載により専用アプリ「AKASO GO」で、iPhoneでもAndroidでもスマホの遠隔操作ができる
  • ループ撮影・連射撮影・タイムラプスなど撮影に役立つ機能性あり
  • 防水ケースで30mの潜水撮影も可能

「AKASO EK7000 アクションカメラ ‎4K JJJ-GGG-DE-0728-A-144」の特徴

中華アクションカメラの代表的メーカー「AKASO」によるWi-Fi搭載で4K画質を備えた2022年販売の最新モデルです。

スマホでの遠隔操作に加え付属のリモコンでも操作が可能、ただ手ぶれ補正機能がないのが残念なところ。

こんな人におすすめ

激安価格で、Wi-Fi搭載で4K高画質、広角レンズでドラレコにも使えるコスパ最強品をお探しの方におすすめします。

AKASO Brave8 アクションカメラ

次に紹介するおすすめの中華アクションカメラは、「AKASO Brave8 アクションカメラ」です。

サイズ・重さ梱包:27.6 x 15.3 x 7.2 cm・110g
解像度4K/60fps
画素数48MP
連続撮影時間約90分
手ぶれ補正機能あり
評価・レビュー
画質
(5.0)
コスパ
(4.0)
多機能性
(5.0)
ポイント
  • 4K高画質で60fpsの最高の解像度を実現、9枚構成の独自のレンズ搭載で48万画素の高画質撮影も可能
  • EIS+SuperSmooth 二重手ブレ補正で夜間撮影もサポート
  • 表裏にデュアルスクリーン搭載で自撮りに便利
  • 1550mAhの大容量バッテリーが2個同梱、4K/30fps画質でおよそ90分間の連続撮影ができる

「AKASO Brave8 アクションカメラ」の特徴

「AKASO」シリーズ中の最上位機種、二重の手ぶれ補正つきで夜間撮影にも最適な4K/60fpsと48MPの最高画質を実現したモデルです。

カメラ本体に水深10mまでの耐水性能があり、両手が使えないときに便利な音声操作にも対応しています。

こんな人におすすめ

GoProなど最上位機種と比較できるスペックを持つハイエンドモデルをお探しの方におすすめします。

Apexcam X60 Pro アクションカメラ

次に紹介するおすすめの中華アクションカメラは、「Apexcam X60 Pro アクションカメラ」です。

サイズ・重さ梱包:21 x 11.4 x 7.4 cm; 420 g
解像度4K / 60fps
画素数20MP
連続撮影時間非公開
手ぶれ補正機能あり
評価・レビュー
画質
(5.0)
コスパ
(5.0)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • 低価格で4K画質・60fpsの最高水準のフレームレートを実現
  • フルHD画質では120fpsに対応
  • 夜間撮影に役立つ電子式EISによる6軸ジャイロスコープで抜群の手ぶれ補正機能を発揮
  • Wi-Fi搭載で「iSmart DV」アプリを通せばカメラの操作やファイルのダウンロード、設定変更も可能

「Apexcam X60 Pro アクションカメラ」の特徴

中華アクションカメラの雄「Apexcam」による4K/60fpsの驚きの高画質を実現したプロ仕様モデルです。

IP68防水ケースに入れると水深40mまで潜っての水中撮影もできるので、ダイビングにも大いに役立つでしょう。

こんな人におすすめ

1万円前後の価格帯で、4K/60fps画質で夜間撮影を助ける手ぶれ補正機能もついたコスパ最強品をお探しの方におすすめです。

CAMPARKCAMERA アクションカメラ 4K X40

次に紹介するおすすめの中華アクションカメラは、「CAMPARKCAMERA アクションカメラ 4K X40」です。

サイズ・重さ24.5 x 11.7 x 7.2 cm・540 g
解像度4K/30fps
画素数24MP
連続撮影時間非公開
手ぶれ補正機能あり
評価・レビュー
画質
(4.5)
コスパ
(5.0)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • 4K/30fps・フルHD/120fpsの高解像度撮影が可能、170度の超広角カメラ搭載でドラレコにも最適
  • 6軸ジャイロスコープつきのEIS2.0手ぶれ補正に対応、表裏のデュアルスクリーン搭載
  • 外付けマイクつきでクリアなサウンドが録音可能、マイクロHDMIとUSB接続が可能でインターフェースが抜群

「CAMPARKCAMERA アクションカメラ 4K X40」の特徴

中華アクションカメラの人気ブランド「CAMPARK」による低価格で手ぶれ補正ありの4K高画質を実現した2022年販売の最新モデルです。

1350mAh大容量バッテリーでWi-Fi搭載、最大10mの遠隔操作ができるリモコンが付属しているのも嬉しいところ

こんな人におすすめ

1万円前後の価格帯で、バイクの風切り音などが録れる外部マイク付きで超広角レンズを備えたモデルをお探しの方におすすめします。

XTU S3 アクションカメラ

次に紹介するおすすめの中華アクションカメラは、「XTU S3 アクションカメラ」です。

サイズ・重さ梱包:‎23.2 x 11.9 x 7.8 cm・740 g
解像度4K/30fps
画素数20MP
連続撮影時間不明
手ぶれ補正機能あり
評価・レビュー
画質
(4.0)
コスパ
(3.5)
多機能性
(4.0)
ポイント
  • Sonyの「IMX458イメージセンサー」搭載で4K/30fpsの高画質を実現、裏表2画面のデュアルスクリーン仕様
  • Wi-Fi内蔵で動画をSNSなどネットに上げやすく、10mの遠隔操作ができるリモコンも同梱
  • 内蔵マイクよりも感度の高い外部マイクつきで、自然撮影時の細かな音もキャッチできる

「XTU S3 アクションカメラ」の特徴

ソニー製のカメラレンズで4K動画の撮影が可能、遠隔操作やAIによる美顔モードなどが備わったモデルです。
1350mAhバッテリーも強み。ただ現在Amazonで価格が2万円前後と中華アクションカメラとして少し高価なのが残念なところ。

こんな人におすすめ

少し高めの中華アクションカメラの中、外部マイクやリモコン操作など機能性豊かなモデルをお探しの方におすすめします。

COOAU アクションカメラ CU-SPC06

次に紹介するおすすめの中華アクションカメラは、「COOAU アクションカメラ CU-SPC06」です。

サイズ・重さ5.8 x 2.5 x 4 cm・500 g
解像度4K/30FPS
画素数20MP
連続撮影時間不明
手ぶれ補正機能なし
評価・レビュー
画質
(4.0)
コスパ
(5.0)
多機能性
(4.0)
ポイント
  • 2021年の新製品ながらAmazonで早くも4,000を超える評価を獲得、現在10,000円強の高コスパ品
  • 独自のインテリジェンス・EISで抜群の手ぶれ補正性能あり、遠隔操作ができるリモコンつき
  • シンプルでおしゃれなデザイン、サイドは滑りにくい素材でコントロールボタンもあり

「COOAU アクションカメラ CU-SPC06」の特徴

4k/30fpsの解像度や40mの耐水性能、Wi-Fi搭載で外部マイクにも対応と総合点が高い秀逸なモデルです。
正面にある真ん丸な電源ボタンなどデザイン性の高さも見逃せません。

こんな人におすすめ
1万円前後の低価格帯の中、アクションカメラとしてほぼすべての機能・性能を備えた優良モデルをお探しの方におすすめします。

AKASO アクションカメラ Brave 7 LE

次に紹介するおすすめの中華アクションカメラは、「AKASO アクションカメラ Brave 7 LE」です。

サイズ・重さ‎梱包:23.6 x 12.4 x 7.4 cm・740 g
解像度4K/30fps
画素数20MP
連続撮影時間2時間50分
手ぶれ補正機能あり
評価・レビュー
画質
(4.0)
コスパ
(4.0)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • 本機で撮影中の動画をスマホでライブ表示できるので、より最適なカメラアングルに調整が可能
  • 夜間撮影で車のヘッドライトなどが光の帯になる「長時間露光」など写真撮影モードが豊富にある
  • 自転車スタンドやヘルメット用マウントなどの豊富なアクセサリキットは「GoPro」カムとも互換性あり

「AKASO アクションカメラ Brave 7 LE」の特徴

スマホを通じてリアルタイムでカメラの撮影動画を見て楽しめる点がユニークで魅力的なモデルです。
外部マイクには非対応、また防水ケースの中では録音ができない点などが残念なところ。

こんな人におすすめ
バイクや自転車に設置したカメラによる高速動画をライブで確認しながら撮りたいという方におすすめです。

Apexcam アクションカメラ M80 air

次に紹介するおすすめの中華アクションカメラは、「Apexcam アクションカメラ M80 air」です。

サイズ・重さ18.5 x 13.5 x 9.5 cm・590 g
解像度4K
画素数20MP
連続撮影時間1時間40分
手ぶれ補正機能なし
評価・レビュー
画質
(4.5)
コスパ
(5.0)
多機能性
(3.5)
ポイント
  • ソニー製センサーによる4k・フルHD/60fps撮影に対応、現在Amazonで10,000件を超える評価を集める大人気モデル
  • 90度から170度までの広角撮影に対応、スロー・タイムラプス・車載モードなど多様な撮影機能を搭載
  • 付属の防水専用ケースはカメラを守る耐久性能に加え、40mまでの水中撮影もできる防水性能もあり

「Apexcam アクションカメラ M80 air」の特徴

Apexcamシリーズらしいコンパクトで洗練されたデザインが際立つ、中華アクションカメラの代表格と言える大人気モデルです。
驚きの激安ぶり、ただ1点、手ぶれ補正機能がないのが非常に残念なところ。

こんな人におすすめ
最安値の価格帯の中、最も人気を集める最強コスパ品で中華アクションカメラの実力を試したい方におすすめします。

Apexcam アクションカメラ M90 pro

次に紹介するおすすめの中華アクションカメラは、「Apexcam アクションカメラ M90 pro」です。

サイズ・重さ梱包:‎23.3 x 17.8 x 7.9 cm・64 g
解像度4K/30FPS
画素数20MP
連続撮影時間不明
手ぶれ補正機能あり
評価・レビュー
画質
(4.5)
コスパ
(5.0)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • 4k/30fps、フルHD/60fpsで滑らかな高画質を表現、現在Amazonでカテゴリー別「ベストセラー1位」商品
  • 1200mAhのバッテリーを2つ搭載で長時間撮影が可能、Wi-Fi搭載で外部マイクにも対応
  • 直方体のシンプルかつ洗練されたデザイン、コンパクトで重さも60g台なので水中撮影時の持ち運びにも便利

「Apexcam アクションカメラ M90 pro」の特徴

大人気の「apexcam m80 air」のアップバージョン機で手ぶれ補正機能を加えた2022年の最新モデルです。
遠隔操作ができるリモコンや自撮り棒などアクセサリーの充実ぶりも見逃せません。

こんな人におすすめ

1万円前後の高コスパ品の中、人気実力共にある中華アクションカメラの代表機の最新モデルをお探しの方におすすめです。

MUSON(ムソン) アクションカメラ Ultra1

次に紹介するおすすめの中華アクションカメラは、「MUSON(ムソン) アクションカメラ Ultra1」です。

サイズ・重さ6.3 x 3.3 x 4.7 cm・486 g
解像度4K(30fps/60fps) 1080P(60fps/120fps)
画素数20MP
連続撮影時間2時間
手ぶれ補正機能あり
評価・レビュー
画質
(5.0)
コスパ
(4.5)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • 4Kのフレームレートが60fpsと中華アクションカメラ最高峰の解像度、現在Amazonで12,000円台の最強コスパ品
  • スマホの3分の1とメーカーも誇るコンパクトな手のひらサイズで、持ち運びに便利
  • EISのデジタルな手ぶれ補正機能が6軸で発動するためバイク撮影などでも抜群の安定性能を発揮

「MUSON(ムソン) アクションカメラ Ultra1」の特徴

ポケットにも楽々入る小型サイズでGoPro並みの4k/60fps・フルHD/120fpsの高解像度な撮影が可能なモデルです。
ただ、SoC・情報処理チップが違うので厳密にはGoProほどではないでしょう。
タイムラプスや8倍のスローモーションなど標準的な撮影モードもしっかり備わっています。

こんな人におすすめ
中華アクションカメラの中、最高に滑らかな4KやフルHDの高画質で撮影できる小型モデルをお探しの方におすすめします。

まとめ

中華アクションカメラは、激安から日本のメーカーやGoPROから数割引程度の価格の製品までさまざま。その中でもイメージセンサーやSoCの差が基本性能の差となります。画質にこだわるにこだわるなら、イメージセンサーやSoCの差を見ましょう。万が一のときのために、保証の有無はしっかりチェックすることを忘れずに!

コスパの高いアクションカメラおすすめ 【最新】釣りやバイクに!コスパの高いアクションカメラおすすめ15選 おすすめの車載カメラ 車載ビデオカメラのおすすめ15選|GoPro、専用マウント、固定可など 防水ビデオカメラのおすすめ人気BEST7選