じっくり読むと3分30秒

ミラーレス一眼カメラの性能は年ごとに上がっていますので、基本を押さえていれば、どんなカメラでも星空の撮影はできます。星空撮影に適したモードを備えているカメラがあれば最適です。
画質にこだわるなら、最も適しているカメラはフルサイズです。星空撮影は高感度での撮影が多いため、センサーサイズが大きいほど美しく撮れます。フルサイズミラーレス一眼カメラと、視界以上の広い範囲を撮影できる広角レンズを組み合わせれば、写真集で見るような満天の星が自分の手で撮影できます。
初心者から中級者まで幅広くカバーするAPS-C機でも、十分に美しい星空が撮れます。価格も手が届く範囲ですので、最初はエントリーモデルと標準レンズのキットから始め、撮影したい内容や予算に合わせてレンズを揃えていくのがおすすめです。
マイクロフォーサーズのミラーレス一眼でも、機能や撮影する星によっては、フルサイズやAPS-Cに勝るとも劣らない力を発揮します。マイクロフォーサーズのカメラはより軽量なので、いろんな場所に気軽に持って行くには良いでしょう。




ミラーレス一眼カメラできれいな星空の撮り方

ミラーレス一眼も他のカメラでも、星空を撮る基本は一緒です。昼間とは全く違う環境なので、少々慣れが必要です。天体撮影向きの機能があるカメラなら、撮影や編集がぐっと楽になります。

ミラーレス一眼カメラできれいな星空を撮るポイントは以下の4つです。

明るい内に、撮影ポイントを決めておく

星を綺麗に撮るには、月が無い夜や、可能な限り街灯りが入らない場所に行くのがベストです。どうしても遠方まで出かけるのが難しい場合は、光を抑えるフィルターを使用したり、カメラの設定を工夫して写り込む光を抑えます。街と星空を一緒に写しても、面白い構図ができあがります。

三脚は必須

星空の撮影は長時間の露光が多いため、まず手ブレが起きるので、三脚を使います。撮影に適して、安定する場所を、明るいうちから確認しておきます。上を向け続けるカメラを支え、風の影響を受けにくい、しっかりした作りの三脚を選びましょう。自分が手軽に持ち運べるサイズや重さであるかも、大事なポイントです。

ピントを合わせる

星は遠すぎて、AFではピントが合わせられません。背面モニターを使い、MFでピントを「∞(無限遠)」に合わせます。ライブビューで拡大表示し、一等星など見えやすい星を目安に、最も星がシャープになる位置まで調整します。この時フォーカスピーキングを使う方法もありますが、使わない方が精密な場合もありますので、よりピントの合う方法を選びましょう。
対応しているレンズに刻んである無限遠の目盛りは、必ずしも適切なピントとは限りません。前後に多少のズレがあるので、自分の目で確認する必要があります。
明るい内に、遠方の景色を使ってある程度ピントを合わせておくと、実際に暗い中で撮影する時により楽に合わせられます。

カメラを設定する

星空は時間の経過と共に刻々と変わるので、撮影モードは臨機応変に設定を変えられる「M(マニュアル)」がおすすめです。ライブビューで確認しながら、適切な値を設定します。背面モニターの明るさは、あらかじめ多少暗くしておきましょう。通常の明るさだと、撮影現場では明るすぎて撮影の邪魔になります。

シャッター速度はカメラにもより、10秒から20秒ほどで綺麗な点に映ります。逆に星の軌跡を写したい場合は、シャッターを数十分開き続けます。

あまり明るくない星の光まで写すには、カメラのISO感度を上げる必要があります。ISO感度が高ければ高いほど明るく撮影できる分、ノイズも増え綺麗とは言いがたい画像になります。ISO感度は800~3200で、撮影ごとに写りを見ながら調節します。

また、三脚で撮影する時には手ブレ補正をOFFにして、不要なカメラの動作をふせぎます。

星空撮影にあれば便利な道具

シャッターを押す動作だけでカメラは動き、画像がブレてしまいます。レリーズでシャッターを操作すると、カメラに振動を与えず連続撮影もできて便利ですが、無い場合はセルフタイマーを使用して、手ブレを避けることができます。

星の方角を確認するコンパスの他、スマートフォンに星座表アプリを入れておくと、目当ての星や星座の位置をすぐ見つけられて便利です。

季節によっては適切な防寒着や虫除け、椅子などを持参すると、長時間になりやすい撮影の負担が減らせます。

星空を撮るのにおすすめのミラーレス一眼カメラ3選

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIIのおすすめポイント3つ

  • 低振動モードでシャッターの振動が減らせる。
  • ライブバルブ機能で撮影中の画像が確認できる。
  • ライブコンポジット機能で簡単に星景写真が撮れる。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIIのレビューと評価

星空撮影用の機能満載!カメラ任せで撮影から編集までできる

OM-D E-M1 MarkⅡには、星空撮影に適した機能が詰まっています。低振動モードを設定しておくと、低速でシャッターを切った際に、カメラの振動が抑えられ、ブレが大敵の星空写真にはうってつけです。ライブバルブ機能を使えば、背面モニタに撮影中の画像が表示されるので、どのように写っているかが一目で分かり、露出オーバーになりやすい長時間露光でもシャッターを切るタイミングを計るのが楽になります。
また、APモードのライブコンポジット機能は、短時間撮影した画像を大量に合成して一枚の写真にしていた作業を、カメラが自動で行ってくれるので、特に街灯りが入る星景撮影では、初心者でも星が強調された写真が簡単に撮れる嬉しい機能です。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIIの仕様・製品情報

SONY α7 Ⅲ ILCE-7M3

SONY α7 Ⅲ ILCE-7M3のおすすめポイント3つ

  • ミラーレス一眼のフルサイズ。
  • ISO感度を上げてもノイズが少なめ。
  • ダイナミックレンジが広く白飛びや黒つぶれが少ない。

SONY α7 Ⅲ ILCE-7M3のレビューと評価

デジタル一眼レフと遜色無いフルサイズミラーレス一眼

SONYのα7、α9シリーズは、ミラーレス一眼で唯一のフルサイズ。プロレベルのα9ほどでなくとも、α7の中でもベーシックモデルのα7Ⅲが、最も使い勝手が良いでしょう。デジタル一眼レフと遜色無い、フルサイズならではの高画質に加え、α7Ⅲは他機と比較して高感度でのノイズがやや少なく、暗所での撮影に適しています。

ONY α7 Ⅲ ILCE-7M3の仕様・製品情報

FUJIFILM X-T2

FUJIFILM X-T2のおすすめポイント3つ

  • 起動が0.3秒と速い。
  • 独自技術による高画質。
  • 各機能がダイヤル式で操作しやすい。

FUJIFILM X-T2のレビューと評価

フルサイズに迫る画質重視カメラ

フイルム会社だけあって画質は大変良く、高感度の撮影でもノイズはさほど多くありません。富士フイルムのカメラは、普通のカメラでは赤外線フィルターに減殺される赤色に強く、近赤外線領域の星雲が比較的綺麗に撮れるので、天体写真の撮影に向いていると評価されています。またカメラを固定した状態で、チルト式モニタは設定や画像の確認に大変便利です。

FUJIFILM X-T2の仕様・製品情報

まとめ

星空写真は一眼レフでないと難しいと思われていましたが、ミラーレス一眼の機能もぐんぐん進化し、一眼レフと遜色が無くなっています。元々は一眼レフより軽くて持ちやすく、細部にこだわらず高画質で撮影したい人向けのミラーレス一眼でしたが、レンズや設定次第で本格的な星空写真を撮ることができます。今までなかなか満足する星空写真が撮れなかった人は、今年ぜひミラーレス一眼で、1ランク上の星空撮影にチャレンジしてください。