初心者に!安いけど高性能・高画質な低価格帯ドローン14選

安いドローンおすすめ

最近ではよく見かけるようになったドローンをおすすめの安いモデルに絞って、低価格で初心者向けから空撮におすすめの高画質録画が可能なモデルまで、200g未満100g以上と機体登録不要な100g以下に分けてご紹介します。

低価格のドローンと高価格のドローンの違いや、ドローンを飛ばす際には知っておきたい改正航空法、安いドローンを購入する際の選び方のコツについてもご説明します。

白のドローンとカラフルなライト 2022年規制変更?200g以下ドローンのおすすめ10選と100g以下5選 カメラ付きドローンおすすめ 空撮におすすめ!カメラ付きドローンの人気7選 おすすめのドローン 入門モデルも!ドローンのおすすめ最強8選!高画質、小型、初心者向けなど

100g以上のドローンは登録義務あり!重量を要チェック

テーブルに置かれたドローン
航空法の改正により、2022年6月20日より100g以上のドローンの機体登録、登録記号の表示、識別措置(リモートID)が義務化されました。

登録には900円~2400円の費用がかかり、登録の有効期間は「3年間」になります。オンライン申請でマイナンバーカードを使って本人確認をすることで、登録費を900円に抑えることが可能です。

申請が通れば国交省からID(登録記号)が発行されますので、発行された登録記号を機体に表示します。表示方法は登録記号を印字したシールの貼付、油性ペンでの記載、スプレーによる塗装、刻印などから適切な方法を選択することができます。必ず3mm以上の文字の高さで鮮明に判別できる状態で表示してください。

また、これから登録する方は、機体の識別情報を電波で発信する「リモートID機器」を搭載しなければなりません。リモートID機器には内臓型と外付け型があり、どちらの機器でも届出しが義務付けられています。しかし、事前登録期間中に登録手続きを行なった無人航空機・あらかじめ国に届け出たリモートID特定区域での飛行・十分な強度があるもので繋いだ係留飛行、などの場合、リモートID機器の搭載が免除されます。
※リモートID機器については、販売店やメーカーへお問い合わせください。

もし登録していない100g以上のドローンを飛行させると航空法違反になり、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金となるので、注意が必要です。そのため購入するドローンの重量の確認は、とても重要になります。すでにお持ちの方も、使用前に正確な重量を測り、申請が必要か否か確認すると良いでしょう。

ただし屋内でのみ飛行させる場合は、航空法の適用対象外となるため登録する必要はありません。

参考 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール国土交通省 参考 無人航空機登録ポータルサイト国土交通省

低価格のドローンと高価なドローンの違い

リアルタイム映像が見られるドローン
最近ではよく見かけるようになったドローンですが、低価格なモデルでは千円ほどで買えるモデルがある一方で、驚くほど高価なドローンも存在します。低価格で販売されているドローンの多くは、趣味で飛ばすようなホビードローンと呼ばれる製品がほとんどで、家で飛ばしたり、簡単な自撮りをするのに向いています。

一方、パーソナルドローンと呼ばれる高価なドローンは、映画の空撮や測量などの本格的な用途に使われるモデルが多く、ホビードローンに比べてパワーも強いので、より高い所まで飛ばすことができます。またパーソナルドローンは、高画質での空撮が可能なモデルも多く、飛行性能にもすぐれています。

安いドローンはいくら?価格帯

ドローンは初心者向けのホビードローンと、プロ向けのパーソナルドローンの2種類があります。ここでは初心者向けのホビードローンの価格帯について説明します。初心者向けのホビードローンは1,000円〜10,000円ほどの値段で購入することができます。

ただし、5,000円以下のドローンは画質が荒い製品も多く、故障もしやすいことから注意が必要です。また、安価な製品は軽量のものも多く、風に飛ばされる場合もあり、危険です。

知っておきたいドローンに関係する法律

なぜドローン関係の法律が制定されたかというと、総理官邸屋上のヘリポート付近で所有者不明のドローンが発見されたことがきっかけです。世にいう「総理官邸ドローン落下事件」です。以下にドローンを使用する上で知っておきたい法律について説明します。

改正航空法

改正航空法によると、以下の場所では原則飛行禁止となります。

  • 空港周辺
  • 150m以上の上空
  • 人家の密集地域

また、飛行する際は以下のルールに則らなければいけません。
A: 日中において飛行させること
B: 周囲の状況を目視により常時監視すること
C: 人又は物件との間に距離30mを保って飛行させること
D: 催し場所での飛行禁止
E: 危険物輸送の禁止
F: 物件投下の禁止
ドローン操縦の際は最低限上記の内容を守るよう心掛けましょう。

安いドローンの選び方

カメラの性能で選ぼう

ドローンとは無人航空機のことですが、現在では主に空撮のために使用されているので、カメラが搭載されているものがほとんどです。ドローンに搭載されているカメラのカメラの性能は様々ですが、一般的に価格が上がるにつれて、高性能なカメラが搭載されていると考えてよいでしょう。

安いドローンでもHDレベルの画質で録画できるモデルも販売されているので、どの程度の画質で空撮を行うのかを考えて、ドローンの機種を選ぶようにしましょう。

操作性能で選ぼう

ドローンを飛行させる際の操作性能で選びましょう。ドローンの飛行操作を行う手段としては、専用のコントローラーを使用する方法や、スマホやタブレットにアプリをダウンロードして行う方法などがあります。

またドローンに、高度を保持してくれるホバリング機能や、ヘッドレスモードと呼ばれるドローンの向きに関係なく、コントローラーのレバーを倒した方に動いてくれる機能が搭載されていると、操作がしやすくなります。

メーカーで選ぼう

ドローンを製造しているメーカーはたくさんありますが、その中でも人気のあるモデルを製造している有名なメーカーがいくつか存在します。中国のドローン大手メーカーであるDJIは、世界の8割以上のシェアを誇っていますし、価格は高くなりますが、ウェアラブルカメラで有名なGoProからもドローンは発売されています。

低価格のドローンを購入する際でも、安定した飛行を行うために、信頼できるメーカーのドローンを選ぶことをおすすめします。

【100g以下】安いドローンおすすめ9選

100g以下のおすすめの安いドローンを紹介します。

トイドローン DJI Tello

最初に紹介するおすすめの安いドローンは、「トイドローン DJI Tello」です。

質量80g
長さ9.2㎝
9.8㎝
高さ4.1㎝
最大飛行時間13分
評価・レビュー
価格
(4.0)
重さ
(3.0)
画質
(4.0)
ポイント
  • スマートフォンを取り出すだけでいつでもどこでも飛行を開始できる
  • 一回タップするだけの簡単操作で離着陸が可能
  • 高品質映像プロセッサー搭載のためプロレベルの動画を簡単撮影できます

「トイドローン DJI Tello」の特徴

軽量なのに丈夫な設計です。バッテリーが少なくなるとアラームで警告する機能、正確なホバリングを実施する機能、接続が切れても安全に着陸できる機能が完備されています。

こんな人におすすめ
スマートフォンを取り出すだけで簡単に操作ができ、お値段もお手ごろなことから、これからドローンを利用したいと思っている初心者の方におすすめです。

Holy Stone 小型ドローン HS450

次に紹介するおすすめの安いドローンは、「Holy Stone 小型ドローン HS450」です。

質量35g
長さ17.8㎝
17㎝
高さ3.4㎝
最大飛行時間18分
評価・レビュー
価格
(5.0)
重さ
(4.0)
画質
(4.0)
ポイント
  • プロペラガードがついているため安全性がアップ
  • 5つの高精度な赤外線センサーが搭載されており、障害物を察知すると退避する
  • 6軸ジャイロ搭載のため、安定したホバリングを実現

「Holy Stone 小型ドローン HS450」の特徴

高精度な赤外線センサーや、安定したホバリング機能が搭載されており、はじめの一歩として十分な製品です。

こんな人におすすめ
緊急停止ボタンが装備されているなど高い安全性を完備しているため、これからドローンを購入したいと思っている初心者の方におすすめです。

Holyton HT20 ドローン

次に紹介するおすすめの安いドローンは、「Holyton HT20 ドローン」です。

質量31g
長さ9.1㎝
8.4㎝
高さ3.3㎝
最大飛行時間21分
評価・レビュー
価格
(5.0)
重さ
(3.0)
画質
(3.0)
ポイント
  • ハンドコントロールモードも搭載しており、ジェスチャーでの操作も可能
  • プロペラガード付きのため、怪我をする心配がなし
  • 高品質で無毒なABS樹脂製のため、軽くて柔軟性と耐衝突性があります

「Holyton HT20 ドローン」の特徴

ジェスチャーでの操作が可能なため飽きない操縦が可能です。また、本体の柔軟性と耐衝突性もあるため、万が一の事故の際にも安心です。

こんな人におすすめ
高速旋回・ホバリング・障害物回避・ブーメランと5つのモードを完備しており、子どもを飽きさせない仕様となっている。また、緊急停止ボタンも完備しており、追突を避けたい場合などに活用でき、初心者に優しい設計となっている。

Holy Stone ミニドローン HS420

次に紹介するおすすめの安いドローンは、「Holy Stone ミニドローン HS420」です。

質量31g
長さ8㎝
9㎝
高さ3.4㎝
最大飛行時間18分
評価・レビュー
価格
(4.0)
重さ
(3.0)
画質
(4.0)
ポイント
  • 投げ出すと自動的に飛び出すテイクオフモードを装備
  • 全保護プロペラガードと緊急停止機能の設置により、緊急の際周りの物や人を傷つけません。
  • 最大飛行時間は18分であり、存分に操縦を楽しめます

「Holyton HT20 ドローン」の特徴

こんな人におすすめ
2段階スピード(低速/高速)が可能であり、初心者は勿論、操縦に慣れてきた中上級者の方にもおすすめできる製品になっています。また、高速旋回モード、ホバリングモード、3Dフリップ、軌跡飛行モードなど多機能が搭載されており様々な動作を体感できます。

Potensic『A20W』

次に紹介するおすすめの安いドローンは、「Potensic『A20W』」です。

質量20g
長さ8㎝
3.18㎝
高さ9.15㎝
最大飛行時間18分
評価・レビュー
価格
(4.0)
重さ
(4.0)
画質
(5.0)
ポイント
  • 3段階のスピード調整が可能で初心者はもちろん中上級者にもおすすめ
  • 電池の残量が減ると警告が表示されるため万が一の破損事故を防止できる
  • スマートフォンより、映像を見ながらの操縦が可能

「Potensic『A20W』」の特徴

WiFiカメラ付きでリアルタイム転送を実現。空撮を行う際に非常に便利です。

こんな人におすすめ
ヘッドレスモードでドローンを操縦すると、ドローン視点ではなく、操縦者視点で操作することが可能です。高速/中速/低速の速度調整が可能になったため、初心者からプロまで最適の製品になっています。

ホーリーストーン(Holy Stone Toys) SHADOW HS160 ドローン 折り畳み式 ポケット セルフィードローン 生中継可能 高度維持機能 国内認証済み モード1/2自由転換可

ホーリーストーン(Holy Stone Toys) SHADOW HS160の仕様・製品情報

サイズ(W×D×H)170×160×34mm
重量約83.5g
ジャイロスコープ非公開
機能4段階スピード調整、ホバリング、ワンキーリターン
制御距離約30m
充電時間非公開
駆動時間約8分
カメラ性能720P HD
ポイント
  • 初心者でも安心の自動高度維持機能
  • スマホ&専用コントーローラーでの操作に対応
  • 折りたたみ可能

ホーリーストーン(Holy Stone Toys) SHADOW HS160のレビューと評価

プリペラ部折りたたみ可能で携帯性にもすぐれたドローン
ホーリーストーン SHADOW HS160は、プロペラ部を折りたたむことができるので、携帯する際に便利なドローンです。またホーリーストーン SHADOW HS160は、4段階のスピード調整が可能なので、初心者でも扱いやすいです。

Ryze Tech Tello トイドローン Powered by DJI

Ryze Tech Telloの仕様・製品情報

サイズ(W×D×H)98×92.5×41mm
重量約80g
ジャイロスコープ非公開
機能ワンタッチフライト機能
制御距離約100m
充電時間非公開
駆動時間約13分
カメラ性能(静止画、動画)5MP、720P HD
ポイント
  • DJI社の技術提供を受けたドローン
  • 大容量バッテリー搭載
  • VRヘッドセットにも対応

Ryze Tech Telloのレビューと評価

VRヘッドセットに動画の転送が可能
Ryze Tech Telloは、VRヘッドセットにリアルタイムで撮影した動画を転送することができるドローンです。またRyze Tech Telloは、スマホやiPhoneにアプリをダウンロードすることで、映像を見ながら操作することが可能になります。

パロット(Parrot) Mambo FLY ドローン規制対象外100g未満 ピジョン+超音波センサー搭載オートホバリング PF727078

パロット(Parrot) Mambo FLYの仕様・製品情報

サイズ(W×D)180×180mm
重量約63g
ジャイロスコープ3軸
機能カットアウトシステム
制御距離約20m(スマホ)、100m(専用コントローラー)
充電時間約30分
駆動時間約9分
カメラ性能(静止画、動画)非公開
ポイント
  • 簡単で高性能な操縦システム
  • 堅牢なボディ
  • 撮影した写真が自動的にスマホに保存される

パロット(Parrot) Mambo FLYのレビューと評価

小型&簡単操作&堅牢ボディでドローン操作の練習にも最適
パロット Mambo FLYは、コンパクトで容易に操縦することができるドローンです。またパロット Mambo FLYのボディは、堅牢性にもすぐれているので、ドローンを初めて購入する初心者の操縦練習にも最適です。

エーイーイー(AEE) AirSelfie 約20回充電可能パワーバンクセット ポケットに入る超小型自撮りドローン 日本語説明書付き 国内サポートあり

エーイーイー(AEE) AirSelfieの仕様・製品情報

サイズ(W×D×H)94.5×67.4×10.6mm
重量約61g
ジャイロスコープ6軸
機能非公開
制御距離約20m
充電時間ホバリング
駆動時間約3分
カメラ性能(静止画、動画)5MP、1080P
ポイント
  • ポケットに入るコンパクトサイズ
  • スマホ&iPhoneアプリでWi-Fi接続
  • スタイリッシュで特徴的なデザイン

エーイーイー(AEE) AirSelfieのレビューと評価

コンパクトで特徴的なデザインが魅力のドローン
エーイーイー AirSelfieは、軽量なアルミのボディが特徴的なコンパクトドローンです。エーイーイー AirSelfieは、スマホやiPhoneにダウンロードしたアプリ画面をスワイプするだけでブレードの回転が始まり、本体を空中に放り投げるとホバリングを開始してくれます。

【100g以上~200g未満】安いドローンおすすめ5選

100g以上~200g未満のおすすめの安いドローンを紹介します。

DEERC『ドローン(D50)』

次に紹介するおすすめの安いドローンは、「DEERC『ドローン(D50)』」です。

質量178g
長さ42.7㎝
23.7㎝
高さ10.7㎝
最大飛行時間24分
評価・レビュー
価格
(4.0)
重さ
(3.0)
画質
(4.0)
ポイント
  • アプリでフライトコースを描くとその通りに飛行してくれる
  • リアルタイムで映像を確認できるうえに、解像度の高い画像を撮影できる
  • 離陸着陸を自動的にできるモードを完備している

「DEERC『ドローン(D50)』」の特徴

アプリのマップ上で飛行ルートを設定することができる。

こんな人におすすめ
一通りの機能は勿論のこと、操縦の楽しさも感じられる製品がほしいという方におすすめです。

スナップテイン『H823H』

次に紹介するおすすめの安いドローンは、スナップテイン『H823H』です。

質量104g
長さ6.8㎝
7.5㎝
高さ2.4㎝
最大飛行時間21分
評価・レビュー
価格
(4.0)
重さ
(4.0)
画質
(4.0)
ポイント
  • 最大飛行時間を21分まで延ばし、楽しみを延長
  • 自動でホバリングされるため子どもでも安心して飛ばすことができる
  • ワンキー離陸・着陸・リターン機能が付いており、操作の手間を短縮

スナップテイン『H823H』の特徴

360度宙返り機能があり、ドローンの操縦をより楽しむことができる。

こんな人におすすめ
6軸ジャイロ飛行制御システムを採用することで高い安定性を実現。ドローン初心者の方でも安心して飛行操縦を行うことができるのでおすすめです。

DBPOWER ドローン

次に紹介するおすすめの安いドローンは、DBPOWER ドローンです。

質量148g
長さ18.5㎝
17㎝
高さ4㎝
最大飛行時間14分
評価・レビュー
価格
(4.0)
重さ
(3.0)
画質
(4.0)
ポイント
  • 自動高度維持機能搭載で初心者でも簡単に安定したホバリングが可能
  • 動画・静止画の撮影が可能な高性能カメラを搭載
  • 折り畳み式で持ち運びに便利

DBPOWER ドローンの特徴

画面に描いたラインをトレースするようにドローンが自動で飛行するトラッキングフライトモードを搭載しています。絵をかくような感覚でドローンの操縦が可能です。

こんな人におすすめ
1080pHDカメラが付いており、空中で飛行しながら、写真や撮影ができます。空撮を始めたいと思っている方にぜひおすすめの商品です。

ハイテック RC EYE ONE Xtreme RTFキット アールシーロガー 2.4GHz 4ch 88013RC ドローン

ハイテック RC EYE ONE Xtremeの仕様・製品情報

サイズ(W×D×H)225×225×80mm
重量約189g
ジャイロスコープ6軸
機能高度保持機能、ヘッドレスモード
制御距離非公開
充電時間非公開
駆動時間約5~7分
カメラ性能(静止画、動画)なし
ポイント
  • GoProの取り付けが可能
  • 3つのフライトモードを選択可能
  • パワフルなブラシレスモーター採用

ハイテック RC EYE ONE Xtremeのレビューと評価

GoPro搭載可能なコンパクトドローン
ハイテック RC EYE ONE Xtremeは、本体自身にはカメラは付属していないものの、GoProなどのアクションカメラの搭載が可能です。またハイテック RC EYE ONE Xtremeは、パワフルなブラシレスモーターを採用しているので、アクションカメラを搭載しても飛行性能が低下することはありません。

ジーフォース(G-FORCE) ESPADA FPVドローン ブラック GB100

ジーフォース(G-FORCE) ESPADAの仕様・製品情報

サイズ(W×D×H)215×215×56mm
重量約148g
ジャイロスコープ非公開
機能ホバリング、360°フリップ、ヘッドレスモード、3段階スピード調整、ワンキーリターン
制御距離約30m
充電時間約90~120分
駆動時間約8~9分
カメラ性能(静止画、動画)1280×720、1280×720
ポイント
  • 携帯性抜群のアーム可変式
  • 高精度期圧センサーでしっかりと高度を維持
  • 広角120°の高精細カメラ搭載

ジーフォース(G-FORCE) ESPADAのレビューと評価

専用アプリの画面上に描いた軌跡通りに飛行してくれる
ジーフォース ESPADAの専用アプリは、画面上にラインを描くことで、そのラインの通りにドローンが飛行してくれる新しい操作方法を採用しています。またジーフォース ESPADAは、高精度の期圧センサーを採用しており、機体の高度維持をしっかりとアシストしてくれるので、安心して撮影を行うことができます。

Amazon.co.jp おすすめ商品

安いドローンの重要ポイントまとめ

安いドローンの重要なポイントは以下の3つです。

  • 画質は十分であるか
  • 重量は十分であるか
  • 飛行時間は十分であるか
白のドローンとカラフルなライト 2022年規制変更?200g以下ドローンのおすすめ10選と100g以下5選 カメラ付きドローンおすすめ 空撮におすすめ!カメラ付きドローンの人気7選 おすすめのドローン 入門モデルも!ドローンのおすすめ最強8選!高画質、小型、初心者向けなど
Amazon プライム対象