【じっくり読むと4分30秒】

一眼レフカメラは高級なものではなく、誰でも手を伸ばせるアイテムに変わってきています。さらに、低価格帯の一眼レフカメラも性能は上がってきています。

この記事では、安い一眼レフカメラの選び方やおすすめのメーカーと製品を解説します。




一眼レフカメラとは

一眼レフカメラはかつては、写真愛好家のものでしたが、現在では、カメラ女子というフレーズがある様に老若男女問わず、様々な層が楽しむものに変わってきています。一眼レフカメラが幅広い層に受け入れられる様になった背景には、購入しやすい価格の一眼レフカメラが増えた事が挙げられます。10万円あれば機能もレンズ付きの充実した一眼レフカメラが購入できる時代になっているのです。なお、中にはレンズ付きで5万円前後の価格帯の一眼レフカメラもあります。

一眼レフカメラの価格の相場

一眼レフカメラの相場はおよそ10万円前後ですが、正確に把握するためには、より細かく見ていく必要があります。最低限、チェックしておきたいのが、カテゴリー毎の相場観です。一眼レフカメラと一口にいっても10万円以下の初心者向けのモデルから50万円を超えるプロ向けのモデルまで多種多様です。構成比の多くを占める初心者向けのモデルは10万円を切るケースが多く、レンズが2本ついたモデルでも10万円以下で購入が可能となっています。中級者向けモデルは20万円から30万円、プロ向けのモデルは50万円前後が相場です。

安い一眼レフカメラの基準

安い一眼レフカメラは10万円以下のモデルが一つの基準になります。いわゆる、ファミリー層向けのエントリーモデルが大半を占めており、販売台数の半数以上はこのエントリーモデルが占めている状況です。なお、中には発売からしばらくたった中級者向けモデルが値崩れをして、ボディだけで10万円を切るケースもあるので、中級者向けモデルから一眼レフカメラを始めてみたい方は要注意です。

安い一眼レフカメラの選び方のポイント

安い一眼レフカメラの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • セットレンズは要チェック
  • 液晶は可動式がおすすめ
  • スマホとの親和性

セットレンズは要チェック

初心者向けの安い一眼レフカメラは基本的にレンズがセットで販売されています。一眼レフカメラ選びの際には本体はもちろんですが、このセットレンズの種類にも注意をしましょう。ズームレンズなのか、単焦点レンズなのか、更にはレンズのF値はどの程度の数値なのかをしっかりとチェックするのが賢明です。レンズ2本セットの一眼レフカメラよりも、1本で幅広い範囲に使えるレンズのセットの方が使い勝手が良いケースもあるので、実際に使うシーンをイメージするのが良いでしょう。

液晶は可動式がおすすめ

安い一眼レフカメラを選ぶ際にも妥協をしてはいけないのが液晶です。最近の一眼レフカメラはライブビュー撮影や動画撮影、更にはスマートフォンへの転送など、液晶画面を用いるケースが増えており、液晶の重要性は高まってきています。特に液晶を見る上ではバリアングル液晶やチルト式液晶など可動式の液晶か否かはチェックしましょう。液晶を可動させる事ができれば、様々な撮影が楽しめます。

スマホとの親和性

一眼レフカメラのトレンドとなっている機能の1つがスマホとの連携です。撮影した画像をそのままスマホに転送したり、スマホ側から一眼レフカメラの操作などもできるになってきています。家族や友人などとの旅行で撮影したデータなども、その場でシェアができますし、SNSなどにもタイムリーにアップできます。安い一眼レフカメラにも搭載されているモデルは多くあるので、要チェックです。

安い低価格帯の一眼レフカメラの人気メーカー

キヤノン

キヤノンは初心者向けのモデルからプロ向けのモデルまでフルラインナップを持つメーカーです。その中でEOSKissシリーズが安い一眼レフカメラのラインナップとなっています。10万円を切るモデルも豊富にある上、最大手のメーカーだけあり、レンズキットのラインナップも豊富です。安さだけでなく、価格やキットレンズの種類にもこだわりたい方はキヤノンのEOSKissシリーズを中心とした低価格のラインナップがおすすめです。

ニコン

ニコンは10万円を切るラインナップにも力を入れているカメラメーカーです。ラインナップは5万円前後から購入ができるモデルから10万円前後のモデルまであるので、価格優先派の方も安心です。また、トレンドの機能であるバリアングル液晶やWi-Fiなどのスマホとの親和性もしっかりと押さえています。更にレンズキットもズームレンズが2本付いたダブルズームキットなども、展開しているので、安い一眼レフカメラのラインナップは充実していると言えます。

ペンタックス

ペンタックスは機能特化型のモデルが強いメーカーですが、低価格帯の一眼レフカメラのラインナップもしっかりと持っています。特徴的なのが、他社ではミドルクラスの一眼レフカメラからしか入ってこない防塵防滴構造が安い一眼レフカメラのラインナップからも入っている点です。撮影状況を気にしている余裕がない方なども安心して使える一眼レフカメラと言えるでしょう。

安いけどコスパ抜群の一眼レフカメラおすすめ10選

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X90

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X90のおすすめポイント3つ

  • 2410万画素
  • ISO100-6400
  • Wi-Fi機能

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X90のレビューと評価

低価格でありながら2410万画素の一眼レフカメラ

キヤノンの一眼レフカメラの中で、最も低価格帯のモデルでありながら、2410万画素を誇っている高画質モデルです。ISO感度も最大6400まで上げる事ができる他、Wi-Fi機能も搭載しているので、スマホとの連携もできます。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X90の仕様・製品情報

画素数約2410万画素
液晶サイズ3.0型
重量427g
ISO感度100-6400

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X90

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X90のおすすめポイント3つ

  • 小型軽量
  • 充実の無線機能
  • バリアングル液晶

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X90のレビューと評価

小型軽量ボディが魅力のX9

X9はわずか406gの小型軽量ボディが最大の魅力です。小型軽量のボディの中にWi-Fiやブルートゥース機能などの無線接続機能が搭載されており、スマホ連携も充実しています。また、液晶画面はタッチパネルのバリアングル液晶となっており、スマホ感覚でシャッターを切る事も可能となっています。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X90の仕様・製品情報

画素数約2420万画素
液晶サイズ3.0型
重量406g
ISO感度100-25600

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8iのおすすめポイント3つ

  • 2420万画素
  • Wi-Fi機能
  • バリアングル液晶

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8iのレビューと評価

基本性能のバランスの良いコスパ抜群の一眼レフカメラ

X8iは基本性能のバランスの良い、安い一眼レフカメラです。画質面は2420万画素のセンサーを搭載していますし、機能面もWi-Fiやバリアングル液晶などトレンドの機能をバランスよく搭載しています。飛びぬけた機能こそありませんが、コストパフォーマンスは抜群の1台なので、気軽に始めたい方には最適です。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8iの仕様・製品情報

画素数約2420万画素
液晶サイズ3.0型
重量510g
ISO感度100-12800

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9iのおすすめポイント3つ

  • 45点AF
  • ブルートゥース接続
  • ライブビュー撮影

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9iのレビューと評価

測距性能が大幅進化したX9i

X9iは従来の中級者向けのモデルに搭載されているスペックを積んだ初級者向けの一眼レフカメラです。X8iでは19点だった測距点が45点に大幅に進化を遂げており、測距性能が大幅に進化をしました。また、ブルートゥース接続にも新たに対応をしており、より簡単にスマホとの連携ができるようになりました。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9iの仕様・製品情報

画素数約2420万画素
液晶サイズ3.0型
重量485g
ISO感度100-25600

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 9000D

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 9000Dのおすすめポイント3つ

  • 45点AF
  • 秒間6コマ連写
  • 常用ISO感度最大25600

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 9000Dのレビューと評価

動きに強い9000D

9000Dは45点の測距点が搭載された動きに強い一眼レフカメラです。連写性能に関しても秒間6コマを実現しており、スポーツなどの撮影も十分にできます。また、常用ISO感度は最大25600まで上げる事ができるので、感度を上げて撮影する機会が多い方も安心して撮影できます。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 9000Dの仕様・製品情報

画素数約2420万画素
液晶サイズ3.0型
重量493g
ISO感度100-25600

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400のおすすめポイント3つ

  • 395gの軽量ボディ
  • カラーバリエーション
  • ガイドモード

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400のレビューと評価

ガイドモード搭載の初級者向けの一眼レフカメラ

わずか395gの軽量ボディが魅力のD3400は、ニコンの一眼レフカメラのラインナップの中では、最も初級者向けのモデルとなっています。そのため、誰でも簡単に撮影ができる様にガイドモードを搭載して、迷わずに撮影できます。また、カラーバリエーションが選べるのも魅力と言えます。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400の仕様・製品情報

画素数約2416万画素
液晶サイズ3.0型
重量395g
ISO感度100-25600

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300のおすすめポイント3つ

  • Wi-Fi機能
  • カラーバリエーション
  • 秒間5コマ連写

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300のレビューと評価

カラバリも豊富なエントリー向け一眼レフカメラ

D5300は秒間5コマの連写性能を誇るニコンのエントリー向けの一眼レフカメラです。エントリー向けの一眼レフカメラと言う事もあり、カラーバリエーションもブラック、レッド、グレーの3色から選べる様になっています。また、Wi-Fi機能も搭載しているので、スマホとの連携もできます。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300の仕様・製品情報

画素数約2416万画素
液晶サイズ3.2型
重量480g
ISO感度100-12800

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600のおすすめポイント3つ

  • 2416万画素
  • バリアングル液晶
  • タッチパネル

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600のレビューと評価

初心者向けのタッチパネル搭載の簡単モデル

D5600は2416万画素の高画質を誇る一眼レフカメラです。画質性能が高いのはもちろんの事、3.2型のタッチパネル対応のバリアングル液晶を搭載しており、ライブビュー撮影も簡単です。一眼レフカメラに苦手意識を持っている方も、抵抗なく始められる一台です。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600の仕様・製品情報

画素数約2416万画素
液晶サイズ3.2型
重量415g
ISO感度100-25600

PENTAX デジタル一眼レフ K-70

PENTAX デジタル一眼レフ K-70のおすすめポイント3つ

  • ハイブリットAF
  • 視野率100%
  • 防塵防滴

PENTAX デジタル一眼レフ K-70のレビューと評価

玄人好みの性能が詰まったオートフォーカスが速い一眼レフカメラ

K-70はコントラストAFと位相差AFを組み合わせた、ハイブリットAFを搭載している、オートフォーカスが速い一眼レフカメラです。ライブビュー撮影や動画撮影をする機会が多い方には特におすすめの一台です。また、防塵防滴、視野率が100%など玄人好みの仕様にもなっているので、性能にはこだわりたい方は要チェックと言えます。

PENTAX デジタル一眼レフ K-70の仕様・製品情報

画素数約2424万画素
液晶サイズ3.0型
重量628g
ISO感度100-102400

PENTAX デジタル一眼レフ PENTAX K-S2

PENTAX デジタル一眼レフ PENTAX K-S2のおすすめポイント3つ

  • Wi-Fi機能
  • バリアングル液晶
  • 防塵防滴

PENTAX デジタル一眼レフ PENTAX K-S2のレビューと評価

本格性能が魅力のK-S2

K-S2は低価格の一眼レフカメラとは思えないハイスペックが魅力の一眼レフカメラです。本格的な防塵防滴が搭載されていたり、Wi-Fiやバリアングル液晶が搭載されているなど、機能面では他社の同クラスの一眼レフカメラを凌駕しています。

PENTAX デジタル一眼レフ PENTAX K-S2の仕様・製品情報

画素数約2012万画素
液晶サイズ3.0型
重量618g
ISO感度100-51200

まとめ

一眼レフカメラは安くなっているとはいえ、決して、安い買い物ではありません。買ってから後悔をしないためにも、一眼レフカメラを使っている自身をイメージして、どの機能の優先度が高いかを検討しましょう。