【カナル型イヤホンとは】インナーイヤーとどう違う?メリット・デメリットも解説

白いイヤホン

イヤホンの種類のカナル型とは、耳栓のような形のイヤーピースを耳に入れて装着するタイプのイヤホンのことをいいます。
現在の主流の形で、もう一つのタイプのインナーイヤー型をはるかに超える数の製品が販売されています。そのなかでもコスパに優れた製品やワイヤレスイヤホンタイプのもの、高音質タイプのものなど、幅広いラインアップがあります。
それぞれの型の違いや、メリットデメリット、どっちのタイプを選べばいいのかなど、わかりやすく解説していきます。
ランニングイヤホン ランニングに使いたい有線イヤホンのおすすめ人気10選 XROUND AERO Plus 圧倒的臨場感!XROUND AERO Plus(エアロ プラス)が最強すぎる!ゲーム・音楽に ワイヤレスイヤホン 【2022】重低音が心地よい!完全ワイヤレスイヤホンおすすめ人気ランキング18選

カナル型とは

透明のイヤホン
カナル型とは、別名「耳栓型」とも呼ばれ、その名の通り耳栓のような形状のイヤーピースを耳の穴に押し込むように装着します。耳穴にさして装着するため、遮音性が高く、小さな音量でもクリアなサウンドを楽しめます
最近の市販のイヤホンの主流となっています。イヤーピースの素材や大きさによって装着感が大きく異なります。

カナル型とインナーイヤー型との違い

カナル型は耳穴に押し込んで装着するのに対して、インナーイヤー型は耳に軽く引っ掛けるように装着します。スマートフォンやゲーム機などに付属しているイヤホンの多くはインナーイヤー型です。インナーイヤー型の方がカナル型よりも締め付け感が弱いので耳に負担がかかりにくく、長時間使用にも向いています。
しかし、カナル型に比べて遮音性が低いので、周囲への音漏れが大きくなってしまい、公共交通機関内などで大音量で音楽を聴いていると周りの人に迷惑になってしまうことがあります。

カナル型イヤホンのメリット

カナル型イヤホンのメリットは、以下の3つです。

  • 人気が一番あり、様々な製品がある
  • 音漏れが少なく、周りが気にならない
  • 低音の力強さがあり、高音質

人気が一番高く、様々な製品がある

カナル型は現在のイヤホンの主流の形で、一番製品数が多く、コスパに優れたモデルからハイエンドのモデルまで様々な製品があるため、自分にあったイヤホンをもっとも見つけやすい形と言えます。
また、ワイヤレスイヤホンや、様々な音楽の種類の再生に適した高音質モデルなどもたくさんあるので、あらゆる人におすすめできるタイプのイヤホンです。

音漏れが少なく、周りが気にならない

スマートホンやDAPなどに繋いで気軽に屋外で音楽を聴くことが多くなった現代においては、音漏れはとても気になる問題点だといえます。
特に公共交通機関の中や静かな室内などでは、小さな音でもかなり周りに響いてしまいます。その点でカナル型のイヤホンを使用することで、音漏れの問題をあまり気にせずに音楽を楽しむことができます

低音の力強さがあり、高音質

カナル型イヤホンは、その構造上耳との密閉度が高く低域の音が外にもれづらいため、力強い低音を再生しやすくなっています
そのため、ロックやポップス、クラシックなど、様々な低音の力強さが必要な音楽の再生に向いています。
また、外部の音をシャットアウトできるので、静けさの表現や繊細な音の再現性にも優れています。

カナル型イヤホンのデメリット

カナル型イヤホンのデメリットは、以下の2つです。

  • 外部の音が聞こえづらい
  • 長時間使用すると違和感を感じやすい

外部の音が聞こえづらい

カナル型イヤホンはその構造上外部の音が聞こえづらいので、外出時や歩行中などに使用すると、周りの音が聞こえないことによる安全上のリスクがあります
そのような場所で使用する場合には十分な注意が必要だといえます。ただ、その分安全な場所での使用においては、外部の音を遮断して没入感を楽しむことができるメリットもあります。

長時間使用すると違和感を感じやすい

カナル型イヤホンは、耳の中にイヤーピースといわれるパーツを直接差し込んで使用するため、長時間の使用時に、違和感や痛みを感じることがよくあります
また、左右で耳の穴の大きさが異なっている場合や、イヤーピースのサイズが合わないときなどには、付属しているサイズ別のイヤーピースや別売りのサイズの違うイヤーピースを装着して使用することをおすすめします。

カナル型イヤホンの付け方

STEP.1
自分の耳のサイズにあったイヤーピースを使う
多くのカナル型イヤホンには、S、M、Lサイズなどの異なったイヤーピースが付属していると思います。それらの中から、自分の耳の穴のサイズに合ったものを使うようにしましょう
STEP.2
耳を引っ張りながらイヤホンを入れる
カナル型イヤホンを装着するときは、耳の上の部分を、耳とは反対側の手でつまむように引き上げながらイヤホンを入れます。そうすることで耳の穴を完全に塞ぐように取り付ける事ができます。
STEP.3
耳の穴と垂直に入れる
耳の穴には形などに個人差があり、それぞれに穴の向きが異なります。そのため、できるだけ耳の穴と垂直に入れることを意識しながら装着すると、しっかりとイヤホンを入れることができます。
完了!

カナル型イヤホンのお手入れ方法

STEP.1
イヤーピースを取り外す
カナル型イヤホンには、イヤーピースが取り外せるタイプと取り外せないタイプがあるので、取り外せるものは、筐体から外してからウエットティッシュなどで清掃するようにします
STEP.2
汚れ取りに歯間ブラシを使う
細かな部分の汚れを取りたいときに、歯間ブラシを使うときれいに汚れが落とせます。ドライバーの部分や、イヤーピースの裏側などをこするようにして汚れを落とします
STEP.3
コードやプラグの清掃も忘れずに
筐体の清掃が終わったら、コードやプラグ部分もウエットティッシュや乾いた布を使って優しく汚れを拭き取っていきます。特にプラグ部分は音質に影響するので、きれいにしておきましょう
完了!

カナル型イヤホンの選び方

スマホとキーボードとイヤホン

カナル型イヤホンの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 有線か無線かで選ぶ
  • ドライバーのタイプで選ぶ
  • ノイズキャンセリング機能があるかどうかで選ぶ

有線か無線かで選ぶ

カナル型イヤホンには、有線タイプと無線タイプがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。自分の使い方に応じたものを選びましょう。
有線タイプはシンプルで高音質な製品が多く、故障なども少ないのが特徴です。
Bluetoothを使用した無線タイプのものは、装着時にコードのわずらわしさがなく、開放的な装着感が魅力です。ただ、有線タイプと比べると、音質は劣る場合が多いです。

ドライバーのタイプで選ぶ

カナル型イヤホンのドライバー(音を鳴らすパーツ)の種類は、主に、ダイナミック型とバランスドアーマチュア型の2種類があります。
ダイナミック型は最も一般的な形で、低音がでやすく力強いサウンドが特徴です。
バランスドアーマチュア型は、小型で繊細な表現が得意なモデルです。また、両方のドライバーを搭載したハイブリット型もあり、バランスのいい音が楽しめるモデルが多いです。

ノイズキャンセリング機能があるかどうかで選ぶ

ノイズキャンセリング機能とは、周囲の音をマイクで取り込み、逆位相の音を再現することでノイズを感じにくくする機能のことをいいます。
この機能を搭載することで、周りのノイズを低減できるため、小さい音でもクリーンに聞こえるようになったり、周りを気にせずに、高い没入感を感じることができるメリットがあります。
各メーカーによって音の特徴が違うので、気に入った音質の物を選ぶといいでしょう。

カナル型イヤホンのおすすめ9選

おすすめのカナル型イヤホンを紹介します。

パナソニック RP-HJE150-K

最初に紹介するおすすめのカナル型イヤホンは、「パナソニック RP-HJE150-K」です。

接続方式有線
重量11g
コード長1.2m
プラグステレオミニプラグ(直径3.5mm、ストレート型、24K金メッキ)
ノイズキャンセリングなし
評価・レビュー
音質
(3.0)
コスパ
(5.0)
機能性
(3.0)
ポイント
  • とても軽量でコンパクトなボディの採用
  • カラフルな9色のラインナップ
  • からみ防止スライダーの採用によりコードがからみにくい

「パナソニック RP-HJE150-K」の特徴

とてもコンパクトで軽量なエントリー向けイヤホンです。楕円形状のポートの採用により、しっかりとイヤホンを装着することがでます。

こんな人におすすめ
装着感のいいイヤホンを探している方におすすめ

Xeokone ワイヤレスイヤホン EX30

次に紹介するおすすめのカナル型イヤホンは、「Xeokone ワイヤレスイヤホン EX30」です。

接続方式無線
重量80g
コード長
プラグ
ノイズキャンセリングなし
評価・レビュー
音質
(2.5)
コスパ
(5.0)
機能性
(3.5)
ポイント
  • コスパが最高のBluetoothワイヤレスイヤホンです
  • 本体で5時間、ケースを使えば約20時間の連続再生が可能
  • 操作も簡単で、片耳、両耳どちらでも使用可能

「Xeokone ワイヤレスイヤホン EX30」の特徴

コスパが最高のワイヤレスイヤホンで、ワイヤレスの製品を買うのが初めての人にもおすすめです。音質もよく、クラスを超えた使いやすさがあります。

こんな人におすすめ
コスパのいいワイヤレスイヤホンを探している方におすすめ

final (ファイナル) E500

次に紹介するおすすめのカナル型イヤホンは、「final (ファイナル) E500」です。

接続方式有線
重量15g
コード長1.2m
プラグステレオ‎3.5mmジャック
ノイズキャンセリングなし
評価・レビュー
音質
(4.0)
コスパ
(5.0)
機能性
(3.0)
ポイント
  • バイノーラルサウンドを再現できる
  • イヤーピースのスイングフィット機構による自然な装着感
  • クラスを超えた高音質設計の定番イヤホン

「final (ファイナル) E500」の特徴

音響工学に基づいた通常のステレオ音源と、バイノーラル技術の音源との違いの研究から生まれた、定番イヤホンです。コスパの良い製品ながら、高音質再生が可能です。

final(ファイナル)
こんな人におすすめ
コスパがよく、高音質のイヤホンを探している方におすすめ

ソニー ワイヤレスイヤホン WI-C200

次に紹介するおすすめのカナル型イヤホンは、「ソニー ワイヤレスイヤホン WI-C200」です。

接続方式無線
重量19g
コード長
プラグ
ノイズキャンセリングなし
評価・レビュー
音質
(3.0)
コスパ
(4.0)
機能性
(3.5)
ポイント
  • 最大15時間のロングライフ再生が可能
  • 首にかけやすいバランスを考慮した装着感の良さ
  • 高音質なAACにも対応

「ソニー ワイヤレスイヤホン WI-C200」の特徴

最大15時間の再生が可能なスタミナを持ち、装着感の優れたとても使いやすいワイヤレスイヤホンです。ハンズフリー通話にも対応しています。

こんな人におすすめ
長時間使えるワイヤレスイヤホンを探している方におすすめ

JVC HA-FX3X-R XXシリーズ

次に紹介するおすすめのカナル型イヤホンは、「JVC HA-FX3X-R XXシリーズ」です。

接続方式有線
重量6.2g(コード含まず)
コード長1.2m
プラグφ3.5 mm 24金メッキステレオミニプラグ
ノイズキャンセリングなし
評価・レビュー
音質
(4.0)
コスパ
(4.0)
機能性
(3.0)
ポイント
  • 米国逆輸入モデルのXXシリーズのイヤホン
  • 迫力の重低音サウンドが楽しめるエクストリームディープバスポートの採用
  • しっかりと装着できるエルゴノミックアングルドフォルムの採用

「JVC HA-FX3X-R XXシリーズ」の特徴

米国のストリート生まれのパワフルな重低音が楽しめる逆輸入モデルです。他のイヤホンにはない強烈な個性と迫力満点な音質の良さがあります。

こんな人におすすめ
アメリカンなパワフルサウンドが好きな方におすすめ

JBL (ジェイビーエル) Tune 225TWS

次に紹介するおすすめのカナル型イヤホンは、「JBL (ジェイビーエル) Tune 225TWS」です。

接続方式無線
重量56.7g
コード長
プラグ
ノイズキャンセリングなし
評価・レビュー
音質
(4.0)
コスパ
(3.0)
機能性
(4.0)
ポイント
  • ワイヤレスながら、JBLらしい高音質再生が可能
  • 最大25時間の長時間再生を実現
  • デュアル接続が可能で、片耳でも使用可能

「JBL (ジェイビーエル) Tune 225TWS」の特徴

JBLらしい透明感のある高音質をコードレスでも楽しめる定番イヤホンです。連続25時間再生も可能なバッテリーの採用で、ストレスなく高音質を楽しめます。

こんな人におすすめ
高音質なワイヤレスイヤホンを探している方におすすめ

SHURE シュア SE215SPE-A

次に紹介するおすすめのカナル型イヤホンは、「SHURE シュア SE215SPE-A」です。

接続方式有線
重量
コード長1.16m
プラグ3.5mmミニプラグコネクター
ノイズキャンセリングなし
評価・レビュー
音質
(4.0)
コスパ
(4.0)
機能性
(3.0)
ポイント
  • シュアのエントリーモデルながら、とても高音質
  • シングルダイナミック型マイクロドライバー搭載で迫力の低域を再生
  • きれいなトランスルーセントブルーのイヤーピースの採用によるデザイン性の高さ

「SHURE シュア SE215SPE-A」の特徴

エントリーモデルながら、シュアの音作りを継承した高音質イヤホンです。きれいなトランスルーセントブルーのカラーも魅力です。着脱式のケーブルも使い勝手がいいです。

こんな人におすすめ
高音質でデザインのいいイヤホンをお探しの方におすすめ

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-C600N

次に紹介するおすすめのカナル型イヤホンは、「ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-C600N」です。

接続方式無線
重量34g
コード長
プラグ
ノイズキャンセリングあり
評価・レビュー
音質
(3.5)
コスパ
(3.5)
機能性
(4.5)
ポイント
  • 高音質と長時間再生の両立
  • DSEEの採用により高音域をクリアに再生可能
  • 3モードのノイズキャンセリング機能を搭載

「ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-C600N」の特徴

ソニー独自のDSEEの採用により、圧縮音源でもきれいな高音域を再生できます。デジタルノイズキャンセリング機能の搭載により、どこでも音楽に集中できるネックバンド型ワイヤレスイヤホンです。

こんな人におすすめ
高音質なノイズキャンセリングイヤホンを探している方におすすめ

audio-technica ATH-CKS1100X

次に紹介するおすすめのカナル型イヤホンは、「audio-technica ATH-CKS1100X」です。

接続方式有線
重量9g
コード長1.2m
プラグφ3.5mm金メッキステレオミニプラグ(L型)
ノイズキャンセリングなし
評価・レビュー
音質
(4.5)
コスパ
(3.5)
機能性
(3.0)
ポイント
  • オーディオ用の着脱式コネクタの採用
  • ハイレゾ音源にも対応した高音質設計
  • スターカッド撚り線コードを採用し、クロストークの少ない信号伝送を実現

「audio-technica ATH-CKS1100X」の特徴

ATH-CKS1100Xは、細部までこだわった高音質設計により、ハイレゾ音源にも対応しています。曇りのない重低音の再生など、上位モデルならではの高音質が楽しめるモデルです。

こんな人におすすめ
ハイレゾ音源をいい音で楽しみたい方におすすめ
Amazon.co.jp おすすめ商品

カナル型イヤホンの重要ポイントまとめ

カナル型イヤホンの重要なポイントは以下の3つです。

  • 有線タイプか無線タイプかで選ぶ
  • 気に入った音質の製品を選ぼう!
  • ノイズキャンセリングの有無もチェック!
ランニングイヤホン ランニングに使いたい有線イヤホンのおすすめ人気10選 XROUND AERO Plus 圧倒的臨場感!XROUND AERO Plus(エアロ プラス)が最強すぎる!ゲーム・音楽に ワイヤレスイヤホン 【2022】重低音が心地よい!完全ワイヤレスイヤホンおすすめ人気ランキング18選
Amazon プライム対象