イヤホンを探している際に、「カナル型」や「インナーイヤー型」という表記を見かけて何のことなのか疑問に思った人もいると思います。ちなみにこれらはイヤホンの付け方の違いなのですが、今回は、カナル型イヤホンとは何か、インナーイヤー型との違いなど、イヤホンを選ぶ上で重要な装着方法について説明します。




カナル型とは

カナル型とは、別名「耳栓型」とも呼ばれ、その名の通り耳栓のような形状のイヤーピースを耳の穴に押し込むように装着します。耳穴にさして装着するため、遮音性が高く、小さな音量でもクリアなサウンドを楽しめます。
最近の市販のイヤホンの主流となっています。

イヤーピースの素材や大きさによって装着感が大きく異なります。

カナル型とインナーイヤー型との違い

カナル型は耳穴に押し込んで装着するのに対して、インナーイヤー型は耳に軽く引っ掛けるように装着します。スマートフォンやゲーム機などに付属しているイヤホンの多くはインナーイヤー型です。インナーイヤー型の方がカナル型よりも締め付け感が弱いので耳に負担がかかりにくく、長時間使用にも向いています。

しかし、カナル型に比べて遮音性が低いので、周囲への音漏れが大きくなってしまい、公共交通機関内などで大音量で音楽を聴いていると周りの人に迷惑になってしまうことがあります。

カナル型イヤホンの長所やメリット

イヤホンの種類が豊富

最近のカナル型イヤホンは、非常に安価なものから数万円以上する高級なハイエンドモデルまで、幅広く用意されています。
また、イヤーピースを付け替えることで自分好みの装着感に近づけることも可能です。

イヤホンが外れにくい

カナル型は耳穴に押し込んで装着するので、耳に引っ掛けるように装着するインナーイヤー型よりも外れにくいです。歩いているときに耳からポロッと落ちるようなこともほとんどありません。

カナル型イヤホンの短所やデメリット

耳が圧迫される

カナル型イヤホンでは、耳に押し込むことによる圧迫感を感じてしまう人もいるかもしれません。この圧迫感が、カナル型が嫌いな人の主な原因のようです。
また、耳が圧迫されることによって、長時間の使用で疲れやすいというデメリットもあります。

耳垢がつきやすい

カナル型は耳に押し込むことによって、イヤーピースに耳垢がつきやすくなっています。イヤーピースは交換が可能なものがほとんどなので、時々交換したり、目立たない色のものを選ぶことで改善できます。

カナル型イヤホンの付け方

カナル型イヤホンを装着する上でイヤーチップ選びも大切です。サイズや材質など、自分にあったものを選びましょう。

先ほどカナル型は耳栓型とも呼ばれると言いましたが、まさに耳栓のようにしっかりと耳の中にフィットさせることが重要です。フィットしていないと外れやすくなったり、音が聞こえにくくなる原因になってしまいます。

それでも外れやすい場合には「シュア掛け」をおすすめします。シュア掛けは、SHURE製品の正しい付け方として知られていますが、ほとんどのカナル型イヤホンでもシュア掛けをすることができます。
ケーブルを耳の後ろに通して装着する方法で外れにくく、音質の向上も期待できます。

まとめ

最近はカナル型が主流となっていますが、装着感や性能など人によって求めるものはさまざまです。
遮音性を気にするならカナル型、長時間の使用を快適に行いたい場合にはインナーイヤー型など時と場合に合わせて使い分けるのも良いでしょう。