重低音ヘッドホンのおすすめ最強ランキング10選

ヘッドホンおすすめ

日本ではEDMの流行、アメリカではHIPHOPが年間ベストソングの上位に多くランクインされるなど、ビートが気持ちい音楽が今注目を集めています。

そこで今回はそんな音楽をより楽しめる重低音が最強なヘッドホンをランキング形式で紹介します。

SONY(ソニー)、Pioneer(パイオニア)、Bose(ボーズ)、Beats、audio-technica(オーディオテクニカ)などの人気メーカーをBluetoothモデルなど幅広く紹介します。

重低音ヘッドホンとは

重低音ヘッドホンとは、中高音域に比べてベースやドラムなどの低音を迫力あるサウンドで再生できるヘッドホンのことです。

ロックやクラブミュージックはもちろん、ヒップホップなどのジャンルにも最適。

体に響くような重低音が楽しめるので、DJプレイにも向いています。

パワフルなビートが体感したい方におすすめのヘッドホンです。

重低音ヘッドホンのおすすめメーカー一覧

重低音ヘッドホンのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • ソニー(SONY)
  • オーディオテクニカ(audio-technica)
  • ジェイブイシー(JVC)

ソニー(SONY)

ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能を搭載したヘッドホンで有名な「ソニー」ですが、パワフルな重低音サウンドが奏でられるヘッドホンも製造しています。

「EXTRA BASS」と呼ばれるシリーズで展開されているソニーの重低音ヘッドホンは、パワフルながらクリアな低音を再生可能。

量感豊かな音は、ソニー独自のテクノロジーで実現されたサウンドです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

日本のオーディオ機器メーカーといえばソニーが有名ですが、海外では「オーディオテクニカ」も高い評価を得ています。

原音に忠実なサウンドイメージの強いオーディオテクニカですが、重低音に優れたモデルも多数製造。

「SOLID BASS」の名で知られる重低音シリーズは、パワフルながらキレのある低音再生が可能。他の音を遮ることのない迫力ある重低音が楽しめます。

ジェイブイシー(JVC)

日本ビクターとケンウッドの合併により誕生した「ジェイブイシー」は、多数のイヤホン・ヘッドホンを製造していることで有名。

特に重低音サウンドと耐久性に優れたボディをコンセプトに製造された「XX」シリーズが人気を得ています。

原音に忠実なサウンドを維持しながら、低音の迫力を向上。

衝撃や振動に強いモデルが多いので、屋外での使用にもおすすめです。

重低音ヘッドホンの選び方

重低音ヘッドホンの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • ドライバーの種類をチェックしよう
  • 接続方式をチェックしよう
  • 開放型と密閉型を選ぼう

ドライバーの種類をチェックしよう

ヘッドホンやイヤホンに使用されるドライバーには、ダイナミック型・バランスドアーマチュア型・ハイブリッド型が存在します。

低音再生に向いているドライバーはダイナミック型であり、バランスドアーマチュア型は高音向き。

ハイブリッド型は、ダイナミック型とバランスドアーマチュア型の両方を搭載したモデルです。

迫力のある重低音を求めるのであれば、ダイナミック型ドライバーを搭載したヘッドホンを選択しましょう。

接続方式をチェックしよう

重低音ヘッドホンの接続方式は大きく分けて2種類。

有線タイプは、3.5mmステレオミニプラグで接続するのが一般的です。

電波干渉を受けにくい有線タイプは、音質が劣化しにくいのがメリット。

ケーブルの煩わしさはありますが、音質を重視する方におすすめです。

ワイヤレスタイプはBluetoothを利用して接続するのがスタンダード。

電波干渉を受けやすいデメリットはありますが、ケーブルが必要ないので気軽に使用できます。

開放型と密閉型を選ぼう

ヘッドホンのハウジング部には開放型と密閉型の2種類が存在します。

開放型は耳が密閉されないので、つけ心地が軽く長時間でも聞き疲れしにくいメリットがあります。

音場が広く、空気感の表現に長けていますが、音漏れが多きので注意しましょう。

密閉型は耳を覆うタイプなので遮音性に優れており、重低音が響きやすい特徴があります。

繊細な音の表現では開放型に劣りますが、パワフルな重低音サウンドを求めるのであれば密閉型がおすすめです。

15位:PHILIPS Bass+ ヘッドホン オンイヤー SHL3075

created by Rinker
Philips(フィリップス)
¥3,284 (2020/09/28 10:34:28時点 Amazon調べ-詳細)

製品情報

価格帯

5000円以下

機能・性能

コスパ◯ / 重低音◯

仕様(スペック)

ケーブル長さ:1.2m

おすすめポイント3つ

  • 132gの軽量設計で長時間の利用も快適
  • 32mmのネオジムドライバーで迫力ある重低音を表現
  • ハウジング部がフラットに折りたため持ち運び、収納に便利

低価格で楽しめる重低音ヘッドホン

Bass+のシリーズ名に相応しい、力強い重低が楽しめるヘッドホン

こんな人におすすめ!

気軽に重低音を楽しみたい人におすすめ

14位:Beats by Dr.Dre ワイヤレスヘッドホン Studio3 Wireless

製品情報

価格帯

5万円以下

機能・性能

重低音◯ / 高音質 / Bluetooth / 長時間再生 / ノイズキャンセリング /ハイレゾ / マイク / リモコン

仕様(スペック)

  • サイズと重量
    • 高さ:18.4 cm
    • 重量:260 g
  • 全般
    • フォームファクター:オーバーイヤー型
  • 接続と拡張性
    • Bluetooth®
    • ワイヤレス
  • 電源
    • 充電式リチウムイオン
  • その他の特長
    • Bluetooth®
    • アダプティブノイズキャンセリング(ANC)
    • ANCのオン/オフ切り替え機能
    • 通話と音楽のオンボードコントロール
    • オンボードのボリュームコントロール
    • ノイズアイソレーション
    • ステレオBluetooth®
    • RemoteTalkケーブルによる有線での再生
    • インラインコントロール機能付きRemoteTalkケーブル
    • LEDのバッテリー残量表示
    • Micro-USBケーブルでの充電

おすすめポイント3つ

  • 約10分の充電で3時間再生できる超高速充電
  • 約22時間の長時間再生
  • レスポンシブノイズブロッキングによる最適なノイズ除去

音質と快適さを兼ね備えたワイヤレスヘッドホン

Beatsが得意とする低音と最先端技術によるノイズキャンセル機能により、快適で迫力のある低音を楽しめます。

こんな人におすすめ!

Apple製品で利用したい人におすすめ

13位:Pioneer SE-MX8 ヘッドホン

製品情報

価格帯

2万円以下

機能・性能

重低音◯ / 高音質 / ハイレゾ / マイク / リモコン

仕様(スペック)

  • 型式:密閉型ダイナミック
  • 質量(コード除く):233 g
  • 付属品:キャリングポーチ

おすすめポイント3つ

  • 二重構造のバックチャンバーで高い遮音性を実現
  • ハイレゾ音源対応の大口径40mmドライバーで臨場感あるクラブミュージック再生を実現
  • 肌触りの良いレザータイプ素材と低反発ウレタンと快適なつけ心地

重低音に特化したハイレゾ対応ヘッドホン

自社開発のドライバーで透き通った中高域再生と豊かで迫力のある低域を表現

こんな人におすすめ!

クラブミュージック好きにおすすめ

12位:Bose QuietComfort 35 wireless headphones

製品情報

価格帯

5万円以下

機能・性能

コスパ◯ / 重低音◯ / 高音質 / ノイズキャンセリング / マイク

仕様(スペック)

  • 質量:240g
  • 電源:リチウムイオン電池
  • 連続再生時間:ワイヤレス:20時間、有線:40時間
  • バッテリー充電時間:2.25時間
  • Bluetooth:A2DP、HFP、AVRCP、BLE
  • 付属品:キャリングケース、充電用USBケーブル、音声ケーブル、機内用デュアルプラグアダプター

おすすめポイント3つ

  • 約20時間の長時間再生可能な大容量バッテリー
  • ノイズキャンセル機能による快適なリスニング環境
  • 軽量で快適なつけ心地

抜群のノイズキャンセル機能を持った高性能ヘッドホン

ノイズキャンセルヘッドホンといえばBoseと言われるくらい業界最高峰のノイズキャンセル性能で周囲の雑音で音楽を邪魔されることがありません。

こんな人におすすめ!

移動中でも高音質で音楽を楽しみたい人におすすめ

11位:ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 HD 700

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥73,800 (2020/09/28 10:34:31時点 Amazon調べ-詳細)

製品情報

価格帯

10万円以下

機能・性能

高級 / 重低音◯ / 高音質 / リケーブル

仕様(スペック)

  • 型式:ダイナミック・オープンエアー
  • 本体重量:約292g(ケーブル重量除く)
  • ケーブル形状:両だし、3m
  • プラグ形状:6.3mm、ストレート型
  • 保証期間:2年

おすすめポイント3つ

  • 開放型ヘッドホンの広がりある自然なサウンド
  • 開放型の弱点をカバーした迫力のある低音
  • 長時間つけても疲れない高いクッション性

どんなジャンルも綺麗にならすオールマイティヘッドホン

開放型は着圧が弱いため低音が弱くなりがちですが、このヘッドホンそんな弱点もしっかりカバー

こんな人におすすめ!

ハイエンドヘッドホンを探している人におすすめ

10位:audio-technica ATH-WS990BT

製品情報

価格帯

3万円以下

機能・性能

コスパ◯ / 重低音◯ / 高音質 / Bluetooth / 長時間再生 / ノイズキャンセリング / ハイレゾ / マイク / リモコン

仕様(スペック)

  • 通信方式:Bluetooth標準規格Ver.4.1準拠
  • 対応Bluetoothプロファイル:A2DP、AVRCP、HFP、HSP
  • ヘッドホン部
    • 型式:密閉ダイナミック型
  • マイクロホン部
    • 型式:エレクトレットコンデンサー型
    • 指向性:全指向性
  • 電源:DC3.7Vリチウムポリマー電池(内蔵式)
  • 充電時間*:約5時間
  • 使用可能時間*:連続通信(音楽再生・BT/ON・NC/ON時):最大約25時間 (BTのみ使用時):最大約30時間
  • 連続待ち受け:最大約1,000時間
  • 質量:約300g
  • 付属品:30cm 充電用USBケーブル(USB Type-A / Micro USB Type-B)、1.2mケーブル、ポーチ

おすすめポイント3つ

  • 最大約30時間の長時間再生
  • ヘッドホンを装着したまま周りの音を確認できるヒアスルー機能
  • 大口径のディープモーションドライバーによる迫力の重低音

キレのある重低音が楽しめるワイヤレスヘッドホン

SOLID BASSシリーズの名に相応しい迫力のある重低音をワイヤレスヘッドホンで実現

こんな人におすすめ!

移動中も常に音楽を聴いていたい人におすすめ

9位:SONY(ソニー) MDR-XB650BT ワイヤレスヘッドホン

製品情報

価格帯

2万円以下

機能・性能

コスパ◯ / 重低音◯ / 高音質 / Bluetooth / 長時間再生 / マイク / リモコン

仕様(スペック)

  • 電源:DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
  • 充電時間:約4時間
  • 充電方法:USB充電
  • 電池持続時間(連続音声再生時間):最大30時間
  • 電池持続時間(連続通話時間):最大30時間
  • 電池持続時間(待受時間):最大300時間
  • 通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.4.0
  • 出力:Bluetooth標準規格 Power Class 2
  • 最大通信距離:見通し距離 約10m
  • 対応Bluetoothプロファイル :A2DP, AVRCP, HFP, HSP

おすすめポイント3つ

  • ベース・ブースター採用による迫力の重低音
  • EXTRA BASSシリーズ専用のドライバーで迫力ある重低音を表現
  • 約30時間の長時間再生

手軽に買える迫力のワイヤレスヘッドホン

迫力ある重低音を鳴らすために開発された筐体やドライバーでヘッドホンとは思えない迫力ある重低音を表現

こんな人におすすめ!

ワイヤレスで気軽に重低音を楽しみたい人におすすめ

8位:audio-technica SOLID BASS ATH-WS550

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥5,045 (2020/09/28 10:34:33時点 Amazon調べ-詳細)

製品情報

価格帯

1万円以下

機能・性能

コスパ◯ / 重低音◯

仕様(スペック)

  • 型式:密閉ダイナミック型
  • 質量(コード除く):約254g
  • プラグ:φ3.5mm金メッキステレオミニ(L型)
  • コード:1.2m

おすすめポイント3つ

  • 53mm大口径ドライバーによる迫力の重低音
  • ドライバーに合わせて最適化された空気孔により迫力のある重低音を表現
  • 不要な共振を防ぐことで実現した締まりのあるクリアなサウンド

気軽に買える重低音ヘッドホン

重低音を表現するために開発されたドライバー、筐体によりクリアで迫力のある重低音を楽しめます。

こんな人におすすめ!

ジャンルに合わせてヘッドホンを切り替えたい人におすすめ

7位:V-moda crossfade M-100

製品情報

価格帯

5万円以下

機能・性能

コスパ◯ / 重低音◯ / 高音質 / マイク / リモコン / リケーブル

仕様(スペック)

  • コード長:1.4m
  • 質量:約280g
  • プラグ:ステレオミニ(Ф3.5mm L型)+標準変換プラグ
  • 保証:1年間

おすすめポイント3つ

  • 個性的でおしゃれなデザイン
  • 強い耐久試験をクリアした高い堅牢性
  • 世界で活躍するDJにも認められた高品質のサウンド

DJヘッドホンの名に相応しい迫力のある重低音

DJとして世界的に有名なAviciiも愛用する音質、堅牢性を兼ね備えたヘッドホン

こんな人におすすめ!

人と違う高音質ヘッドホンを探している人におすすめ

6位:SONY(ソニー) MDR-XB950N1 ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン 重低音モデル

製品情報

価格帯

3万円以下

機能・性能

コスパ◯ / 重低音◯ / 高音質 / Bluetooth / 長時間再生 / ノイズキャンセリング / マイク / リモコン

仕様(スペック)

  • 電源:DC3.65V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
  • 充電時間:約7時間
  • 充電方法:USB充電
  • 電池持続時間(連続音声再生時間):約22時間 (BT : ON / NC : ON / BASS EFFECT : OFF)
  • 電池持続時間(連続通話時間):約20時間 (BT : ON / NC : ON / BASS EFFECT : OFF)
  • 電池持続時間(待受時間):約40時間 (BT : ON / NC : OFF)

おすすめポイント3つ

  • 内蔵アンプによる重低音のブーストで迫力のあるサウンドを実現
  • 専用アプリで低音ブーストの量感、エフェクト機能の調整が可能
  • 周囲の音に合わせて調整するデジタルノイズキャンセリングでどこでもクリアな視聴環境を

あらゆる技術を詰め込んだ迫力のある重低音ヘッドホン

専用アプリで内蔵アンプによる低音のブースト調整が可能。

好みの音質で音楽を楽しめます。

こんな人におすすめ!

高コスパで迫力ある重低音を楽しみたい人におすすめ

5位:ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-XB900N

最初に紹介するおすすめの重低音ヘッドホンは、「ソニー WH-XB900N」です。

重量 約254g
タイプ 密閉型
接続方式 Bluetooth4.2/3.5mmステレオミニ
ドライバー ダイナミック型
付属品 USBケーブル/キャリングポーチ/接続ケーブル
評価・レビュー
重低音
(4.0)
音質
(4.5)
コスパ
(4.0)
  • 内蔵アンプで量感ある重低音再生が可能
  • ノイズキャンセリング機能搭載
  • ワイヤレス&有線両方の接続方式に対応
こんな人におすすめ
ノイズキャンセリング機能が搭載されているので、周囲の雑音を遮断して音楽に没入したいかたにおすすめです。

4位:オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホン ATH-WS1100

次に紹介するおすすめの重低音ヘッドホンは、「オーディオテクニカ ATH-WS1100」です。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥23,200 (2020/09/28 10:34:36時点 Amazon調べ-詳細)
重量 約281g
タイプ 密閉型
接続方式 3.5mmステレオミニ
ドライバー ダイナミック型
付属品 着脱式コード/ポーチ
評価・レビュー
重低音
(4.0)
音質
(5.0)
コスパ
(3.5)
  • 高音質なハイレゾ音源に対応
  • 解像度の高い中高音とパワフルな重低音を両立
  • 歪みの少ないサウンドが特徴
こんな人におすすめ
ハイレゾ音源に対応しているので、重低音だけでなく中高音にもこだわりたい方におすすめです。

3位:ジェイブイシー(JVC) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-XP50BT

次に紹介するおすすめの重低音ヘッドホンは、「ジェイブイシー HA-XP50BT」です。

重量 約206g
タイプ 非公開
接続方式 Bluetooth4.1/3.5mmステレオミニ
ドライバー ダイナミック型
付属品 ヘッドホンケーブル/充電用USBケーブル
評価・レビュー
重低音
(4.5)
音質
(3.5)
コスパ
(4.5)
  • JVC独自の機構によりパワフルな重低音を実現
  • 低音を増強するバスブーストモード搭載
  • 衝撃を吸収するリングラバープロテクター採用
こんな人におすすめ
低音増強用のバスブーストモードが搭載されているので、とにかく迫力のある重低音をあじわいたい方におすすめです。

2位:スカルキャンディー(Skullcandy) CRUSHER WIRELESS

次に紹介するおすすめの重低音ヘッドホンは、「スカルキャンディー CRUSHER WIRELESS」です。

重量 約254g
タイプ 密閉型
接続方式 Bluetooth4.2/3.5mmステレオミニ
ドライバー ダイナミック型
付属品 3.5mmオーディオケーブル/キャリングポーチ/microUSBケーブル
評価・レビュー
重低音
(4.5)
音質
(4.0)
コスパ
(3.5)
  • 体に響き渡る重低音が魅力
  • 超低音域再生に対応した「Stereo Haptic Bass」がサブウーファーの振動を実現
  • 約40時間の駆動が可能なバッテリー搭載
こんな人におすすめ
サブウーファーの振動が感じられる「Stereo Haptic Bass」機能が搭載されているので、超低温の迫力を感じたい方におすすめです。

1位:OneOdio FuSion A7

次に紹介するおすすめの重低音ヘッドホンは、「OneOdio FuSion A7」です。

重量 非公開
タイプ 密閉型
接続方式 Bluetooth5.0/3.5mmステレオミニ/6.3mm標準
ドライバー ダイナミック型
付属品 6.3mmケーブル/3.5mmケーブル/キャリーポーチ/microUSBケーブル/3.5mmAUXケーブル
評価・レビュー
重低音
(4.0)
音質
(3.5)
コスパ
(4.0)
  • リーズナブルな価格で購入可能
  • タイトで力強い低音が特徴
  • 低反発イヤーパッドにより快適な装着が可能
こんな人におすすめ
リーズナブルな価格で購入できるので、初めて重低音ヘッドホンを購入する方におすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は低音に焦点を当てて紹介しましたが、ここで紹介した製品はすべて全体のバランスとしても優れた音質です。

いろんなジャンルを聴く普段使いにしても良し、低音に迫力が欲しいクラブミュージックを聴くときだけ使っても良し、あなたの好みに合ったヘッドホン探しの参考にしてみてください。