ネックバンド型ヘッドホンおすすめBEST3!付け方も紹介

髪型を気にせずに装着できるおすすめのネックバンド型ヘッドホン・イヤホンをご紹介します。ネックバンドのメリットやデメリット、装着方法についても解説しています。有線・無線を問わず、各ヘッドホン・イヤホンの機能や特徴をお伝えしていますので、ぜひ購入する際の参考にしてみてください。
イヤホンで音楽を聴く アクティブノイズキャンセリングイヤホン最強おすすめ10選!完全ワイヤレスAirPodsProやBOSE、Ankerなど オンイヤーヘッドホン 【最新版】絶対におすすめしたいオンイヤーヘッドホン14選! 疲れにくくて痛くない!軽いヘッドホンのおすすめ人気17選

ネックバンド型ヘッドホンとは

ネックバンド型ヘッドホンとは、後頭部や首に巻き付けるように装着するタイプのヘッドホンです。通常の頭に被せるヘッドホンと異なり、シルエットがすっきり見えることからファッションアイテムとしても人気があります。
髪型が崩れにくい事から女性にも人気が高く、おしゃれと音楽を同時に楽しみたい方にピッタリです

ネックバンド型ヘッドホンのメリット

ネックバンド型ヘッドホンのメリットは、以下の3つです。

  • 髪型の崩れを気にせずに使える
  • 安定した装着感
  • シルエットがキレイに見える

髪型の崩れを気にせずに使える

ネックバンド型のヘッドホンは髪型が崩れない点が大きなメリットです。

通常のヘッドホンは頭を覆うように被せるため、せっかくセットした髪型が崩れてしまいます。ネックバンド型のヘッドホンは後頭部を覆う形状なので、髪型が大きく崩れることがありません。
ヘアセットした髪型をキープしたい方にはネックバンド型のヘッドホンがぴったりではないでしょうか。

安定した装着感

ネックバンド型ヘッドフォンは通常のヘッドホンよりも安定した装着感を楽しめます

通常のヘッドホンは前後にズレたり落ちたりしがちですが、ネックバンド型は首や後頭部にホールドされるため、ズレる心配がありません。グラつくヘッドホンにストレスを感じた経験がある方はネックバンド型を検討してみましょう

シルエットがキレイに見える

通常のヘッドホンは頭に被せるため、頭の大きい人が使うと横幅が広く見えてしまい洋服のスタイルと合わせにくい事があります。
それと比べてネックバンド型ヘッドホンはバンドが後頭部側に回るため、正面から見るとイヤーパッド部分しか見えないためスッキリとした印象になります

ネックバンド型ヘッドホンのデメリット

ネックバンド型ヘッドホンのデメリットは、以下の2つです。

  • 椅子の背もたれに頭を付けられない
  • サイズによっては装着感が苦しい

椅子の背もたれに頭を付けられない

椅子に座って作業を行う際、後頭部にヘッドホンが掛かっているために背もたれに寄りかかれない点はデメリットだと言えるでしょう。頭を背もたれや壁につけられないこともないですが、変な体勢になってリラックスできません。
屋外で使用する際は問題ありませんが、室内でパソコンやゲームをする方は注意が必要です

サイズによっては装着感が苦しい

ネックバンド型ヘッドホンを付けてみた結果、後頭部や首をしめつけられているような感覚が苦手という方もいます。たしかにサイズやバンドの強度によっては後頭部や首周りに圧迫感や引っ張られる感覚をおぼえることもあるでしょう。「長時間付けてみてはじめて分かった」という方も多いので、試着しただけでは判断しにくい面も難しいところです

ネックバンド型ヘッドホンの付け方

STEP.1
右Rと左Lを確認する
間違えると装着感やサウンドに違和感が出るので、通常のヘッドホンやイヤホンと同様に音の左右をしっかりと確認します。
STEP.2
左右のイヤーパッドを広げる
頭を通せるくらいのサイズに左右のイヤーバッドを広げてください。広げ過ぎると故障につながる恐れがあるので、頭ひとつ分の幅で大丈夫です。
STEP.3
ヘッドホンを装着する
首にマフラーをかけるような要領で、ヘッドホンのバンド部分を後頭部に添わせるように装着します。あとは装着感がしっくり来る位置に微調整すれば完了です。
完了!

ネックバンド型ヘッドホンのおすすめ3選

おすすめのネックバンド型ヘッドホンを紹介します。

サンワサプライ マルチメディアヘッドホン 3.5mmステレオミニプラグ(L型) MM-HP207N

最初に紹介するおすすめのネックバンド型ヘッドホンは、「サンワサプライ マルチメディアヘッドホン 3.5mmステレオミニプラグ(L型) MM-HP207N」です。

プラグ標準・ミニ
重さ53g
ケーブル長さ1.8m
タイプ密閉型
接続有線
評価・レビュー
装着感
(3.5)
音質
(3.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 口径30mmのドライバーユニットによる迫力のサウンド)
  • イヤーパッドがスポンジタイプで通気性が良くムレにくい
  • パソコン以外のオーディオ機器に接続可能

「サンワサプライ マルチメディアヘッドホン 3.5mmステレオミニプラグ(L型) MM-HP207N」の特徴

口径30mmのドライバーユニットを採用することで、コンパクトな見た目と軽い装着感でありながら迫力のあるサウンドを楽しめます。

こんな人におすすめ
1000円台で購入できるコスパの高さとお手軽さが魅力的なので、ネックバンド型のヘッドフォンを試してみたい初心者の方にもおすすめです。

KOSS オープン型ヘッドホン オーバーヘッド/ネックバンド兼用 SPORTA PRO

次に紹介するおすすめのネックバンド型ヘッドホンは、「KOSS オープン型ヘッドホン オーバーヘッド/ネックバンド兼用 SPORTA PRO」です。

プラグ標準・ミニ
重さ62g
ケーブル長さ1.22m
タイプ開放型
接続有線
評価・レビュー
装着感
(4.5)
音質
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • ネックバンド・ヘッドバンド兼用
  • 高磁束密度型マグネットによる高音質なサウンド
  • 長時間使用でも疲れない自然なフィット感

「KOSS オープン型ヘッドホン オーバーヘッド/ネックバンド兼用 SPORTA PRO」の特徴

高磁束密度型マグネットが実現する高感度・高音質が魅力的で、ナチュラルにフィットする使い心地により長時間使用でも疲れにくいです。

こんな人におすすめ
ネックバンドとヘッドバンドを兼用しているモデルなので、髪型やファッションに応じて使い分けたい方におすすめです。

SHEYI A-23 ワイヤレスヘッドホン

次に紹介するおすすめのネックバンド型ヘッドホンは、「SHEYI A-23 ワイヤレスヘッドホン」です。

プラグなし
重さ142g
ケーブル長さなし
タイプ開放型
接続無線
評価・レビュー
装着感
(4.0)
音質
(3.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 最新のノイズキャンセリング機能
  • Bluetooth5.0で10mの距離まで接続可能
  • 2時間の充電で12時間の連続使用可能

「SHEYI A-23 ワイヤレスヘッドホン」の特徴

ノイズキャンセリング機能が搭載されており、外部の音をシャットアウトして音楽に集中できます。Bluetooth5.0に対応、スマホと無線で接続可能です。

こんな人におすすめ
12時間連続使用ができるワイヤレスイヤホンなので、通勤や通学中の音楽や英語学習のリスニングなどに使いたい方におすすめです。おすすめです。

ネックバンド型ヘッドホンの重要ポイントまとめ

ネックバンド型ヘッドホンの重要なポイントは以下の3つです。

  • 髪型やファッションに合わせやすい
  • 椅子の背もたれに寄りかかることはできない
  • 装着する手順を守って安定させる

ネックバンド型イヤホンもおすすめ!

ネックバンド型イヤホン
ネックバンド型イヤホンとは、首にぶら下げるバンドの形状が特徴的なイヤホンです。バンドの中にバッテリーが内蔵され、通常のワイヤレスイヤホンよりも長時間音楽を楽しめます。

装着感も軽いため、ウォーキングやジョギング中に音楽・ラジオを楽しむといった使い方も可能です。

ネックバンド型イヤホンのおすすめ3選

ネックバンド型イヤホンのおすすめ3選を紹介します。

サウンドピーツ(SoundPEATS) FORCE PRO

最初に紹介するおすすめのネックバンド型イヤホンは、「サウンドピーツ(SoundPEATS) FORCE PRO」です。

重量33g
接続方法無線
サイズ38 x 11 x 2.7cm
バッテリー30時間
形状インイヤー
評価・レビュー
装着感
(4.0)
音質
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 2.5時間の充電で最大22時間連続再生可能
  • デバイスと接続時に本体のバッテリーを把握できる
  • CVC8.0ノイズキャンセリング機能

「サウンドピーツ(SoundPEATS) FORCE PRO」の特徴

IPX6の防水使用で雨や汗に強く、ランニングやウォーキングのお供に最適です。最新デュアルドライバーにより低音・高音のインパクトと音質が向上しています。

こんな人におすすめ
最大30時間のバッテリーとCVC8.0ノイズキャンセリング機能が搭載されているので、電車や飛行機を使った旅行中でも音楽に集中したい方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) イヤホン EP-E70A

次に紹介するおすすめのネックバンド型イヤホンは、「ヤマハ(YAMAHA) イヤホン EP-E70A」です。

重量62g
接続方法無線
サイズ22.6 x 22.6 x 6.4cm
バッテリー18時間
形状インイヤー
評価・レビュー
装着感
(4.0)
音質
(4.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 耳の形にあわせて音質を調整するリスニングオプティマイザー
  • 周囲の音を拾ってイヤホンに流すアンビエントサウンド
  • SiriやGoogleアシスタントを使ったハンズフリー操作

「ヤマハ(YAMAHA) イヤホン EP-E70A」の特徴

音声操作によるハンズフリー操作に対応しているので、ジムでのトレーニングやランニング中にスマートフォンを操作することができます。

こんな人におすすめ
リアルタイムに音質を最適な状態に調整するリスニングオプティマイザー機能が搭載されているので、常に最高の音で音楽を楽しみたい方におすすめです。

アンカー(ANKER) Soundcore Life NC

次に紹介するおすすめのネックバンド型イヤホンは、「アンカー(ANKER) Soundcore Life NC」です。

重量60.5g
接続方法無線
サイズ記載なし
バッテリー10時間
形状インイヤー
評価・レビュー
装着感
(4.0)
音質
(4.5)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • ハイレゾ音源に対応
  • アクティブノイズキャンセリングで騒音カット
  • ノイズリダクション機能を搭載した4つのマイクによる高音質通話

「アンカー(ANKER) Soundcore Life NC」の特徴

10~15時間の長時間再生可能なのでお出かけにもぴったりです。ノイズリダクションで周囲の雑音をカットしクリアな音声でストレスなく通話することができます。

こんな人におすすめ
周囲の音をシャットアウトするアクティブノイズキャンセリング機能で、ハイレゾ音源の臨場感のあるサウンドに集中して楽しみたい方におすすめです。
Amazon.co.jp おすすめ商品
イヤホンで音楽を聴く アクティブノイズキャンセリングイヤホン最強おすすめ10選!完全ワイヤレスAirPodsProやBOSE、Ankerなど オンイヤーヘッドホン 【最新版】絶対におすすめしたいオンイヤーヘッドホン14選! 疲れにくくて痛くない!軽いヘッドホンのおすすめ人気17選
Amazon プライム対象