疲れない!軽いヘッドホンおすすめ13選!

ヘッドホンをつけて微笑む女性

軽量で疲れにくいヘッドホンを厳選して紹介します。

かつては、電池を搭載したBluetooth接続のワイヤレスヘッドホンは有線モデルに比べて重く、軽いモデルは少なかったのですが今は昔。近年はワイヤレスモデルであっても100gを切るような超軽量モデルも登場してきました。

密閉型と開放型は何が違ってどちらがいいのか?蒸れない、痛くない、装着感が良いモデルはどんなものがあるのか?ドンシャリ系やフラット系といった、自分好みの音質は探せるのか?そうした疑問にも応えられるよう、価格や音質については幅広いモデルからピックアップし掲載しています。

メガネでも痛くないヘッドホンのおすすめ16選!タイプ別選び方や付け方も解説 イヤホンをつけてスマホを触る女性 【ノンストレスで楽しもう!】音ゲーにおすすめのイヤホン最強ベスト12選 イヤホンとヘッドホン イヤホンとヘッドホンの徹底比較とおすすめ10選!違いや使い分けを解説

軽量ヘッドホンの選び方

ヘッドホンをつけて電車の前で微笑む男性
軽量ヘッドホンの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 200g以下を目安に選ぼう
  • 開放型か、密閉型か?
  • 自分好みの音質を知っておこう

200g以下を目安に選ぼう

どのくらいの重量のモデルであれば「軽量」と呼べるのでしょうか。

ひとつの目安として200g以下のモデルであれば、長時間の装着でも疲れにくくなるので、有線・ワイヤレス問わず「軽量」と括っても問題はないでしょう。かつては有線モデルの方が軽量でしたが、最近はBluetooth接続のワイヤレスモデルでも100gを切るほど軽いモデルも登場しています。

開放型か、密閉型か?

通勤などで使用する場合、周囲の音漏れに配慮しなければならないため、自然と密閉型を選ぶことになるでしょう。

一方で音漏れを気にしない状況で使うのであれば、開放型もおすすめです。開放型のメリットは抜けの良いサウンドと、長時間の使用でも蒸れない軽い装着感。密閉型の低音が効いたサウンドとはまた一味違う音質が楽しめるので、ぜひ一度比べ聴きしてみてください!

自分好みの音質を知っておこう

軽量ヘッドホンといっても、重低音と高音域がブーストされたドンシャリ系、中音域が強調され温かみのあるかまぼこ系、細かい部分の聞き取りに適したフラット系など、音質はモデルによって様々です。自分がどういう音質が好みなのかを把握してからヘッドホン探しをすると、スムーズに好みのモデルに出会えるでしょう。

ここでは取り上げていませんが、モニターヘッドホンの超定番モデル「SONY MDR-CD900ST」は、業務用モデルでありながら本体重量は200gに収まっているので、極限までフラットな音質を求めるのであればこうした選択肢も有り、と言えます。

疲れを軽減!軽いヘッドホンおすすめ13選

おすすめの軽量ヘッドホンを紹介します。

SONY WH-810

最初に紹介するおすすめの軽量ヘッドホンは、「SONY WH-810」です。

重量 約180g
形式 密閉型
接続 ワイヤレス(Bluetooth 5.0)
ドライバー ダイナミック型25mmドライバー
電池持続時間 約30時間
評価・レビュー
重低音
(4.0)
高音
(4.5)
デザイン
(4.5)
ポイント
  • ハイレゾ級の高音質をうたう、ソニー渾身の軽量ワイヤレスヘッドホン
  • スマートでカジュアルなデザイン、5色ものカラーバリエーション
  • 雑踏の中で威力を発揮するノイズキャンセリング機能搭載
こんな人におすすめ
ノイズキャンセリング機能と30時間ものバッテリー持続時間で長時間移動が多い方に最適

SENNHEISER HD-100

次に紹介するおすすめの軽量ヘッドホンは、「SENNHEISER HD-100」です。

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥4,800 (2021/06/19 11:14:12時点 Amazon調べ-詳細)
重量 113g
形式 密閉型
接続 有線(3.5mmステレオミニプラグ)
ドライバー ダイナミック型
コード長さ 1.4m
評価・レビュー
重低音
(4.0)
高音
(3.5)
デザイン
(4.0)
ポイント
  • ドイツの老舗ゼンハイザーの音が気軽に楽しめるエントリーモデル
  • 有線モデルながら折りたたみが可能で、重量も113gと軽量
  • 絡みにくく耐久性の高いケーブルを採用
こんな人におすすめ
クラシックの本場のサウンドを気張らず手軽に楽しみにたいという方に

AKG Y400 WIRELESS

次に紹介するおすすめの軽量ヘッドホンは、「AKG Y400 WIRELESS」です。

重量 約170g
形式 密閉型
接続 ワイヤレス(Bluetooth 5.0)
ドライバー ダイナミック型36mmドライバー
電池持続時間 約20時間
評価・レビュー
重低音
(4.0)
高音
(5.0)
デザイン
(4.0)
ポイント
  • AKGの最新ノイズキャンセリング機能付きワイヤレスヘッドホン
  • 2レベルの外音取り込み機能搭載
  • 折りたたみ可能で電池切れの際は有線でも使用可能
こんな人におすすめ
AKGの特徴的な高音はこのモデルでも健在!上品な音の最新ワイヤレスヘッドホンをお探しの方に

audio-technica ATH-WS330BT

次に紹介するおすすめの軽量ヘッドホンは、「audio-technica ATH-WS330BT」です。

重量 167g
形式 密閉型
接続 ワイヤレス(Bluetooth 5.0)
ドライバー ダイナミック型40mmドライバー
電池持続時間 約70時間
評価・レビュー
重低音
(5.0)
高音
(3.5)
デザイン
(3.5)
ポイント
  • 167gと軽量でありながら、オーディオテクニカならではの重低音が楽しめるワイヤレスヘッドホン
  • 約70時間ものバッテリー持続時間
  • 10分の充電で約4時間の使用が可能
こんな人におすすめ
軽量ヘッドホン随一の重低音を楽しめるモデル。重低音好きに圧倒的におすすめ!

Panasonic RP-HTX80B

次に紹介するおすすめの軽量ヘッドホンは、「Panasonic RP-HTX80B」です。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥6,382 (2021/06/19 11:14:13時点 Amazon調べ-詳細)
重量 約190g
形式 密閉型
接続 ワイヤレス(Bluetooth 4.1)
ドライバー ダイナミック型40mmドライバー
電池持続時間 約24時間
評価・レビュー
重低音
(3.5)
高音
(3.0)
デザイン
(4.5)
ポイント
  • リーズナブルな価格とレトロでカジュアルなデザインが特徴のワイヤレスヘッドホン
  • ドーム型ハウジングと大口径40mmドライバーが生み出す豊かな低音
  • 柔らかなイヤーパッドと新形状のピアノ線材の採用で、密閉型ながら心地よい装着感を実現
こんな人におすすめ
ワイヤレスで軽量、それでいて安く、レトロなデザインのヘッドホンをお探しの方に

KOSS PORTAPRO

次に紹介するおすすめの軽量ヘッドホンは、「KOSS PORTAPRO」です。

重量 60g
形式 開放型
接続 有線(3.5mmステレオミニプラグ)
ドライバー 非公表
コード長さ 1.2m
評価・レビュー
重低音
(3.0)
高音
(4.0)
デザイン
(4.5)
ポイント
  • 1984年から生産され続ける超ロングセラーモデル
  • 重量はたったの60g
  • ヘッドバンド側圧を3段階に調整可能
こんな人におすすめ
アイコンともいうべき特徴的なデザインは、今も変わらず魅力的。開放型の軽量ヘッドホンをお探しの方におすすめ

JVC HA-S28BT

次に紹介するおすすめの軽量ヘッドホンは、「JVC HA-S28BT」です。

重量 約96g
形式 密閉型
接続 ワイヤレス(Bluetooth 4.1)
ドライバー ダイナミック型
電池持続時間 約11時間
評価・レビュー
重低音
(3.0)
高音
(3.0)
デザイン
(3.5)
ポイント
  • ワイヤレスモデルでは最軽量級、重量はたったの96g
  • 選べる4種類のカラーバリエーション
  • 携帯時に折りたためる、便利なスイーベル機能を採用
こんな人におすすめ
96gとワイヤレスモデルの中では最も軽い部類のモデル。とにかく軽いワイヤレスヘッドホンをお探しの方に最適

Pioneer SE-A611

ポイント
  • 78gの軽量ボディ
  • 選3.5mの片出しコード
  • ウレタンパットで疲れにくい装着感

Pioneer SE-A611のレビューと評価

3.5mの片出しコードと78gの軽量ボディでテレビのリスニングに最適

Pioneer SE-A611はTVの視聴に適した軽量ヘッドホンです。78gの軽量ボディと3.5mの片出しコードを採用しており、ストレスなく長時間視聴ができます。

Pioneer SE-A611の仕様・製品情報

コードの長さ 3.5m
重量 78g

audio-technica ATH-P100M

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥636 (2021/06/19 11:14:16時点 Amazon調べ-詳細)

audio-technica ATH-P100Mのおすすめポイント3つ

  1. 驚愕の60gボディ
  2. 1.5mコードでPCリスニングに最適
  3. 長時間視聴に適したオープンバックヘッドホン
ポイント
  • 驚愕の60gボディ
  • 1.5mコードでPCリスニングに最適
  • 長時間視聴に適したオープンバックヘッドホン

audio-technica ATH-P100Mのレビューと評価

60gのボディで長時間のPC操作もストレスなし

audio-technica ATH-P100Mは、PCでのリスニングに適したヘッドホンです。長時間のに適した60gの軽量ボディと、1.5mのコードでストレスなくPCリスニングができます。しかし音が外に漏れやすいので、外での使用には適しません。

audio-technica ATH-P100Mの仕様・製品情報

コードの長さ 1.5m
重量 60g

SENNHEISER HD 2.10

ポイント
  • 折りたたみのできる約112gボディ
  • 様々なジャンルに対応の高音質
  • 低音を楽しめる密閉型

SENNHEISER HD 2.10のレビューと評価

高音質の折りたたみ軽量密閉型ヘッドホン

SENNHEISER HD 2.10は、SENNHEISERで人気シリーズのHD2.00のエントリーモデルです。音質には妥協はなく、密閉型ヘッドホンですが約112gの軽量ボディも実現しています。折りたたみもできるので、持ち歩きにも便利です。

SENNHEISER HD 2.10の仕様・製品情報

コードの長さ 1.4m
重量 約112g

KOSS SPORTA PRO

ポイント
  • オーバーヘッドとネックバンドの2WAY
  • 62gの軽量ボディ
  • 折りたたみ構造でアウトドアに最適

KOSS SPORTA PROのレビューと評価

62gの軽量ボディでオーバーヘッドとネックバンド2WAY使用可能

KOSS SPORTA PROはネックバンドのヘッドホンですが、ネックバンドを回転させる事でオーバーヘッドとしても使用できます。本体も62gの軽量ボディなので、アウトドアでもストレスなく快適にリモコンできます。

KOSS SPORTA PROの仕様・製品情報

コードの長さ 1.2m
重量 62g
付属品 携帯用ポーチ

PHILIPS SHB4405

ポイント
  • 90gの軽量Bluetoothヘッドホン
  • ハンズフリー通話可能
  • 最長9時間の長時間再生

PHILIPS SHB4405のレビューと評価

Bluetooth対応の90gの超軽量ワイヤレスヘッドホン

PHILIPS SHB4405はBluetoothヘッドホンでありながら、100gを切る90gのワイヤレスヘッドホンです。その装着感はコードに動きを制限されない、つけていることを忘れるほどです。ハンズフリー通話も可能なので、スマホとの相性もバッチリです。

のPHILIPS SHB4405仕様・製品情報

重量 90g
連続再生時間 最大9時間
付属品 USBケーブル

AfterShokz TREKZ TITANIUM AFT-EP-000003

ポイント
  • 外の音が聞こえる骨伝導ヘッドホン
  • 36gの超軽量ボディ
  • IP55防汗設計でランニングにも最適

AfterShokz TREKZ TITANIUM AFT-EP-000003のレビューと評価

36gの超軽量ボディと骨伝導ヘッドホン耳を塞がない安心感

AfterShokz TREKZ TITANIUM AFT-EP-000003は、わずか36gの骨伝導ヘッドホンです。頭蓋骨を音が伝わるので、耳を塞ぐことなく周囲の音が聞こえます。音漏れも最小限に防ぐLeakSlayer技術で、周りへの迷惑もかけにくいと言われています。さらにBluetooth接続のワイヤレスヘッドフォンなので、ランニングにも最適です。

AfterShokz TREKZ TITANIUM AFT-EP-000003の仕様・製品情報

重量 36g
連続再生時間 約6時間
付属品 イヤープラグ(耳栓)・FitBands(サイズ調整用)・USB A – micro USB ケーブル(充電用)・専用ポーチ

軽量ヘッドホンの重要ポイントまとめ

軽量ヘッドホンの重要なポイントは以下の3つです。

  • 重量200g以下を目安に選ぶと、長時間の装着でも疲れにくい
  • 音漏れが気になるなら密閉型、装着感や蒸れを気にするなら開放型を選ぼう
  • 自分好みの音質のモデルを探そう!
メガネでも痛くないヘッドホンのおすすめ16選!タイプ別選び方や付け方も解説 イヤホンをつけてスマホを触る女性 【ノンストレスで楽しもう!】音ゲーにおすすめのイヤホン最強ベスト12選 イヤホンとヘッドホン イヤホンとヘッドホンの徹底比較とおすすめ10選!違いや使い分けを解説