【最新版】中華ヘッドホンのおすすめ最強10選

ヘッドホンおすすめ

今回はおすすめの中華ヘッドホンをご紹介します。リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れたモデルはもちろんですが、周囲の雑音を軽減するノイズキャンセリング機能を搭載した高機能な製品まで幅広くピックアップ。アンカーやワンオーディオなどの人気メーカー製品ももちろん取り上げています。国内メーカー製のヘッドホンに比べると安価ですが、最近では音質も向上しており、クオリティの高いサウンドが再生できるモデルも増加しています。コスパの高いヘッドホンを是非見つけてみてください。

青いイヤホン コスパ最強の中華イヤホンおすすめ人気10選!kzなどのメーカー、レビューから比較 黒いデジタルアンプ 中華デジタルアンプおすすめ最強ランキング15選。Bluetooth、ハイエンドなど徹底紹介 ドラレコおすすめ3 中華製のおすすめドライブレコーダー13選

中華ヘッドホンとは

中華ヘッドホンとは、香港を含む中国はもちろん、台湾のメーカーが製造しているヘッドホンの総称です。国内のオーディオメーカーが販売しているヘッドホンに比べて低価格で購入できるにも関わらず、多彩な機能を搭載したモデルが多く製造されているのが特徴です。
予算が限られている場合はもちろん、コスパに優れたヘッドホンを求めている場合にもおすすめのヘッドホンです。

中華ヘッドホンの特徴

ヘッドホンをつけて微笑む女性

中華ヘッドホンの特徴は、以下の3つです。

  • コスパが高い
  • 多機能な製品が多い
  • クオリティは国内メーカー製品に劣る場合も

コスパが高い

中華ヘッドホンの最大のメリットはコスパの高さにあります。同じノイズキャンセリング機能を搭載したモデルでも、国内メーカー製品と比べるとかなりリーズナブルな価格で購入できるのが特徴。初めてヘッドホンを購入する場合にもおすすめです。またラインナップも豊富なので機能性やコスパのよさを比較しながら好みのモデルを選択することができます。

多機能な製品が多い

中華ヘッドホンの多くは、リーズナブルな価格で購入できるにも関わらず、多彩な機能を搭載しています。周囲の雑音を軽減するノイズキャンセリング機能や外部の音を聴き取る際に便利な外音取り込み機能を搭載したモデルであっても、比較的低価格で販売されています。また、CD以上の情報量を備えたハイレゾ音源対応モデルも増えており、クオリティの高いサウンドが期待できる製品も多数存在します。

クオリティは国内メーカー製品に劣る場合も

多彩な機能を備え、コスパにも優れた中華ヘッドホンですが、1つ1つの機能を見ると国内メーカー製品が優れている傾向があります。例えばノイズキャンセリング機能であれば、国内メーカー品の方がしっかりと雑音を軽減してくれます。また、音質に関しても劣る場合があるので、好みに合うサウンドを再生できるかしっかりと確認してから購入するのがおすすめです。

中華ヘッドホンのおすすめメーカー一覧

開放型ヘッドホン

中華ヘッドホンのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • One Odio
  • アンカー(ANKER)
  • エムパウ(Mpow)

One Odio

One Odioは、創立から10年が経つ中華メーカーとしては比較的歴史のあるオーディオメーカーです。主にヘッドホンを取り扱っており、ラインナップが豊富に用意されていることが特徴。ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルやハイレゾ音源に対応したモデルなど、クオリティの高い製品を製造しています。
どのヘッドホンもリーズナブルな価格で購入できるので、初めて中華ヘッドホンを購入する方にもおすすめのメーカーです。

アンカー(ANKER)

中国の深圳に本社を置くアンカーは、オーディオ機器だけでなく、パソコン周辺機器やガジェット類でも高い人気を誇るメーカーです。高性能な製品が多く、比較的リーズナブルな価格で購入できる点に加えて、品質に優れている点でも人気。中華ヘッドホンのクオリティに不安を感じる方にもおすすめのメーカーです。
また、アンカーはヘッドホンだけでなく、イヤホンも販売しており、ラインナップも豊富に取り揃えています。

エムパウ(Mpow)

エムパウは、One Odioやアンカーに比べると知名度は高くありませんが、シンプルかつ音質に優れたヘッドホンを製造していることで人気を高めた中華メーカーです。ヘッドホンに加えて、Bluetoothのワイヤレススピーカーも販売しており、どちらもリーズナブルな価格で購入できます。
予算が限られている場合はもちろんですが、コスパに優れた中華ヘッドホンをお探しの方におすすめメーカーです。

中華ヘッドホンの選び方

壁にかかったヘッドホン

価格帯で選ぶ

中華ヘッドホンを選ぶ上での重要な点は価格に尽きます。5,000円以下でも音質がそれなりでコストパフォーマンスが高いモデルも多く出ています。
1万円程度の商品であっても大手オーディオメーカーの3万円程度のモデルと張り合えるくらいのモデルもあるのでお手ごろ価格でヘッドホンが欲しいという方におすすめです。

接続方式で選ぶ

ヘッドホンの接続方式は有線式とワイヤレス式があります。ワイヤレスタイプは充電が必要ですが線を本体に接続する必要が無いのでスッキリとした状態で使うことができます。
中華ヘッドホンもBluetoothでのワイヤレス式に対応しているモデルもあるので見た目もスッキリしたいという方はワイヤレス式のモデルがおすすめです。

中華ヘッドホンのおすすめ10選

おすすめの中華ヘッドホンを紹介します。

ワンオーディオ(OneOdio) FuSion A7

最初に紹介するおすすめの中華ヘッドホンは、「ワンオーディオ(OneOdio) FuSion A7」です。

重量非公開
接続方式Bluetooth5.0/有線
再生可能時間/充電時間非公開
対応コーデック非公開
付属品3.5mmミニ ステレオコード/3.5mm-6.35mm カールコード/キャリーポーチ/Micro-USB 充電ケーブル
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 強磁力40mmCCAWボイスコイルドライバーを搭載しており解像度の高いサウンドが楽しめます。
  • ケーブルを2本接続すれば2つの音源から同時にサウンドが再生できます。
  • 柔らかな感触のイヤークッションが採用されており耳や頭部にやさしくフィットします。

「ワンオーディオ(OneOdio) FuSion A7」の特徴

ヘッドホン両側にそれぞれ6.35mmと3.5mmジャックが搭載されており、異なる音源を同時に再生できる楽器演奏やDJ用、DTM用などに便利な中華ヘッドホンです。

こんな人におすすめ
異なる2つの音源を同時に聴けるので、楽器演奏用に利用する中華ヘッドホンをお探しの方におすすめです。

アンカー(ANKER) Soundcore Life Q30 A3028011

次に紹介するおすすめの中華ヘッドホンは、「アンカー(ANKER) Soundcore Life Q30」です。

重量約260g
接続方式Bluetooth5.0/有線
再生可能時間/充電時間最大40時間(ノイズキャンセリングモード)・最大60時間(通常)/約2時間
対応コーデックAAC/SBC
付属品3.5mmAUXケーブル/USB-C&USB-Aケーブル/ハードトラブルケース
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 交通機関・屋外・屋内・外音取り込みなどのモードが搭載されています。
  • Soundcoreアプリを利用してノイズキャンセリングモードやイコライザー設定のカスタマイズが行えます。
  • 形状記憶イヤーカップとヘッドバンドにより長時間でも快適に装着できます。

「アンカー(ANKER) Soundcore Life Q30」の特徴

周囲の雑音を軽減するノイズキャンセリングモードは、交通機関・屋外・屋内などシーンに合わせて切り替えができ、会話や公共施設のアナウンスを聴きたい先に便利な外音取り込みモードも利用できます。

こんな人におすすめ
ノイズキャンセリングモードが搭載されているので、音楽を集中して楽しみたい方におすすめです。

ワンオーディオ(OneOdio) SuperEQ

次に紹介するおすすめの中華ヘッドホンは、「ワンオーディオ(OneOdio) SuperEQ」です。

重量非公開
接続方式Bluetooth5.0/有線
再生可能時間/充電時間最大40時間(ANC+BT)・最大45時間(BT)・最大50時間(ANC)/約2時間
対応コーデックAAC/SBC
付属品3.5mmオーディオケーブル/USB充電ケーブル/キャリングバッグ/飛行機のアダプター
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 40mm径のダイナミックドライバーを搭載しており有線接続時は高音質なハイレゾ音源にも対応できます。
  • ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能も備えておりシーンに合わせて切替えできます。
  • 低音から高音まで各帯域の音が鮮やかで快適な音楽鑑賞が楽しめます。

「ワンオーディオ(OneOdio) SuperEQ」の特徴

ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能のほか、40mm径のダイナミックドライバーが搭載されており、鮮やかなサウンドが楽しめる中華ヘッドホンです。

こんな人におすすめ
多彩な機能を搭載しているにも関わらず低価格で購入できるので、コスパに優れた中華ヘッドホンをお探しの方におすすめです。

アンカー(ANKER) Soundcore Life Q10

次に紹介するおすすめの中華ヘッドホンは、「アンカー(ANKER) Soundcore Life Q10」です。

重量約290g
接続方式Bluetooth5
再生可能時間/充電時間最大60時間/約2時間
対応コーデックAAC/SBC
付属品3.5mmAUXケーブル/USB-C&USB-Aケーブル
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(3.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • リーズナブルな価格ながら高音質なハイレゾ音源に対応しています。
  • アンカー独自のBassUpテクノロジーにより低音の増幅を実現しています。
  • 最大60時間のバッテリー駆動に対応しているほか5分の充電で最大5時間連続再生になる急速充電にも対応しています。

「アンカー(ANKER) Soundcore Life Q10」の特徴

リーズナブルな価格で購入できるにも関わらず、CD以上の情報量を備えたハイレゾ音源に対応しているほか、アンカー独自のBassUpテクノロジーによって増幅された低音も再生することができます。

こんな人におすすめ
ハイレゾ音源に対応しているので、解像度の高い中華ヘッドホンをお探しの方におすすめです。

dyplay Mixsous ColorStudio dy1201

次に紹介するおすすめの中華ヘッドホンは、「dyplay Mixsous ColorStudio dy1201」です。

重量非公開
接続方式無線/有線
再生可能時間最大23時間(通常)・最大19時間(ANC)
対応コーデック非公開
付属品3.5mmAUXケーブル/USB-C&USB-Aケーブル/ハードトラブルケース
評価・レビュー
音質
(3.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • デザイン性に優れており外観にこだわりたい方にも適しています。
  • 周囲の雑音を軽減するノイズキャンセリング機能も搭載されています。
  • 豊かな低音・ナチュラルな中音・クリアな高音をバランスよく再生できるのがポイントです。

「dyplay MMixsous ColorStudio dy1201」の特徴

周囲の雑音を軽減するノイズキャンセリングモードを搭載しており、豊かな低音からクリアな高音までをバランスよく再生できるデザイン性にも優れた中華ヘッドホンです。

こんな人におすすめ
デザイン性に優れているので、外観にもこだわって中華ヘッドホンをお探しの方におすすめです。

Superlux セミ・オープン型プロフェッショナルモニターヘッドホン HD668B

次に紹介するおすすめの中華ヘッドホンは、「Superlux HD668B」です。

重量222g
接続方式有線
付属品3.5mm-6.3mmのゴールドメッキ変換プラグ/ヘッドホンケーブル×2本/ヘッドホン向け止クリップ/キャリングポーチ
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • セミ・オープンタイプを採用しており音場の表現力に優れているのが魅力です。
  • ヘッドバンドは耐久性に優れており長期間使用できます。
  • 本体重量が軽く長期間装着した際の負担を軽減できます。

「Superlux HD668B」の特徴

ハウジング背面にサウンドが抜ける穴を設けているセミ・オープンタイプを採用しており、音場の表現力に優れているのが特徴です。

こんな人におすすめ
セミ・オープンタイプを採用しているので、音場表現に優れた中華ヘッドホンをお探しの方におすすめです。

COUMI ANC-551L

次に紹介するおすすめの中華ヘッドホンは、「COUMI ANC-551L」です。

重量245g
接続方式Bluetooth5.0
再生可能時間/充電時間最大20時間(通常)/最大16時間(ANC)
対応コーデック非公開
付属品3.5mmLine-inケーブル/Type-C充電ケーブル/収納バッグ
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 人間工学に基づいたデザインが採用されており快適な装着感が得られます。
  • Bluetooth5.0に対応しているので安定した接続が期待できます。
  • 周囲の雑音を軽減するノイズキャンセリング機能が搭載されています。

「COUMI ANC-551L」の特徴

Bluetooth5.0による安定した接続と直径40mmの大型ドライバーによって、ハイレゾ相当の解像度を実現しており、臨場感あふれるサウンドが期待できます。

こんな人におすすめ
人間工学に基づいたデザインが採用されているので、フィット感にこだわりたい方におすすめです。

Takstar PRO82 プロフェッショナルリファレンスモニターヘッドホン

次に紹介するおすすめの中華ヘッドホンは、「Takstar PRO82」です。

重量237g
接続方式有線
付属品ケーブル/黒の布製バッグ/6.3mmプラグ
評価・レビュー
音質
(4.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.0)
ポイント
  • モニター用ヘッドホンとして設計されており高音質が期待できます。
  • イヤーカップは90度回転するのでDJ用としても便利です。
  • 3段階の低温調整機能によって好みのサウンドにカスタマイズできます。

「Takstar PRO82」の特徴

イヤーカップに搭載されているスイッチを切り替えるだけで、簡単に低音が3段階調節でき、90°回転するイヤーカップによってDJ用としても使用できる中華ヘッドホンです。

こんな人におすすめ
イヤーカップが90°回転するので、DJ用の中華ヘッドホンをお探しの方におすすめです。

NEEWER NW-3000

次に紹介するおすすめの中華ヘッドホンは、「NEEWER NW-3000」です。

重量310g
接続方式有線
付属品3.5mm-6.35mmアダプタ
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(4.5)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • アルミ製の上質なイヤーシェルカバーを採用しています。
  • 耐久性に優れたネジ式のプラグを採用しており安定した接続が可能です。
  • 最新設計の45mmドライバーが搭載されており広いダイナミックレンジを実現しています。

「NEEWER NW-3000」の特徴

上質なアルミ製の高級感あふれるイヤーシェルカバーが採用されており、シンプルながらデザイン性に優れている中華ヘッドホンです。

こんな人におすすめ
ネジ式のプラグを採用しているので、プラグ抜けのトラブルを防止したい方におすすめです。

エムパウ(Mpow) ヘッドホン H7

次に紹介するおすすめの中華ヘッドホンは、「エムパウ(Mpow) H7」です。

重量約260g
接続方式Bluetooth5.0/有線
再生可能時間/充電時間最大28時間/2.5時間
対応コーデック非公開
付属品3.5mmオーディオケーブル/収納バッグ
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 無線接続と有線接続の両方に対応できます。
  • 大口径の40mmドライバーによりクリアで切れのあるサウンドを実現しています。
  • 大容量バッテリーが搭載されており最大28時間の連続再生が可能です。

「エムパウ(Mpow) H7」の特徴

Bluetooth5.0による無線接続だけでなく、3.5mmオーディオケーブルを利用した有線接続にも対応できるシンプルなデザインの中華ヘッドホンです。

こんな人におすすめ
無線・有線両方の接続に対応しているので、シーンに合わせて接続方法を切り替えたい方におすすめです。
Amazon.co.jp おすすめ商品

まとめ

色々な用途で使える中華ヘッドホン、ヘッドセットを紹介してきました。低価格ながらも音質やデザインにこだわった逸品がそろっています。音質を求めて実用性に特化したり、ファッションとして個性的なデザインで注目を浴びるようにするのも面白いですね。
青いイヤホン コスパ最強の中華イヤホンおすすめ人気10選!kzなどのメーカー、レビューから比較 黒いデジタルアンプ 中華デジタルアンプおすすめ最強ランキング15選。Bluetooth、ハイエンドなど徹底紹介 ドラレコおすすめ3 中華製のおすすめドライブレコーダー13選

Amazon プライム対象