【決定版】中華ヘッドホンのおすすめ最強ベスト10

【じっくり読むと4分】

高音質でもお手頃価格が特徴の中華ヘッドホンの中からおすすめのモデルを紹介します。

有線やワイヤレス、Bluetoothなど接続方式別、ゲーム向け、音楽向けといった用途別、とにかく安いコストパフォーマンス重視、ハイスペックな高級モデルなど価格帯別など様々な観点からおすすめの商品を紹介します。

中華ヘッドホンとは

中華ヘッドホンとは、中国や台湾など中国圏内で作られたヘッドホンを指します。

日本製と比べて比較的価格が安い点が特徴です。以前はあまり音質が良くなく、安さだけが取り柄でしたが、最近は音質もかなり向上しておりコストパフォーマンスを考慮すると充分選択肢に入ってきます。

お手頃価格でそれなりの音質が欲しいといったライトユーザーにおすすめです。

中華ヘッドホンのメリット

コストパフォーマンスが高い

中華ヘッドホンで一番の魅力はそのコストパフォーマンスにあります。

日本製のラインナップと比較しても一回り安い価格で同程度の性能を持つヘッドホンも多く発売されています。以前に比べて音質も向上しているため、一般的に音楽を聴く程度の利用であれば違和感なく利用することができます。

また、高くなりがちなワイヤレスタイプも手が出しやすい価格となっています。

中華ヘッドホンのデメリット

音質は大手オーディオメーカーには敵わない

コストパフォーマンスに優れ、音質も向上している中華ヘッドホンですが、音質にこだわるとすると大手オーディオメーカーには劣ってしまいます。高音域の抜け感や低音域の響きはどうしても弱いと感じてしまうので音質重視の方にはデメリットとなります。

また、音のバランスが悪い場合もあるのであくまで「聴ければいい」という方向けのヘッドホンとなっています。

中華ヘッドホンの選び方

価格帯で選ぶ

中華ヘッドホンを選ぶ上での重要な点は価格に尽きます。5,000円以下でも音質がそれなりでコストパフォーマンスが高いモデルも多く出ています。

1万円程度の商品であっても大手オーディオメーカーの3万円程度のモデルと張り合えるくらいのモデルもあるのでお手ごろ価格でヘッドホンが欲しい、という方におすすめです。

接続方式で選ぶ

ヘッドホンの接続方式は有線式とワイヤレス式とあります。ワイヤレスタイプは充電が必要ですが線を本体に接続する必要が無いのでスッキリとした状態で使うことができます。

中華ヘッドホンもBluetoothでのワイヤレス式に対応しているモデルもあるので見た目もスッキリしたいという方はワイヤレス式のモデルがおすすめです。

中華ヘッドホンのおすすめ最強ランキング10選

中華ヘッドホンのおすすめ最強ランキング10選を紹介します。

Beexcellent Q7

Beexcellent Q7の仕様・製品情報

価格 3,280円 (2020年11月21日時点)
接続方式 有線、無線
重量 422g

Beexcellent Q7のおすすめポイント3つ

  • 最大40時間再生
  • ペアリング簡単
  • 迫力の重低音

Beexcellent Q7のレビューと評価

価格と音質のバランスがよい逸品

Beexcellentのワイヤレスタイプヘッドホンです。3,000円台ながら迫力のある重低音はかなりの高音質を誇り、満充電から最大40時間もの長時間再生が可能なのでバッテリー切れを心配する必要がありません。設定も簡単なのですぐに導入することができます。

OneOdio A71

OneOdio A71の仕様・製品情報

価格 3,380円 (2020年11月21日時点)
接続方式 有線
重量 422g

OneOdio A71のおすすめポイント3つ

  • 2つの音源から音声を拾える
  • バランスの取れた音質
  • 変換ケーブル付属

OneOdio A71のレビューと評価

2つの音源を同時に拾える新たな使い方の提案

OneOdioから発売されているA71は他にはない特徴として、2つの音源をミックスして聴くことができるという点です。イヤーパッドの両側にプラグが付いていて、それぞれ別の機械に接続することで両方を同時に視聴できます。片耳で音楽、片耳で楽器のアンプなど新しい使い方を実現しています。

Superlux HD681B

Superlux HD681Bの仕様・製品情報

価格 2,980円 (2020年11月21日時点)
接続方式 有線
重量 220g

Superlux HD681Bのおすすめポイント3つ

  • セミオープンタイプ
  • シンプルで飽きのこないデザイン
  • フィット感良好

Superlux HD681Bのレビューと評価

コストパフォーマンスに優れるセミオープンモデル

Superlux のセミオープンタイプのヘッドホンです。価格帯とスペックを比較すると充分な性能を誇り、聞き取りやすい音楽を奏でてくれます。イヤーパッドもフィット感良く快適で、別売りで交換用のイヤーパッドも用意されているので長く愛用するにももってこいです。

SOULBEAT LB-901

SOULBEAT LB-901の仕様・製品情報

価格 1,690円 (2020年11月21日時点)
接続方式 有線
重量 481g

SOULBEAT LB-901のおすすめポイント3つ

  • 高音から低音までクリアに
  • 音量調節が簡単
  • 360度動かせるマイク

SOULBEAT LB-901のレビューと評価

クリアな音質が魅力

高音から低音までをフラットに再生する大型ドライバを搭載しており、細かな音の聞き分けを可能としています。特にFPSのゲームにおいては足音や放火音、サイレンがクリアに聞こえるのでアドバンテージをとることもできるでしょう。

ARKARTECH G2000

ARKARTECH G2000の仕様・製品情報

価格 3,200円 (2020年11月21日時点)
接続方式 有線
重量 340g

ARKARTECH G2000のおすすめポイント3つ

  • 人間工学によるデザイン
  • 快適な装着感
  • 軽量設計

ARKARTECH G2000のレビューと評価

快適な装着感で長時間のプレイにも最適

人間工学に基づいたデザインで快適な装着感を実現しているヘッドセットです。柔らかく衝撃に強い設計なので耐久性も高くなっており、重さもわずか340gと非常に軽量に作られているので持ち運びにも向いています。

Tenswall Hunterspiderシリーズ V-1

Tenswall Hunterspiderシリーズ V-1の仕様・製品情報

価格 2,580円 (2020年11月21日時点)
接続方式 有線
重量 335g

Tenswall Hunterspiderシリーズ V-1のおすすめポイント3つ

  • 手ごろな価格
  • 7色に光るランプ搭載
  • 優れた互換性

Tenswall Hunterspiderシリーズ V-1のレビューと評価

光るイヤーパッドで没入感アップ

カラフルに7色に光るイヤーパッドが個性的なヘッドセットです。2,000円程度で購入できる手ごろな価格という点も魅力ですが、7色に光るイヤーパッドはゲームによって雰囲気を変えてくれるのでより没入感が高まります。

SOMIC G951-PINK

SOMIC G951-PINKの仕様・製品情報

価格 6,499円 (2020年11月21日時点)
接続方式 有線
重量 662g

SOMIC G951-PINKのおすすめポイント3つ

  • ネコ耳タイプのキュートなデザイン
  • 7.1chサラウンドサウンド
  • 高集音声マイク

SOMIC G951-PINKのレビューと評価

個性際立つネコ耳デザイン

ネコ耳タイプの可愛らしいデザインが際立つヘッドセットです。見た目の可愛らしさは他のヘッドホンにはない魅力ですが、性能も7.1chサラウンドに対応し、臨場感のある音を楽しめます。マイクの集音声も高く、ボイスチャットにも最適です。

マッドキャッツ ワイヤレスヘッドセット

マッドキャッツ ワイヤレスヘッドセットの仕様・製品情報

価格 6,500円 (2020年11月21日時点)
接続方式 有線、無線
重量 839g

マッドキャッツ ワイヤレスヘッドセットのおすすめポイント3つ

  • 2つの接続方式
  • 互換性が高い
  • オートミュート機能搭載

マッドキャッツ ワイヤレスヘッドセットのレビューと評価

ワイヤレスタイプで取り回ししやすい

有線と無線、2種類の接続方式を持つヘッドセットです。無線の場合はユニットと10m以内であれば通信可能で、音質も上々の仕上がりになっています。また、マイクを収納すると自動的にミュートになるオートミュート搭載で使い勝手も向上しています。

KOTION EACH B3506

KOTION EACH B3506の仕様・製品情報

価格 3,699円 (2020年11月21日時点)
接続方式 有線、無線
重量 431g

KOTION EACH B3506のおすすめポイント3つ

  • 1回の充電で10時間駆動
  • 幅広い対応機種
  • 快適な装着感

KOTION EACH B3506のレビューと評価

充電式Bluetooth接続で対応しやすい

有線とBluetooth、2種類の接続方式を持つヘッドセットです。1回の充電で10時間以上使用することができ、充電もUSBケーブルで簡単に行えます。Bluetoothによりスマートフォンなどにも接続できる柔軟性も魅力です。また、柔らかいヘッドバンドで快適な装着感を得られます。

KingTop K99

KingTop K99の仕様・製品情報

価格 4,880円 (2020年11月21日時点)
接続方式 有線、無線
重量 608g

KingTop K99のおすすめポイント3つ

  • 振動ユニットで体に響く
  • 操作パネル付き
  • コンパクトなケース

KingTop K99のレビューと評価

音質にもこだわったBluetoothモデル

有線とBluetooth、2種類の接続方式を持つヘッドセットです。イヤーパッドに振動ユニットが搭載されていて重低音をより響かせてくれるので大迫力のサウンドを体感できます。イヤーパッド部に再生、停止、音量調整などの操作パネルが付いているので操作性も高くなっています。

まとめ

色々な用途で使える中華ヘッドホン、ヘッドセットを紹介してきました。低価格ながらも音質やデザインにこだわった逸品がそろっています。音質を求めて実用性に特化したり、ファッションとして個性的なデザインで注目を浴びるようにするのも面白いですね。