音楽を聴いている方はたくさんおられますが、イヤホンにこだわっている方は少ないと思います。要は聴ければ良いという考えが強すぎるからです。しかし、ロックのサウンドは楽器の音から感じるものです。つまり、ただ聴ければ良いというわけではありません。そこで今回こちらの記事では、ロックに着目したイヤホンについてまとめました。

ロックとは – 音楽の特徴

ロックサウンドはエレクトリックギターのサウンドが中心になりますが、それに加えてエレクトリックベースやドラムスなど、演奏する楽器のサウンドに魅力がある音楽と言えます。ここからはまずロックの特徴をご紹介します。

エレクトリックギターの魅力

ギューンとした感じのアンプを通した音は耳に心地よく聴こえ、爽快な気分にさせてくれます。ボーカルの声に乗せた重低音が音楽を立体的に表現している1つの醍醐味としてエレクトリックギターがあります。

エレクトリックベースでさらに立体感を広げる

ドドドと言った感じの重さを感じる音を奏でるのがエレクトリックベースであり、音楽のリズム感の中心になるサウンドで実は結構重要です。ベースでペースを取らないとロックは成り立ちません。

ドラムスで世界を広げる。

時折タイコやシンバルの音が入るのはギターとベースに味をつけるためです。このドラムスの音があることによって、音楽に様々な味!つまりは印象を生んでいるのです。

つまりロックは4次元の物!

ここまでの説明でギター、ベース、ドラムスの音楽があり、そこにボーカルが加わることでロック音楽が完成されます。つまり、楽器の音に声が加わるので4次元の世界になっているのです。

ロックにおすすめのイヤホンの選び方

ロックの特徴の説明からもわかるようにロックはただ聴ければ良いのではなく、しっかり楽器の音を聞くことができてこそロックです。つまり、重低音もしっかり聴こえないとロック鑑賞とは言えません。ここからはロックを聞くためにおすすめのイヤホンの選び方を説明します。

重低音重視タイプ

ロックの醍醐味はボーカルに加えたギターやベース、ドラムスの音を聞くことが重要です。そのため重低音を重視していないタイプだとボーカル中心になっているので重低音をしっかり聞くことができないので、重低音重視のイヤホンを選びましょう。

形はカナル型がおすすめ

イヤホンにはカナル型とインナーイヤー型がありますが、ロックは重低音の音楽を聴くことが重要なので、密閉性の高いカナル型の方がより楽器の音を聴くことができます。

ロックにおすすめのイヤホン10選

それではお待ちかねのイヤホンのをご紹介します。ピンと来たイヤホンがあれば、ぜひ検討してみましょう。

ロックにおすすめのイヤホン1
XXシリーズ HA-FX3X / JVCケンウッド(KENWOOD)


出典:item.rakuten.co.jp

XXシリーズであるHA-FX3Xは、日本を代表する家電メーカーのJVCケンウッドが作った重低音重視型のイヤホンです。デザインがカッコよく外でも平気でかけて聞くことができますよ。形もダイナミックなカナル型なので、ロックの醍醐味であるギターやベース、ドラムスのサウンドを普通に聴くことができます。

ロックにおすすめのイヤホン2
SOLID BASS ATH-CKS770 / オーディオテクニカ(audio-technica)


出典:item.rakuten.co.jp

SOLID BASS ATH-CKS770は、大手オーディオメーカーであるオーディオテクニカが開発した重低音重視のイヤホンです。磁力によって大幅に力強く動くドライバーによって、低音がはっきり聞こえます。これはデュアルマグネティックフィールドという左右両方を磁力で引き寄せることで回転数を上げています。

ロックにおすすめのイヤホン3
pecial Edition / シュア(SHURE)


出典:item.rakuten.co.jp

プロのミュージシャンがステージに置くモニターのほとんどがこのSHUREというメーカーです。SHUREのpecial Editionは、重低音重視のイヤホンで、ケーブル交換にも対応しているのが嬉しいポイントです。

ロックにおすすめのイヤホン4
SE-CL712T / パイオニア(Pioneer)


出典:item.rakuten.co.jp

SE-CL712Tは、音響メーカーであるパイオニアが誇る重低音重視のイヤホンです。10mmドライバーが音質を高いままに重低音を響かせてくれます。また、スタイリッシュな形で値段もお手頃なので、学生などに人気のあるイヤホンのひとつです。

ロックにおすすめのイヤホン5
E700M / オンキヨー(ONKYO)


出典:item.rakuten.co.jp

ONKYOのE700Mは、6~40000Hzと幅広い音域を再生可能なハイレゾに対応イヤホンです。カナル型で、セミオープンであり密閉性にはかけますが、その分開放感のある感じでロックを楽しめます。たまには違った感じでロックを聴いてみたい方などにおすすめです。

ロックにおすすめのイヤホン6
AH-C820 / デノン(DENON)


出典:item.rakuten.co.jp

AH-C820はデノン初のハイレゾに対応したカナル型のイヤホンで、低音再生には好評です。それはデノン独自のダブルエアーコンプレッションドライバーを使用しているからです。こちらはダイナミック型のネオジウムドライバーを対抗配置しているので力強い低音を再生可能にしています。

ロックにおすすめのイヤホン7
QuietControl 30 wireless headphones / ボーズ(BOSE)


出典:item.rakuten.co.jp

QuietControl 30 wireless headphonesは、世界的な音響メーカーであるBOSEが開発したBluetoothに対応したイヤホンです。何よりも最大の特徴はノイズキャンセリングという耳に入るノイズを調整することができ、外の雑音を気にすることなく聞くことができます。もちろん重低音重視なので臨場感を堪能することができます。

ロックにおすすめのイヤホン8
TT-BH07 / タオトロニクス(TaoTronics)


出典:item.rakuten.co.jp

TaoTronicsのTT-BH07は、Bluetoothに対応したイヤホンでありながら3,000円ほどで購入できるので、学生さんなどに人気があります。カナル型で密閉性があり、また、耳にフィットする感覚が抜群です。防水性もあり、雨の日でも安心です。また、独自のコーデック技術により高音質の低音を聴くことができます。

ロックにおすすめのイヤホン9
EVEREST 100 / ジェイビーエル(JBL)


出典:item.rakuten.co.jp

JBLのEVEREST 100は、5.8mm径の最小クラスのイヤホンで、重低音重視で、力強い低音再生が可能で、音楽の解像度も高く、4次元のロックがかなりわかる感じで堪能できます。軽量タイプで重さを感じることもないので、変なストレスを感じることがないのが魅力の1つです。

ロックにおすすめのイヤホン10
NE01CP HDSS / ヌアール(NUARL)


出典:item.rakuten.co.jp

NUARLのNE01CP HDSSは、High Definition Sound Standardと呼ばれる音響システムが搭載されているイヤホンです。気になるHDSS技術はドライバーの働きによって音の乱れやノイズを抑えることができます。より臨場感にあふれた感じでサウンドを聞くことができますよ。

ロックにおすすめのイヤホンまとめ

ロックに合うおすすめイヤホンはいかがでしたでしょうか。本格的なイヤホンだからそれなりのお値段がするものだと思った方もいらっしゃるかもしれませんが、あなたの予算に合わせて購入することができますよ。ぜひ、ピンと来たイヤホンがありましたら購入して聴いてみましょう。世界が変わりますよ。