おすすめのマウス一体型キーボード7選!ワイヤレスと有線を紹介

【読了時間:じっくり読むと2分30秒】

パソコンを操作する上で欠かせないのはマウスとキーボードです。この2つの重要な機器を一体化させると想像以上に快適な操作が可能になるんです。

では、どんなメリットがあるのでしょうか。今回の記事で、おすすめのマウス一体型キーボードと併せてご紹介します。

マウス一体型のキーボードとは?

キーボードはパソコンで文字を入力するために欠かせません。またマウスはカーソルを移動させる上で必須と言えます。
マウス一体型のキーボードはキーボードにマウスがくっついたものです。マウス部分はトラックパッドのものもあれば、トラックボール式のものもあります。

一体型のメリット

スペースを確保できる

通常のマウスとキーボードですと、キーボードを置いた上に、マウスを操作するためのスペースが必要になります。限られたスペースの場合、マウスを操作するスペースを確保するのが難しいという場合があるかもしれません。

でもマウス一体型のキーボードであれば、キーボード上でマウスの操作も可能ですのでスペースを考える必要はありません。

操作の効率が上がる

通常のマウスとキーボードを利用している時に気になる点といえば、マウスでカーソルを操作して、マウスから手を離し、キーボードで文字を入力しキーボードから手を離し、マウスに手を…という一連の動作です。

この切替時の動作のために一回あたりの時間は短いながらトータルでは結構な時間をロスすることになる場合があります。
でも一体型であれば、キーボード上ですべての操作が可能ですので、時間のロスも最小限で済むことでしょう。

マウス一体型キーボードの選び方

マウスの種類

マウス部分には、タッチパッドを採用しているものもあればトラックボールを採用しているものもあります。

タッチパッドはノートパソコンでも利用されているもので比較的慣れている方も多いかもしれません。マウスの種類は各自のこだわりによるところも多いので好みに合わせて選ぶのが良いでしょう。

サイズ

マウス一体型キーボードにはサイズも複数あります。通常のキーボードサイズのものもあればスマホサイズ程度の小型のものもあります。

普段のパソコン操作ではなるべく通常サイズがよいと思われますが、リビングでテレビに映したPCのを操作する場合には通常サイズではかさばってしまうのでコンパクトサイズのものがよいかもしれません。
用途に合わせて選ぶことをおすすめします。

おすすめのマウス一体型のキーボード6選

1.マイクロソフト N9Z-00029

マイクロソフト N9Z-00029のおすすめポイント3つ

  1. マルチメディアキー搭載
  2. 暗号化機能搭載
  3. 防滴設計

マイクロソフト N9Z-00029のレビューと評価

かゆいところに手が届くつくり

マイクロソフト N9Z-00029にはマルチメディアキーが搭載されています。ワンタッチでメーラーや音楽ソフトを起動したり、音量の調整や曲送り、停止などの操作を行うことができます。
タッチパッドが本体右側についていますが、本体左側には通常のマウスボタンに加えて左クリック用のボタンも配置されています。
右手でマウス操作しながら左手でクリックするといった使い方もでき、なかなかに実用的な存在と言えます。

マイクロソフト N9Z-00029の仕様・製品情報

接続方式 2.4GHz無線接続
重量 640g

2.サンワサプライ SKB-TR03BK

サンワサプライ SKB-TR03BKのおすすめポイント3つ

  1. トラックボール搭載
  2. 薄型設計
  3. メンブレン式で軽いタッチ

サンワサプライ SKB-TR03BKのレビューと評価

トラックボール搭載で動作を最小限で操作できる

サンワサプライ SKB-TR03BKにはトラックボールが搭載されています。タッチパッド以上にマウス操作のムダがなくなりますし、キータイピングからマウス操作への移行もスムーズに行うことができます。
キーボードもメンブレン式を採用しており、確実なタイピングができる構造ですが、軽いタッチで長時間でも快適です。

サンワサプライ SKB-TR03BKの仕様・製品情報

接続方式 USB接続
重量 499g

3.レノボ ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード

レノボ ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードのおすすめポイント3つ

  1. トラックポイント搭載
  2. 日本語・英語配列を選べる
  3. NFCでラクラクペアリング

レノボ ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードのレビューと評価

ポインティングスティックで快適な操作

IBM時代からThinkPadといえばトラックポイント(ポインティングスティック)が搭載されていることでした。
今回紹介するレノボのBluetoothキーボードにもトラックポイントが搭載されており快適な操作をサポートしてくれるでしょう。
ThinkPadのファンの中にはこのポイントが欠かせない!という方もいると思いますので、ぜひそんな方はこの製品試してみるのはいかがですか。

レノボ ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードの仕様・製品情報

接続方式 Bluetooth
重量 608g

4.ミヨシ TK-24G05

※現在売り切れ中です。

ミヨシ TK-24G05のおすすめポイント3つ

  1. スクロールホイール搭載
  2. トラックボール搭載
  3. ワンタッチキー搭載

ミヨシ TK-24G05のレビューと評価

スクロールホイール搭載でスクロールも快適

タッチパッド搭載型でジェスチャーに対応していると2本指でスクロールできるものもありますが、トラックボールの場合そうはいきません。
ミヨシ TK-24G05はスクロールホイールを搭載していますので、スクロール操作もラクラクです。

ミヨシ TK-24G05の仕様・製品情報

接続方式 2.4GHz無線接続
重量 399g

5.Ewin ミニ bluetooth キーボード

Ewin ミニ bluetooth キーボードのおすすめポイント3つ

  1. 小型サイズ
  2. 軽量
  3. バックライト搭載

Ewin ミニ bluetooth キーボードのレビューと評価

小型軽量でラクラク操作

15 x 5.8 x 1 cmと小型サイズで、重さも90g程度と軽量なので、ラクラク操作することができます。
長時間のキータイピングには確かに向かないかもしれませんが、リビングにあるパソコンでインターネットブラウジングしたり、動画視聴したりするときのちょっとした操作ではとても便利です。

Ewin ミニ bluetooth キーボードの仕様・製品情報

接続方式 Bluetooth
重量 91g

6.Ewin Mini Keyboard

Ewin Mini Keyboardのおすすめポイント3つ

  1. マウスホイール搭載
  2. マルチデバイス対応
  3. ファンクションキー搭載

Ewin Mini Keyboardのレビューと評価

マルチデバイス対応で自由な操作が可能

Ewin Mini Keyboardはパソコンはもちろん、Amazon FireTV、PS4等様々なデバイスで利用することができます。
リビングでテレビに接続した様々なデバイスを手軽に操作することができるのが強みと言えるでしょう。ワイヤレスで配線の心配をしなくてよいのもうれしいテント言えます。

Ewin Mini Keyboardの仕様・製品情報

接続方式 2.4GHz無線接続
重量 110g

まとめ

マウス搭載のキーボードを利用すると、スペースを有効に活用したり、手の動きを最小限に抑えて効率良い作業を行うことができたりと良い点があります。
通常ののパソコンの操作に加えて、リビングのテレビに接続したデバイスを手軽に操作できますので、ぜひ今回の記事を参考にマウス一体型のキーボードも検討してみるのはいかがでしょうか。