【漫画を電子書籍で】タブレットおすすめTOP10!見開きも読みやすい

英語の漫画を読む

漫画などの電子書籍を読むのに適したタブレットを、kindle、ipadなどの端末別、android、iphoneなどのOS別、さらには画面サイズや容量、対応アプリなどの機能面、特に電子書籍を読む場合に重視したいポイントについて詳しく解説します。またどのようなタブレットが漫画を読むのに適しているのか、タブレットを使用することのメリット・デメリットや選び方、漫画を読む際にスマホとタブレットでどのような違いがあるかについても紹介しています。

漫画を読みながらコーヒー 【最新】漫画用に適したタブレットのおすすめ10選!小さめサイズ、電子書籍用にも テレビ画面でアニメを視聴する男性 【最新】おすすめAmazonプライムアニメ人気30選!無料作品の紹介やあらすじなど マンガを読む 全巻一気読み!Kindle unlimitedのおすすめ漫画人気ランキング20選!

目に優しい、目が疲れにくいタブレットとは

目に優しい、目が疲れにくいタブレットとは、使用する際に目にかかる負担を抑えられる製品のことです。タブレットの画面を表示する際には、一般的にLEDライトが使用されます。

LEDライトには太陽光と同じく「ブルーライト(青色光・短波長光)」と呼ばれる光が含まれています。ブルーライトを長時間目に入れると、チラつきや目の疲労を引き起こす可能性があります

目に優しいタブレットを求める場合には、「ブルーライトカット機能」を備えたモデルがおすすめです。

タブレットと電子書籍リーダーの違い

kindleで小説を読む人
電子書籍を楽しむ端末としては、タブレット以外に電子書籍リーダーが存在します。タブレットがインターネットやメール、メッセージアプリ、ゲームアプリなど多彩な用途に使用できるのに対し、電子書籍リーダーは電子書籍を読む目的のためだけに設計されています

また、タブレットの多くはカラー表示に対応していますが、電子書籍リーダーはグレースケールを採用しています。電子書籍のみに使用するのであれば電子書籍リーダー、その他の用途にも使用したい場合にはタブレットがおすすめです。

漫画を電子書籍で読むメリット

音楽を聴きながらタブレットを見る男性
漫画を電子書籍で読むメリットは、以下の3つです。

  • 実際の漫画本と違い場所を取ることがない
  • 続きが読みたくなったらすぐ購入できる
  • どこでも漫画を読むことができる

実際の漫画本と違い場所を取ることがない

実際の漫画本は紙に印刷されたもののため、特に巻数の多い漫画となるとどうしても場所を取ってしまいます。自室のスペースにそれほど余裕がない人は、漫画の収納スペースを確保するのは困難なため、漫画が読みたくても購入をためらってしまいます。

しかし、タブレットなら漫画は電子書籍なので容量こそ必要なものの、場所を取ることなくたくさんの漫画を手軽に読むことができます。

続きが読みたくなったらすぐ購入できる

実際の漫画本だと、続きが読みたくなったら本屋に直接買いに行かなければなりません。ネットで注文したとしても届くまでにタイムラグが生じます。

その点、タブレットならその場ですぐ購入して読むことができるため、手間がかかりません。電子書籍ゆえに品切れの心配がないという点もメリットといえるでしょう。

どこでも漫画を読むことができる

実際の漫画本は基本的に読む場所は自宅に限られます。数冊程度なら持ち運ぶこともできますが、何十冊もの漫画本を持ち運ぶのは現実的ではありません。
しかし、電子書籍であればスマホやタブレットなどの端末さえあればどこでもたくさんの漫画を読むことができます。

外出先で漫画を読みたいと思ったときにどこにいてもすぐに漫画を読むことができるのは大きなメリットです。

漫画を電子書籍で読むデメリット

アメリカン・コミックス
漫画を電子書籍で読むデメリットは、以下の2つです。

  • 売ったり貸したりすることができない
  • 中古で安く購入することができない

売ったり貸したりすることができない

実際の漫画本であれば、読まなくなったものを売ったり、家族や友人に貸したりすることができますが、電子書籍の場合は実物ではなく、あくまでもデジタルデータでしかないため、売ったり貸したりすることができません。

飽きて読まなくなってしまった漫画本を大量に売ればそれなりのお金になるため、漫画本を売ることができないというのは電子書籍の明確なデメリットといえるでしょう。

中古で安く購入することができない

実際の漫画本であれば、中古で購入することで1冊50円や100円など非常に安い価格で購入することができます。

しかし、電子書籍には中古という概念がないため、新品でしか購入することができません。クーポンを使用したり、セール期間に購入すればある程度は安くなりますが、それでも中古で購入するよりは高い価格となってしまうでしょう

「スマホとタブレット」漫画を読んだときの違い

タブレットを見ている女の子
スマホとタブレットを比較して明確に違う点は、端末自体の大きさと、それに伴う画面サイズの大きさと解像度です。

スマホの場合、タブレットよりもさらに小型なため、タブレット以上に持ち運びに適しています。軽量なため、長時間漫画を読んでいても腕にかかる負担は小さいでしょう。しかし、画面サイズが小さいため、目にかかる負担はタブレットより大きくなってしまいます

タブレットの場合スマホと比べると画面サイズや解像度に明確な差があり、画面が大きく鮮明に見えることで目の負担の軽減につながります。

漫画を電子書籍で読むためのタブレットのおすすめメーカー一覧

漫画を電子書籍で読むためのタブレットのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • アップル(Apple)
  • アマゾン(Amazon)
  • NEC

アップル(Apple)

iPhoneやMac、Airpodsなどで知られるアメリカのメーカー「アップル」は、「iPad」と呼ばれるタブレットを製造しています。タブレットの代表的存在であるiPadは、高い性能を備えているのが魅力。サクサクとした快適な処理が期待できます。

また、iPadはスリムかつスタイリッシュでデザイン性にも優れており、ユーザーの所有欲を満たしてくれる点でも人気です。

アマゾン(Amazon)

ショッピングサイトとして知名度の高い「アマゾン」ですが、タブレットを始めとする端末の製造も手掛けています。アマゾンが製造するタブレット「Fire」シリーズは、比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパの高さで人気を集めています。

また、アマゾンはKindle本と呼ばれる電子書籍を多数取り扱っています。アマゾンのサービスを利用して電子書籍を楽しんでいる場合にもFireシリーズはおすすめです。

NEC

東京都に本社を構える「NEC」は、住友グループに属する日本の電機メーカーです。デスクトップパソコンやノートパソコンを多数取り扱っていることで知られており、タブレットに関しても「LAVIE」と呼ばれるシリーズが展開されています

NECが製造するタブレットには、簡単セットアップシートが付属。サポート体制も充実しているので、初めてタブレットを購入する場合にもおすすめです。

漫画を電子書籍で読むためのタブレットの選び方

タブレットに食いいる男の子
漫画を電子書籍で読むためのタブレットの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 画面サイズで選ぶ
  • スペックで選ぶ
  • 価格で選ぶ

画面サイズで選ぶ

タブレットで漫画を読む際に、画面の大きさは非常に重要なポイントとなってきます。画面が小さいと、その分表示される漫画も小さくなってしまうため、文字が小さく、読みづらさにつながってしまいます。

また、画面が大きければ大きいほどよいかというとそうではなく、画面が大きいものはタブレット自体も相応に大きくなるため、持ち運びがやや不便になるほか、重量により長時間読む際に手に負担がかかるといった側面もあります。

7インチから10インチ以上を目安に、用途にあった画面サイズを選択するとよいでしょう。

スペックで選ぶ

タブレットを選ぶ際にはスペックにも注目しましょう。特にみるべきものは解像度と容量です。

1280×800や1600×960など、解像度はさまざまですが、基本的に解像度が高ければ高いほど綺麗に表示されるため、漫画をより綺麗な、迫力ある絵で読むことができるのです。

容量はどれだけデータを保存できるかを表しており、容量が大きいものほどよりたくさんの漫画を保存することができます。

価格で選ぶ

タブレットはスマホやPCと同様に定期的に新しいものが開発されています。最新のものほどスペック面で優れている傾向にあるため、より質のいいタブレットを求めるなら定期的に買い替える必要があります

発売時期やスペックによって価格はさまざまなため、将来的に買い替えるということも踏まえつつ、負担にならない程度の価格のものを選ぶのが無難かもしれません。

【7~8インチ】漫画を電子書籍で読むためのタブレットのおすすめ5選

おすすめの漫画を電子書籍で読むためのタブレットを紹介します。

アップル(Apple) iPad mini

最初に紹介するおすすめの漫画を電子書籍で読むためのタブレットは、「アップル(Apple) iPad mini」です。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥77,800 (2022/05/18 22:44:31時点 Amazon調べ-詳細)
メーカーアップル
サイズ134.8×195.4×6.3mm
画面サイズ8.3インチ
解像度2256×1488
容量256GB
評価・レビュー
解像度
(4.5)
容量
(4.5)
デザイン
(4.5)
ポイント
  • コンパクトかつスリムなデザインながらパワフルな処理性能を有しています。
  • 解像度が高く画像や文字を鮮明に表示できます。
  • 手のひらに収まりやすく操作性に優れています。

「アップル(Apple) iPad mini」の特徴

処理性能に優れたA15 Bionicチップを搭載しているだけでなく、反射率を抑えた高解像度な8.3インチLiquid Retinaディスプレイも採用されています。

こんな人におすすめ
処理性能が高いので、ストレスなく電子書籍を楽しみたい方におすすめです。

NEC LAVIE Tab E タブレット YZ-TAB08F01

次に紹介するおすすめの漫画を電子書籍で読むためのタブレットは、「NEC LAVIE YZ-TAB08F01」です。

メーカーNEC
サイズ122.6×198.2×8.2mm
画面サイズ8インチ
解像度1920×1200
容量32GB
評価・レビュー
解像度
(4.0)
容量
(4.0)
デザイン
(4.0)
ポイント
  • 8コアの高性能プロセッサと3GBのメモリが採用されています。
  • バッテリー駆動時間や約13時間と長時間の電子書籍鑑賞が可能です。
  • 広視野角のIPS液晶が採用されており角度を変えても精細な画面が視認できます。

「NEC LAVIE YZ-TAB08F01」の特徴

OSにAndroid 9.0を採用しており、自動調整バッテリー機能によって効率よく電池を消費するので、長時間電子書籍を楽しみたい場合にも適しています。

こんな人におすすめ
簡単セットアップシートが付属しているので、タブレット初心者にもおすすめです。

アマゾン(Amazon) Fire HD 8 Plus

次に紹介するおすすめの漫画を電子書籍で読むためのタブレットは、「アマゾン(Amazon) Fire HD 8 Plus」です。

メーカーアマゾン
サイズ137×202×9.7mm
画面サイズ8インチ
解像度1280×800
容量32GB
評価・レビュー
解像度
(3.5)
容量
(4.0)
デザイン
(4.0)
ポイント
  • 比較的リーズナブルな価格で購入できるコンパクトなタブレットです。
  • microSDカードに対応しており最大1TBまでストレージを追加できます。
  • 音声アシスタント機能に対応しており声をかけるだけで操作が可能です。

「アマゾン(Amazon) Fire HD 8 Plus」の特徴

Fire HD 8 Plus専用のワイヤレス充電スタンドを別途購入すれば、ワイヤレス充電に対応でき、充電しながら音声アシスタント機能によってハンズフリーで利用できます。

こんな人におすすめ
アマゾンが製造するタブレットなので、アマゾンのサービスを利用して電子書籍を楽しみたい場合にもおすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 lite

次に紹介するおすすめの漫画を電子書籍で読むためのタブレットは、「ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 lite」です。

メーカーファーウェイ
サイズ122.2×204.2×8.2mm
画面サイズ8インチ
解像度1920×1200
容量32GB
評価・レビュー
解像度
(4.0)
容量
(4.0)
デザイン
(4.0)
ポイント
  • Harman Kardonがチューニングを担当したデュアルスピーカーやデュアルアンプなどが搭載されています。
  • 1920×1200の解像度に対応しており精細な画像表示が可能です。
  • 湾曲したメタルボディは持ちやすいだけでなくデザイン性にも優れています。

「ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 lite」の特徴

HUAWEI Kirin オクタコアと呼ばれる高性能なプロセッサ―が採用されており、サクサクとした高い処理が期待できるだけでなく、顔認証技術によるスムーズなログインにも対応しています。

こんな人におすすめ
ブルーライトカットモードを備えているので、目にかかる負担が心配な方にもおすすめです。

Amazon Fire HD 8

最初に紹介するおすすめの漫画を電子書籍で読むためのタブレットは、「Amazon Fire HD 8」です。

メーカーAmazon
サイズ202 x 137 x 9.7mm
画面サイズ8インチ
解像度1280×800
容量32/64GB
評価・レビュー
スペック
(4.0)
持ち運び
(4.5)
コストパフォーマンス
(4.5)
ポイント
  • バッテリーは最大12時間使用可能です
  • 電子書籍だけでなく様々なアプリが利用可能です
  • 軽くて持ちやすいデザインで持ち運びに便利です

「Amazon Fire HD 8」の特徴

Amazon Fire HD 8は、最大12時間使用可能な大容量バッテリーを搭載しています。
バッテリー容量に加え、タブレット自体も軽くて持ちやすいデザインのため、持ち運びに適したタブレットとなっています。

こんな人におすすめ
バッテリーが最大12時間使用可能なため、タブレットを持ち運ぶ機会の多い人におすすめです。

【10インチ以上】漫画を電子書籍で読むためのタブレットのおすすめ5選

おすすめの漫画を電子書籍で読むためのタブレットを紹介します。

アマゾン(Amazon) Fire HD 10

最初に紹介するおすすめの漫画を電子書籍で読むためのタブレットは、「アマゾン(Amazon) Fire HD 10」です。

メーカーアマゾン
サイズ166×247×9.2mm
画面サイズ10.1インチ
解像度1920×1200
容量64GB
評価・レビュー
解像度
(4.0)
容量
(4.0)
デザイン
(3.5)
ポイント
  • フルHD解像度に対応した10.1インチの大型ディスプレイを採用しています。
  • 2画面表示機能を搭載しており電子書籍を鑑賞しながらメールの確認が可能です。
  • Webカメラを備えているのでビデオ通話にも対応できます。

「アマゾン(Amazon) Fire HD 10」の特徴

強化アルミノシリケートガラスを採用したスクリーンにより安心して持ち運べるだけでなく、最大12時間のバッテリー駆動によって屋外でも長時間電子書籍が楽しめます。

こんな人におすすめ
専用のキーボード付きカバーが販売されているので、文字入力に機会が多い場合にもおすすめです。

MARVUE M20

次に紹介するおすすめの漫画を電子書籍で読むためのタブレットは、「MARVUE M20」です。

メーカー‎MARVUE
サイズ‎24 x 17 x 0.94 cm
画面サイズ10.1インチ
解像度1280×800
容量32GB
評価・レビュー
スペック
(4.5)
持ち運び
(4.5)
コストパフォーマンス
(4.0)
ポイント
  • GPS機能を搭載しています
  • IPS液晶を搭載しています
  • マイクロHDMIに対応しています

「MARVUE M20」の特徴

MARVUE M20は、GPS機能を搭載しているため、外出先での利用に適しています。
IPS液晶搭載により、斜めの角度からでも画面を綺麗に見ることが可能です。

こんな人におすすめ
IPS液晶かつ画面サイズも大きめなため、高解像度な画面で漫画を読みたい人におすすめです。

Blackview Tab8E

次に紹介するおすすめの漫画を電子書籍で読むためのタブレットは、「Blackview Tab8E」です。

メーカー‎Blackview
サイズ‎243.6 × 162.4 × 8.9mm
画面サイズ10.1インチ
解像度1920×1200
容量32GB
評価・レビュー
スペック
(4.5)
持ち運び
(4.0)
コストパフォーマンス
(4.5)
ポイント
  • GPS機能を搭載しています
  • フルHDディスプレイを搭載しています
  • 目の保護モードと読書モードがあります

「Blackview Tab8E」の特徴

Blackview Tab8Eは、GPS機能を搭載しているため、外出先での利用に適しています。
目の保護モードと読書モードがあり、状況に応じてバックライトを自動的に調整してくれます。

こんな人におすすめ
バックライトを自動的に調整してくれるため、目の負担を少しでも軽減したい人におすすめです。

アイリスオーヤマ LUCA

次に紹介するおすすめの漫画を電子書籍で読むためのタブレットは、「アイリスオーヤマ LUCA」です。

メーカー‎Blackview
サイズ‎‎0.95 x 24.32 x 16.22 cm
画面サイズ10インチ
解像度1280×800
容量32GB
評価・レビュー
スペック
(4.5)
持ち運び
(4.0)
コストパフォーマンス
(4.5)
ポイント
  • 4コアCPUを搭載しています
  • デュアルカメラを搭載しています
  • ダークモードと読書モードがあります

「アイリスオーヤマ LUCA」の特徴

アイリスオーヤマ LUCAは、4コアCPUを搭載しているため、安定したグラフィック処理を実現しています。
画面モードを切り替えることができ、ダークモードは目の負担を軽減し、読書モードは実際の本に近い色合いとなります。

こんな人におすすめ
実際の本に近い色合いで漫画を読みたい人におすすめです。

Apple iPad Air

次に紹介するおすすめの漫画を電子書籍で読むためのタブレットは、「Apple iPad Air」です。

メーカー‎アップル
サイズ‎‎247.6 × 178.5 × 6.1mm
画面サイズ10.9インチ
解像度2360×1640
容量64GB
評価・レビュー
スペック
(5.0)
持ち運び
(4.5)
コストパフォーマンス
(4.0)
ポイント
  • 薄型軽量のため持ち運びに便利です
  • キーボードが付属しています
  • iPad専用のOSであるiPadOSを搭載していますます

「Apple iPad Air」の特徴

Apple iPad Airは、薄型軽量のため、大きめの画面サイズながら持ち運びに適したタブレットです。
キーボードも付属しているため、漫画を読むだけでなくさまざまなことに使用することができます。

こんな人におすすめ
キーボードが付属しているため、漫画を読むだけでなく、様々なことにタブレットを活用したい人におすすめです。
Amazon.co.jp おすすめ商品

漫画を電子書籍で読むためのタブレットの重要ポイントまとめ

漫画を電子書籍で読むためのタブレットの重要なポイントは以下の3つです。

  • 解像度が高いほど、より鮮明な画質で漫画を読むことができるため、画質にこだわるなら解像度を重視する
  • 電子書籍はストレージに保存されるため、漫画をたくさん読む場合は、ストレージ容量ができるだけ大きいタブレットを選ぶ
  • 画面が小さすぎると漫画が読みにくいため、7インチ~10インチ以上を目安に選ぶ
漫画を読みながらコーヒー 【最新】漫画用に適したタブレットのおすすめ10選!小さめサイズ、電子書籍用にも テレビ画面でアニメを視聴する男性 【最新】おすすめAmazonプライムアニメ人気30選!無料作品の紹介やあらすじなど マンガを読む 全巻一気読み!Kindle unlimitedのおすすめ漫画人気ランキング20選!
Amazon プライム対象