すっきり&おしゃれな壁掛けスピーカーおすすめ10選!薄型や賃貸にも

壁に掛けてあるグレースピーカー

場所をとらずインテリアとしても最適な壁掛けスピーカー。通常のスピーカーよりも室内をすっきりさせられるので注目している人も多いでしょう。でも、いざ購入となると何を基準に選んで良いのかわからない。そんな人のために今回はわかりやすく、おすすめの壁掛けスピーカーをご紹介します。どんな壁掛けスピーカーが良いか迷っている人も、きっと欲しい壁掛けスピーカーがみつかるはずです。
スピーカースタンドの選び方とおすすめ人気ベスト10選 スピーカーの人気メーカー徹底比較!おすすめ15選も紹介 テレビにおすすめのBluetoothスピーカー12選

壁掛けスピーカーとは

壁掛けスピーカーとは文字どおり、壁に掛けられるスピーカーのことです。壁掛けスピーカーの最大のメリットは置く場所に困らないということ。部屋をすっきりとさせ、インテリアとして生かしたいという人におすすめです。

壁掛けスピーカーの選び方

男の人のインテリアとスピーカー
壁掛けスピーカーの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 高音質スピーカーで臨場感のあるサウンドを堪能
  • 薄型スピーカーで、より自由により手軽に装着
  • インテリアに馴染むおしゃれなスピーカーで差をつける

高音質スピーカーで臨場感のあるサウンドを堪能

壁掛けスピーカーで臨場感のあるサウンドを堪能したいという方には高音質な壁掛けスピーカーがおすすめです。壁掛けスピーカーは音質にこだわっているものとそうでないものがあります。音質にこだわりたい方は高音質な壁掛けスピーカーを選ぶことが大切です。

薄型スピーカーで、より自由により手軽に装着

壁掛けスピーカーは全てが薄型というわけではありません。壁掛けスピーカーの中には存在感のある形状もあります。存在感のある形状のものを選ぶと設置する場所によっては圧迫感を感じてしまうことも。部屋に壁掛けスピーカーを違和感なく設置したいという方には薄型スピーカーがおすすめです。

インテリアに馴染むおしゃれなスピーカーで差をつける

デザイン重視の方にはおしゃれなスピーカーがおすすめです。壁掛けスピーカーのデザインは豊富なので、お気に入りのデザインを見つけてみるのも良いですね。インテリアに馴染むおしゃれなスピーカーで他の人と差をつけられます。

壁掛けスピーカーの種類

壁掛けスピーカーの主な2つの種類を解説します。

  • アクティブスピーカー
  • パッシブスピーカー

アクティブスピーカー

アクティブスピーカーとは、電源さえあればそれ1つだけで音が出せるものです。パッシブスピーカーと共に、スピーカーを2つに大別する種類でもあります。
アクティブスピーカーは音を造り出すアンプを内蔵しており、最近流行のUSB給電のBluetoothスピーカーの大半もこのタイプ。Amazonの「Echo」シリーズやAppleの「HomePod」シリーズなども基本アクティブスピーカーです。

メリットは低価格でコンパクトなこと。一方で、音質面では多くを期待できません。スマホやタブレットなど多くのデバイスで気軽に音楽を楽しみたいという人にはアクティブスピーカーの壁掛けモデルがおすすめです。

パッシブスピーカー

パッシブスピーカーは、それ自体では音を出せません。パッシブという名の通り、電源の入ったアンプの「受け皿」になって初めてサウンドを出せるスピーカーです。パッシブスピーカーはアンプを内蔵していない分、その多くが高度な内部構造を持っています。
本体下部に穴を開けて音の抜けを良くするバスレフ型などが代表的なタイプです。

音質が非常に良いということの反面、工夫が成され形状も大型が多いため、値段も高くなります。多少お金をかけてでも音響にこだわりたいという人にはパッシブスピーカーの壁掛けモデルをおすすめです。

壁掛けスピーカーを使用するメリット

白ベースの綺麗な部屋
壁掛けスピーカーのメリットは、以下の2つです。

  • より良いサウンドが聴ける
  • 省スペースで部屋を広く感じさせる

より良いサウンドが聴ける

壁掛けスピーカーは普通の据え置きスピーカーよりも一般的に良い音を鳴らします
スピーカーは床や壁など設置面が多いと音響的に干渉を受けてしまい、サウンドにゆがみが生じやすくなります。その点、壁掛けスピーカー、また天井吊りスピーカーであれば接地面は最小限。音も上から降ってくるので部屋全体を包み込む効果も発揮します。

3DサラウンドタイプのサウンドバーやBoseなどの本格スピーカーであれば、壁掛けならではの広範な音響効果をより実感できるでしょう。

省スペースで部屋を広く感じさせる

壁掛けスピーカーは何と言っても場を取りません。多くの部屋は壁面や天井が空白地帯、いわゆるデッドスペースになっています。
壁掛けスピーカーや壁掛けテレビ、また植物のハンギングなどでデッドスペースを生かせば、部屋はユニークかつおしゃれになります。

部屋全体を広く感じさせることにもつながるので、賃貸住宅で窮屈な思いをされている方には良い選択肢になるでしょう。

賃貸でも壁掛けスピーカーは使用可能?

壁にかかったJBLスピーカー
賃貸住宅に住む方でも壁掛けスピーカーは充分に利用できます。多くの賃貸ではピンや画鋲の使用が認められる一方、釘やネジで穴を開けると引っ越しの際に修繕費を請求されがちです。

しかしここでも紹介したよう、200g程度の壁掛け対応Bluetoothスピーカーであればピン1つでも吊り下げは十分可能です。最近のBluetoothスピーカーは2つそろえるとステレオ音響になるので音質面でも大きな問題はありません。

5~6㎏ある本格的なパッシブスピーカーを壁掛けしたいという方には、多くのサイトでも紹介されている「壁美人」をおすすめします。ホッチキスで壁に止めるタイプなので穴は最小限、ブラケットや金具の購入は必要になりますがDIYで設置可能です。
主に石膏ボードの壁にしか使えないのが難点ですが、一般的に多くの賃貸が石膏仕様なので該当される方は多いでしょう。

おしゃれな壁掛けスピーカーのおすすめ10選

おすすめの壁掛けスピーカーを紹介します。

ケーズウェーブ 壁掛けフラットスピーカー超薄型 Wall Speakerホワイト‎ PLB-501W

最初に紹介するおすすめの壁掛けスピーカーは、「ケーズウェーブ 壁掛けフラットスピーカー超薄型 Wall Speakerホワイト‎ PLB-501W」です。

サイズ・重さ(長さx幅x高さ)37 x 183 x 270 mm・990g×2
種類パッシブ
タイプ分離型
再生周波数帯域75Hz-20kHz
最大出力40W×40W
評価・レビュー
音質
(4.0)
デザイン
(4.5)
コスパ
(5.0)
ポイント
  • 幅わずか37㎜で重さもわずか990g、時計のように壁掛けが楽にできる超薄型のフラットモデル
  • 縦横30cm以下のコンパクトサイズでも、最大出力40Wのスピーカーが2つそろったハイパワー設計
  • 背面にケーブル通し溝あることで、よりフラットにスピーカーを壁掛け設置できる

「ケーズウェーブ 壁掛けフラットスピーカー超薄型 Wall Speakerホワイト‎ PLB-501W」の特徴

白系の壁や壁紙との相性が抜群、ホワイトカラーでおしゃれな超薄型モデルです。
壁掛けの際、持ち家なら壁にネジ穴を2つ開けるだけでいいので手間がほとんどかかりません。

こんな人におすすめ
白がベースの部屋でインテリアに溶け込むような白く薄型でおしゃれなモデルをお探しの方におすすめです

BOSE FREESPACE FS2SE PAIR WHT 壁掛け型スピーカー ホワイト FS2SEW

次に紹介するおすすめの壁掛けスピーカーは、「BOSE FREESPACE FS2SE PAIR WHT 壁掛け型スピーカー ホワイト FS2SEW」です。

サイズ・重さ商品寸法 (長さx幅x高さ)18.2 x 11.4 x 11.3 cm・1.63kg
種類パッシブ
タイプ分離型
再生周波数帯域95Hz~16,000Hz
最大出力16W (連続)64W (ピーク)
評価・レビュー
音質
(5.0)
デザイン
(4.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 縦横ともに20cm以下で重さも1.63㎏、壁掛け用のBoseの本格派スピーカー・2020年最新モデル
  • コンパクトサイズながら、ピーク時の最大出力が64Wとハイパワー設計、防滴性能IP55対応で屋外設置も可能
  • 3種類のブラケット(壁掛け取り付け器具)が付属、斜め下などアングル調整ができるブラケットもあり

「BOSE FREESPACE FS2SE PAIR WHT 壁掛け型スピーカー ホワイト FS2SEW」の特徴

世界を代表する音響ブランド・Boseの店内や施設などの商業利用に適した軽量ハイパワーモデルです。
背面にトランスフォーマータップがあり、ドライバーで好みの出力に手動調整できるのもうれしい所。

こんな人におすすめ
飲食店や宿泊施設などの事業者の方で、おしゃれで見栄えがよく大音量が出せるモデルをお探しの方におすすめです

JBL CLIP3 Bluetoothスピーカー IPX7防水 JBLCLIP3BLK

次に紹介するおすすめの壁掛けスピーカーは、「JBL CLIP3 Bluetoothスピーカー IPX7防水 JBLCLIP3BLK」です。

サイズ・重さ9.7 x 13.7 x 4.6・220g
種類アクティブ
タイプ一体型(フルレンジ)
再生周波数帯域120 Hz – 20kHz (-6dB)
最大出力3W×2
評価・レビュー
音質
(3.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • 超軽量220gの壁掛け用・Bluetoothスピーカー、現在「Amazon’s Choice」にも選ばれた人気商品
  • コンパクトサイズながら、約3時間の充電で連続再生時間が最大10時間のスタミナ設計
  • 40㎜のドライバーユニット採用、ブラック・ブルーなど5色の豊かなカラーバリエーション

「JBL CLIP3 Bluetoothスピーカー IPX7防水 JBLCLIP3BLK」の特徴

重さが普通のリンゴ一個分より軽いわずか220g、賃貸住宅でも小さなピン留めフックで充分に壁掛け可能なモデルです。
キーホルダーにもよく使われるカラナビつきなので、自転車のハンドルやリュックのストラップにつけるなどアウトドアでも使えます。

こんな人におすすめ
賃貸マンションでも簡易フックに楽々吊るせて、おしゃれかつ音質も良いモデルをお探しの方におすすめです。

JBL 2wayコンパクトスピーカー(ペア) Control 1 PRO

次に紹介するおすすめの壁掛けスピーカーは、「JBL 2wayコンパクトスピーカー(ペア) Control 1 PRO」です。

サイズ・重さ(長さx幅x高さ)143 x 232 x 15.7 cm・2.3kg
種類パッシブ
タイプ分離型
再生周波数帯域80Hz~20kHz
最大出力許容入力:150W
評価・レビュー
音質
(4.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • スピーカーの名ブランド「JBL」による壁掛けに対応した個人用・商用の両方に適したモデル
  • DIY初心者でもできる「ウォールマウント」仕様、最大出力が2つで150Wのハイパワー設計
  • 別売りの取り付け金具「CTLB-1」などをつければ縦横両方の設置が可能、マイクスタンド設置用の金具もあり

「JBL 2wayコンパクトスピーカー(ペア) Control 1 PRO」の特徴

アメリカに本社を置く音響の国際ブランド「JBL」によるオーソドックスかつコスパの高い本格派の壁掛けモデルです。
レコーディングスタジオのスピーカーにも迫る「JBL・PROシリーズ」だとメーカーも自信を見せています。

こんな人におすすめ
持ち家に住まわれている方で、世界基準のスピーカーの中、デザインの良さに加え設置方法が多様なタイプをお探しの方におすすめです。

ソニー サウンドバー HT-G700 3.1ch 4K HDR HDMI付属

次に紹介するおすすめの壁掛けスピーカーは、「ソニー サウンドバー HT-G700 3.1ch 4K HDR HDMI付属」です。

サイズ・重さ10.8 x 98 x 6.4 cm・14 Kg
種類アクティブ
タイプ分離型
再生周波数帯域不明
最大出力400W(フロント100W×2・センター100W・ウーファー100W)
評価・レビュー
音質
(5.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • センタスピーカーと2つの正面スピーカーに加え、ワイヤレス接続の独立ウーファーもついたサウンドバー
  • ソニー独自のバーチャルサラウンド技術により、大型TVでの視聴をさらに盛り上げる立体音響を実現
  • スマホからの音楽も再生可能なBluetoothモデル、ウーファーも2.4GHz帯ワイヤレス接続で障害物があっても通信可能

「ソニー サウンドバー HT-G700 3.1ch 4K HDR HDMI付属」の特徴

大型TVでの映画鑑賞などに最適な広がりのある音響技術に加え、壁掛けにも対応したソニーのサウンドバーです。
サウンドバーの正面にOPEDディスプレイがあって動作状況を確認できるのも大きな魅力でしょう。

こんな人におすすめ
大型TV用のBluetooth対応サウンドバーの中でも、スピーカーユニットが豊富な高音質モデルをお探しの方におすすめです。

ヤマハ サウンドバー YAS-109 Alexa搭載 HDMI DTS Virtual:X

次に紹介するおすすめの壁掛けスピーカーは、「ヤマハ サウンドバー YAS-109 Alexa搭載 HDMI DTS Virtual:X」です。

サイズ・重さ890W×53H×131Dmm、890W×131H×62Dmm(壁掛け設置時、スペーサー含む)・3.4kg
種類アクティブ
タイプ分離型
再生周波数帯域フロントL/R:170Hz~22kHz・ツイーター:5kHz~23kHz
最大出力フロントL/R:30W×2、サブウーファー:60W
評価・レビュー
音質
(4.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(5.0)
ポイント
  • バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」により前後左右はもちろん上からも降ってくる包み込むサウンドを実現
  • AmazonのAI「Alexa」内蔵で音声操作も可能、「Spotify」などと連携しアーティスト指定などで選曲もできる
  • 映画・テレビ番組・音楽・スポーツ・ゲームの5種類のコンテンツに合わせたサラウンド再生も可能

「ヤマハ サウンドバー YAS-109 Alexa搭載 HDMI DTS Virtual:X」の特徴

本格派のサウンドバーとしては珍しく薄型のフォルムで優しいファブリック素材を採用したBluetooth対応モデル。
現在Amazonで「Amazon’s Choice」に選ばれた人気商品、かつ高コスパ品でもあります。
6㎝ほどの小さなスペーサーだけで壁掛けモデルに変身するのも大変便利です。

こんな人におすすめ
おしゃれなサウンドバーの中でも、さまざまなジャンルのTV視聴に最適なサウンド技術のあるモデルをお探しの方におすすめです。

Behringer パッシブスピーカー 5.5インチウーハー 0.5インチツイーター 1C-BK ブラック

次に紹介するおすすめの壁掛けスピーカーは、「Behringer パッシブスピーカー 5.5インチウーハー 0.5インチツイーター 1C-BK ブラック」です。

サイズ・重さ15W×22.5H×14.2Dcm・1.8kg(1本)
種類パッシブ
タイプ分離型
再生周波数帯域60Hz~23kHz
最大出力50W×2
評価・レビュー
音質
(4.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(5.0)
ポイント
  • 重低音の5.5インチウーファーと高音の0.5インチツイーターの2-Way構成、スタジオモニターにも使えるハイサウンド仕様
  • 1本50Wの高出力で商業施設での大音量再生にも最適、現在Amazonで2台1セットが10,000円強のコスパの高さ
  • 高さ22㎝、重さ1.9㎏なので壁掛けや天井吊りに最適、各種取り付け金具も同梱

「Behringer パッシブスピーカー 5.5インチウーハー 0.5インチツイーター 1C-BK ブラック」の特徴

ドイツ発祥の国際ブランド「ベリンガー社」によるスタジオモニターや商業利用もできるコンパクトでハイパワーな壁掛けモデルです。
Amazon取り扱い品でも実質3年間の製品保証がついているのも頼もしい所。

こんな人におすすめ
個人宅はもちろんパーティ会場やスタジオなど2台1セットで多用途に使い回せる壁掛けモデルをお探しの方におすすめです。

OBERON ONWALL DW(ダークウォルナット) オンウォール・スピーカー 2台1組

次に紹介するおすすめの壁掛けスピーカーは、「OBERON ONWALL DW(ダークウォルナット) オンウォール・スピーカー 2台1組」です。

サイズ・重さ245x385x120 mm・4.9kg
種類パッシブ
タイプ分離型
再生周波数帯域55Hz~26kHz
最大出力50W×2
評価・レビュー
音質
(5.0)
デザイン
(4.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • ウーハーとツイーターの2Way方式、独自のマグネット構造やボイスコイルの採用で最高級のサウンドを表現
  • ハイエンドスピーカーでお馴染み、DaliのOberonシリーズの中でも大人気、色違いのホワイトもあり
  • 大口径ドライバーやSMC搭載など、独自技術の組み合わせでステレオとサラウンド共に最高の音質を実現

「OBERON ONWALL DW(ダークウォルナット) オンウォール・スピーカー 2台1組」の特徴

洗練された北欧家具でも有名なデンマーク・デザインによるおしゃれな薄型の壁掛けモデルです。
コンパクトさと最高級サウンドの両立を追求した名機ですが、そのぶん高価なのが痛い所。

こんな人におすすめ
室内のインテリアに自然と馴染む薄型の中でも、国際ブランドによる最高級の音を鳴らすハイエンドモデルをお探しの方におすすめです。

Dali Alteco C-1 WN ユニバーサルスピーカー (ウォールナット)

次に紹介するおすすめの壁掛けスピーカーは、「Dali Alteco C-1 WN ユニバーサルスピーカー (ウォールナット)」です。

サイズ・重さ(長さx幅x高さ)20 x 16 x 26.5 cm・2.8kg
種類パッシブ
タイプ分離型
再生周波数帯域74 – 60000 Hz
最大出力50W×2
評価・レビュー
音質
(5.0)
デザイン
(5.0)
コスパ
(3.0)
ポイント
  • 3Dサラウンドに関するDali独自の技術、最新イマーシブ・サラウンド・フォーマット採用で最高級の音を実現
  • おしゃれなデンマーク・デザイン、スピーカー本体が斜め下を向いた壁掛け用に最適化したフォルム
  • スピーカーの上などに置くと天井の反響を利用して3Dサラウンドを鳴らす「イネーブルドスピーカー」としても利用可能

「Dali Alteco C-1 WN ユニバーサルスピーカー (ウォールナット)」の特徴

日本でも壁掛けスピーカーの代表的なモデルとして知られる、Dali社の「Alteco C-1」で多目的に使い回せるタイプです。
2段階のモードスイッチがあり、使用環境に応じて柔軟に調整できるのも見所。
ただ極めて高価なので購買層はかなり絞られるでしょう。

こんな人におすすめ
部屋全体を包み込む最高級のサラウンド音響のためならお金を惜しまないという音響愛好家の方におすすめです。

ONKYO 2.1chリビングスピーカーシステム LS3100(B)

次に紹介するおすすめの壁掛けスピーカーは、「ONKYO 2.1chリビングスピーカーシステム LS3100(B)」です。

ONKYO 2.1chリビングスピーカーシステム LS3100(B)
オンキヨー(Onkyo)
サイズ・重さ(長さx幅x高さ)12 x 18.7 x 3.2 cm・不明
種類パッシブ
タイプ分離型
再生周波数帯域不明
最大出力サラウンド:23W・ウーハー:20W
評価・レビュー
音質
(4.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 左右セパレート型の2台1組のフルレンジドライバーは6.5㎝のドライバー採用でサラウンドサウンドを表現
  • Wi-Fiでワイヤレス接続のウーハーは16㎝と超大型口径のドライバー採用で、大迫力の重低音を表現
  • 2つあるサラウンドスピーカーは小型のカップ形状状なので壁掛けに最適

「ONKYO 2.1chリビングスピーカーシステム LS3100(B)」の特徴

日本を代表する音響ブランド「オンキヨー」のサラウンド2基・ウーハ・コントロール機器の3台が1セットになったスピーカーシステム。
コントロール部がデジタルアンプ搭載でBluetooth対応、ワイヤレスでスマホやPCの音楽も楽しめます。

こんな人におすすめ
お手頃価格でサラウンドスピーカーからアンプ、ウーハーまでそろった1セットモデルをお探しの方におすすめです。
Amazon.co.jp おすすめ商品

まとめ

壁掛けスピーカーにもこれだけたくさんの機能、特徴を備えたものがあります。音質や薄さデザイン性。何を重視するかで選ぶポイントも変わってくるでしょう。ライフスタイルに合った壁掛けスピーカーで快適なサウンドを堪能されてはいかがでしょうか。
スピーカースタンドの選び方とおすすめ人気ベスト10選 スピーカーの人気メーカー徹底比較!おすすめ15選も紹介 テレビにおすすめのBluetoothスピーカー12選