BDはDVDと比べてより高画質・高音質を実現したメディアですが、再生には専用のプレーヤーが必要です。BDが気になっている、レコーダーは必要ないからプレーヤーだけの製品を探しているという人のために、BDプレーヤーの基本情報、選ぶ際の注意点を説明をしたうえで、各メーカーのおすすめBDプレーヤーを紹介します。




BDプレーヤーとは?

BDプレーヤーとは、Blu-ray Disk(BD)プレーヤーのことです。BDはDVDの後継となる光ディスクの規格で、DVDと比較すると容量が約10倍、画素数は2倍以上です。DVDとBDは使用される波長が異なるため、BDはDVDプレーヤーでは再生ができません。そのため、BDを再生するためにはBlu-ray対応の再生機器が必要になります。BDの再生だけでなくテレビ番組などの録画・BDへの焼き増し機能が付いたものはBDレコーダーとも言われます。

BDプレーヤーの選び方で参考にしたいこと

欲しい機能は何?機能性や操作性に注目

BDな再生機能はもちろん全ての製品にありますが、その他の機能については製品によって様々です。レコーダー機能はあるかどうか、インターネット接続機能があるかどうかなど、自分に必要な機能の有無を確認しましょう。リモコンの操作性など、細かい機能性の違いも重要です。

出来るだけ綺麗に見たい!画質・音質に注目

BDプレーヤーと一口に言っても、それぞれのメーカーがより良い画質や音質を追求して開発が行われています。4k/HDLRに対応、ドルビービジョン対応、ハイレゾ音源対応など、同じBDプレーヤーであっても画質や音質に差がある点も、選ぶ際のポイントになってきます。

コストパフォーマンス重視!価格に注目

BDプレーヤーは、画質・音質の良さに大きな幅があります。それに比例して価格帯も1万円前後の安価なものから30万円以上の製品まで、幅広いラインナップとなっています。各メーカーハイエンド商品とよりリーズナブルな商品の二つのタイプを販売しているので、同じ価格帯の製品で比較検討してください。

DVDプレーヤーと何が違う?

DVDプレーヤーとBDプレーヤーの一番の違いは、再生できるメディアが違う点です。DVDプレーヤーはDVDだけしか再生できませんが、BDプレーヤーの場合はDVDとBDどちらも再生できます。BDプレイヤーはDVD-Videoフォーマットに対応する規格になっているため、パソコンで作成したDVDや海賊版のDVDソフトなどでなければ、殆どのDVDに対応しています。ただし、画質はあくまでもDVDのものであり、DVDをBDプレーヤーで再生したからといってBD画質になるわけではありません。

BDプレーヤーの長所やメリット

メリット1 BDが再生できる

BDプレーヤーの1番のメリットは、BDの再生ができることです。BDはBD対応プレーヤーでなければ絶対に見ることができません。

メリット2 高画質・高音質

BDプレーヤーはBDはもちろんDVDも再生できます。DVDプレーヤーに比べて処理機能が高いので、同じDVDであってもより高画質・高音質で楽しめます。

メリット3 BDは大容量

BDはDVDに比べてデータ容量がおよそ5倍です。なので、レコーダー機能が付いたBDプレーヤーであれば、DVDに比べて少ない枚数で長時間焼きましが可能です。

BDプレーヤーに選びで知っておきたい専門用語

Dolby Vision(ドルビービジョン)

Dolby Vision(ドルビービジョン)とは、BD/DVDの音響技術で知られるドルビー社が手掛ける独自のHDR規格で、トップレベルの高画質を実現します。米国を中心に採用されてきましたが、近年日本でもドルビービジョン対応のハードウェア・ソフトウェアが増えてきています。

ブルーレイ3D

BDプレーヤーの製品説明を見ていると、ブルーレイ3D対応という表記がよくあると思います。ブルーレイ3Dは、最新の圧縮技術によってフルハイビジョンでの3D表示を可能にした方式のブルーレイディスクです。実際に楽しむには、ブルーレイ3D対応の機器が必要です。

Ultra HD Blu-ray

Ultra HD Blu-rayとは、Blu-ray Diskの後継となる光ディスクの規格のことです。UHD BDと略されます。より大容量でより高画質ですが、UHD対応のプレーヤーとディスプレイ でなければ、通常のBDの規格にコンバートされてしまいます。

おすすめBDプレーヤー10選

OPPO UDP-205

OPPO UDP-205のおすすめポイント3つ

  1. 新世代HDR技術「Dolby Vision」対応、最新の映像体験
  2. ハイレゾ対応のマルチチャンネル再生機能
  3. 3年間の長期保証の万全サポート

OPPO UDP-205のレビューと評価

自分史上最高の映像体験

4kテレビ購入時に、次世代ブルーレイディスク規格「Ultra HD Blu-ray」に対応という謳い文句に誘われて合わせて購入しました。たしかに、今まで家で使ってきたどのプレーヤーよりも映像は綺麗です。それ以上に、音質の良さに驚き!同じCD、同じスピーカーなのにアンプの良さでこんなに変わるのかとびっくりしました。

OPPO UDP-205の仕様・製品情報

ディスクの種類UHDブルーレイ, ブルーレイ,ブルーレイ 3D,DVDビデオ,DVDオーディオ,AVCHD,SACD,CD, KodakピクチャーCD,CD-R/RW,DVD±R/RW,DVD±R DL,BD-R/RE
電源AC 100V / 230V, 50/60Hz
消費電力65W (スタンバイ時: 0.5W 省エネモード)
外形寸法430mm x 311mm x 123mm
重量10kg

Panasonic DMP-UB900

Panasonic DMP-UB900のおすすめポイント3つ

  1. 国内初!Ultra HD対応!
  2. 充実したネットワーク機能。4k対応動画再生可能
  3. 高品質パーツ使用で、豊かな音を実現

Panasonic DMP-UB900の仕様・製品情報

再生可能ディスクBD-R、BD-R DL、BD-RE、BD-RE DL、Ultra HD Blu-ray、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW、DVD-RAM、DVD-R DL、DVD+R DL
電源AC100V 50/60Hz
消費電力22W
外形寸法435x68x199 mm
重量2.4 kg

Panasonic DMP-BDT110

Panasonic DMP-BDT110のおすすめポイント3つ

  1. コスパ抜群!低価格でも3Dブルーレイ対応
  2. 充実のネットワーク機能で、他のメディアと連携再生
  3. 高さ35mmのコンパクトデザインで、どこにでも置ける

Panasonic DMP-BDT110の仕様・製品情報

再生可能ディスクBD-R、BD-R DL、BD-RE、BD-RE DL、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW、DVD-RAM、DVD-R DL、DVD+R DL
その他再生メディアCD-R、CD-RW、SDカード
インターフェースHDMI、コンポジット、光デジタル、アナログ音声(RCA)、USB、有線LAN
外形寸法430x35x179 mm
重量1.6 kg

SONY BDP-S1500

SONY BDP-S1500のおすすめポイント3つ

  1. 1秒以下の高速起動&高速ロードでストレスなし
  2. コンパクトだけどスタイリッシュなデザイン
  3. DVDソフトも高画質にアップスケール

SONY BDP-S1500の仕様・製品情報

再生可能ディスクBD-R、BD-R DL、BD-RE、BD-RE DL、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW、DVD-RAM、DVD-R DL、DVD+R DL
電源AC100V 50/60Hz
消費電力約8.8W(待機時:0.2W)
外形寸法230x39x194 mm
重量0.8kg

Pioneer BDP-3140

Pioneer BDP-3140のおすすめポイント3つ

  1. ブルーレイでは初めて、遅見再生(0.8倍速)対応。ダンスレッスンや語学学習に
  2. 動作音ほとんどなしで、映像に集中できる
  3. ハイレゾ出力に対応で、音楽プレーヤーとしても最適

Pioneer BDP-3140の仕様・製品情報

再生可能メディアBD-ROM(BDMV、BDAV)、BD-R/RE(BDMV、BDAV)、BD-R DL/RE DL(BDMV、BDAV)、BD-R LTH(BDMV、BDAV)、DVDビデオ、DVD-R/RW(ビデオモード、VRモード/CPRM対応)、DVD-R DL(ビデオモード、VRモード/CPRM対応)、DVD+R/+RW(ビデオモード)、DVD+R DL(ビデオモード)、AVCRECディスク、AVCHDディスク、音楽CD、CD-R/RW(音楽CDフォーマット)、USBメモリー
再生可能ファイルDivX® Plus HD、MKV、3GP、FLV、WMV、AVI、JPEG、WMA、MP3、AAC、MPEG2 AAC、MP4、WAV、FLAC
消費電力13W
外形寸法360 mm(W)×39 mm(H)×208 mm(D)
重量1.2 kg

REGZA DBP-S600

REGZA DBP-S600のおすすめポイント3つ

  1. リビングでタイムシフト録画、そのまま別室で見れるネットワーク機能
  2. 1080/24pダイレクト出力でどんなディスクも高品位再生
  3. 「おまかせプレイ」で本編部分だけを自動再生

REGZA DBP-S600の仕様・製品情報

再生可能メディアBD-Video・BD-R/-R DL※(Ver.1.1/1.2/1.3準拠、JPEG)・BD-RE/-RE DL※(Ver.2.1準拠、JPEG)・DVD-R、DVD-RW※(DVD-Video/DVD-VR(CPRM対応)/AVCREC/JPEG)・DVD-Video・音楽CD・CD-R/RW※(CD-DA/JPEG)・USB(JPEG)
電源AC100V 50/60Hz
消費電力10W
外形寸法280×41×196mm(突起部含まず)
重量約1.0 kg

Panasonic DMP-BD90

Panasonic DMP-BD90のおすすめポイント3つ

  1. 低価格でもBDを最大限に楽しめる
  2. 高速起動・高速トレイオープンでストレスゼロ
  3. 業界最小クラスのコンパクトさ

Panasonic DMP-BD90の仕様・製品情報

再生可能ディスクBD-R、BD-R DL、BD-RE、BD-RE DL、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW、DVD-R DL、DVD+R DL
その他再生メディアCD-R、CD-RW、USBメモリ
ハイレゾ対応フォーマットFLAC/WAV/ALAC/DSD/DSF
外形寸法245×38.5×175 mm
重量0.8kg

SONY UBP-X800

SONY UBP-X800のおすすめポイント3つ

  1. 4K/HDRで、最高に鮮明な映像体験
  2. 動画配信サービスの4Kストリーミングに対応
  3. まるで生音!原音にせまるハイレゾ音源対応

SONY UBP-X800の仕様・製品情報

再生可能ディスクBD-R、BD-R DL、BD-RE、BD-RE DL、Ultra HD Blu-ray、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW、DVD-R DL、DVD+R DL
電源AC100V、50/60Hz
消費電力15W(待機時:0.35W)
外形寸法W430 x H50 x D265
重量3.8 kg

Pioneer BDP-180-K

Pioneer BDP-180-Kのおすすめポイント3つ

  1. Wifi接続で、スマートホンの動画を簡単にテレビで再生
  2. フルハイビジョン映像を4倍の解像度で、DVDも高画質にコンバート
  3. 音声付きの遅見再生(0.8倍速)対応。語学学習に最適

Pioneer BDP-180-Kの仕様・製品情報

再生可能メディアBD-ROM(BDMV、BDAV)、BD-R/RE(BDMV、BDAV)、BD-R DL/RE DL(BDMV、BDAV)、BD-R LTH(BDMV、BDAV)、DVDビデオ、DVD-R/RW(ビデオモード、VRモード/CPRM対応)、DVD-R DL(ビデオモード、VRモード/CPRM対応)、DVD+R/+RW(ビデオモード)、DVD+RDL(ビデオモード)、AVCRECディスク、AVCHDディスク、SACD、音楽CD、CD-R/RW(音楽CDフォーマット)、USBメモリー
再生可能ファイルDivX®PlusHD、MKV、3GP、FLV、WMV、AVI、JPEG、MPO、PNG、GIF、Monkey’sAudio、WMA、MP3、AAC、MPEG2AAC、MP4、WAV、FLAC、DSD、ALAC
消費電力18W
外形寸法435mm(W)×58mm(H)×250 mm(D)
重量2.0 kg

LG BP350

LG BP350のおすすめポイント3つ

  1. コンパクトでも多機能!複数メディア再生可能でDVDの高画質化も
  2. Wifi接続対応、BD-Liveやyoutubeの動画がテレビで見れる
  3. HDMIケーブル付属ですぐに使える!

LG BP350の仕様・製品情報

再生可能メディアBD-Video、BD-R/BD-R、DL/BD-R(LTH)/BD-RE/BD-RE DL、DVD-Video 、DVD-R/DVD-R DL/DVD-RW 、Audio CD/CD-R/CD-RW 、USB
主な再生対応フォーマットavi, xvid, mpg, mpeg, mkv, mp4, asf, wmv, m4v, vob, 3gp, flv, ts, tp, wav, mp3, m4a, jpg, jpeg, png, gifなど
消費電力12W
外形寸法27.0×4.3×19.5(突起部含まず)
重量0.8kg

まとめ

ブルーレイディスクの普及に連れて製品数も増え、バリエーションも豊富になってきたBDプレーヤーの特徴や選び方、オススメの商品を紹介しました。BDプレーヤーの購入を検討している方、ぜひ参考にしてみてください。