【日本製】ネイルマシンおすすめ7選!プロやネイル愛好家から人気

黒とレオパードのネイル

ネイルマシンはさまざまなメーカーから幅広い価格帯のものが販売されていますが、使いやすさで選ぶならやはり日本製がおすすめです。

この記事では、日本製のネイルマシンの特徴や選び方のポイントを紹介するとともに、プロ用に対応しているウラワや初心者の方に人気のpetitor(プチトル)などおすすめメーカーについても解説しています。

人気の機種紹介では、回転数や利用者の口コミなども詳しくまとめました。ぜひ便利なネイルマシン選びの参考にしてください。



【必要なものは?】初心者におすすめのセルフジェルネイルキット11選|道具一式揃う!

日本製のネイルマシンの特徴

日本製のネイルマシンの特徴
日本製のネイルマシンの特徴は、以下の3つです。

  • 安定した品質
  • アフターサポート
  • 使い方がわかりやすい

安定した品質

ネイルマシンを選ぶうえで大切なのは、軸がぶれず安定して使用できるかどうかです。

安価なネイルマシンでは、使用中の振動が大きく、使っていると手が疲れたりうまく作業ができないといった問題が出てしまいます。

その点、日本製のネイルマシンは細部までしっかり調整された品質の高さが魅力です

メーカーによっては職人が手作業で調整を行って仕上げているネイルマシンもあります。

アフターサポート

日本製のネイルマシンは、初期不良や使用中の不具合が起きた際のフォロー体制が整っていることもメリットです。

国内メーカーは問い合わせの窓口がわかりやすく、対応もスムーズであることが多いです。

購入時に数カ月の保証期間が付いていたり、国内に修理可能な窓口が設けられていることで安心して使用することができます。

使い方がわかりやすい

さらに、付属している説明書が日本語でわかりやすい点もメリットとして挙げられます。

メーカーによっては、イラストや写真などを用いたわかりやすい説明書が付属しており、ネイルマシンをはじめて使う方にも安心です。動画で使い方を確認できるメーカーもあります。

メーカー公式の解説動画がなくても、Youtubeでは各日本製ネイルマシンの使い方を解説した動画をたくさんみつけることができます。

参考
【公式】Petitor<プチトル>を使ったセルフオフのやり方!【ネイリスト監修】Official Petiror – YouTube

日本製のネイルマシンのおすすめメーカー一覧

日本製のネイルマシンのおすすめメーカー一覧
日本製のネイルマシンのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • petitor(プチトル)
  • 浦和工業
  • SHAREYDVA(シャレドワ)

petitor(プチトル)

プチトルは、ネイルサロンも手掛ける株式会社ビューティフルエンジェルが製造販売しているネイルマシンブランドです。

セルフネイル初心者向けからサロン使用も可能な上位モデルまで選ぶことができ、価格も5千円前後から2万円以下とリーズナブルなのが魅力です。

2年間の商品サポートや3ヶ月の修理保証も付いています。人気商品のため模倣品も流通しているので、信頼できる公式ショップから購入しましょう。

浦和工業

浦和工業は、ネイル用・ホビー用・歯科技工用など幅広いマイクログラインダーを製造販売している会社です。

熟練の職人が1つ1つ調整しながら手で組み立て仕上げており「精度の高さ」へこだわったものづくりを行っています。

浦和工業のネイルマシンは、騒音と振動が少ないのが特徴。お客さんへの施術も安心でプロにも人気のメーカーです。

SHAREYDVA(シャレドワ)

SHAREYDVA(シャレドワ)は、プロのネイリスト専門のネイル関連商品を取り扱う株式会社TATのブランドです。

シャレドワのネイルマシンの特徴は、軽くて細いハンドピース。また、使用している方からは、優れた静音性に関する口コミも多く見られました。

ネイリスト目線で考えられたネイルマシーンはプロにも愛用者が多いです。

日本製のネイルマシンの選び方

日本製のネイルマシンの選び方
日本製のネイルマシンの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 本体の素材
  • 付属のネイルビット
  • 回転数

本体の素材

ネイルマシンのハンドピースには、プラスチック製と金属製があります。

プラスチック製は、軽量で持ちやすく、価格も安価なマシーンがあるので初心者の方におすすめです。

ただし、プラスチック製は振動があり、音が作動中の音が大きくなるというデメリットもあります。

金属製のネイルマシンは重さがありますが、低振動で静音性にすぐれています

付属のネイルビット

ネイルマシンは、先端のビットを付け替えて使用します。

はじめてネイルマシンを購入する際は、ビットもセットになった製品を選ぶとすぐに使えてわかりやすいです。

ネイルオフには円柱型のビットがあればOK。甘皮の処理には砲弾型か円錐型を使用します。

円錐型は扱いがやや難しいので上級者向け。慣れない方は砲弾型が使いやすいでしょう。

回転数

ネイルマシンは用途によって回転数を変えて使用し、回転数が高いほどハイパワーになります

甘皮の処理だけなら回転数の少ない3,000rpm程度あれば十分です。ジェルネイルのオフには20,000rpm以上のパワーがあったほうがよいでしょう。

使いたい回転数の幅があり、回転数の調整もわかりやすい機種を選ぶのがおすすめです。

さらに右回転と左回転(正逆回転)を切り替えられる機能がついたものを選べば、より便利に使うことができるでしょう。

日本製のネイルマシンのおすすめ7選

petitor プチトルC リファイン

メーカープチトル(Petitor)
サイズ130×22mm
重量45g
回転数7,500 ~ 14,500RPM
付属品USBケーブル、USB式アダプター、ビット6種類、取扱説明書・保証書
評価・レビュー
静音性
(2.0)
軽さ
(5.0)
パワー
(2.0)
ポイント
  • セルフネイル入門者向けのモデル
  • 本体のコントローラーで回転方向と速度を簡単調整
  • 本体は軽量化されたプラスチックボディで約45g
  • しっかり削れるゴールドビット付き
気になるポイント
  • すぐ熱くなるので長時間の連続使用には向かないという声がありました
こんな人におすすめ
プチトルCは月1回程度使用の方向け。それ以上の頻度の方は上位モデルがおすすめです

petitor プチトル S

メーカープチトル(Petitor)
サイズ135×23.5mm
重量128g
回転数6,000 ~ 22,000RPM
付属品USBケーブル、USB式アダプター、ビット8種類、取扱説明書・保証書
評価・レビュー
静音性
(4.0)
軽さ
(3.5)
パワー
(4.0)
ポイント
  • サロンでも使用可能なハイパワーモデル
  • 金属ボディで振動を軽減
  • ビットはチャック式でしっかり固定できるのでお客様への施術も安心
気になるポイント
  • 説明書がわかりづらく、スイッチを覚えるまで戸惑うという声がありました
  • 一番低い回転数でもサンディングの時は早すぎて怖いという声がありました
こんな人におすすめ
プチトルシリーズの最上位モデルなので、コスパよくマシンを揃えたいプロや上級者の方におすすめ

URAWA G3 ポータブルネイルマシーン

メーカー 浦和工業
サイズハンドピース24.2×129mm/コントローラー65×137×137mm
重量ハンドピース 160g(コード含まず)/コントローラー250g
回転数2000~20000rpm
付属品ACアダプター、ACコード、携帯ポーチ、チビブラシ、スパナ、モータースタンド
評価・レビュー
静音性
(4.0)
軽さ
(2.5)
パワー
(3.0)
ポイント
  • 充電タイプのネイルマシン。2時間充電で約5時間使用可能
  • 充電状況がLEDで表示される
  • 誤使用時にストップするオーバーロード機能付き
気になるポイント
  • 説明書を見ても使い方が分かりづらかったという声もありました
こんな人におすすめ
安定感と使いやすさで人気のウラワ。プロやセルフネイル上級者におすすめ

RENAGE ネイリストYoutuberが監修 ネイルマシン

メーカーRENAGE
サイズ14×2cm
重量240g
回転数0~20000RPM
付属品取扱説明書、ビットセット、USBケーブル
評価・レビュー
静音性
(3.0)
軽さ
(2.0)
パワー
(3.0)
ポイント
  • ネイリスト・YoutuberのASKAさん監修
  • イラスト入り説明書&解説動画付きで初心者さんも安心
  • 180日間の安心保証
  • 本体はアルミ製で騒音と振動を低減
気になるポイント
  • ビットの交換が素手では大変でペンチなど使っているという声がありました
こんな人におすすめ
ビットセットとわかりやすい解説動画も付いているので、はじめてネイルマシンを使うビギナーの方におすすめ

SHAREYDVA(シャレドワ)ネイルマシーン ケビン

メーカーSHAREDVA(シャレドワ)
サイズハンドピース140×16×18mm/本体65×128×27mm
重量ハンドピース105g/本体235g
回転数~30000
付属品ACアダプター、ハンドピースホルダー、ラバースタンド、ベルトクリップ、専用ポーチ
評価・レビュー
静音性
(4.0)
軽さ
(4.0)
パワー
(4.5)
ポイント
  • 充電式コードレス。3時間の充電で5時間使用可能
  • モーターをブラシレスにすることで、メンテナンスの必要が軽減
  • 105gの軽量&持ちやすい細さ
  • 回転数を上げても静か
気になるポイント
  • 敢えてあげるなら付属品のケースがおしゃれでないが、本体は大満足という声がありました
こんな人におすすめ
メンテナンスが少なく済むのが特徴なので、メンテンナンスのラクさを重視したいプロ・上級者におすすめ

SHAREYDVA(シャレドワ) ネイルマシーン ema(エマ)

メーカーSHAREYDVA(シャレドワ)
サイズ148mm
重量103g
回転数3,000~20,000rpm
付属品コントローラー、ビットセット
評価・レビュー
静音性
(3.5)
軽さ
(3.0)
パワー
(3.0)
ポイント
  • コードとハンドピースのみで初心者にも扱いやすいモデル
  • 6カ月保証有
  • チャックロック式
気になるポイント
  • 使用しながらどのくらいの回転数で削っているのかわからなくなるのがデメリットという声がありました
こんな人におすすめ
シンプルで初心者でも扱いやすく、かつサロンでも使用できるクオリティのネイルマシーンが欲しい方におすすめ

WSPT JAPAN Riki 充電式 液晶表示 ネイルマシン

メーカーWSPT JAPAN
サイズハンドピース23×140mm/本体70×140×40mm
重量ハンドピース110g/本体245g
回転数4,500~35,000rpm
付属品防塵キャップ
評価・レビュー
静音性
(3.5)
軽さ
(4.0)
パワー
(5.0)
ポイント
  • 最高回転35,000rpmのハイパワー
  • ビットの差し込み口はチャック式なのでしっかりロックされる
  • 液晶でバッテリー残量が表示される
  • ダストからマシーンを守る防塵キャップ付き
気になるポイント
  • 途中で止めると回転数が0からに戻ってしまうのが、少しめんどくさいという声がありました
こんな人におすすめ
35,000rpmのハイパワーが魅力なので、パワーの強いネイルマシーンが欲しい方におすすめ

日本製のネイルマシンの重要ポイントまとめ

日本製のネイルマシンの重要なポイントは以下の3つです。

  • 日本製ネイルマシンは、高品質にくわえアフターサポートや使い方の解説が整っている
  • プラスチック製ネイルマシンは軽いが振動がある。金属製は低振動・低騒音で安定している
  • 回転数の変更が分かりやすかったり、逆回転に切り替えられるマシンが便利

この記事を書いたライターからのコメント

プロのネイリストによるネイルマシンの選び方解説をみてみると、「安定性」というキーワードが多く目に留まりました。

プラスチック製のネイルマシンは初心者の方でも購入しやすい低価格のものから見つかりますが、使いやすさも重視すると低振動で安定感のある金属製のマシンの方がおすすめです。

ハンドピースが重いと手が疲れてしまうのが心配ですが、プロの方の声には「ある程度重みがあった方が安定してよい」という声も見られました。

ライター青倉
ライター:青倉

長崎出身福岡在住。丁寧な暮らしに憧れつつ常にバタバタしている3児の母です。ドラッグストアや教育機関勤務を経て、現在はWebライターとして活動中。子育て・暮らし・美容関連の記事を中心に執筆しています。所持資格は化粧品検定1級・FP3級など。カメラ・旅行・文房具も好き。



【必要なものは?】初心者におすすめのセルフジェルネイルキット11選|道具一式揃う!

ネイルマシーンでネイルを削ってオフする
ネイルマシーンのビットおすすめ9選|なんでも使えるものや甘皮処理用

ジェルネイル用品
【最強】セルフジェルネイルおすすめアイテム11選!あると便利、長持ちさせたい、100均アイテムも

ネイルマシンおすすめランキング
ネイルマシンおすすめランキング11選!初心者からプロ用まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です