子供のプレゼントにも!トイドローンのおすすめ人気ランキング10選

トイドローンのランキング

自由にドローンを飛ばしてみたい、と思ったことはありませんか。でも、難しそうだし規制も心配ですよね。トイドローンなら室内での練習もできますし、軽量なので航空法の規制外です。そこで今回は、トイドローンの選び方を解説。

さらに、初心者から上級者まで楽しめるトイドローンのおすすめをご紹介します。人気の機種から最新の機種まで幅広いトイドローンをご紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

空撮用ドローンおすすめ 空撮向きドローンのおすすめ7選 おすすめのドローン 入門モデルも!ドローンのおすすめ最強8選!高画質、小型、初心者向けなど カメラ付きドローンおすすめ カメラ付きドローンのおすすめ最強ランキング4選

トイドローンとは

手の上のドローン
トイドローンとは、はっきりと定義があるわけではありませんが、価格が1〜2万円と安くて小型で軽量のドローンがトイドローンと呼ばれています。

大型のドローンでは飛ばしにくい室内でも飛ばしやすく、重量が200g以下で航空法の規制外なので、屋外でも禁止されている区域でなければ申請なしで飛行が可能です。小型で軽量ですが、カメラを搭載して空撮を楽しめる機種やリアルタイムでスマホで映像を見ながら飛ばせるFPVに対応した機種もあります。
はじめてドローンを触る初心者におすすめです。

注意
2022年6月20日から、無人航空機(ドローン)の登録制度が施行されます。施行後には無人航空機の登録が義務となります。
また、100g以上のすべてのドローンの登録が義務化され、登録されていない100g以上のドローンは飛行禁止となります。
事前登録受付も2021年12月20日から始まっています。詳細は国土交通省HPでご確認ください。
参考 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール国土交通省 参考 無人航空機登録ポータルサイト国土交通省

「技適マーク」とは

技適マークとは、総務省が出す法律・航空法に基づいたドローン飛行の認定証です。認定品にはドローン本体やコントローラ―に既定のロゴマークがつけられています。

電波法に基づき、2.4GHz帯の周波数であれば社会インフラなどとの電波干渉を起こさないモデルだと認められます。「DJI」や「Holy Stone」などの人気メーカーによる日本販売品の大半は技適マーク取得品なので安心です。

技適マークと共に2.4GHzの周波数帯域であることを確認できれば、ほぼ問題なく使用できるでしょう。

トイドローンの選び方

テーブルに置かれたドローン
トイドローンの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 操縦サポート機能
  • カメラ搭載
  • 価格

操縦サポート機能

トイドローンにはさまざまな機能がついている機種があります。
そのなかでも安定して飛ばせる高度維持機能や離陸した場所に自動で戻ってくるリターン機能など操縦をサポートしてくれる機能もあります。

もし、ドローンの購入がはじめてで操縦に不安があるならこのようなサポート機能がある機種がおすすめです。サポートが充実している機種は価格も高くなるので、予算にあわせて選びましょう。

カメラ搭載

カメラを搭載しているとテレビや映画などでみる空撮を楽しめるほかに、スマホやタブレットに映し出された映像を見ながら操縦できます。
この機能をFPV機能といい、まるで飛行機のパイロットになった気分で操縦できるのでFPV機能に対応したトイドローンは非常に人気が高いです。

トイドローンを操縦するだけでも充分に楽しめますが、カメラがあると楽しみが広がるので、カメラ搭載の機種をおすすめします。

価格

トイドローンは数千円から数万円と価格帯が広いです。基本的には価格が高いほうが機能が充実しているので、操縦しやすくなります。プロペラガードなどが付いていても墜落の際に壊れることは少なからずあります。

はじめてトイドローンを購入するなら、性能と価格のバランスが取れた1万円前後の機種がおすすめです。最近の機種は安い機種でもそれなりに飛ぶので、ちょっと試しに飛ばしてみたい人なら数千円の機種でも充分楽しめます。

トイドローンは屋外でも飛ばせる?

ビーチを撮影するドローン
トイドローンは200g以下であれば航空法の規制対象外モデルとして屋外でも飛ばせます。また一般的に120g以上の重さがあれば、屋外でも風に影響なく飛べるとも言われています。
今回紹介した「DJI Mini2」シリーズでは200g未満でも、風速30mほどの気象条件で使えるものがあるほど。ただ200g以下の小型モデルにも法律があり、小型無人機等飛行禁止法に応じた使い方が必須です。

国の重要施設・外国の大使館・自衛隊の駐屯地・米軍基地・原発などの区域では300m以内に近づくと違法になります。また2022年6月から100g以上のドローンは国交省での登録義務が課せられるようになり、既に登録受付が始まっています。
あくまで原理原則なのですが、できるだけ守っておいた方がトラブルに巻き込まれることもないでしょう。

トイドローンのおすすめランキング10選

おすすめのトイドローンを紹介します。

DJI Mavic Mini コンボ ドローン 200g未満 カメラ付き ‎CP.MA.00000128.01

最初に紹介するおすすめのトイドローンは、「DJI Mavic Mini コンボ ドローン 200g未満 カメラ付き ‎CP.MA.00000128.01」です。

サイズ・重さ展開時(プロペラあり):245×289×55 mm (L×W×H)・199g
周波数帯域2.400~2.483GHz
カメラ搭載・解像度あり・2.7K HD動画
FPV対応対応
スマホ・タブレット対応対応
飛行時間18分・バッテリー3つ交換で54分
評価・レビュー
操作性
(5.0)
カメラ性能
(5.0)
耐久性
(5.0)
デザイン
(4.5)
ポイント
  • 3軸ジンバル構造でブレの少ない2.7KのHD動画が撮影可能
  • 「クイックショット」モードではハリウッド映画なみの4種類のカメラワークを自動的に実行してくれる
  • 18分の連続撮影が可能なバッテリーが3個付属、小さく折りたためて付属のキャリーバッグで持ち運びも簡単

「DJI Mavic Mini コンボ ドローン 200g未満 カメラ付き ‎CP.MA.00000128.01」の特徴

ドローンを開発した国際ブランド「DJI」の人気機種が航空法の規制対象外となる199gに改良された日本特別仕様モデル。
本機からのHD動画の転送距離は2㎞、GPS搭載品なので失くすリスクも最小限です。

こんな人におすすめ
DJIの高性能トイドローンの中でも3軸ジンバルで屋外でも安定した空撮ができるモデルをお探しの方におすすめします。

DJI Ryze トイドローン Tello Powered by DJI CP.PT.00000208.01

次に紹介するおすすめのトイドローンは、「DJI Ryze トイドローン Tello Powered by DJI CP.PT.00000208.01」です。

サイズ・重さ9.2 x 9.8 x 4.1 cm・81.6g
周波数帯域2.4 GHz
カメラ搭載・解像度あり・HD動画:1280×720
FPV対応対応
スマホ・タブレット対応対応
飛行時間13分
評価・レビュー
操作性
(4.5)
カメラ性能
(4.0)
耐久性
(4.0)
デザイン
(4.5)
ポイント
  • ドローン内部にPCメモリの世界最大手「Intel」社の映像プロセッサーを搭載したことで動画と写真が高品質
  • 本格機器ながら80gの軽量サイズ、プロペラガードが4つあるので衝突や故障のリスクも最小限
  • 2本のアンテナによって、スマホなどへの動画転送がより早く安定性も高い

「DJI Ryze トイドローン Tello Powered by DJI CP.PT.00000208.01」の特徴

2つの国際ブランド「DJI」と「Intel」が手を組んだ空撮動画に最適化した屋内と屋外に両用できるモデルです。
スマホの他にVRヘッドセットにも対応、自動で撮影してくれる「EZショット」機能があるのも嬉しいところ。

こんな人におすすめ
DJIの中で自宅やオフィスはもちろん公園などでの気軽な空撮にも対応した最安値のモデルをお探しの方におすすめします。

DJI MINI 2 Fly More コンボ ドローン ‎CP.MA.00000310.01

次に紹介するおすすめのトイドローンは、「DJI MINI 2 Fly More コンボ ドローン ‎CP.MA.00000310.01」です。

サイズ・重さ140×81×57 mm・199g
周波数帯域2.400~2.4835 GHz
カメラ搭載・解像度あり・4k30p
FPV対応対応
スマホ・タブレット対応対応
飛行時間18分
評価・レビュー
操作性
(5.0)
カメラ性能
(5.0)
耐久性
(5.0)
デザイン
(4.5)
ポイント
  • 199gの軽量サイズながら、風速29~38 km/hの風に耐えられ3千mの高さまで撮影可能なタフ仕様
  • 動画は4K・30fpsでデジタル4倍ズームに対応、写真は12MPの最高級画質
  • ショルダーバッグ、3つのバッテリー、ジンバルプロテクターなど付属品が豊富

「DJI MINI 2 Fly More コンボ ドローン ‎CP.MA.00000310.01」の特徴

航空法の規制対象外の軽量トイドローンの中では、タフな環境での屋外空撮に耐えうる希少なモデルです。
3軸ジンバル搭載でブレを最大限に抑制、自動撮影の「クイックショット」機能も見逃せません。

こんな人におすすめ
DJIの小型のトイドローンの中でも、高価格帯でタフ仕様のハイエンドモデルをお探しの方におすすめします。

Holy Stone ミニドローン こども向け 室内向け HS210

次に紹介するおすすめのトイドローンは、「Holy Stone ミニドローン こども向け 室内向け HS210」です。

サイズ・重さ‎8 x 8 x 3 cm・21.8 g
周波数帯域2.4GHz
カメラ搭載・解像度
FPV対応非対応
スマホ・タブレット対応非対応
飛行時間21分
評価・レビュー
操作性
(4.5)
カメラ性能
(1.0)
耐久性
(4.0)
デザイン
(4.5)
ポイント
  • ドローンの状態に関わらず常にコントローラ―のレバー通りに進む「ヘッドレスモード」ボタン搭載で操作性が抜群
  • 21gと超軽量ながら6軸ジャイロの採用で抜群の安定飛行が実現、4つのプロペラガードで故障リスクも少ない
  • 緊急停止、1点での旋回ホバリング、360度の反転がボタン1つで出来るなど芸が細かい

「Holy Stone ミニドローン こども向け 室内向け HS210」の特徴

ドローンの名ブランド「Holy Stone」による屋内での遊びドローンとして多彩なパフォーマンスを発揮するモデルです。
手で投げるだけで起動するモードがあるなど、徹底した初心者向け設定が嬉しいところ。

こんな人におすすめ
お子さんへのプレゼントに安全性能がしっかりした長く遊べる多機能モデルをお探しの方におすすめします。

Tomzon ドローン こども向け LEDライト付き 200g以下 A31-FBA

次に紹介するおすすめのトイドローンは、「Tomzon ドローン こども向け LEDライト付き 200g以下 A31-FBA」です。

サイズ・重さ127 × 158 × 42mm・68g
周波数帯域2.4Ghz
カメラ搭載・解像度
FPV対応非対応
スマホ・タブレット対応非対応
飛行時間15分
評価・レビュー
操作性
(4.0)
カメラ性能
(1.0)
耐久性
(4.0)
デザイン
(5.0)
ポイント
  • 昼間でも綺麗に見えるLEDライトがプロペラを青・緑・オレンジなど鮮やかに照らし出す
  • 操作パッドは角がないソフト素材、プロペラガードや緊急停止機能つきなど、こどもに最適な仕様に
  • スピードは3段階の調節が可能、360度フリップやヘッドレスモードなど多彩な操作性能もあり

「Tomzon ドローン こども向け LEDライト付き 200g以下 A31-FBA」の特徴

カラフルなLEDライトが部屋遊びのテンションを高めてくれる子ども向けの屋内モデルです。
電源を入れるだけで操作パッドとドローンが一瞬でつながる自動ペアリングやワンタッチ離陸など、性能も豊かです。

こんな人におすすめ
今後も行政登録の必要がない100g以下のトイドローンで、夜間にも綺麗に映えるLEDライト搭載モデルをお探しの方におすすめします。

DEERC フライングボール おもちゃ ミニドローン こども向け UFO

次に紹介するおすすめのトイドローンは、「DEERC フライングボール おもちゃ ミニドローン こども向け UFO」です。

サイズ・重さ(長さx幅x高さ)11 x 11 x 8.5 cm・31g
周波数帯域無(操作パッドなし)
カメラ搭載・解像度
FPV対応非対応
スマホ・タブレット対応非対応
飛行時間5~8分
評価・レビュー
操作性
(4.5)
カメラ性能
(1.0)
耐久性
(4.0)
デザイン
(4.0)
ポイント
  • 独自の赤外線センサホバー技術により、手を近づけるなどのジェスチャー操作に反応する革新的なモデル
  • 3年前の発売ながら高コスパの人気商品
  • 頑丈なABS素材で故障リスクを軽減、周囲360度に保護カバーもあるので人や物を傷つけにくい

「DEERC フライングボール おもちゃ ミニドローン こども向け UFO」の特徴

5つの赤外線センサーによりハンドジェスチャーで操作可能、障害物回避や2段階速度機能もあるUFO型のモデルです。
ユーザーレビューにもあるよう、操作不良が起きてもジャイロリセットをすれば初期動作に戻るので安心です。

こんな人におすすめ
子ども向けトイドローンの中でも、子どもの創造性を育むより自由で直感的な操作ができるモデルをお探しの方におすすめします。

Holy Stone ドローン GPS搭載 折り畳み式 4Kカメラ付き 200g未満 HS175

次に紹介するおすすめのトイドローンは、「Holy Stone ドローン GPS搭載 折り畳み式 4Kカメラ付き 200g未満 HS175」です。

サイズ・重さ展開サイズ:360×300×70mm・バッテリー搭載時も200g未満
周波数帯域2.4GHz
カメラ搭載・解像度あり・4K・HD,・FHD:1080p
FPV対応対応
スマホ・タブレット対応対応
飛行時間60分
評価・レビュー
操作性
(5.0)
カメラ性能
(5.0)
耐久性
(5.0)
デザイン
(4.5)
ポイント
  • 飛行時間が60分のスタミナ仕様、バッテリーは3個付属
  • 動画は4Kの高画質、カメラアングルが90度調節可能、GPS搭載で現在地が常に把握できる
  • アプリを通じて飛行プランが作成可能、操縦者を追いかける「フォローミーモード」など機能も豊富

「Holy Stone ドローン GPS搭載 折り畳み式 4Kカメラ付き 200g未満 HS175」の特徴

最大操作距離は350m、本格的な空撮ができるトイドローンのハイエンドモデルながら、高コスパ品です。
特定の位置を回り続けるホバーリングモードや屋内操作に最適なオプティカルフローポジショニングなどの機能も嬉しいところ。

こんな人におすすめ
4K高画質で空撮のバリエーションが豊富なバッテリー持ちがいいモデルをお探しの方におすすめします。

Holy Stone ドローン カメラ付き GPS搭載 折り畳み式 200g未満 HS165

次に紹介するおすすめのトイドローンは、「Holy Stone ドローン カメラ付き GPS搭載 折り畳み式 200g未満 HS165」です。

サイズ・重さ26 x 18 x 5 cm・170g
周波数帯域Wifi 2.4GHz
カメラ搭載・解像度あり・1920x1080p(SDカード側)1280x720p(スマートフォン側)
FPV対応対応
スマホ・タブレット対応対応
飛行時間30分
評価・レビュー
操作性
(4.5)
カメラ性能
(4.5)
耐久性
(4.5)
デザイン
(4.5)
ポイント
  • 高密度エネルギーで知られるLipoバッテリー搭載で連続飛行時間が30分の高コスパ品
  • Holy Stoneの高価格帯モデルと同じく、操縦者の追跡や飛行プランの事前設定ができるなど機能性も豊富
  • 1920x1080pのフルHD画質でSDカードに記録可能、FPV機能で空撮中のライブ中継にも対応

「Holy Stone ドローン カメラ付き GPS搭載 折り畳み式 200g未満 HS165」の特徴

国際ブランド「Holy Stone」の本格的な空撮ドローンが航空法の規制対象外に応じた重さで開発された日本仕様モデルです。
ただレビューではSDカードの使用が32GBまでで画質にも問題があるなどの意見があり、注意が必要です。

こんな人におすすめ
低価格帯の中、低電力になると自動的に戻ってくるなど機能性が豊かでさまざまな空撮に適したモデルをお探しの方におすすめします。

Potensic ドローン カメラ付き 小型 ミニドローン 100g未満 A20W

次に紹介するおすすめのトイドローンは、「Potensic ドローン カメラ付き 小型 ミニドローン 100g未満 A20W」です。

サイズ・重さ‎8 x 3.18 x 9.15 cm・20 g
周波数帯域2.4GHz wifi
カメラ搭載・解像度あり・720p
FPV対応対応(VR視聴も可)
スマホ・タブレット対応対応
飛行時間5分(バッテリー3つ同梱)
評価・レビュー
操作性
(4.5)
カメラ性能
(3.5)
耐久性
(4.0)
デザイン
(4.0)
ポイント
  • 3DのVRゴーグル視聴もできるFPV機能搭載で6,000円を切る驚きの安さ
  • スマホとの連携も可能で操作パッドにスタンドもあり、スマホ画面を指でなぞった通りに旋回する軌跡飛行あり
  • 重さわずか20gの超小型サイズながら6軸ジャイロで安定飛行を実現、故障やケガを防ぐプロペラガードもあり

「Potensic ドローン カメラ付き 小型 ミニドローン 100g未満 A20W」の特徴

改正航空法でも登録義務のない100g以下の超小型サイズで、スマホとの連携機能が充実した最強コスパ品です。
レビューでは撮影動画の質が良くないとの声もありますが、VRやスマホでのライブFPV視聴では十分に楽しめるでしょう。

こんな人におすすめ
最安値の価格帯で、スマホやVRを使って創造的で楽しい屋内ドローン遊びができるモデルをお探しの方におすすめします。

DBPOWER ドローン 1080Pカメラ付き 折りたたみ式 ホバリング 小型 FPV

次に紹介するおすすめのトイドローンは、「DBPOWER ドローン 1080Pカメラ付き 折りたたみ式 ホバリング 小型 FPV」です。

サイズ・重さ梱包:‎24.4 x 20.6 x 8 cm・100g
周波数帯域2.4GHz
カメラ搭載・解像度あり・1920×1080
FPV対応対応
スマホ・タブレット対応対応
飛行時間14分
評価・レビュー
操作性
(4.5)
カメラ性能
(4.0)
耐久性
(4.0)
デザイン
(5.0)
ポイント
  • 大人使いにも適したシックなデザイン、スマホでのFPV・ライブ視聴も可能で操作パッドにスマホスタンドもあり
  • 100gの軽量と折りたたみ幅の広いプロペラ収納で持ち運びにも便利、夜間使用に最適なLEDライとも搭載
  • ワンキーでの離着陸、操作パッドの向きに応じて操れるヘッドレスモードなど初心者にも使いやすい使用に

「DBPOWER ドローン 1080Pカメラ付き 折りたたみ式 ホバリング 小型 FPV」の特徴

ABS素材で洗練されたワインレッドの流線形デザインが目を引く、スマホとの連携に長けた小型サイズの多機能モデルです。
スマホ画面の指なぞりに応じる軌跡飛行や、スマホの傾きを感知した飛行など創造的な操作性も大きな魅力です。

こんな人におすすめ
リアルタイムのライブ視聴と録画機能に優れ、スマホ操作でバラエティあふれる屋内飛行ができるモデルをお探しの方におすすめします。
Amazon.co.jp おすすめ商品

まとめ

トイドローンは屋内はもちろん、屋外でも手軽に飛ばせます。大型のドローンよりも操縦が難しい機種も多いので、練習としても最適です。
ぜひ今回ご紹介したおすすめと選び方のポイントを参考にトイドローンを選んでみてください。
空撮用ドローンおすすめ 空撮向きドローンのおすすめ7選 おすすめのドローン 入門モデルも!ドローンのおすすめ最強8選!高画質、小型、初心者向けなど カメラ付きドローンおすすめ カメラ付きドローンのおすすめ最強ランキング4選

Amazon プライム対象